Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/02/07
Update

映画『漂流ポスト』あらすじ感想と評価解説。震災から10年“一歩踏み出すことが忘れることになりそうで怖い” 色褪せて行くことへの「罪悪感」

  • Writer :
  • もりのちこ

東日本大震災から10年。
あの人に伝えたい想いを手紙にして。

「手紙を書くことで心に閉じ込められた悲しみが少しでも和らぎ、新たな一歩を踏み出す助けになるなら」。

東日本大震災で亡くなった人への想いを受け止めるため、岩手県陸前高田市に設置された「漂流ポスト」。現在でも、様々な事情で大切な人を亡くした人々から想いを綴った手紙が届いています。

東日本大震災から10年。心に負った悲しみに区切りはありません。あの日から時間が止まったままの人もたくさんいます。

一行だけでもいい。想いを書き出すことが、新たな一歩になるかもしれません。

そして、映画『漂流ポスト』を通して、何気ない日常の幸せ、大切な人との貴重な時間、人と人との絆、命の尊さをいまいちど考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

映画『漂流ポスト』の作品情報


(C)Kento Shimizu
【日本公開】
2021年(日本)

【監督・脚本・編集・プロデュース】
清水健斗

【キャスト】
雪中梨世、神岡実希、中尾百合音、藤公太、小田弘二、植村恵、永倉大輔

【作品概要】
東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市の山奥に建てられた郵便ポストを舞台に、震災で大切な人を失くした人々の心の復興を描いた短編映画。

今作は、これまで世界18の映画祭で上映され、ニース国際映画祭にて最優秀外国語短編映画グランプリに輝いたほか、ロンドン国際映画祭では、出演の神岡実希が外国語長編作品部門最優秀助演女優賞を受賞など、高い評価を得ています。

清水健斗監督は当時、震災があった次の日に被災地に仕事で行く予定でした。1日ずれていたら・・・。他人事とは思えず、何かしたいの一心で長期ボランティアに参加。直に見聞きした被災者の想いを風化させないため、映画『漂流ポスト』を製作しました。

岩手県陸前高田市に実際に存在する「漂流ポスト」の管理人・赤川勇治さんの全面協力で、現地のガーデンカフェ森の小舎での撮影を敢行。

ポストを訪れた人々の想いを取材し、作中に出てくる手紙もすべて実在のものを使用するなどリアリティを追求しました。

映画『漂流ポスト』のあらすじ


(C)Kento Shimizu
きらきらと輝く海面。セーラー服姿の少女が、こちらを振り向き微笑んでいます。穏やかな時間は、大きくなる波の音でかき消されていきました。

園美は、東日本大震災で親友の恭子を亡くしています。青春の美しい1ページは、園美の心に悲しみの記憶も連れてきます。

ある日、園美のもとに学生時代に恭子と埋めたタイムカプセルが見つかったと連絡が届きました。中には、将来のお互いに宛てた手紙が入っていました。

「大人になったら一緒に開けて笑おうね」。溢れ出す恭子との思い出。誰にでも優しい優等生の恭子が、自分にだけ見せてくれた弱い一面。授業をサボり、海を眺めながら飲んだサイダーの味。

「気持ちいーよ!園美もおいでよ」。海に足だけ入った恭子が楽しそうに笑っています。

今はいない恭子。携帯電話に残されたメッセージ。「園美、元気?声が聞きたくて」。なんであの時折り返さなかったのか。なんで、恭子だけ。なんで、なんで、なんで。

やり場のない悲しみと後悔。押し寄せる罪悪感。園美は恭子の死を受け入れられないまま、前に進むことも出来ず苦しんでいました。

そんな時、園美は「漂流ポスト」の存在を知ります。震災で亡くなった大切な人へ伝えられなかった想いを綴った手紙が届く場所だと言います。

被災地の森の中、設置された「漂流ポスト」を訪ねた園美。しかし、どうしても手紙を投稿することが出来ません。

しゃがみこむ園美に、声を掛ける人がいました。「まだ決心が付きませんか?」ポストの管理人さんです。園美は管理人さんに導かれるように、自分の心と向き合いペンを取るのでした。

スポンサーリンク

映画『漂流ポスト』の感想と評価


(C)Kento Shimizu
2011年3月11日、東日本大震災。あの日、岩手県沿岸を襲った大津波は、多くのものをのみ込みました。

現在の沿岸部は、防波堤の設置、道路や土地のかさ上げ工事が進み、町並みも戻ってきています。以前の三陸海岸の風景ではない寂しさはありますが、新しいことへ挑戦していく逞しさを感じます。

しかし、建物は建て直せても、人の心はそう簡単には建て直せるものではありません。まだまだ心を痛め続けている人もいます。

忘れられない悲しみもありますが、将来の不安、孤独感、新しい生活に馴染めない高齢者など、復興のニュースには良いことばかりではありません。

辛い思いを心に閉じ込めたまま前に進めないという経験は、震災に限らず誰の身にも起こり得ることです。

実際に現在の「漂流ポスト」には、全国各地から病気や事故などで大切な人を亡くし、伝えられなかった想いを綴った手紙が届くそうです。

(C)Kento Shimizu
映画では主人公・園美が「漂流ポスト」に寄せられた手紙を読むシーンがあります。大きな箱にいっぱい詰まった手紙は、実際に送られてきた手紙たちです。

2014年3月11日から「漂流ポスト」を管理し続ける赤川勇治さんは、「手紙を書くまでに至れない人もいます。1行でいいので心を出してみてほしい」と言います。

想いの詰まった500通を超える手紙は、地元の寺で供養を受け、同じ境遇の人々にシェアされ心の蘇生の助けになっています。

また、映画の中で印象に残るシーンのひとつに、園美が「一歩踏み出すことが忘れることになりそうで怖い」と言うセリフがあります。思い出が色褪せて行くことへの罪悪感もまた辛いものです。

作中では「漂流ポスト」の管理人さんが、「辛(つらい)」気持ちに一本の線を足すと、「幸(しあわせ)」になると説いてくれます。大切なあの人は、あなたの幸せを願ってくれているはずと。

悲しみを乗り越え、少しでも前に一歩踏み出すこと。それは、大切なあの人が願ってくれていることなのです。

苦しい表情だった園美が、最後に晴れやかな顔でポストに向き合う場面は、自分の暗い心も晴れて行くような気持ちになりました。

まとめ


(C)Kento Shimizu
東日本大震災で親友を亡くした少女の心の復興を描いた短編映画『漂流ポスト』を紹介しました。

岩手県陸前高田市に実際に設置されている「漂流ポスト」を舞台に、そこに寄せられた手紙など実在するものを使用した映像は、ドキュメンタリーのようなリアリティがあります。

悲しみを乗り越え、命に感謝し、今を生きるということ。30分という短編映画の中に詰め込まれたメッセージは、手紙を読むように心に響いてきます。

拝啓 みなさま
被災地で起きた真実の物語『漂流ポスト』は、2021年3月5日よりアップリンク渋谷にて、ほか全国順次公開です。敬具

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』感想評価と考察レビュー。原作「デイヴィッド・コパフィールド」から作家のユーモラス人生を描く

2021年1月22日(金)映画『どん底作家の人生に幸あれ!』がTOHOシネマズシャンテ、シネマカリテほか全国順次公開されます。 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の原作は、2020年が没後150年にあ …

ヒューマンドラマ映画

【ミッドウェイ映画2020リメイク】トヨエツ・浅野忠信・國村隼の演技力を本編動画で解説。日本人キャスト確かな存在感を残す!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『貞子(2019)』ネタバレあらすじと感想。中田秀夫のリングシリーズの歴史と魅力

映画『貞子』は、2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 1999年に公開され、日本、そして世界の映画界に“Jホラー”という存在を深く焼き付けた『リング』から20年。 長きにわたって続く『リン …

ヒューマンドラマ映画

映画『オーバーナイトウォーク』あらすじと感想評価。女優になるために上京した妹と関西に残った姉が真夜中のボケツッコミな道行き

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開 「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな …

ヒューマンドラマ映画

トゥルーマンショー動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

ジム・キャリー主演と聞くと、やはり真っ先に頭をよぎるのはコメディです。 今作『トゥルーマン・ショー』でもジャケットを見る感じ、お間抜けな寝顔を全世界にさらして・・・笑 なんて思ってしまいがちですが、と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学