Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/09
Update

映画『聖の青春』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。松山ケンイチが将棋界の村山聖の生涯を迫真の演技で魅せる

  • Writer :
  • 山田あゆみ

東出昌大×松山ケンイチの熱演が光る青春映画『聖の青春』

松山ケンイチが、29歳の若さで亡くなった天才棋士・村山聖を熱演したノンフィクション青春映画『聖の青春』。

森義隆監督が手がけ、「東の羽生、西の村山」と称された名棋士をそれぞれ、東出昌大と松山ケンイチが熱演したことでも大きな話題となった作品です。

難病と闘いながら将棋に生きた村山聖の生涯を描いた、大崎善生による同名ベストセラー小説の映画化作品をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『聖の青春』の作品情報


(C)2016「聖の青春」製作委員会

【公開】
2016年(日本映画)

【監督】
森義隆

【キャスト】
松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆、竹下景子、リリー・フランキー

【作品概要】
監督を務めたのは、『ひゃくはち』(2008)や同名人気コミックの映画化『宇宙兄弟』(2012)など数々の映画を手がけている森義隆。最近では、中村倫也主演のテレビドラマ『珈琲いかがでしょう』(2021)を監督しています。

当時日本将棋連盟出版部に加盟していた大崎善生のデビュー作。大崎氏はこのノンフィクション小説で第13回新潮学芸賞、第12回将棋ペンクラブ大賞を受賞しました。舞台化やテレビドラマ化もされています。

主演の松山ケンイチと羽生義治を演じた東出昌大は、優秀主演男優賞、優秀助演男優賞をそれぞれ受賞しています。

映画『聖の青春』ネタバレあらすじ


(C)2016「聖の青春」製作委員会

1994年大阪。路上で倒れていた村山聖(松山ケンイチ)は、男性に抱えられて将棋会館に運び込まれます。

抱えられてどうにか会館に入り、体をひきずりながらそのまま将棋の試合に参加する姿を見た男性は、いったい何者なんだとあっけにとられるのでした。

村山聖の新七段昇段祝賀パーティが開かれました。少女漫画を読んでいて遅刻した聖は師匠のスピーチの最中に現れます。

なぜ七段に上がれたのか分からないが、これからが本当のたたかいだと思っています、とコメントします。

聖は幼いころ、ネフローゼという腎臓の病気だと診断されました。むくみや倦怠感に襲われ、場合によっては高熱が出ることもあり、一生付き合っていかなければならない病気です。

子どものころに入院しているときに買ってもらった将棋セットをきっかけに将棋の世界に足を踏み入れました。

現在、羽生棋士(東出昌大)との試合に負けた聖は大阪で熱発して寝込んでいました。東京に出て名人を目指すことを決意しました。師匠の森信雄(リリー・フランキー)にも後押しされます。

東京にやってきた聖。七冠達成の偉業を果たした羽生のニュースを見ながら将棋の練習に励みます。

そんな中突然倒れた聖は、進行性の膀胱癌で摘出手術しなければいけないと診断されました。体は限界のはずだと指摘されます。

試合では勝ち続け、決勝で羽生との再戦が決まりました。家で寝込む聖。病院から手術前検査の催促の電話がありましたが出ませんでした。

大阪に向かった聖は友人の江川(染谷将太)の退団がかかった一局を見守ります。江川は負けてしまい、この将棋人生は終わってしまったがこの経験を糧に第二の人生を歩もうと思うと飲みながら話しました。

その言葉を聞いて、負け犬は黙っとけと言い放ち、帰り際でお札を破り捨てながら死んだらこんなものは意味がない。勝って名人になるんじゃと叫びました。

羽生棋士との決勝の日。他の全棋士たちが中継で見守る中、接戦が繰り広げられます。そして遂に羽生に勝った聖。

夜の会食中に羽生を誘って2人で飲みにでかけた聖。

聖はいつか恋愛して家族を持ちたいと話します。僕たちはどうして将棋を選んだんでしょうね、という問いに羽生は答えます。

「私は今日あなたに負けて、死にたいほど悔しい。負けたくない、それがすべてだと思います。深く潜りすぎてそのうち戻ってこれなくなるんじゃないかと怖くなる。でも、村山さんとなら一緒に行けるかもしれない。いつか一緒に行きましょう。」と言われて、聖は「はい。」と答えました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『聖の青春』ネタバレ・結末の記載がございます。『聖の青春』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2016「聖の青春」製作委員会

病院で診察を受ける聖。膀胱と前立腺摘出をしなければいけないと言われます。術後は最低3か月安静に。1年は将棋できないと告げられます。

また、3年以内に再発する可能性が50%あり手術をしないと余命3ヶ月だと言われました。

聖は、脳が鈍るから麻酔をしないなら手術を受けると手術をつっぱね続けます。

対局中に具合が悪くなり敗戦、外で食事中にも取り乱してしまい、緊急入院した聖。母に、手術を受けることを告げました。家族を作ることがひとつの夢でしたが、それを諦めたのでした。

手術を決意した聖は、伸ばし続けていた爪と髪の毛を自分で切りました。ひとり夜中に将棋を指す聖。その音を布団の中で聞きながら泣く母。

出版社から提出するよう頼まれていた将棋年鑑のアンケートで「神様がひとつだけ願いを叶えてくれるとしたら」という問いに聖は「神様除去」と書いていました。

術後、医師の反対を押し切り体調がすぐれないなか羽生との対局に望んだ聖。

10時からの対局は午前2時ごろまでにおよびましたが、聖は後半であまりにもあっけない負け方をしました。

聖は羽生との対局の5ヶ月後1998年8月8日に息を引き取りました。羽生戦後、ひと月にわたって5試合を全て全勝で戦い抜き、来季の復帰が決まっていたのでした。

村山聖、享年29歳。通算成績356勝201敗うち不戦勝12局。対羽生善治戦6勝8敗。死後、九段を追贈されました。

スポンサーリンク

映画『聖の青春』の感想と評価


(C)2016「聖の青春」製作委員会

本作は将棋に人生を捧げた村山聖の一生を、実力派俳優陣の熱演で描いた胸を熱くさせる作品でした。

まずなんと言っても本作の見どころは主演の松山ケンイチによる迫真の演技です。

松山ケンイチは20キロ以上も増量しこの役に挑んだそうです。村山氏のしぐさやしゃべり方を研究し尽くしたその演技は、原作者の大崎氏が本人と思うほどだったとか。

その体型だけではなく、話し方や佇まいも本人の映像などを研究し尽くし圧巻の演技を見せています。

松山ケンイチがインタビューで、今まで演じた役の中で群を抜いて純粋な人物だったと語るように、村山聖のピュアさと将棋にかける思いが胸に迫る内容になっていました。

村山氏は奨励会入会から2年11か月でプロデビューを果たすという、羽生氏をも超える記録を打ち立てたことで「怪童丸」の異称をもつ天才棋士のひとりです。

しかし本作では、「家族をもつこと」を切望したひとりの若き男性としての人間味あふれる側面も描いています。

彼がなぜ命を削ってまで将棋に人生をかけたのか。不器用なようでまっすぐなその人物像に迫る一作だと言えます。

また、本作のヒロインは天才棋士の羽生善治です。彼を演じた東出昌大の役作りは凄まじく、松山ケンイチに負けず劣らずその存在感を発揮していました。

その演技魂は細部まで徹底されており、七冠達成時に実際に羽生氏がかけていた眼鏡を本人から譲り受けて撮影に臨んだのだとか。

このふたりが向き合うシーンは、まるで村山と羽生が実際に対峙しているような独特の雰囲気がありますが、対局のほかに飲み屋で互いの思いを語るとても印象深い場面があります。

互いの棋士としての実力を認め合っている両者が、その先にあるだろう2人にしかわからない未知の領域への挑戦を誓うシーンとなっています。

そして、クライマックスとなった村山と羽生にとって最後の対局のシーンも間違いなく見どころだといえます。

このシーンは松山と東出両者が実際の棋譜を暗記した上で、2時間半の長回しで撮られています。その緊張感に加えて、一指し一指しに命をこめた松山聖の魂が伝わってきます。

まとめ


(C)2016「聖の青春」製作委員会

松山ケンイチと東出昌大の2人以外にも、村山聖の師匠を演じたリリー・フランキーや、江川貢を演じた染谷将太、橘正一郎を演じた安田顕、荒崎学役の柄本時生など実力派俳優たちが集結しています。

村山聖を支え、彼に影響された彼らの存在も当人について語るにあたって必要不可欠なものとなっています。

命を燃やして将棋に生き抜いたひとりの男の生きざまを描いた物語は、多くの人の胸を打つでしょう。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

実写映画『約束のネバーランド』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。浜辺美波の演技力で原作をドラマ化した異色のファンタジー

映画『約束のネバーランド』は、2020年12月18日(金)全国ロードショー。 テレビアニメ化もされた「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミック『約束のネバーランド』。原作の第一部ともいえるGFハウス脱獄編 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ビリーワイルダー代表作の小道具の演出を考察

米国アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞のビリー・ワイルダー代表作 1960年にアメリカで公開され、同年のアカデミー賞の五部門を受賞した映画『アパートの鍵貸します』。 監督、脚本、制作を務めたのは映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『かぞくあわせ』感想評価と解説。しゅはまはるみと藤田健彦主演のオムニバスが動画配信サイト【シネマディスカバリーズ】にて視聴可能に!

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。 2021年3月6日に、サイトがリニューアルされ、早くも劇場で話題を集めた映画『かぞ …

ヒューマンドラマ映画

映画ロストイントランスレーションあらすじネタバレと動画無料視聴方法

2017年のカンヌ国際映画祭にて、映画『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』が監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 東京が舞台となっていますが、外国人から見た東京の姿と同時に、見知らぬ …

ヒューマンドラマ映画

映画『オール・アイズ・オン・ミー』あらすじとキャスト!実話の感想は

1996年9月13日に若干25歳でこの世を去った2PAC。 エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーは惜しみないリスペクトを見せ、死してなお、多くのアーティストや音楽ファンを魅了し続けるトゥパック …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学