Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/08
Update

秦基博×カテル・キレヴェレ『あさがくるまえに』対談動画詳細

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『あさがくるまえに』は9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開。

国際映画祭として知られるカンヌ、ベネチア、トロントなど大注目され今作は、アメリカのバラエティ誌が2017年上半期のベストフィルムズに選出された作品です。

今、フランスでもっとも話題にあがるカテル・キレヴェレ監督と、日本公開に合わせイメージソングとして起用されたミュージシャン秦基博の対談動画が解禁されました。

映画予告編『あさがくるまえに』

スポンサーリンク

1.映画『あさがくるまえに』作品情報


© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

【公開】
2017年(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
Reparer les vivants

【監督】
カテル・キレヴェレ

【キャスト】
タハール・ラヒム、エマニュエル・セニエ、アンヌ・ドルヴァル、ドミニク・ブラン、ギャバン・ヴェルデ

【作品概要】
メイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説をもとに、心臓移植をめぐり繰り広げられる物語を『聖少女アンナ』『スザンヌ』で注目されたカテル・キレベレ監督の演出で映画化。

命のやりとりに直面した人々の葛藤を『預言者』のタハール・ラヒム、『毛皮のヴィーナス』のエマニュエル・セニエ、『Mommy マミー』のアンヌ・ドルバル共演で描くヒューマンドラマ。

2.楽曲『朝日が来る前に』×映画『あさがくるまえに』コラボレーション記念
秦基博×カテル・キレヴェレ監督スペシャル対談

今作で監督を務めたカテル・キレヴェレは、ミュージシャン秦基博とのコラボレーション企画が持ち上がった際に、すぐに楽曲『朝日が来る前に』をYouTubeで検索をかけ、秦基博の音楽を聴いたそうです。

彼女は秦基博の楽曲はシンプルでありながらもとても詩情豊かで、全くブレていないとしきりに感心をしたそうです。

一方で秦基博は映画『朝が来る前に』を見た印象を「生と死というものを捉えるきっかけをくれる映画」と言い切ります。

日本とフランスという国も表現ジャンルも異なる二人ですが、コラボレーション企画を通して意気投合した様子が動画として解禁されました。

収録された対談には、秦基博の楽曲「朝が来る前に」が映画のオフィシャル・イメージソングに起用されたことを受けて、それぞれの感慨、また映画のテーマである“生と死”の話にまで及んでいます。

この奥深い内容の死生観は、映画『あさひがくるまえに』をご覧いなるあなたのきっと琴線に触れるきっかけを与えてくれるはずです。

例えば、対談のなかでカテル・キレヴェレ監督は、このように泰基博に語りかけます。

「日本語タイトルの、「朝」というのは映画全体の内容を象徴する言葉でもあります。それは新しい一日を意味し、新しい人生を意味します。一方、移植を受ける母親は、決してその未来を約束されたわけではありません。そのことで彼女の死が早まるかもしれない。決別を意味するのか。新しい人生の第一歩なのか。そういう不安定な状況の中で、心臓を提供してくれた人、彼女取り巻く様々な人々─その時彼女は物質としての心臓ではなく、周りの人々の愛も受け入れ、何よりも命を落とした青年の全て─彼の活力も、彼の恋愛の感情も、全て彼女の体内に受け入れることを決断します。秦さんの楽曲と私の映像は、その全てを表現し、とても響き合っていると感じました」

また、泰基博はこのように返します。

「生と死は僕らが生きていく毎日の中にも必ずあって近しいものでもあるし、でも普段から常に意識しているものでもない、近くて遠いようなものですが、それがいろんな登場人物たちの視点によって描かれていくので、自分自身も、例えば最初に出てくるシモンの視点になったり、親の視点になったり、はたまた移植を受ける女性の息子になったり、いろんなところからそういう生と死というものを捉えるきっかけをくれる映画だなぁと思いますね」

このように映画を通して互いを認め合う思いや考え方は、まるで映画『あさがくるまえに』に織り込まれた臓器移植のエピソードとも重なって見えてくるから不思議です。

生き方や場所、そして命の長さすら超えて繋がっていることが人間にはあるのかも知れません。

それを偶然と呼ぶか必然と呼ぶかは人によって違うでしょうが、運命と絆というものはあるのかも知れませんね。

オフィシャル・イメージソング秦基博『朝が来る前に


Motohiro Hata&Katell Quillevere : Shigeo Gomi © / ReallyLikeFilms

3.映画『あさがくるまえに』あらすじ


© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

フランス北西部に位置する港湾のル・アーブル。

夜明け前、青年シモンは恋人がまだまどろみ眠るベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけました。

しかし、その帰り道に彼は自動車事故に巻き込まれ、病院で脳死判定をくだされてしまいます。

報せを受けて病院に駆けつけたシモンの両親は、現実を受け入れられないまま、医者から臓器移植コーディネーターのトマを紹介されます。

一方、パリに暮らす音楽家のクレアは、自身の重い心臓疾患が末期的症状であることを自覚していた。

彼女が生き延びるためには、心臓移植しか選択肢はない。臓器提供を待っていました。

しかし、決して若いとは言えないクレアは、他人から贈られた命の引き換えによって、延命することの意味に自問自答していました。

そんな時、担当医からドナーが見つかったとの連絡が入ります…。

スポンサーリンク

まとめ


© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

秦基博とカテル・キレヴェレ監督の特別対談動画をご覧いただき、映画『あさがくるまえに』に関心を持たれたあなたには、ぜひ、ご覧いただきたい映画です。

カテル・キレヴェレ監督作品の『あさがくるまえに』は、2017年9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

また、映画『あさがくるまえに』のオフィシャル・イメージソング「朝が来る前に」が収録された、秦基博の「All Time Best ハタモトヒロ」は現在発売中 !

関連記事

ヒューマンドラマ映画

古舘佑太郎映画『アイムクレイジー』あらすじネタバレと感想。音楽を愛するゆえに苦悩する青年の成長物語

映画『アイムクレイジー』は2019年8月24日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開 人気バンド「2」のボーカル/ギターを務めながらも俳優としても活躍する古舘佑太郎が、音楽の道を諦め …

ヒューマンドラマ映画

福士蒼汰映画『旅猫リポート』ネタバレ感想。猫ナナの演技力は結末に涙を誘う

旅のリポーターは猫?!1匹と1人の旅は、新たな飼い主探しの旅でした。 人気作家・有川浩が「一生に一本しか書けない物語」と言うほど、思い入れのある小説『旅猫リポート』の映画化です。 ある事情で猫を手放す …

ヒューマンドラマ映画

映画『救いの接吻』あらすじと感想レビュー。フィリップ・ガレル監督が描く愛の残像。

映画『救いの接吻』が2019年4月27日より東京都写真美術館ホールにて公開 フランス映画界でヌーヴェル・ヴァーグの精神を受け継ぐ孤高の映画作家フィリップ・ガレル。 ガレル監督の日本初公開となる『救いの …

ヒューマンドラマ映画

映画『新宿スワン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【綾野剛×沢尻エリカ共演】

演技派で知られる綾野剛。いよいよ、2017年1月21日から『新宿スワンⅡ』の公開されます。 今回は前作『新宿スワン』をご紹介。監督は園子温。 ベルリン国際映画祭での受賞経験を持つ園子温監督の新たなチャ …

ヒューマンドラマ映画

トゥルーマンショー動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

ジム・キャリー主演と聞くと、やはり真っ先に頭をよぎるのはコメディです。 今作『トゥルーマン・ショー』でもジャケットを見る感じ、お間抜けな寝顔を全世界にさらして・・・笑 なんて思ってしまいがちですが、と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学