Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/08
Update

秦基博×カテル・キレヴェレ『あさがくるまえに』対談動画詳細

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『あさがくるまえに』は9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開。

国際映画祭として知られるカンヌ、ベネチア、トロントなど大注目され今作は、アメリカのバラエティ誌が2017年上半期のベストフィルムズに選出された作品です。

今、フランスでもっとも話題にあがるカテル・キレヴェレ監督と、日本公開に合わせイメージソングとして起用されたミュージシャン秦基博の対談動画が解禁されました。

映画予告編『あさがくるまえに』

スポンサーリンク

1.映画『あさがくるまえに』作品情報


© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

【公開】
2017年(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
Reparer les vivants

【監督】
カテル・キレヴェレ

【キャスト】
タハール・ラヒム、エマニュエル・セニエ、アンヌ・ドルヴァル、ドミニク・ブラン、ギャバン・ヴェルデ

【作品概要】
メイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説をもとに、心臓移植をめぐり繰り広げられる物語を『聖少女アンナ』『スザンヌ』で注目されたカテル・キレベレ監督の演出で映画化。

命のやりとりに直面した人々の葛藤を『預言者』のタハール・ラヒム、『毛皮のヴィーナス』のエマニュエル・セニエ、『Mommy マミー』のアンヌ・ドルバル共演で描くヒューマンドラマ。

2.楽曲『朝日が来る前に』×映画『あさがくるまえに』コラボレーション記念
秦基博×カテル・キレヴェレ監督スペシャル対談

今作で監督を務めたカテル・キレヴェレは、ミュージシャン秦基博とのコラボレーション企画が持ち上がった際に、すぐに楽曲『朝日が来る前に』をYouTubeで検索をかけ、秦基博の音楽を聴いたそうです。

彼女は秦基博の楽曲はシンプルでありながらもとても詩情豊かで、全くブレていないとしきりに感心をしたそうです。

一方で秦基博は映画『朝が来る前に』を見た印象を「生と死というものを捉えるきっかけをくれる映画」と言い切ります。

日本とフランスという国も表現ジャンルも異なる二人ですが、コラボレーション企画を通して意気投合した様子が動画として解禁されました。

収録された対談には、秦基博の楽曲「朝が来る前に」が映画のオフィシャル・イメージソングに起用されたことを受けて、それぞれの感慨、また映画のテーマである“生と死”の話にまで及んでいます。

この奥深い内容の死生観は、映画『あさひがくるまえに』をご覧いなるあなたのきっと琴線に触れるきっかけを与えてくれるはずです。

例えば、対談のなかでカテル・キレヴェレ監督は、このように泰基博に語りかけます。

「日本語タイトルの、「朝」というのは映画全体の内容を象徴する言葉でもあります。それは新しい一日を意味し、新しい人生を意味します。一方、移植を受ける母親は、決してその未来を約束されたわけではありません。そのことで彼女の死が早まるかもしれない。決別を意味するのか。新しい人生の第一歩なのか。そういう不安定な状況の中で、心臓を提供してくれた人、彼女取り巻く様々な人々─その時彼女は物質としての心臓ではなく、周りの人々の愛も受け入れ、何よりも命を落とした青年の全て─彼の活力も、彼の恋愛の感情も、全て彼女の体内に受け入れることを決断します。秦さんの楽曲と私の映像は、その全てを表現し、とても響き合っていると感じました」

また、泰基博はこのように返します。

「生と死は僕らが生きていく毎日の中にも必ずあって近しいものでもあるし、でも普段から常に意識しているものでもない、近くて遠いようなものですが、それがいろんな登場人物たちの視点によって描かれていくので、自分自身も、例えば最初に出てくるシモンの視点になったり、親の視点になったり、はたまた移植を受ける女性の息子になったり、いろんなところからそういう生と死というものを捉えるきっかけをくれる映画だなぁと思いますね」

このように映画を通して互いを認め合う思いや考え方は、まるで映画『あさがくるまえに』に織り込まれた臓器移植のエピソードとも重なって見えてくるから不思議です。

生き方や場所、そして命の長さすら超えて繋がっていることが人間にはあるのかも知れません。

それを偶然と呼ぶか必然と呼ぶかは人によって違うでしょうが、運命と絆というものはあるのかも知れませんね。

オフィシャル・イメージソング秦基博『朝が来る前に


Motohiro Hata&Katell Quillevere : Shigeo Gomi © / ReallyLikeFilms

3.映画『あさがくるまえに』あらすじ


© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

フランス北西部に位置する港湾のル・アーブル。

夜明け前、青年シモンは恋人がまだまどろみ眠るベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけました。

しかし、その帰り道に彼は自動車事故に巻き込まれ、病院で脳死判定をくだされてしまいます。

報せを受けて病院に駆けつけたシモンの両親は、現実を受け入れられないまま、医者から臓器移植コーディネーターのトマを紹介されます。

一方、パリに暮らす音楽家のクレアは、自身の重い心臓疾患が末期的症状であることを自覚していた。

彼女が生き延びるためには、心臓移植しか選択肢はない。臓器提供を待っていました。

しかし、決して若いとは言えないクレアは、他人から贈られた命の引き換えによって、延命することの意味に自問自答していました。

そんな時、担当医からドナーが見つかったとの連絡が入ります…。

スポンサーリンク

まとめ


© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

秦基博とカテル・キレヴェレ監督の特別対談動画をご覧いただき、映画『あさがくるまえに』に関心を持たれたあなたには、ぜひ、ご覧いただきたい映画です。

カテル・キレヴェレ監督作品の『あさがくるまえに』は、2017年9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

また、映画『あさがくるまえに』のオフィシャル・イメージソング「朝が来る前に」が収録された、秦基博の「All Time Best ハタモトヒロ」は現在発売中 !

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ルイ14世の死』あらすじとキャスト。公開日と劇場情報も

ジャン=ピエール・レオ主演の映画『ルイ14世の死』は、5月26日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。 太陽王と呼ばれたルイ14世の病床に伏せてから死に至るまでの数週間を描いた本作 …

ヒューマンドラマ映画

がんちゃん映画Vision(ビジョン)あらすじ。岩田剛典の演技力は?

河瀬直美監督の映画『Vision』は、6月8日より全国ロードショー。 今やフランスをはじめ海外から高い評価を受ける河瀨直美監督。彼女が故郷の奈良を舞台に、『イングリッシュ・ペイシェントで米アカデミー賞 …

ヒューマンドラマ映画

映画『それでも夜は明ける』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回取り上げるのは第86回アカデミー賞作品賞をはじめ、数々の賞を受賞した衝撃の実録映画『それでも夜は明ける』です。 悲惨な歴史の真実を、名優たちが体当りで挑んで描いた本作について詳しくご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アイズワイドシャット』ネタバレ感想と考察。動画無料視聴法も

スタンリー・キューブリックの遺作であり、主演の2人が今をときめくハリウッドスターと言う話題性から、R-18でありながら多くの注目を浴びた『アイズ・ワイド・シャット』。 ある意味謎が謎を呼ぶ展開と、夫婦 …

ヒューマンドラマ映画

映画『結婚演出家』あらすじと感想レビュー。マルコ・ベロッキオ監督とは

日本未公開作品や「イタリア映画祭」で上映された人気作品を紹介する特集上映「Viva! イタリア」。 その第4弾が、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで始まります。 本稿では傑作三 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP