Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/11/15
Update

映画『ソング・トゥ・ソング』あらすじと感想評価レビュー。キャストの人気俳優らをクリエイションの場に引き込む手法で描く

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ソング・トゥ・ソング』は2020年12月25日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー!

ある男女4人の交差する姿から、音楽を背景としてその間に絡み合う感情を描いた『ソング・トゥ・ソング』
  

ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンらのトップ俳優陣に加え、ケイト・ブランシェット、ホリー・ハンター、ベレニス・マルロー、ヴァル・キルマーらベテラン、実力派俳優陣、さらには著名ミュージシャン陣と、映画ファンなら見逃せないビッグネームが揃い繰り広げるラブストーリーです。

一方で、単なるエンターテインメントの枠に収まらない斬新な作風が魅力の注目作。テレンス・マリックが監督を務めました。

映画『ソング・トゥ・ソング』の作品情報


(C) 2017 Buckeye Pictures, LLC

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【英題】
SONG TO SONG

【監督・脚本】
テレンス・マリック

【キャスト】
ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマン、ケイト・ブランシェット、ホリー・ハンター、ベレニス・マルロー、ヴァル・キルマー、リッキ・リー、イギー・ポップ、パティ・スミス、ジョン・ライドン、フローレンス・ウェルチ

【作品概要】
アメリカ有数の音楽の街・テキサス州オースティンを舞台に、ある男女4人の人生が時に交わり、離れていく姿の中で、それぞれが幸せを模索する姿を描きます。

監督を務めたのは、『天国の日々』(1978)『シン・レッド・ライン』(1998)などを手掛けたテレンス・マリック監督。メインキャストには『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)などのルーニー・マーラ、『ラ・ラ・ランド』(2016)などのライアン・ゴズリング、『スティーブ・ジョブズ』(2016)などのマイケル・ファスベンダー、オスカー女優ナタリー・ポートマンら、さらにケイト・ブランシェット、ホリー・ハンター、ヴァル・キルマーらベテランが脇を固めます。

さらにリッキ・リー、イギー・ポップ、パティ・スミス、ジョン・ライドン、フローレンス・ウェルチらさまざまなジャンルの有名ミュージシャンが、幅広い音楽とともに物語の世界を広げていきます。

映画『ソング・トゥ・ソング』のあらすじ


(C) 2017 Buckeye Pictures, LLC

アメリカ・テキサス州のオースティンで、フリーターとして毎日を過ごしていたフェイ(ルーニー・マーラ)は有名プロデューサーのクック(マイケル・ファスベンダー)と内密に交際していました。

ソングライターとしての野望を持つBV(ライアン・ゴズリング)は、そんな彼女に恋心を抱いていました。

一方、ゲームのように恋愛を楽しんでいたクックは、ある日夢を諦めたウェイトレスのロンダ(ナタリー・ポートマン)にアプローチを仕掛けます。

そしてこれを機にそれぞれに幸せを求めながら生きてきた4人の男女の人生が、誘惑と裏切りに満ちた世界で重なり合っていきます。

映画『ソング・トゥ・ソング』の感想と評価


(C) 2017 Buckeye Pictures, LLC

役者をクリエイションの場に引き込む手法

メインキャラクターにキャスティングされた注目の俳優4人をはじめ、名だたる名優の布陣に目を引かれ、それぞれがどのような立場の人間を演じるのか、どのような画を見せるのかに非常に気を引かれるところでしょう。

そういった期待を、この作品はいい意味で大きく裏切ります。恐らく近年のエンタ―テインメント系映画を見慣れた方は、かなり面食らうことでしょう。

本作では、演技の大半はまるで役者同士のアドリブ合戦、演技のワークショップのようなイメージに見えてきます。

台詞らしい台詞もなく、どこまでが脚本なのか、どこからはアドリブなのか、という感じです。しかしこれは視点を変えれば非常に実験的であり、斬新な試みにも見えます。

近年の大作では大まかなショットがほぼ決まっており、その決まったフレーム内に収まる演技、展開を役者は見せるわけです。

対してこの作品では、シーン毎の演技をかなり役者の感性に依存しているようにも見えます。つまり監督をはじめとしたスタッフだけでなく、役者自信の制約を解き、クリエイティブな面にかなり突っ込ませている形で作られています。

この作り方では、シーンそのものの展開やシーン毎のつながりをいかにバランスをとるか、という点で大きな懸念が出てくるわけですが、そこはむしろクリエイティブ性の良い面が浮き彫りとなっており、ある男女の物語という大筋があるにもかかわらず、文字通り「今までに見たことのない」と思わせる展開が見えてきます。

また一方で、ベテランのケイト・ブランシェットやヴァル・キルマーといった役者は、それぞれにかなり個性的な役柄として登場。「まさかこの人がこの役を?」と思わせる、少々サプライズ的なキャスティングが行われています。

そしてその配役で、どの役者も生き生きとした演技のぶつかり合いを見せています。それはある意味役者同士のバトルのようでもあり、本当の意味での「ケミストリー」に近い緊張感があり、リアリティーが映像からは見てとれます。

ある意味大作、大作と作品のスケールにこだわり過ぎている映画業界に対して、本当のクリエイティブとは何かという命題を投げかけたような試みともいえるでしょう。

撮り手の意志が見えてくる映像世界


(C) 2017 Buckeye Pictures, LLC

また映像の印象にも、この作品には特徴的な所管を覚えることでしょう。本作はPOV的に手持ちのカメラですべての場面を追うアングルで作られています

カメラマンは登場人物ではないので当然POV作品ではありませんが、この視点にしている以上、見ている側があたかもその現場にいるような臨場感を醸し出します。

その一方で画の作り方は注目すべきものになっています。大概においてPOV作品は映像として、テレビやPCで見る場合、映画として映画館で見る場合と基本的には視聴のためのメディアを選ばない構図、アングルとなっています。

ものによってはどちらかというと前者のポータブルなメディアで見ることが前提になっている作品も、近年の映像配信市場の拡大傾向を考えれば、多くなっているとも考えられます。

しかしこの作品はどのシーンでも画面の広がりを非常に意識した撮り方をしており、「できれば大きなスクリーンで見たい」と思いたくなる作品作りの意思が随所に伺えます

こういった点に関しても、例えば近日のコロナ禍のように映画という芸術の必要性というものを問われ、その存続の危機を迎えている現在において、「広いスクリーンで見る意味のある映画」作りを目指すとともに、映画文化存続の是非を敢えて問うたようなメッセージすら感じられます。

まとめ


(C) 2017 Buckeye Pictures, LLC

この物語には、ストーリーの明確なアウトラインが存在しません。例えば最初から最後までの一音一音が明確に決められた音楽がクラシックのオーケストラであるのに対し、感性に従ってさまざまな起伏を見せるコンテンポラリーなジャズのような作品のようでもあります。

その意味では気軽に見てしまうと内容を理解するのが難しい映画ですが、突き詰めてみると非常に先進性を狙った、攻めた作り方をしており、繰り返してみる意味のある作品であることがわかるでしょう。

また出演陣が名優揃いであると同時に、イギー・ポップ、レッドホット・チリペッパーズ、パティ・スミス、ジョン・ライドンなどの著名なアーティストが、それぞれにシーンの中で重要なポイントの役割を果たしています。

その登場の仕方は、意味深な言葉を述べたり、単にパッと出て、パッと消えたりとさまざまですが、それこそがこの「ソング・トゥ・ソング」というタイトルながら、いわゆるBGMという形で音楽を使用していない、それでもこの物語でまさしく「歌から歌へ」とつながっていくストーリー展開を巻き起こしていく上で、重要な役割を果たしています

映画『ソング・トゥ・ソング』は2020年12月25日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショーされます!


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『夜を走る』あらすじ感想と評価解説。佐向大監督がミステリー要素のある表現で観客を惑わせる“迷宮のような展開”

映画『夜を走る』は2022年5月13日(金)テアトル新宿、ユーロスペースほか全国順次公開 社会派ドラマ『夜を走る』が2022年5月テアトル新宿、ユーロスペースほか全国順次公開されます。 『教誨師』(2 …

ヒューマンドラマ映画

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』あらすじネタバレと感想。詩人の生涯をシンシア・ニクソン主演で描く

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』の内容解説 エミリー・ディキンソンという詩人をご存知でしょうか。 画家のゴッホと同じく、生前は無名に等しかったものの、今では19世紀最高の天才詩人と称される女 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

天才バレエ少女が、自らの踊りを探求し、挫折を経ながら成長していく姿を描いたフランス映画『ポリーナ、私を踊る』をご紹介します。 本作が映画デビューとなる新星アナスタシア・シェフツォワの魅力がたっぷり詰ま …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』感想レビューと考察(ネタバレあり)。施設を飛び出した青年がプロレスラーを目指す理由

運に見放された漁師とダウン症の青年の心の交流 トラブルメーカーの漁師と、プロレスラー志望のダウン症青年の旅路を描く映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』が、2020年2月7日(金)よりヒューマントラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブラッククランズマン』あらすじネタバレと感想。スパイク・リー新作【原題:BlacKkKlansman】

今回ご紹介するのは2018年5月、第71回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された『ブラッククランズマン(原題BlacKkKlansman)』。 日本での公開はまだ未定ですが、今の時代に見逃すことのできな …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学