Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ギャングース』あらすじネタバレと感想。高杉真宙×加藤諒×渡辺大知の演技力に注目

  • Writer :
  • もりのちこ

裏社会の実態をリアルに描いた❝超実証主義漫画❞『ギャングース』が、遂に実写映画化。

ハリ?タタキ?道具屋?ヤラレ名簿?受け子?

聞きなれない言葉が飛び交う世界。どこか他人事のように思える世界が、リアルにあります。

生きることに精一杯な3人の若者の姿を通して、若者の貧困問題、特殊詐欺を行う犯罪営利組織(カンパニー)の実態、裏社会の縮図が浮き彫りになっていきます。

暗闇から日の当たる場所へと再起をかけた3人の少年の青春物語『ギャングース』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ギャングース』の作品情報


(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

【公開】
2018年(日本)

【原作】
肥谷圭介、鈴木大介

【監督】
入江悠

【キャスト】
高杉真宙、加藤諒、渡辺大知、林遣都、伊東蒼、山本舞香、芦那すみれ、勝矢、般若、菅原健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI

【作品概要】
原作は、未成年犯罪のルポライター、鈴木大介によるノンフィクション書籍「家のない少年たち」をもとに、肥谷圭介が漫画を担当した同名コミック。

監督は、『SRサイタマノラッパー』で第50回映画監督協会新人賞など多数受賞をし、その後も『22年目の告白 私が殺人犯です』『ビジランテ』など話題作を次々手掛ける入江悠監督。

親からの虐待や犯罪で少年院で過ごしたサイケ、カズキ、タケオを演じるのは、美形だけではない演技力にも定評のある高杉真宙、役に合わせてモヒカンヘアを披露した加藤諒、そして金髪に眉毛を剃って役に挑んだ渡辺大知(バンド・黒猫チェルシーのボーカル)の3人。

映画『ギャングース』のあらすじとネタバレ


(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
サイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤諒)、タケオ(渡辺大知)の3人は、職なし・学なし・犯罪歴ありの少年院仲間。

社会から見放され、親も家族もいない彼らは、犯罪組織が稼いだ収益金を狙って窃盗をする「タタキ家業」で、その日その日をどうにか生きていました。

ターゲットのハリ(見張り)がいなくなった隙に侵入し、金目の物を盗むタタキ行為。成功するも、道具屋で情報調達係りの高田君(林遣都)に、儲けの大概を巻き上げられるという繰り返しです。

その日もサイケ達は、盗品で儲けているグループに窃盗に入ります。しかし、カメラのシャッター音に慌てる3人。

ハリをしていたのは、なんと幼い少女・ヒカリでした。

そこへ戻ってくる犯罪グループ。ヒカリの腕にいくつもの焼き印を見つけたカズキは、少女を連れて逃げます。

ヒカリに、生き別れた妹の姿を重ねるカズキは、面倒をみることにします。

ヒカリは、ハリの役目だけではなく、大事なものを持たされていました。SDカードです。

そのSDカードには、振り込め詐欺の「ヤラレ名簿」が入っていました。

一方、犯罪営利組織カンパニー「六龍天」では、複数の詐欺店舗を統括する加藤(金子ノブアキ)が、社員相手に熱弁を振るっています。

「迷える子らよ 私に任せなさい」と、胡散臭いセミナーさながら、語りかける加藤。

「現代の貧困層問題で、ひどい扱いをされる子供達。自分たちもその犠牲者である。親に虐待され、捨てられ、少年院で過ごし、家族も職もなく、社会から見捨てられた俺たちを救ってくれる者などいない。お金の余っている層からお金をもらって何が悪い?政府が助けてくれるのか?自分たちで稼いで生きていくしかないのだ」

サイケ達は、ヒカリの持っていた「ヤラレ名簿」をもとに、振り込め詐欺のアガリ(収益金)に目を付け、行きつく先をハリます。

振り込め詐欺の流れは次の通りです。

即席の事務所で、ヤラレ名簿に載っている老人にチームで電話をかけ、弁護士がお金を受け取りに自宅へ向かいます。受け取ったアガリ(収益金)は、何人ものメッセンジャー(運び屋)を経由し、貸ロッカーへと行きつきます。

そこには、逮捕者が出ても詐欺グループの上層部は捕まらない、振り込め詐欺の巧妙な手口がありました。

いよいよ、サイケ達のタタキ決行です。

サイケ、カズキ、タケオの3人は、ひとり一千万のお金で、身分証と住む家を手に入れ、職に就くことを目標にタタキを繰り返します。

しかし、目標額まであと少しのところで、ターゲットが見つからなくなったサイケとカズキは、情報収集と称してキャバクラへと入ります。

そこで、昔の少年院仲間に再開し絡まれるサイケとカズキ。さらに後を付けられ、奇襲を受けてしまいます。

集めたお金も取られ、六龍天のトップに知らされたくなかったら、毎月上納金を払えと脅される3人。

「調子にのるからだよ」高田君の言葉が刺さります。

以下、『ギャングース』ネタバレ・結末の記載がございます。『ギャングース』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

すべてがゼロになったサイケ達は、六龍天のトップ・安達(MIYAVI)に挑むことを決心します。

安達の存在が浮き彫りになればなるほど、桁外れのヤバさを知るサイケは、死を覚悟します。

決行を前に、サイケは子供の頃、自分を捨てた両親を憎みながらもどこかで会えるという希望を捨てられない自分の弱さを告白します。

そんなサイケに、カズキとタケオは、自分たちにも会わなきゃいけない人がいる。ここで死ねない。安達に勝ってお金を手に入れ、生きよう。希望は捨てなくていいんだと励まします。

絆を深めた3人は、安達の情報を集めます。

そんな中、中国から千葉に着く船のコンテナで、金を運んでいるという情報を手にした3人は、安達に妹を殺され復讐を誓う川合(勝矢)の助けを借り、タタキの準備を進めます。

危ないタタキの前に、ヒカリとの別れを決意したカズキ。

ヒカリを幼児施設に送り届けます。離れられず、死んでもいいと言うヒカリに、「簡単に死ぬと言うな。前を向け」と教えるカズキ。ヒカリはひとりで施設へと向かいます。

そして、タタキ当日。コンテナから金を輸送する車には、加藤が乗っていました。

予定通り、輸送途中の車を襲うサイケ達。みごと金の入ったケースを盗み出します。

逃げ切った3人は、ケースを確認。中身は、紙切れだらけ。お金は1枚も入っていませんでした。

コンテナでの様子を見ていたサイケは、加藤が怪しいことに気付きます。海外に逃亡をたくらむ加藤を追って空港へ向かうことに。

空港では、加藤が携帯電話で誰かと話をしながら、金の入ったキャリーケースを引いています。

そんな加藤の前に電話の相手、恋人のアゲハ(篠田麻里子)を連れた、安達が姿を現します。殴られるアゲハ。助けに入る加藤も、車で連れ去られます。

その現場にやってきたサイケ達は、安達の後を追います。

思わぬところで安達と直接対決になったサイケ達は、金を取ったら無事に逃げようと決めます。

いざ突入する3人。車を乗り回し、お金の入ったケースを見つけ逃げようとするも、安達が立ちはだかります。半端なく強い安達を前に、苦戦するサイケ。

3人で立ち向かっても倒れない安達。そこに現れたのは、妹の復讐を誓う川合でした。

川合の助けで、安達を倒した3人は、車で逃げます。

車の中ではしゃぐ3人の後ろでは、トランクから大量の札が舞い散っていました。

ある日の定食屋。サラリーマンがテレビのニュースを見て、悪態をついています。

ニュースでは、捕まった犯罪営利組織カンパニーのオーナー・安達の姿と、彼の幼少時代の悲惨な生い立ちが流れています。

「悲惨な生い立ちで同情かよ。虐待された子供だからとか関係ねぇよ。頑張ってねぇだけだろ。俺らの方が頑張って金稼いでんだよ」

同じ店のカウンターには、サイケ、カズキ、タケオの姿が。

怒りを露わに立ち上がるサイケに、カズキは変顔をしなだめます。

言いたい奴には言わせておけばいい。3人は、大切な仲間がいること、幸せはここにあることを知っています。

定食屋からはサイケ、カズキ、タケオの笑い声が聞こえてきます。

スポンサーリンク

映画『ギャングース』の感想と評価


(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
映画『ギャングース』は、現代で実際に起こっている未成年犯罪、犯罪営利組織の存在がもとになっていることを忘れてはいけません。

子供の虐待問題若者の貧困問題振り込め詐欺の増加。どこか他人事のように過ごしていませんか?

サイケ、カズキ、タケオだけでなく、加藤も安達も、生きる場所がない子供たちが生きていくために作り上げた世界がここにはあります。

彼らも、美味しいご飯を食べ、仲間と遊び笑い、ゆっくり寝る、生きる喜びを感じる権利があります。そして、実際そうであって欲しいです。大切なものを守りぬく努力を諦めないことを願います。

そして実写映画化で注目なのは、役作りのためにビジュアルを変えて臨んだ高杉真宙加藤諒渡辺大知の3人のカッコイイ俳優たちです。その意気込みが演技にも現れています。

また、金子ノブアキの哀愁あふれる悪役。篠田麻里子のアイドルからの脱皮。林遣都の淡々とした演技の中の存在感。

そして、何といっても度肝を抜かれたのがMIYAVIの演技です。冷徹な男・安達を演じたMIYAVIは、ギターを持っていないのに持っているかのようなカリスマ性。知的さと狂人さをもった安達をみごとに演じています

まとめ


(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
未成年犯罪のルポライター、鈴木大介によるノンフィクション書籍「家のない少年たち」をもとに、肥谷圭介が漫画を担当した同名コミックを、入江悠監督が実写映画化した『ギャングース』を紹介しました。

現代の日本で実際に起こっている未成年犯罪の問題、裏社会の縮図をリアルに描いた作品です。

恵まれた環境で育っても心が満たされない若者もいれば、愛情を知らず育っても信じる心を忘れない若者もいます。どちらが良いとか悪いとかではなく、リアルを知る事が大事なのではないでしょうか。

暗闇から日の当たる場所へ。再起をかけた少年たちの青春映画『ギャングース』はR15+指定です。

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『シアター・プノンペン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アジアの若手女性の監督ソト・クォーリーカーが自国の歴史に向き合った作品『シアター・プノンペン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『シアター・プノンペン』の作品情報映画『シアター・ …

ヒューマンドラマ映画

イッセー尾形映画『漫画誕生』のあらすじとキャスト。篠原ともえとの共演で見せる魅力とは

第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュに選出されたイッセー尾形主演『漫画誕生』。 “近代漫画の父”と呼ばれ、いま現在に至る漫画を職業として確立し、歴史から忘れられていった男・北沢樂天。 新進気鋭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話』ネタバレ感想。大泉洋の代表作となった屈指のハマリ役

幼い頃に難病の筋ジストロフィーを患い、20歳まで生きられるかどうかといわれながらも、40年以上の人生を歩んだ実在の人物・鹿野靖明。 彼の半生をつづったノンフィクション『こんな夜更けにバナナかよ筋ジス・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラビング 愛という名前のふたり』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ただ一緒にいて普通の生活がしたいだけなのに…。ある夫婦の切なる願いは、アメリカの法律を変えることができるのか?! 実話から生まれた感動の物語です。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ラビング 愛 …

ヒューマンドラマ映画

【The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ】感想と評価。ラスト解説は?

映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2018年2月23日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開。 世間から隔絶された女子寄宿で暮らす7人の女性たちの前に、南北戦 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP