Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】未来は裏切りの彼方に|あらすじ結末と感想評価。ナチスドイツ支配下のスロバキアで起きた民衆蜂起にて“生きるための裏切り”を裁けるか⁈

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

守るため、生きるために嘘をつき、裏切る……その先に待ち受けるものとは

第二次世界大戦、ナチスドイツ支配下のスロバキア。

歩兵のジャックは、仲間たちが娼館で楽しんでいるなか抜け出し、流産した妻の元に帰ってきます。脱走をしたことを隠し妻と新たに生活をやり直そうとします。

しかし、皮肉な運命の引き合わせで娼館にいた娼婦と再会してしまいます。生きるために嘘をつき、裏切りが蔓延る小さな村。裏切りに果てにあるものとは……。

デブリス・カンパニーの舞台劇「EPIC」をもとに、本作が長編デビューとなるペテル・マガートが監督を務めました。

妻のエヴァ役は『ザ・クーリエ』(2020)のアリシア・アグネソン、夫のジャック役は『リジェネレーション』(2015)のラクラン・ニーボアが演じるなど、世界各国から集結したキャストが顔を揃えました。

映画『未来は裏切りの彼方に』の作品情報


(C)2020littlekingdom

【日本公開】
2023年(スロバキア映画)

【原案】

【原案】
ユエン・グラス

【監督】
ぺテル・マガート

【脚本】
ユエン・グラス、ルツィア・ディッテ、ミハエラ・サボ

【キャスト】
アリシア・アグネソン、ラクラン・ニーボア、ブライアン・キャスプ、クララ・ムッチ、ヤン・ヤツクリアク、エイミー・ラフトン、アビゲイル・ライス、クリスティーナ・カナートヴァー

【作品概要】
デブリス・カンパニーの舞台劇「EPIC」をもとに映画化。もとは愛と嫉妬をテーマにしたコンテンポラリーダンス劇であったが、第二次世界大戦下を舞台に、夫が戦地に向かい残された女性たちの生き様を描くヒューマンドラマとして作り上げたと言います。

妻・エヴァ役を演じたのは、『ザ・クーリエ』(2020)のアリシア・アグネソン、夫・ジャック役は『リジェネレーション』(2015)のラクラン・ニーボア、工場長のバール役には、『ジョジョ・ラビット』(2019)のブライアン・キャスプが演じました。

映画『未来は裏切りの彼方に』のあらすじとネタバレ


(C)2020littlekingdom

第二次世界大戦下のスロバキア。

歩兵部隊に所属するジャック(ラクラン・ニーボア)は、仲間らと共に娼館でひとときの休息を過ごそうとしていました。仲間らが楽しむために娼婦とそれぞれの部屋に向かうなか、ジャックは一人部屋に向かおうとせず俯いて座っていました。

娼婦が一人で上の階に向かったのを確認するとジャックは、軍服を脱いであたりの様子をうかがいながら脱走します。後ろの方で銃声が聞こえ、ジャックは身を低くしながら森の中でと向かっていきます。

ジャックの妻・エヴァ(アリシア・アグネソン)が、いつものように軍需工場勤務から帰ると部屋にはジャックの姿があり驚きます。

「知らないうちに終戦したの?」と冗談混じりでエヴァは言いながらジャックの帰還を喜び2人は固く抱き合います。

ジャックはエヴァからの流産の報告の手紙を受け取り脱走してきたことを説明し、仕事のことは書いていなかったと言います。エヴァは大切なことだけ知らせたかったと言います。

エヴァは工場を経営する傲慢なバール(ブライアン・キャスプ)に気に入られているから大丈夫だとジャックに言い聞かせ、片方の足を負傷して帰還した兵士を装って共に工場で働くことになります。

ジャックが少しずつ仕事に慣れてきた頃、バールが2人を呼び出します。村中の誰もが知っていると2人を脅し、自分は優しいから2人とも仕事を辞めろとは言わない。2人で話し合ってどちらかが仕事を辞めろと突き付けます。

その夜エヴァが話し合いましょうと言うと、エヴァを守りたい、働くのは男の仕事だとジャックは言います。

私が自分で勝ちとった仕事、私の方が仕事ができて気に入られているとエヴァも言いますが、ジャックは子供が欲しいということをダシにエヴァに仕事を辞めるように言い、とうとうエヴァも折れます。

エヴァが仕事を辞めてしばらく経った頃、工場で働く同僚のジュリア(エイミー・ラフトン)がジャックにエヴァが妊娠したみたいねと話しかけられます。しかし、実際は妊娠していませんでした。

その頃、工場長のバールは少しずつナチスドイツが劣勢になり、終戦が近いことを感じ始めています。終戦になると軍需はなくなり、工場の経営は成り行かなくなってしまうからです。

焦ったバールは、政府の役人であるハナーチェク(ヤン・ヤツクリアク)に注文の確約をお願いします。するとハナーチェクは、スパイであったキャット(クララ・ムッチ)の身を潜めるために、キャットとの結婚を確約の条件に提示します。

美人なキャットと結婚できたバールは、パーティを行い得意げに美しい花嫁を村中に見せつけます。しかし、村の人々は金のための政略結婚だと気づいていました。さらにキャットはハナーチェクの愛人であったのです。

そしてパーティでキャットの姿を見たジャックは動揺します。キャットはあの日娼館にいた娼婦であったのです。自分が脱走したことを知っているキャットとの再会にジャックは焦りを隠せません。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『未来は裏切りの彼方に』ネタバレ・結末の記載がございます。『未来は裏切りの彼方に』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2020littlekingdom

ジャックはキャットに黙っていてくれるのか、黙らないのかどっちだと尋ねますが、キャットは自分が絶体絶命でない限りどっちつかずでいるに限ると、自分の立場を明確にしません。

妊娠し、幸せそうなエヴァと裏腹にジャックはいつかバラされるのではないかと焦るようになります。

さらに夫の戦死を知らされ沈んでいたジュリアは幸せそうなジャックとエヴァを見て、本当にジャックの子かわからない。あなただけ知らないのは可哀想だから言うけれど、あなたが戦地に行っている間エヴァはバールと関係があったと言うのです。

ジュリアの言葉に動揺したジャックは怒りのままバールに飛びかかろうとしたところをキャットに制されます。キャットに2人で逃げようと言われ流されたジャックはキャットと関係を持ってしまいます。

その後キャットがあの夜のことを話します。脱走したジャックが聞いた銃声は娼館にいた仲間が撃たれた銃声でした。キャットが居場所をばらし、レジスタンスによって兵士は皆殺されたのです。それだけでなく、兵士とともにいた女性も何人か殺されました。

それを見たキャットはハナーチェクに助けを求め、この村にやってきたのです。キャットの裏切りを知ったジャックはショックを受けます。

徐々に終戦の機運が高まり村でもレジスタンスなどによる蜂起が起き始め、バールは焦り始めます。村では様々な嘘が蔓延り混乱し始め、ジャックはバールとエヴァの関係を強く疑うようになります。

「誰の子だ?仕事はどうやって得たんだ?」とジャックがエヴァを問い詰めると、「私はそんなことはしていない、自分の力で仕事を得て、家も引っ越した。私から仕事を奪ったというのに今度はそれも疑うの?」とエヴァは怒ります。

更に、「確かにあなたが兵に行く前は、幸せなふりをしていた。あなたの浮気や違いも気づかないふりをしていた。でも黙っていない」と強い口調で言います。

ジャックに共に逃げましょうと言っていたはずのキャットも自分の立場が危うくなると手のひらを返し、ジャックは脱走兵で私は脅されたと平然と嘘をつき、ジャックは捕えられてしまいます。

当局にレジスタンスと疑われたジャックは処刑されることになってしまいます。すると村人はジャックはそんなことしていないとジャックを擁護します。

ジャックも脱走はしたがその他のことはしていないと否定し、これからやり直すんだ、父親になるんだと言いますが、無業にも撃たれてしまいます。すると村人たちは怒り掴みかかり、暴動になります。

村人たちの暴動はおさまらず、工場にも迫ってきます。バールとキャットは家財を詰め込んで逃げようとしますが、追っ手に追いつかれてしまいます。バールが捕えられている隙にキャットはバールの秘書を連れて逃げ出します。

ジャックが殺された悲しみにくれているエヴァもジュリアと共に村を逃げ出しますが、途中で産気づいてしまいます。村中が暴動が起きているなか、エヴァはジュリアの助けを経て元気な男児を無事に出産しました。

映画『未来は裏切りの彼方に』の感想と評価


(C)2020littlekingdom

生きるための裏切り

第二次世界大戦下のスロバキアを舞台にした映画『未来は裏切りの彼方に』では、戦争を戦地ではなく、戦地に赴いた家族を待ちながら懸命に生きる女性の姿を通して描き出しました。

エヴァは幸せな家庭を夢見る女性でしたが、戦争によって大きく変わってしまいました。夫・ジャックが戦地に赴き、一人残されたエヴァは生きるために軍需工場で働き始めます。

工場を経営する傲慢なバールは、働きたいという女性に立場を利用して、性的な行為を強要していました。ジャックはジュリアからその話を聞かされ、実際にバールが女性に性的な行為を強要させている場面を目撃しています。

エヴァがそのような行為をしたかどうかは明かされていませんが、生きていくためにそのような選択をした可能性を仄めかしています。

また、エヴァのジャックに対する態度の変化も印象的です。ジャックが戦争に行く前は、ジャックのよくないところにも目をつむり、幸せな家族であるふりをしていました。

しかし、ジャックが帰ってくるかもわからない状況で一人で生きていく決意をしたエヴァは、一人で流産の悲しみにも立ち会いました。

そして妊娠をしてからは子供と生きることを第一に考えるようになりました。

ジャックとの夫婦関係に対する希望を完全に捨てた訳ではないかもしれませんが、父親としての自覚を持たずエヴァの浮気を疑うジャックを子供のためなら切り捨てる覚悟もあったのではないでしょうか。

悲しみに暮れても希望を捨てず、強く生きていこうとするエヴァとは違う強さを持つ女性がキャットでした。

スパイとして活動し、娼婦として見下されてもその立場を利用し、生きるために嘘も平然とつく、一見するとあまり良い印象は持たれない女性かもしれません。

しかし、誰も信用せず、殴られても平然と立ち向かう強さは誰でも持ち得るものではありません。誰もが裏切ったり利用をしたり、権力者がいつ移り変わってもおかしくない戦争下でキャットが生きるためにしたことを誰が裁けるでしょうか。

キャットは生きるためには裏切るのも仕方ないということが身に染みてわかっているからこそ、キャットをよく思わず、キャットのことを告げ口していると分かっていてもバールの秘書を責めませんでした。

それどころか私は結婚したからバールの横暴に耐えているけれどあなたは何のために耐えているのかと聞きます。

バールの秘書にはキャットほどの度胸はなく、バールに気に入られたい、頼りにされたいという思いからバールに尽くしていますが、バールにとっては都合のいい存在でしかありません。

保身しか考えないバールは、逃げ出す際に共に秘書を連れて行こうとは全く考えていませんでした。そんな秘書の手をとり逃げ出したのがキャットでした。

暴動の中生き延びて逃げ出すのはキャットと秘書、そしてエヴァとジュリアと全て女性です。その姿は終戦後も力強く生き抜いていく強さを感じさせます。

そのような戦争下を力強く生き延びていく女性の姿は、ポール・ヴァーホーベン監督の『ブラックブック』(2007)や、マルグリット・ドュラスの小説の映画化『あなたはまだ帰ってこない』(2019)にも描かれていました。

まとめ


(C)2020littlekingdom

戦地に赴いた男性の帰りを待つ女性の姿を通して戦争を描いた本作は、第二次世界大戦下1940年代のスロバキアを舞台にしていますが、人々の生き抜く強さと愛による愚かさという普遍的なテーマを描いています。

原題は「Little Kingdom」であり、エヴァがジャックに家では威張るというセリフが思い浮かびます。

バールは工場という小さな王国で自身の権威を保つために女性に対して高圧な態度をとり、自分に従わないキャットを服従させようと躍起になります。その一方で、政府の役人であるハナーチェクの前では小さくなっています。

同様にジャックも家ではエヴァに対し威張っていますが、バールに対しては強く出れません。小さな自分の王国で威張る彼らの愚かさを表したような原題になっているのです。

そして小さな王国で服従させたつもりの女性たちは、服従せず広い世界で生き抜く強さを持っているのです。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『幸せの答え合わせ』あらすじ感想と評価解説レビュー。家族の別離から導き出される希望を描く

熟年離婚の危機を迎えた夫婦とその息子がたどり着く希望とは 映画『幸せの答え合わせ』が、2021年6月4日(金)よりキノシネマほかで全国順次公開予定。 長年連れ添いながらも、突如として離婚の危機を迎えた …

ヒューマンドラマ映画

寺島しのぶ映画『オー・ルーシー!』あらすじと感想レビュー。ハグの意味は?

映画『オー・ルーシー!』は、4月28日(土)ユーロスペース、テアトル新宿他にてロードショー。 節子43歳は独身。職場では話し相手はおらず、自宅に戻れば一人暮らしの部屋は物だらけで友だちが来ることもない …

ヒューマンドラマ映画

就活映画『何者』ネタバレ感想とあらすじ。どんでん返しの結末で三浦大輔監督が描いた学生たちの“就職活動の苦悩”

映画『何者』は、社会に飛び立つ前に感じる不安の正体を抉り出す 映画『何者』は、就活とSNSを題材に、大学生の男女5人が本音と建前を抉り出すヒューマンドラマです。 直木賞を受賞した作家・朝井リョウの同名 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソフィーの選択』ネタバレ感想。メリル・ストリープ代表作にして初のアカデミー主演女優賞作品

作家志望のスティンゴは、終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。 次第に仲良くなる3人。 しかし、ソフィーとネイサンには、ナチス・ド …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ結末感想とあらすじ評価解説。セリーヌ・ディオンが世界的歌姫として見つけた“真実の愛”

世界的アーティスト、セリーヌ・ディオンの半生を華麗に映画化 映画『ヴォイス・オブ・ラブ』が、2021年12月24日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷に …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学