Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ザ・クーリエ』ネタバレ感想と考察評価。“女トランスポーター”のオルガキュリレンコが悪を打ち砕く|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録12

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第12回

世界のあらゆるジャンルの映画から埋もれかけた作品、時には大スターが出演する映画も登場する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第12回で紹介するのは『ザ・クーリエ』。

ヤバい物を運ぶ”運び屋”、犯罪者の逃亡を助ける”逃がし屋”など、裏社会のために働くドライバーを主人公にした映画は、アクション映画の人気ジャンルとして存在していました。

現在も「トランスポーター」シリーズや『ドライヴ』(2011)、『ベイビー・ドライバー』(2017)などの作品が、新たなファン層を獲得しています。

その人気ジャンルに挑戦するのが、『007/慰めの報酬』(2008)で世界的スターとなったオルガ・キュリレンコ。バイクを駆る元特殊部隊の凄腕運び屋が、自分を陥れた悪党どもと対決する!

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020延長戦見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ザ・クーリエ』の作品情報


(C)2019 TC Film LTD. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(イギリス映画)

【原題】
The Courier

【監督・脚本・製作総指揮】
ザッカリー・アドラー

【キャスト】
オルガ・キュリレンコ、ゲイリー・オールドマン、アミット・シャー、ウィリアム・モーズリー、ダーモット・マローニー、クレイグ・コンウェイ、グレッグ・オービス

【作品概要】
ロンドンの裏社会で運び屋をする元特殊部隊の女。彼女が巨悪に立ち向かう姿を描くサスペンスアクション映画。監督は実在の犯罪組織のボス、クレイ兄弟を描く『UKコネクション 前編 伝説の幕開け』(2015)、『UKコネクション 後編 狂気と破滅』(2016)のザッカリー・アドラー。

主演はオルガ・キュリレンコ、敵の黒幕をゲイリー・オールドマンが演じるなど、豪華キャストの作品です。主人公に命を救われる男を『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(2014)のアミット・シャー、「ナルニア国物語」(2005)シリーズでスターとなった、ウィリアム・モーズリーが主人公たちを執拗に追い詰める悪役を演じます。

映画『ザ・クーリエ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 TC Film LTD. All Rights Reserved.

屋内駐車場で椅子に縛られ、暴行を受けるバイクスーツに身を包んだ女”The Courier”(ザ・クーリエ、宅配便を意味する言葉)。相手は彼女に、目撃者を守ることを諦めろと告げます。

その彼女、クーリエ(オルガ・キュリレンコ)に加速した車が、真正面から迫って来ます……。

ニューヨークの聖アンソニー聖堂。そこで開かれている葬儀に集う人々の最前列に、悪名高い隻眼のマフィアのボス、エゼキエル・マニングス(ゲイリー・オールドマン)がいました。

そこに現れた彼の娘のアリスは、報道で父の逮捕が近いと悟っていました。娘に対し、早急に手を打たねばならないと告げたマニングス。

アリスは全て順調と答えますが、彼はブライアント捜査官(ウィリアム・モーズリー)に手筈を確認しろと告げます。警察に睨まれた彼は動けず、今後の連絡はアリスが行うことになります。

聖堂にFBIとSWATの一団がやって来ます。マニングスは抵抗せず逮捕され連行されました。

夜のロンドン市内を走り抜けるバイク。運転している彼女に仕事の依頼が入ります。

マニングスはNYの高層ビルにある自宅に、FBIに監視され軟禁状態に置かれていました。その父の前に現れ、証人には裁判で証言させないと告げるアリス。

自らの置かれた環境に憤慨したマニングスは、監視する者の前で声を荒げました。

その頃ワシントンDCの裁判所では、マニングスに関する裁判が始まろうとしていました。重要な証言をする人物は、身の安全のためヨーロッパ某所から証言すると告げられます。

同じ頃ロンドンでは、証人であるニック(アミット・シャー)が車に乗せられ、警官や女捜査官シモンズらに護衛され、とある場所へと向かっていました。

冗談を言い落ち着こうとしているニックは、マニングスが直接殺人を犯す姿を目撃していました。シモンズからあなたの証言で全て解決すると言われ、改めて緊張するニック。

車はビルの駐車場に入り、ニックは厳重に警護されエレベーターに乗ります。この建物の1室から裁判所が用意したビデオのリンクを使い、彼は証言するのです。

同じロンドン市内を、バイクに乗った女宅配員、通称クーリエが走っていました。彼女がFBI捜査官からの依頼を受け、重要なビデオリンクのキットを運んでいました。

ニックが案内された部屋は、厚さ約15㎝の防護鋼に守られていました。裁判で証言すれば、犯罪王のマニングスは刑務所送りで、あなたは人生を取り戻せると告げるシモンズ捜査官。

マニングスはNYの自宅で、監視のパーロウFBI捜査官(クレイグ・コンウェイ)への嫌がらせの様に、クラシック音楽を大音量で流して楽しんでいました。そこに娘のアリスが現れます。

2人は監視の目が届かない部屋に移動し、そこでアリスからスマホを渡された彼は、ロンドンにいるFBIのブライアント捜査官と話します。ブライアントが証言を阻止する手はずでした。

クーリエはビルに到着すると、閉鎖されたシャッターを解錠して駐車場に入り、エレベーターで目的の階に向かい、部屋の扉をノックします。

入室したクーリエに銃を向け荷物を取り上げ、抗議に構わず身体検査を行うシモンズ捜査官。

捜査官は身分を証明する物を見せるよう要求しますが、彼女はただの宅急便(クーリエ)に過ぎないと言い、名を明かしません。

彼女がシモンズに届けた荷物のケースは、検査を終えてから開けられました。中身はこの部屋と裁判所とオンラインでつなぐ、厳重に管理された装置でした。

証言への準備が進められる中、緊張したニックはトイレに入ります。裁判所とマニングスが経過を待つ中、拳銃にサイレンサーを取り付けた、シモンズ捜査官の態度に疑念を抱くクーリエ。

運ばれた装置のスイッチを警官が押すと、ガスが噴出します。同時にクーリエの胸に銃弾を2発打ち込むシモンズ。トイレのニックは外の物音に気付き、シモンズに呼びかけました。

ニックが外の様子を伺うと、噴出した青酸ガスを吸い、苦しむ警官たちの姿がありました。シモンズは用意したガスマスクを付け、銃を手にその部屋に入ろうとします。

彼女の背後でクーリエが立ちあがり、シモンズ捜査官を殴り倒すとガスマスクを奪い装着します。クーリエは落ちていた銃を拾い、ガスの充満した部屋に入りました。

トイレのニックの声に気付いたクーリエは、ドアを蹴破って中に入ります。彼女を襲撃者と思い襲おうとしたニックを、あっさり抵抗出来なくするクーリエ。

あなたを救うと手短にニックに告げ、自分のマスクをニックに付けると彼女は息を止め、ガスの中を突っ切り外に出ます。訳が分からず彼女に何者かと訊ねるニック。

クーリエが捜査機関の内部の者が裏切ったと伝えても、ニックはお前は信用できるのか、と疑います。しかし追って来たシモンズに撃たれ、彼も事態を飲み込みます。

クーリエとシモンズは狭い廊下で撃ち合い、ニックは何とかクーリエの側に逃げ込みます。シモンズ捜査官は撃たれて倒れました。

自分を護衛していた捜査官に撃たれ混乱するニックに、自分も撃たれたと防弾チョッキの命中弾を見せるクーリエ。ニックは宅急便業者が防弾チョッキを着ていることに驚きます。

エレベーターで駐車場階に向かう2人。クーリエに彼を傷つける意志は無く、自分も騙されたと説明します。ニックの命を狙う者は、犯行を彼女の仕業に見せかけるつもりでした。

ようやく事態を把握し、彼女と一緒に居たいと言うニックを拒絶し、建物を出て最寄りの警察に駆けこむよう告げるクーリエ。

動揺するニックに、私たちは新たな日に闘うために生き延びるんだ、と告げるクーリエ。それは彼女の父の口癖でした。

瀕死のシモンズは、ブライアント捜査官にニックが宅配便業者(クーリエ)と共に逃げたと報告します。ブライアントは彼女を見殺しにして、次の手を打とうと動きます。

待てどもニックの証言が得られず、マニングスの裁判は始まりません。バイクで逃げようとしたクーリエの元に駆け寄り、駐車場から外に出れないと訴えるニック。

クーリエはニックをバイクの後部に乗せ、暗証番号を入力し駐車場のシャッターを開けます。しかしそこにブライアントの車が待ち受けていました。

ブライアントに撃たれ、慌てて駐車場内に引き返すクーリエ。完全武装したブライアントの部下たちも姿を現します。

警備室を制圧したブライアント捜査官は、放送を使い駐車場のクーリエに、証人のニックを引き渡せば解放してやると呼びかけ、駐車場フロアを閉鎖しました。

ニックと共に駐車場内を逃げるクーリエの姿を、モニターの映像で見守るブライアント。

FBI本部のロバーツ特別捜査官(ダーモット・マローニー)は、ニックの証言が得られず裁判が中断した事態に、ブライアントに連絡し状況の報告を求めます。

その電話を受けたブライアントは、裏切りがあって護衛のシモンズ捜査官から連絡が途絶え、彼女や部下、そしてニックも死んだと報告しました。

後は自力で処理すると言うブライアントに、1時間後に応援部隊を送ると告げたロバーツ特別捜査官。ブライアントは応援が来る前に、ニックとクーリエを殺す必要に迫られます。

自分の腕時計のタイマーを1時間後に設定すると、部下たちに時間内にターゲットを始末しろと命じるブライアント。

アリスのスマホに連絡を入れたブライアントは、状況をマニングスに報告します。裁判は中断させたものの、証人は始末していないと知り、契約は完了していないと告げるマニングス。

駐車場の車の荷台に隠れ、ブライアントの手下の捜索から逃れたニックとクーリエ。しかし彼女の手元に銃はありません。

何か身を守る物を要求するニックに、彼女は自分の着ていた防弾チョッキを譲ります。

マニングスの裁判は結局延期となり、判事は検察側が証人を用意出来なければ、裁判そのものが無効になると警告しました。

裁判の経緯を知って勝ち誇り、父マニングスを誇るあまり、監視のパーロウ捜査官を馬鹿にした態度を見せるアリス。

敵の1人に背後から襲い掛かり、首を折って始末したクーリエ。しかしその男の持っていた自動小銃はスマートガン(認証された者しか使えない銃)で、やむなくナイフを奪います。

男の付けていた無線を身に付け、ニックと共に死体を隠すクーリエ。

その頃NYのバーロウ捜査官は、マニングスに裁判が維持できなくなったと告げ、監視任務を終えマニングスの自宅を引き払うと伝えていました。

クーリエとニックは、駐車場の車の1台に身を隠していました。彼女に事情を聞かれたニックは、偶然マニングスの殺人を目撃した日の出来事を打ち明けます。

その後警察に逃げ込んで証言し、今日まで保護されていたニック。大物ギャングのボスを有罪にできる、唯一の証人になった事実をニックは後悔していました。

その間に車のエンジンをかけることに成功したクーリエですが、正面に男が現れ発砲します。その男を撥ね、轢き殺したクーリエ。

しかし残るブライアントの手下が銃撃しながら追ってきます。車は男たちに包囲され無数の銃弾を浴びせられますが、その中に2人の姿はありませんでした。

抜け出すと1台の車の燃料管を傷つけ、ガソリンを漏れさせたクーリエ。ニックのライターでガソリンに火を付け爆発させ、男の1人を火だるまにします。

炎に包まれた男を、仲間が銃で撃って苦痛から解放しました。

クーリエに手を焼いた結果、手下を3人失い残る時間は42分を切り、応援を求め凄腕のスナイパー(グレッグ・オービス)に連絡をとるブライアント捜査官。

そして彼が調べても、クーリエの正体を今だ掴むことが出来ずにいました。

以下、『ザ・クーリエ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・クーリエ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 TC Film LTD. All Rights Reserved.

クーリエと、重大事件の証人ニックは非常階段室へ飛び込み、そこにいた巨漢の男を階下に突き落し、駐車場の下の階に移動します。

しかし男も立ち上がってクーリエを痛めつけ、非力なニックも彼女を助けようとしますが痛めつけられます。男の落した拳銃を使い、やっと敵を倒したクーリエ。

彼女は男の体から予備の弾倉を探し出し、拳銃を手にニックと逃げました。

またしても部下を失い、残された34分以内に2人を始末したいブライアント捜査官は応援を依頼した”スナイパー”に、いつ到着出来るか確認します。

一室に閉じこもり、扉を塞いだ2人。ニックは凄腕の彼女に対し、どう見てもただの宅配便の配達員(クーリエ)に見えない、一体何者かと訊ねます。

クーリエは自分元特殊部隊員で、唯一の家族の兄のダニーと共に、シリアで戦っていたと告白します。しかしある日、ダニーは狙撃兵に撃たれました。

狙撃兵は負傷したダニーを囮に、助けに現れた隊員を狙撃しようと狙っていました。このままでは妹が必ず助けに来ると考えたダニーは、自ら命を絶ったのです。

それにショックを受けた彼女は、脱走して戦場を離れました。そして今は存在しない人間として、スキルを利用し裏社会の配達を請け負っていると告白したクーリエ。

外で男たちが、部屋の扉に発砲しました。クーリエは排気ダクトのフィルターを開け、そこに入って逃げ出します。現れた男には狭すぎて追跡出来ません。

2人は建物の屋上に逃れました。しかしニックがいきなり撃たれます。外には応援に現れたスナイパーが待ち伏せていたのです。

ニックを庇い、遮蔽物の影に逃げ込んだクーリエ。防弾チョッキの上から撃たれましたが、大口径のライフルの銃弾はチョッキを貫通し、出血したニック。

悲鳴を上げる彼を、クーリエはチョッキが無ければ死んでいたと励まします。拳銃で冷房装置を撃ちガスを噴出させ、その煙に紛れ2人は建物の中に戻りました。

NYではマフィアのボス、マニングスがブライアントからの報告を受けていました。今だ証人を始末できない彼を、無様だと責め立てるマニングス。

ブライアントは放送を通じ、クーリエにニックを差し出せば50万ドル支払うと告げます。狙撃されたニックは出血でいずれ死ぬ、よく考えろと続けます。

それに対し、奪った無線でお前たちを全滅させると告げたクーリエ。私はお前の最悪の悪夢だと言い、対決を宣言します。その言葉に怒りの叫びを上げるブライアント。

彼女はニックに、あなたを早く病院に連れて行く必要があると言い、配電室にあったガムテープを使い止血すると、彼にナイフを渡し隠れているよう告げます。

クーリエは工具箱を探し、ドライバーやケーブル、カッターナイフなど武器になりそうなものを手にすると、ブレーカーを落とし電気を切りました。

非常灯の明かりしか無い中、男たちは懐中電灯で2人を探します。ブライアントは部下に電源を入れるよう命じ、スナイパーに駐車場に移動しろと指示します。

暗闇にまぎれ敵の1人を射殺したクーリエは、自分のバイクにたどり着きました。ヘルメットを被ると、仕込まれた暗視装置を作動させたクーリエ。

彼女はスプリンクラーを作動させ、敵を混乱させ1人にカッターナイフで斬り付けます。相手を失血死させた彼女ですが、命中弾がヘルメットの機能を停止させます。

ニックは車の中に隠れ痛みに耐え、部下が手こずる様にブライアントも銃を手にします。2人の男が、倒れている仲間の死体を確認しました。

それは死体に偽装したクーリエでした。彼女は1人を射殺し、もう1人を格闘で倒します。

NYではアリスが父の裁判の無効を祝い、シャンパンの栓を開けていました。それを見て、まだブライアントから、証人を始末した連絡が無いと怒り出すマニングス。

ようやく電源が復旧しました。駐車場に潜んでいたスナイパーが、クーリエの足に命中弾を与え、彼女は傷付きながら身を隠し止血します。

ヘルメットを被りバイクにまたがり、駐車場を走るクーリエ。それをスナイパーはドローンを操作し追跡します。

一方ブライアントは、ロバーツ特別捜査官から間もなく応援部隊が到着すると聞かされます。2人を始末できる時間は、あと僅かしかありません。

バイクをドローンの銃撃で追い詰めるスナイパー。バイクを捨て隠れ、斧でドローンを破壊しますが、その隙に忍び寄ったスナイパーに捕えられるクーリエ。

気絶した彼女は、椅子に縛り付けられていました。そこにブライアントが現れ、銃を突きつけニックをどこに隠したか尋ねます。

彼女が口を割らないとみたブライアントは、ニックに間もなくお前は失血死すると告げ、クーリエを助けたければ姿を現せと、無線を使い放送を流しました。

彼女に対し正面から突き進んだ車が衝突する直前、姿を現したニック。

ブライアントがニックを撃とうとした瞬間、縄を抜け彼の腕をドライバーで刺すクーリエ。彼女はニックに隠れるよう叫びます。

スナイパーはクーリエの後を追います。立ち上がったブライアントは、ニックを探し始めました。ニックは身を隠しつつ、渡されたナイフを手に取ります。

クーリエはトランクから拳銃を取り出すと、スナイパーと撃ち合いを始めます。牽制に発煙弾を投げるクーリエ。

ニックは迫ってきたブライアントの腹に、ナイフを突き立てました。それでもニックに対し銃弾を浴びせるブライアント。

クーリエとスナイパーは、発煙弾に煙を挟んで撃ち合います。弾が尽きた2人は格闘を始めますが、体格に勝る相手にクーリエは追い詰められます。

彼女は車のワイパーを引きちぎり、それをスナイパーの首に刺しました。死闘の末、ようやく手強い相手を倒したクーリエ。

ニックに銃弾を命中させたブライアント。彼が止めの一撃を加えようとした時、バイクに乗ったクーリエが現れます。彼女はブライアントを跳ね飛ばし命を奪います。

彼女はニックと共にバイクに乗ると、彼を病院に運びました。ニックの身を預けると、彼女はまたバイクに乗って立ち去りました。

マニングスの前に、ロバーツ特別捜査官とパーロウ捜査官が現れ、まだニックが生きていると言って身柄を拘束します。今度は自宅軟禁ではなく刑務所暮らしだと告げました。

36時間後。入院中のニックの前に特別捜査官の姿がありました。謎の女性が君を救ったと話しながらも、自警団は放置できないと彼女の身元を訊ねるロバーツ。

ニックは名前は聞かなかったと答えます。すると部屋を出て電話をかけたロバーツ。相手はマニングスでした。彼もまたマフィアの手先でした。

彼女の正体を暴き、始末するためまずニックを押えると、マニングスに約束するロバーツ。彼が電話を終え銃を手に病室に戻ると、ニックの姿はありません。

驚くロバーツに対し、隠れていたニックと女宅配便配達員”クーリエ”が姿を現し、彼に銃を突き付けました。

スポンサーリンク

映画『ザ・クーリエ』の感想と評価


(C)2019 TC Film LTD. All Rights Reserved.

はい、この作品は『トランスポーター』(2002)の女性&バイク便版です。もう結論が出た気がしますが、この映画の作り手に目を向けてみましょう。

監督のザッカリー・アドラーは本作公開に際し、自分のお気に入りの、”kick-ass female action stars”=敵をぶっ飛ばすアクション女性スターを、5人紹介しています。

それは『エイリアン』(1979)のシガニー・ウィーバー、『キル・ビル』(2003)のユマ・サーマン、『フォクシー・ブラウン』(1974)のパム・グリア、『フィフス・エレメント』(1997)のミラ・ジョヴォヴィッチ、そして『修羅雪姫』(1973)の梶芽衣子でした。

芯の強さと独自の正義感を持つ、闘う女性が好きなザッカリー・アドラー。映画に描かれた”クーリエ”という、名前の無いアクションヒロインの原型が理解できる証言です。

女性アクションヒーロー映画ができるまで


(C)2019 TC Film LTD. All Rights Reserved.

本作をザッカリー・アドラー監督と共に製作し、さらに共同で脚本にも関わったのがジェームズ・エドワード・バーカー。本作の音楽も担当しています。

映画音楽を数多く手がけながら、ブルース・ウィリス出演の犯罪アクション映画『レッド・ダイヤモンド』(2016)を製作している、珍しい経歴の人物です。

本作の脚本を手に入れた彼は、監督と共に脚本に手直しを始めます。大きく変えたのは主人公を女性に変え、敵の黒幕、マニングスの人物像に深みを与えたことでした。

主人公”クーリエ”には、監督が上げた女性アクション映画以外からも、様々なアクション映画から影響を受けたと語り、ヒロインの映画がバディ・ムービーに変化していく様は『ダイ・ハード』(1988)、『リーサル・ウェポン』(1987)を意識していると話しています。

自分と異なり、監督には裏社会の人間を知る機会もあったと語るジェームズ・エドワード・バーカー。マフィアの関係者が葬儀の際に逮捕されるシーンも、監督が知ったエピソードを取り入れたものだと語っています。

彼と監督は脚本段階で、マニングス役にはゲイリー・オールドマンをイメージしていました。監督は”クーリエ”役にオルガ・キュリレンコの起用を望み、それらの願いは叶えらえました。

2人はデイブ・バウティスタ主演のアクション映画、『ファイナル・スコア』(2018)に、製作と音楽の立場でそれぞれ関わっていました。そこで見たアミット・シャーの演技を気に入り、本作への起用を決めています。

またウィリアム・モーズリーに、”クーリエ”と対決する重用な役を演じてもらえたのも、非常に幸運だったと振り返っています。

彼は代表作『ナルニア国物語』のイメージから再出発にあたる、本作の悪役を限界まで楽しく演じてくれたと、評価されています。その姿は映画を見て確認して下さい。

低予算映画は色々大変です


(C)2019 TC Film LTD. All Rights Reserved.

豪華なキャストが集結した本作、その一方で製作費は潤沢ではありませんでした。『ジョン・ウィック』(2014)と同じ規模の作品は作れない、予算の制約の中で最大限野心的な作品に挑んだ、とジェームズ・エドワード・バーカーは語っています。

映画は明らかにNY・ワシントンDCのアメリカパートと、ロンドンパートは別撮りです。同じセットに立たなかった共演者がいることは明白です。

撮影スケジュールにも苦しめられた本作。天候など様々な不確定要素の振り回されながら、予定に様々な変更を加えながら撮影されていきました。

見せ場、というか映画のメイン舞台となる駐車場のアクションシーン。どこかの駐車場を探して撮っただけに見えますが、そこにも作り手たちの拘りがあります。

映画の美術スタッフは、3フロアある駐車場での登場人物の移動が、観客に感覚的に識別できるように、天井のデザインを工夫し各フロアを区別化しました。

それがカラリスト(色彩設計)のスタッフの手を経て、映像として完成した時、その成果には充分満足した、と製作者は語っています。

明らかにどこかのロケ場所で撮られた、映画やドラマのシーンも、映画的な装飾や工夫により、いかに観客の印象が変わるかを示すエピソードです。B級映画を見る時の指標にして下さい。

製作舞台裏エピソードが面白い本作ですが、時代を先取りした”リモート撮影”(?)と言うべき誰でも判る別撮感や、単純すぎるストーリーを実にB級的だと受け取る方もいました。

それを指摘する厳しい意見もありますが、シンプルなストーリーと全編メリハリを付けつつ見せるアクション、「こういう映画でいいんだよ!」というB級映画ファンには実に良作です。

まとめ

参考映像:『レオン』(1994)

豪華スターによる、リーズナブルでシンプルなアクション映画『ザ・クーリエ』。これが実にイイんです。このA級映画未満感をどう評価するかは、観た上でご判断下さい。

実は本作の見所は、『ナルニア国物語』の主人公兄弟の長男を演じた、ウィリアム・モーズリーの姿です。この人、かの名優ゲイリー・オールドマンとは、実際には共演していません。正確には電話越しに会話するシーンでの、”リモート共演”なら果たしています。

ところがウィリアム・モーズリー、本作では面白いほど『レオン』のゲイリー・オールドマンを意識した演技を見せています。この悪役のヤバい言動は将にそのものです。

時々薬をポリポリ口にする姿は、『レオン』そのもので、微笑ましい位です。これで首をボキッと鳴らすと完全コピーになるから、意識して避けたと見ました。

という事で、彼のゲイリー・オールドマン愛が伝わる演技を、『レオン』のファンはじっくりとお楽しみ下さい。それにしてもゲイリー・オールドマン、太りました!

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」は…


(C)2018 Reliance Entertainment Productions 5 Ltd.

次回の第13回は、兄の死から5年後、元婚約者が突然現れ兄の子を身ごもったと打ち明ける。異色のスリラー映画『ストレンジ・アフェア』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020延長戦見破録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『作兵衛さんと日本を掘る』感想評価と解説。筑豊炭鉱の名もなき坑夫が遺した絵画が記す日本の底|だからドキュメンタリー映画は面白い19

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第19回 一人の炭坑画家の絵画を通して見た、日本最大の産炭地の栄枯盛衰。 今回取り上げるのは、2019年5月25日より東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公 …

連載コラム

映画『嵐電』あらすじと感想レビュー。井浦新らキャスト陣と嵐電車両の共演の魅力とは|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録6

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第6回 今や話題作に欠かせられない、実力と人気を兼ね揃えた俳優の井浦新が主演を務めた映画『嵐電』。 京都を物語の舞台に、鈴木卓爾監督が恋愛模様を幻想的に描 …

連載コラム

映画『グラビティ 繰り返される宇宙』ネタバレ感想と評価。SFファンを自認する監督エリ・サジックの演出とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録27

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第27回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は宇 …

連載コラム

平成仮面ライダーを演じたイケメン俳優③『龍騎』『カブト』『剣ブレイド』その魅力を紹介|邦画特撮大全14

連載コラム「邦画特撮大全」第14章 前々回の第12章では仮面ライダーを演じたイケメン俳優の出自、次の第13章は彼らイケメン俳優の具体的な魅力にについて紹介してきました。 今回も仮面ライダーを演じたイケ …

連載コラム

映画『将軍様、あなたのために映画を撮ります』考察と評価感想。映画好きな独裁者・金正日に翻弄された女優と監督の半生|だからドキュメンタリー映画は面白い51

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第51回 北朝鮮に拉致された女優と監督が語る、映画マニアな将軍様の素顔。 今回取り上げるのは、2016年公開の『将軍様、あなたのために映画を撮ります』。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP