Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/01
Update

映画監督の二宮健が広島尾道でイベント開催!スペシャルライブ企画などで濃密な時間を【SHINPA Vol.12後編】シネマ尾道の名もなき映画イベント2

  • Writer :
  • 桂伸也

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催

新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。

しかし、イベントを楽しみにしていた映画ファンの切なる要望に応え、イベント主催となる映画館・シネマ尾道にて行われるイベントを中心として、予定されていた一部のプログラムが同日にわたり無名のイベントとして行われることとなりました。


(C)Cinemarche

そのイベントの一日目である2月28日と、二日目の29日に行われたのが「SHINPA vol.12 in 尾道」。

これは『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』『チワワちゃん』を手掛けた二宮健監督を中心として2014年からスタートした上映イベントで、東京国際映画祭とのコラボレーションや年越しカウントダウン・オールナイトなど、監督主導による運営形態を維持したイベントとして各方面から注目を浴びています。

2019年の秋にシネマ尾道の支配人の河本清順と、二宮監督が対面を果たしたことをきっかけに実現したというこのイベントは、2020年2月28、29日と二日にわたって行われました。今回はこの2日目の前編の模様をリポートします。

【連載コラム】『シネマ尾道の名もなき映画イベント』一覧はこちら

スポンサーリンク

「SHINPA vol.12 in 尾道」後編の概要

【開催日時】
2020年2月29日
18:30より舞台挨拶

【会場】
広島・シネマ尾道

【登壇ゲスト】
中村祐太郎、小林達夫、田中浩美、杉浦檸檬、二宮健、安川有果、小村昌士、吉田志織、
MC:二宮健

「SHINPA」のスペシャル企画「KCP」

(C)Cinemarche 

イベント冒頭で客席からのテーマをランダムでセレクトし、第2部イベント終了までに短編映画を完成させる即興映画制作企画『KCP(ケーシーピー)』。今回。28日に行われたイベント前編で、「陰キャ(陰キャラ)の恋」「サッカー」「お泊まり会」という3つのキーワードが提示されました。

この企画では主体として『ウーマンウーマンウーマン』などを手掛けた近藤啓介監督が今回イベント不在のため、安川有果・小村昌士両監督と、ゲストとして女優の吉田志織というタッグがミッションに挑戦。

これまで8時間のイベントを通して行われてきましたが、企画の段階でかなり時間が押し「SHINPA vol.12 in 尾道」後編が始まる18:30が過ぎても終わっていないという状態に。作品の目途が付いたのは22時も過ぎたギリギリの頃でありましたが、編集最後でマシントラブルも発生、結果三人はイベント終了予定時間を過ぎての登場となりました。

作品は吉田が尾道を代表するサッカー選手として尾道を紹介、そして彼女に恋する陰キャとの関係という設定の作品を見事に完成、安川、小村監督とともに俳優の篠原悠伸、前日に登場した嶺豪一監督の出演協力と中村祐太郎監督の撮影強力で堂々20分の力作が上映され、観衆から惜しみない拍手が送られました。

「温かい人が多いと思う」と振り返る吉田をはじめ、協力的な尾道の地元の方に感謝したキャスト、スタッフ一同。それだけに安川、小村監督も映像に対して大いにこだわりを発揮。イベントの時間はかなり押しましたが「まぎれもない、尾道での記念みたいな作品ができました。(本当に)やってよかったです」と二宮監督も喜びを言葉にあらわしました。

新進気鋭の映像作家による秀作短編

前日に続きこの日も気鋭の映像作家5人による興味深い短編映像5作品が紹介され、作品や作品作りにまつわる話などが展開されました。

中村祐太郎監督『おかしなふたり』(20分/2018年)


(C)Cinemarche

同棲している一組のカップルの家に、男は一人の女性を連れて…ユニークな三角関係の展開を、大胆な構図で描きます。キャストはGON、手島実優、久田紫萌子。

小林達夫監督『After Hours』(2016年/15分)

(C)Cinemarche

一人のベテランDJとふとしたきっかけで出会った少女が、レコード店を探してつかの間の道歩きをする様子を通して、変わりゆく渋谷の街を追っていきます。キャストは川瀬陽太、野崎智子、永井響、りりか。

田中浩美監督『Utopia』(2015年/25分)

(C)Cinemarche

前回行われた「SHINPA vol.11 in OSAKA」で初めて行われたコンペティション企画でグランプリを獲得した作品。「疾走症」という謎の病気が蔓延する世界で、病気を防ぐためのマスクをしたまま生きる人々の中で、ある一組の日常にスポットを当てて描きます。この日は田中監督とともに作品にも出演した杉浦檸檬が特別に登壇しました。キャストは杉浦檸檬 ムラカミカイ。

ふくだももこ監督『父の結婚』(2016年/30分)

(C)Cinemarche

文化庁委託事業のndjc(若手育成プロジェクト)参加作品。とある母を亡くした家族、老いた父が再婚するという話を聞き、久々に帰郷した娘が耳にした奇想天外な展開に揺れ動く娘の心情を描きます。この日ふくだ監督は所用のため来場できませんでしたが、LINE通話を通して挨拶を行いました。キャストはソニン、板尾創路、山中崇、裵ジョンミョン、山田キヌヲ。

二宮健監督『平成真須美 ラスト・ナイト・フィーバー』(2019年/30分)

(C)Cinemarche

前回の「SHINPA vol.11 in OSAKA」におけるKCPで製作された作品。3人のダンサーの前でないと曲が作れないという作曲家のためのアルバイトを志願した一人の5月1日生まれの女性が、令和を迎えるにあたり自身の境遇を振り返るさまを描きます。キャストは伊藤沙莉、篠原悠伸、中島歩。

二宮健監督プロフィール


(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

1991年生まれ、大阪府出身。10代から映画制作をはじめ、2015年に大阪芸術大学卒業制作作品として発表された『SLUM-POLIS』が国内外の映画祭で話題を呼び、全国で劇場公開される。

2017年、原案・監督・脚本を務め、桜井ユキ・高橋一生出演『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』で、商業映画デビューを果たした。

そのほかの監督作品に、『MATSUMOTO TRIBE』(2017)、『眠れる美女の限界』(2014)、『チワワちゃん』(2019)。DEAN FUJIOKA、BiSHらのMVを監督するなど、ジャンルを超えた映像の制作を行っている。映画上映企画「SHINPA」を主宰している。2020年6月に『とんかつDJアゲ太郎』の公開が控えている。

二宮健×篠原悠伸のプレミア・ライブ


(C)Cinemarche

さらにこの日は特別企画として、『平成真須美 ラスト・ナイト・フィーバー』で篠原が劇中で歌った楽曲とあわせ二宮監督とのセッションで披露。会場は盛り上がり自然に観衆からの手拍子も湧き上がってきました。


(C)Cinemarche

まとめ

本イベントではもともと大林宣彦監督の短編作品が上映されることとなっていましたが、急遽中止となり急遽中村祐太郎の作品に差し替えることとなりました。

また女優の杉浦檸檬の登壇や二宮監督×篠原のライブは当初予定されておらず、その意味では非常に手作り感あふれるアットホームで居心地の良い雰囲気が会場を満たしていました。そして極めつけともいえる、苦心の末に出来上がったKCP作品。

この日は「SHINPA」以外にも通常上映で映画『タロウのバカ』が上映され、登壇が予定されていた大森立嗣の登場がかなわず急遽別作品で来訪の林海造監督と佐野史郎監督が登壇、さらに熱心な福山の映画作家を観客席からステージに招いたり、サプライズで主演のYOSHIの母親が登壇し貴重な映画の裏話をするなど、非常にD.I.Y的で濃密な時間となり、「SHINPA Vol.12」も前日の前編とあわてその最たる形となりました。

【連載コラム】『シネマ尾道の名もなき映画イベント』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『左様なら』あらすじと感想レビュー。少女の不在がもたらすものと“教室ごと”描く青春|銀幕の月光遊戯 38

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第38回 映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門として制作された映画『左様なら』。 監督は本作が長編映画デ …

連載コラム

『仮面ライダードライブ』感想と内容解説。竹内涼真の刑事ドラマとしての物語と魅力的な悪役たち|邦画特撮大全41

連載コラム「邦画特撮大全」第41章 2019年4月28日より、東映特撮ファンクラブにて『仮面ライダーブレン』の配信が開始されます。Vシネマ『仮面ライダーチェイサー』(2016)、『仮面ライダーマッハ/ …

連載コラム

講義【映画と哲学】第3講「悲劇的な知について:ヤスパースの悲劇論からコーエン兄弟作品を見る」

講義「映画と哲学」第3講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第3講では、ジョエル・コーエンとイーサン・コーエンの兄弟監督の『ブラッド・シンプル』(1984)をは …

連載コラム

社会派映画『金環蝕』『新聞記者』考察と比較解説。日本政治が腐敗する正体と産物を紐解く|おすすめ新作・名作見比べてみた7

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第7回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第7回のテーマは「政治の闇 …

連載コラム

映画『フューリーズ 復讐の女神』あらすじネタバレと感想。ガチ怖ホラーとスラッシャーの“トニー節”が炸裂|未体験ゾーンの映画たち2020見破録13

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第13回 世界各地の映画が大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP