Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/05/23
Update

映画『ベル・エポックでもう一度』感想評価とレビュー解説。ギョームカネが恋愛フレンチコメディでオーダーメイドな時間旅行を企画する

  • Writer :
  • 滝澤令央

映画『ベル・エポックでもう一度』は2021年6月12日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて公開予定!

 
レトロでキュートなファッションや街並み、心浮き立つフレンチポップで彩られた、映画『ベル・エポックでもう一度』。

甘酸っぱい思い出を再体験し、今の自分を見つめ直した元人気イラストレーターの半生を描いたヒューマンドラマです。

本作は2019年にフランス国内にて興業ランキング初登場1位を成し遂げ、セザール賞3部門を受賞しました。

今回はフランス国内に笑いと感動を届け、日本でも2021年6月12日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて公開が予定されている映画『ベル・エポックでもう一度』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ベル・エポックでもう一度』の作品情報


(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

【日本公開】
2021年(フランス映画)

【原題】
LA BELLE ÉPOQUE

【監督・脚本・音楽】
ニコラ・ブドス

【キャスト】
ダニエル・オートゥイユ、ギョーム・カネ、ドリア・ティリエ、ファニー・アルダン、ピエール・アルディティ、ドゥニ・ポダリデス

【作品概要】
『ベル・エポックでもう一度』は、2019年のカンヌ国際映画祭で上映後評価され、フランス公開後、当時全世界でスーパーヒットを記録していた『ジョーカー』から興行ランキングの首位を奪って、初登場第1位を記録しました。

フランス国内最高峰の賞となるセザール賞3部門受賞&8部門ノミネートも果たした本作。主人公のヴィクトルには、長きにわたってフランス映画界のトップに立ち続けるダニエル・オートゥイユ。妻のマリアンヌには、国民的大女優ファニー・アルダン。フランス映画界の至宝と称えられる2人の共演が実現しました。

さらに、〈タイムトラベルサービス〉の生みの親で総監督を務めるアントワーヌにはギヨーム・カネ。彼の恋人でヴィクトルの〈運命の女性〉を演じることになったマルゴにはドリア・ティリエ。

監督・脚本・音楽は、『タイピスト!』などに俳優として出演し、本作が監督2作目となるニコラ・ブドス。

映画『ベル・エポックでもう一度』のあらすじ


(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

今や何もかもがデジタル化された社会で、タブレットかスマホさえあれば、たいていのことは解決できます。

そんな世の中の変化についていけない元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。

仕事を失い、妻のマリアンヌにも見放されてしまった父ヴィクトルを元気づけようと考えた息子は、友人のアントワーヌが始めた〈タイムトラベルサービス〉をプレゼントします。

〈タイムトラベルサービス〉とは、映画製作の技術を応用して客の戻りたい過去を広大なセットに再現する、体験型のエンターテイメントサービスです。

ヴィクトルは「1974年5月16日のリヨン」をリクエスト。

指定されたセットに行くと、まさに1974年のリヨンの街並みと彼が泊まったホテルがそこにありました。

部屋に用意された70年代ファッションに着替え、今はなき想い出のカフェで、アントワーヌの恋人で女優のマルゴが演じる〈運命の女性〉と出会うヴィクトル。

記憶通りの輝かしき日々の再体験にすっかり夢中になり、見違えるほどイキイキしたヴィクトルは、延長の為に妻に内緒で唯一にして全財産である別荘まで売り払ってしまいます。

しかし、そんな彼を思いがけない出来事が待ち受けていて……。

スポンサーリンク

映画『ベル・エポックでもう一度』の感想と評価


(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

過去を脚色するノスタルジー

本作の、広大なセットに客の行きたい時代を再現するエンターテイメントサービス、時の旅人社の〈タイムトラベルサービス〉という設定を聞くと、まず最初に連想されるのは『雨に唄えば』(1952)に代表される、映画の舞台裏を描いたバックステージものの面白さでしょう。

本作においても、ピアノ線の見える特撮のような、「作りものを作りものとして愛でる」面白さを堪能できます。

演出された夢のような世界の裏には、その華やかな虚構を作り出すための現実的な努力が存在していることを描いているため、ある意味、夢を壊した映画でもあります。

しかし、時代も場所も異なるスタジオセットが隣り合い、舞台裏で第二次世界大戦下のドイツ将校、古代ローマ人、19世紀フランス人が混在しているというシチュエーションには、映画制作ならではのワンダーがあるのです。

本作は、タイムトラベルサービス自体が全てつくり物であると前提したもと、メタ視点を含みその仮想世界の物語描いていました。

SF設定はなく、あくまで過去の再現であるものの、憧れの過去にタイムスリップし願望を叶えるという設定は、ウディ・アレン監督作『ミッドナイトインパリ』(2012)のようでもあり、作風からして本作に近い印象を受けます。

また本作を通して連想される日本作品も数多くあり、中でもテーマとして藤子・F・不二雄の短編漫画『ノスタル爺』のとあるテーマと共通していました。

それは、過去への憧憬の一寸先には狂気が待っているという危険性。徐々に明かされていくテーマから、本作の物語が人生をやり直すチャンスを与えてくれる優しさを備えていることが分かり、観客を安心させてくれます。

例えば、近年の邦画作品『ツナグ』(2012)や『コーヒーが冷めないうちに』(2018)などでは、タイムトラベル設定を未練や禍根を乗り越えるための儀礼として機能しており、死に別れた人との過去を精算する同様のサブプロットが本作にも登場しますが、主人公ヴィクトルの視点を通して、思い出を愛でるようなノスタルジー自体をネガティヴには描きませんでした。

1974年5月16日のリヨンのカフェで過ごしたその瞬間を、ヴィクトルは細かく記憶しており、劇中においてそれは事実として描かれており、アントワーヌたちは彼の記憶に敬意を払っています。

しかしながらタイムトラベルサービスは、旧時代の価値観を無邪気に受容する危険性に関して自覚的であり、サービスを悪用し、遊びの範疇として他人の人権を侵害する行為を容認しません。

現代社会を憂う時の常套句として使われる「昔は良かった」という言い回しも、どの立場で当時を懐かしんでいるのかという疑問は常に付き纏います。

格差社会は時代の流れと共に形を変えて続いているということを映画冒頭のシーンが物語っており、タイムトラベルサービスという夢の設定が、邪悪な願望を叶えるために悪用させないことを表明する意味合いもあったのではないでしょうか

物語を構成する2本の柱


(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

昔を懐かしみ、冷え切った夫婦関係に悩む主人公ヴィクトルの物語は、中年の危機(ミドルエイジクライシス)そのもの。

妻マリアンヌのように、日々更新され続けるテクノロジーに追いつくだけのスタミナも無ければ、意固地になってローテクに固執するほど意固地になる訳でもない、慣れない生活様式に仕方なく準じながら、ヴィクトルは自分を改めるきっかけを探していました。

そしてもう1人の主人公ともいえるアントワーヌの物語では、ヴィクトルのノスタルジーに寄り添いながら、彼に提供する仮想世界を完全にすべく暴走してしまう独りよがりの克服を描いています。

若き日のヴィクトルが過ごした1974年5月16日、その瞬間を完全再現するために裏方や周りのスタッフに対し、高圧的な態度を取ってしまったり、その延長線上で公私混同してしまったりと彼の気性の激しさが本作の物語的な推進力となっています。

本作のタイムトラベルサービスは、ノスタルジーが孕む負の側面に自覚的でありながら、仮想世界の演者であるヴィクトルを旧時代に取り残された哀れな人として搾取・排斥せず、彼が再び現実社会に戻る手助けをします。

アントワーヌの監督という立場における支配的な振る舞いも、崇高な芸術を追求するためであったと美化せずに、物語内でキチンとした償いをさせています。

演者と監督の物語を並列に描いた本作のプロットは、監督・脚本を務めたニコラ・ブドス本人が役者でもあり監督でもあるからこそ出来たことでしょう。

役者として、役に忠実になり過ぎないこと、監督として、気取った完璧主義に走りすぎないよう、自戒の念を込めた作品なのではないでしょうか

タバコが意味するもの


(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

劇中において印象的に使用されているキーアイテム、タバコ。

1974年のカフェでは全てが喫煙席であり、客のほとんどが喫煙しています。

それに対し、現在のレストランのシーンでは、喫煙席と禁煙席は分かれており、テクノロジー発達の恩恵を受けた電子タバコを愛飲しています。

ここで紙巻きと電子という単純な比較をしながら、喫煙ひとつにおいても時代の変化を痛感するヴィクトルの様子を描いています。

タバコの他にも、タイムトラベルサービスの台本ではウォッカを頼む設定の役者が、本人の希望でビールを注文するシーンは、役と本人の意思が乖離していることを示唆し、ヴィクトルとのやり取りにもアドリブが含まれていることを匂わせています。

これらの描写はタイムトラベルサービスを利用しているヴィクトルが自身を魅了するノスタルジーを手放すまでの過程を象徴しています。

利用客は美化された過去を「失われたかつての良き時代」として浸るものの、設定に付き合わされる裏方やエキストラ、客と台本で決められたやり取りをする演者にとってのそれは、調子を合わせねばならないという苦痛でしかありません

本作は受動喫煙や分煙化など、この半世紀で起こった価値観、情勢の変化の影響を受けたタバコを通して、「ヴィンテージ」と「古臭い」は紙一重で、見方の違いに過ぎないということを描いていました。

本作のラストシーンを観ると、タバコを通した主人公の心情変化が伺えます。

まとめ


(C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHÉ FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINÉMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

70年代のフランスの街並みをデフォルメしたセットは、テーマパーク的な面白さに溢れ、目を楽しませてくれます。

そして過去を懐かしむことを退行と捉えず、未来に対する前向きな希望を与えてくれる物語もあり、本作は目で観て、心で感じることが出来る2度楽しい映画だと言えます。

「ノスタルジー」という言葉には、本来の意図が毀損された結果、内向きでネガティヴなイメージが付き纏っていますが、何故過去への憧れは人を魅了し、離さないのかを考えると、合点がいきます。

自分を形作ってきた細胞一つ一つに愛着があるからです。確かに今の自分はあの頃とは別の人間に成り果てているかもしれませんが、あの頃の思い出で出来ているのが今の自分なのです

事実よりも脚色された自身の記憶を愛でることが、時には人を成長させ、新たな自分を発見するきっかけを与えてくれるかもしれません。

本作の主人公ヴィクトルはタイムトラベルサービスによって自身の半生を相対化することができ、それにより人生をやり直すきっかけを見出すことが出来ました

描き方が少しでも変われば、彼は哀れな老人として人生に絶望していったかもしれませんが、監督でもあり、音楽を務めたニコラ・ブドスはポジティブさでもって彼に理想的な優しい世界を与えました。

煌びやかでいて、明るくポジティブな本作は、気負わずに鑑賞できるポップなフランス映画でした。

映画『ベル・エポックでもう一度』は2021年6月12日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて公開





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。見知らぬ人との交流を通して“優しさ”にふれる

デンマーク出身の女性監督ロネ・シェルフィグが描くヒューマンドラマ『ニューヨーク 親切なロシア料理店』。 『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』で知られる女性監督ロネ・シェルフィグが、老 …

ヒューマンドラマ映画

カーリング女子映画『シムソンズ』あらすじとキャスト。12年ぶりリバイバル上映決定!

今から12年前、2006年カーリング女子日本代表チームの実話に基づいた映画『シムソンズ』は公開されました。 そして今、平昌オリンピックの女子カーリング日本代表チーム「LS北見」の銅メダル獲得の感動が覚 …

ヒューマンドラマ映画

映画『海街diary』ネタバレ感想とあらすじ結末の考察評価。漫画原作の綾瀬はるか×長澤まさみ×広瀬すず×夏帆の人気代表作

美人四姉妹を豪華キャストが描く『海街diary』 映画『海街diary』は、吉田秋生の人気コミックの映画化作品です。 鎌倉で暮らす3姉妹の元に、15年前に出て行った父親の訃報が届き、葬儀に参加していた …

ヒューマンドラマ映画

映画『卒業』あらすじネタバレと感想。略奪愛のラストシーンに隠れている数々“ズレの違和感”こそが名作の見どころ

アメリカン・ニューシネマを代表する秀作の一本 映画史に残る伝説的なラストの“略奪愛”シーンで語り継がれたラブストーリー『卒業』。 作家チャールズ・ウェッブの同名小説大学を原作として、卒業したある一人の …

ヒューマンドラマ映画

ディカプリオ映画『華麗なるギャツビー(2013)』フル動画を無料視聴!

2013年に公開された映画『華麗なるギャツビー』は、『ロミオ+ジュリエット』の監督バズ・ラーマンとレオナルド・ディカプリオ主演による作品。 1974年に名優ロバート・レッドフォード主演で映画化された、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学