Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダー 君は太陽』あらすじとキャスト。天才子役ジェイコブ・トレンブレイ出演

  • Writer :
  • バフィー

映画『ワンダー 君は太陽』は、2018年6月15日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位を記録し、全世界800万部突破の小説「ワンダー」を『ルーム』で彗星のごとく現れた天才子役ジェイコブ・トレンブレイ出演で映画化!

原作は子供に「大切なこと」を教えるために作られた作品です。

そして、あなたの目で「大切なこと」を確認してください。ジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソンという珍しい共演も必見です。

スポンサーリンク

映画『ワンダー 君は太陽』の作品情報


(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2018年 (アメリカ映画)

【原題】
Wonder

【監督】
スティーヴン・チョボスキー

【キャスト】
ジュリア・ロバーツ、ジェイコブ・トレンブレイ、オーウェン・ウィルソン、マンディ・パティンキン、ダビード・ディグス、イザベラ・ビドビッチ、ダニエル・ローズ・ラッセル、ナジ・ジーター、ノア・ジュプ、ミリー・デイビス、ブライス・ガイザー、エル・マッキノン

【作品概要】
R・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を映画化。障害を持ちながらも誰よりも前向きに生きようとする少年オギーの小さな勇気とそれを支える家族の愛を描いたヒューマンドラマ。

『ウォールフラワー』のスティーブン・チョボウスキー監督・脚本を担当。オギー役を『ルーム』の子役ジェイコブ・トレンブレイが務め、母イザベル役、『エリン・ブロコビッチ』のジュリア・ロバーツ、父ネート役を『ミッドナイト・イン・パリ』のオーウェン・ウィルソンが演じています。

ジュリア・ロバーツ(イザベル役)のプロフィール


(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

ジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)は、1967年10月28日生まれ、アメリカのジョージア州スマーナ出身の映画俳優。

アトランタで演技学校を経営していた俳優の両親の間に生まれ、兄のエリック・ロバーツ、姉のリサ・ロバーツも俳優をしています。

俳優になった兄に影響を受けて女優の道を目指す様になりました。ちなみに。エリック・ロバーツは『ムカデ人間3』などカルト系映画に多く出演しているクセもの俳優。

エリックの娘は、最近ドラマから映画まで幅広い活躍をしているエマ・ロバーツと、根っからの俳優一族です。

ジュリアは高校時代はテレビドラマやテレビ映画にゲスト出演して、俳優としてのキャリアをスタートさせます。

高校卒業後、ニューヨークで演劇学校に通いながら、オーディションを受け続ける日々を送ります。

1986年に『ファイヤー・ハウス/全員集合』でスクリーン俳優デビューを果たします。

1989年に出演した『マグノリアの花たち』で新人ながらゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しました。

さらにに1990年に出演した『プリティ・ウーマン』で幅広い層に知名度が一気に知れ渡り、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞、アカデミー賞にもノミネートされました。

この時は惜しくもアカデミー賞を逃しますが、2001年に『エリン・ブロコビッチ』で念願のアカデミー主演女優賞を受賞しました。

スポンサーリンク

ジェイコブ・トレンブレイ(オギー役)のプロフィール

ジェイコブ・トレンブレイ(Jacob Tremblay)は、2006年10月5日生まれ、カナダのバンクーバー出身の映画俳優。

2010年からテレビCMの子役としてデビューしました。

5歳からテレビドラマや映画のオーディションを受けるようになり、『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』でスクリーンデビューを果たします。

2015年に出演した『ルーム』が話題となり、天才子役と一躍注目を浴びます

2018年の秋に公開予定のプレデターの新作にも出演しています。

オーウェン・ウィルソン(ネート役)のプロフィール


オーウェン・ウィルソン(Owen Wilson)は1968年11月18日生まれ、アメリカのテキサス州ダラス出身の映画俳優。

テレビ局広報の父と写真家の母の間に生まれ、兄のアンドリュー・ウィルソン、弟のルーク・ウィルソンも俳優という俳優兄弟の次男です。

大学在学中にウェス・アンダーソンと出会い、共同で執筆した脚本から『アンソニーのハッピー・モーテル』が映画化される。

その後、ウェス・アンダーソンの作品の常連となる。

2001年公開の『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』ではウェス・アンダーソンと共同脚本でアカデミー脚本賞にノミネートされました。

ベン・スティラーやジャック・ブラックなどのコメディ映画俳優グループ「フラット・パック」のメンバーでもある為、メンバーの出演するコメディ映画にはノンクレジットで顔を見せることもあります。

2006年公開の『カーズ』の主人公ライトニング・マックィーンの声を担当していることでも有名です。

コメディ中心の俳優ではありながら、シリアスな役も演じ切る実力派俳優です。

次回作『Naya The Golden Dolphin Princess』ではアニメの声優に再び挑みます。

スポンサーリンク

スティーブン・チョボスキー監督のプロフィール

参考映像:『ウォールフラワー』(2012)

スティーヴン・チョボスキー(Stephen Chboskey)は、1970年1月25日生まれ、アメリカのペンシルバニア州出身の脚本家、映画監督です。

南カリフォルニア大学院映画脚本学科を卒業。

1995年に初監督した作品『The Four Corners of Nowhere』が、サンダンス映画祭で公式上映され注目されます。

1999年に小説「ウォールフラワー」を出版し、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストで1位となりました。

2005年ミュージカル映画『RENT』で脚本を担当する他、テレビドラマの製作にも携わります。

2012年にエマ・ワトソン主演で自らの作品『ウォールフラワー』を映画化。『ウォールフラワー』は高い評価を受け、数々の賞を受賞しました。

2017年にディズニー映画『美女と野獣』の脚本を手掛けたことも話題となりました。

自分で小説を書くなど文才を持ち合わせた監督であり、作りこまれた脚本力は、スティーブン・チョボスキーの大きな特徴と言ってもいいでしょう。

次回作は『シンデレラ』や『白雪姫』に登場するチャーミング王子を主人公としたディズニー映画『プリンス・チャーミング』が決定しています。

映画『ワンダー 君は太陽』のあらすじ


(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

普通の男の子のように映画やゲームが大好きなオギー。

しかし、彼の見た目は普通ではありませんでした。遺伝子の疾患で人とは異なる顔で生まれてきたのです。

27回の顔の手術のせいで、自宅学習を続けてきたオギーでしたが、彼の両親は思いきって、オギーを外の世界へ送り出す決意をします。

5年生で入学した初めての学校。そして、初めてのイジメや裏切りに何度も何度も挫けそうになりながら、家族の愛に支えられて立ち向かうオギー。

彼に訪れるのは悪い初めてのことばかりではありませんでした。

それは、初めての友情や優しさを知ることにもなったのです…。

映画『ワンダー 君は太陽』の感想と評価

原作者が作品に込めた想い


(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
映画『ワンダー 君は太陽』の原作は実話ベースではなく、フィクションです。

原作者R.J.パラシオは何故、この作品を執筆したのかといえば、それは自分の息子に大切なことを教えることが目的でした。

R.J.パラシオの息子はある日、女の子を見て泣き出してしまいました。

それはその女の子が口唇顔面紅斑という病気で、顔が酷く変形していたからだったのです。

これに教訓を受けた原作者は息子に「外見が違っていても中身は普通の子と何も変わらない」ということ、「がんばって生きようとしている障害を持つ人を助けてあげられる心を持つこと」を教えるためにこの作品を執筆しました。

まとめ


(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

『ルーム』では外の世界を知らない少年を演じていたジェイコブ・トレンブレイ。

今回も手術によって10歳まで自宅学習をしていて、外の世界を知らないという設定が少しリンクしているのは偶然でしょうか。

監督はこの設定からジェイコブをキャスティングしようと思ったのかもしれません。

そんなジェイコブくん、天才子役として言われるだけのことはあって、オギーの病気であるトリーチャーコリンズ症候群の子ども達を自ら訪ねることで役に深みを出すことに成功しています。

11歳にしてこの役への情熱。侮れません!!

子役ながら今後の成長と活躍に期待できる俳優のひとりです。

映画『ワンダー 君は太陽』は、2018年6月15日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『左様なら』評価レビューと解説。石橋夕帆監督が高校生活の多感な時期を静かに描く

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか順次公開! 映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門として制作された …

ヒューマンドラマ映画

『百円の恋』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。安藤サクラが減量してボクサー役に挑む

第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した映画『百円の恋』 女優・安藤サクラの両親は、父が俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津。 才能の豊かな両親に育てられた安藤サクラ。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『わたしはダフネ』感想評価と解説レビュー。感動の家族愛でダウン症の娘とその父親が喪失感から立ち直る姿を描く

 映画『わたしはダフネ』は2021年7月3日(土) より、岩波ホールほかにて全国順次公開予定。   母を亡くしたことをきっかけに、生活が急変してしまった父ルイジと娘ダフネの喪失と克服を描いたヒューマン …

ヒューマンドラマ映画

映画ボストン ストロング|あらすじと感想。実話キャストにジェイクの演技力は

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 2013年、実際に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。その被害に …

ヒューマンドラマ映画

映画『オーバーナイトウォーク』あらすじと感想評価。女優になるために上京した妹と関西に残った姉が真夜中のボケツッコミな道行き

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開 「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学