Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

  • Writer :
  • 山田 苺

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ

彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、ティーンネイジャーの強盗事件を題材にしつつも、あくまでクライムサスペンスではなく青春映画のように取り上げています。

脇役ではありながら、その存在感とギャップを見せ付けたエマ・ワトソンの演技にも注目です。

スポンサーリンク

1.映画『ブリングリング』の作品情報


(C)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【原題】
The Bling Ring

【監督】
ソフィア・コッポラ

【キャスト】
エマ・ワトソン、レスリー・マン、タイッサ・ファーミガ、クレア・ジュリアン、イズラエル・ブルサール、ケイティ・チャン、マイカ・モンロー

【作品概要】
『SOMEWHERE』のソフィア・コッポラ監督が、実際に起きたハリウッドセレブばかりを狙った窃盗事件を映画化。

セレブに憧れるティーン・ネイジャーが、面白半分でセレブの豪邸に忍び込み、金品を盗んでいきます。

始めは出来心だった少女達ですが、うまみを知ってどんどん、盗みは大胆かつ、エスカレートしていきます。

盗みを働く少女達にも問題があると同時に、ハリウッドセレブたちの生活の異常っぷりもイーブンで描いており、クライムもののように見えて、ソフィア・コッポラ得意の演出で、青春映画のように描いています。

実際に被害にあったパリス・ヒルトンが自宅をロケ地として提供したり、ソフィア・コッポラ作では常連のキルスティン・ダンストがカメオ出演しています。

▼映画『ブリングリング』は、Huluでご覧いただけます。
映画『ブリングリング』を今すぐ見る

2.映画『ブリングリング』のあらすじとネタバレ


(C)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved.

ハリウッドセレブなどの豪邸が立ち並ぶ、カリフォルニア州のカラバサス。

そこある高校に1人の男子生徒マークが転入してきます。

以前にいた学校は、不登校が原因で出席日数が足りなくなり退学となってしまいました。

やむなく転校したマークですが、多くの生徒から煙たがられていました。そんな彼に声をかけてきたのは、レベッカという女子高生。

自分の容姿にコンプレックスを持つマークに、気さくに話しかけてくれるレベッカと、すぐに打ち解けることが出来ました。

レベッカは忙しくて、家を留守にしがちな状況にかまけて、自宅で開くパーティーにマークを招待します。

盛り上がっているパーティーをよそに、レベッカはマークを外へ連れ出すと、突然、路上駐車されている車のドアが開いていないかと、何台も確かめます。

すると驚くことに、少し歩いただけで、何台もの車に鍵が掛かっておらず、おまけに車内には貴重品が置きっ放しでした。

初めは驚くと同時に平気な顔をして盗みを働くレベッカに、動揺するマークですが、他にはいない親友と行動を共にするのに時間は掛かりませんでした。

次にレベッカは、知り合いの家が留守にしているのを見計らって、家に侵入して金品を分からない程度に盗んでいきます。

それだけでは飽き足らず、レベッカはたまたま見つけたという車の鍵を使って、車まで盗んでしまいます。

2人は盗んだオープンカーで夜の街をドライブします。

初めは2人で行っていた強盗は、自慢したい気持ちからか、レベッカの友人であるクロエ、ニッキー、サムにもセレブ邸への強盗に誘い、マークも彼女らと親しくなっていきます。

彼女達の紹介で訪れたクラブには、なんとあのキルスティン・ダンストやパリス・ヒルトンも訪れていました。

スタイリストを夢見ているマークは、セレブたちを間近に見たことで、この豪華絢爛な世界にどんどん惹かれていきます。

レベッカはパリス・ヒルトンの豪邸にお邪魔して、ゴージャスな品をいただこうとします。

マークはネットでパリスの住所を調べると、簡単に検索サイトで見つかり、ストリートビューで周りがどんな状態か確認します。

ネットニュースで、パリスのスケジュールを確認し、いざ侵入。

マットの下に鍵を隠しているのを発見し、まんまと豪邸に入ることが出来ます。

部屋をひとしきり見ると、数え切れないほどのブランド品が見つかり、レベッカたちはまるでお宝でも発掘したかのごとく、パリスの私物を頂戴していきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブリングリング』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブリングリング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

レベッカがパリスの豪邸に侵入したことを、ニッキーたちに自慢すると、なんと他のメンバーもパリス邸に行きたいと言い出します。

結局5人で忍び込み、金品を盗むだけでなく、まるで友達の家に来たかのごとく、部屋でくつろぎ始めます。

そんな彼女達とは別に、マークはいつかバレるのではないかと、ヒヤヒヤすることが増えてきました。

簡単に金を集めれるようになったマークたちは、次第にドラッグにまで手を伸ばし、およそハイスクールライフとはかけ離れているような生活を過ごし出します。

パリス邸の侵入が上手くいったことで自信を持ってしまったレベッカは、次々に自分が好きなセレブの豪邸に、同じ手口で侵入していきます。

時には、自分の家に呼ぶようなノリで、友人をセレブの豪邸へ一緒に侵入させたりも。

一度はセレブが監視カメラの映像を公開して、ヒヤリとしたものの、レベッカたちに捜査の手が伸びることはありませんでした。

彼女達の犯行がメディアで有名になり、レベッカが憧れのリンジー・ローハンの豪邸に侵入した後、離婚している父親がいるベガスへ向かうといいます。

その間、マークは盗んだ金品をレベッカから預かりますが、これはレベッカが捜査がきたときに逃れ、罪をマークに着せるためのためでした。

マークたちの家に捜査官が乗り込み、家宅捜査の後、次々に逮捕されていきます。

ベガスへ逃げたレベッカも、自分を売ったと知ったマークに告発され、ちょっと自分で持ち帰っていたセレブの私物が動かぬ証拠となり、御用となります。

逮捕されたときや、裁判で有罪判決を言い渡されたときは泣き喚いた5人でしたが、それ以外のときはそれといって反省した様子は見せません。

ニッキーに関してはまるでセレブがインタビューを受けているかのようなに語る始末でした。

マークはごりごりの犯罪者面の男達と一緒に、オレンジ色の囚人服を着せられ刑務所へ搬送されて行きます。

一方、4年の実刑を受けたマークたちとは異なり、30日で刑務所から出てきたニッキーはテレビのインタビュー番組に出演します。

当時、飲酒運転をして刑務所にいたリンジー・ローハンの隣の部屋に居たというニッキーは、そのことを得意げに話し、自分のことを知りたければ、ホームページへアクセスしてと、カメラ目線で訴えるのでした…。

スポンサーリンク

3.映画『ブリングリング』の感想と評価


(C)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved.

すがすがしいほどのクソガキどもが、やりたい放題やって反省しない映画『ブリングリング』。

マークだけ何故か哀愁が漂うエンドで、もはや可哀想になってきますが、一方にエマ・ワトソン演じるニッキーは、もともとモデル志望だけあって、この犯行を宣伝材料に使うという果てしなさを見せ付けます。

こういうところは、ある意味(お騒がせ)セレブとしての素質があるのかもしれません。

『ロスト・イン・トランスレーション』『SOMEWHERE』では突っ込みがないシュールな演出が点在してましたが、今作でも地味にその演出が伺えます。

1.パリス・ヒルトンの豪邸

マークたちが初めて侵入したパリス邸がどれほどぶっ飛んでいるかを、分かりやすく箇条書きで説明してみましょう。

・豪邸なのに、玄関の鍵の隠し場所が外のマットという脇の甘さ。

・玄関で檻に入ったサルがお出迎え。

・なぜかポールダンス用のステージがある。

・自分が紙面を飾った雑誌の表紙が額に収まり、これでもかといわんばかりに飾られている。

・自分の顔面をプリントしたクッションが必ずといっていいほど椅子においてある。

・百貨店のワンフロア以上の金品があるetc.

・・・自分の顔写真がプリントされたクッションを置くって、相当な神経を持ち合わせていないと、まず不可能な気がします。

そして何より、撮影が行われたのは、リアルガチのパリス邸。

自分の被害現場を惜しげもなく晒すとは、もはや気前がいいのか、オツムがアレなのか・・・

2.リンジー・ローハンのサイドストーリー

お騒がせセレブの代名詞的というか、セレブは皆お騒がせなイメージしかない…。

存在のリンジー・ローハンですが、何故か劇中で2度も飲酒運転で逮捕されています。(しかもラジオとかテレビ越しの話)

短期間でどんだけ酔っ払ってるんだよと突っ込みを入れたいところですが、なんとそのリンジーと同じ刑務所でかつ隣の部屋に来るのが、最後まで自分を売り込むことに余念がなかったニッキーという、まさかの伏線回収。

リンジーは刑務所で夜通し泣いていたと、まさかの形でニッキーにカミングアウトされるのでした。

まとめ


(C)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved.

原作はどちらかというとドキュメンタリーな内容となっているのに対し、映画はソフィア・コッポラによる演出、使用される曲も相まって、かなり青春ムービーな感じになっています。

インタビューや、映像資料は少なめですが、代わりにあの頃優等生のハーマイオニーを演じていた、エマ・ワトソンの豹変っぷりが見どころです。

セレブの生活も凡人の想像の範疇を超えていますが、よく見ると、犯行メンバーの家庭もどこか異常な様子が垣間見える過保護、学校の勉強より、宗教での教えを説く母などといった点も興味深かったです。

▼映画『ブリングリング』は、Huluでご覧いただけます。
映画『ブリングリング』を今すぐ見る

さて、『ブリングリング』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『新宿スワン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

演技派で知られる綾野剛。いよいよ、2017年1月21日から『新宿スワンⅡ』の公開されます。 今回は前作『新宿スワン』をご紹介。監督は園子温。 ベルリン国際映画祭での受賞経験を持つ園子温監督の新たなチャ …

ヒューマンドラマ映画

映画『馬を放つ』あらすじネタバレと感想。上映館情報も

“馬は人間の翼である”と疾走する馬上で天を仰ぐ男は、古くから伝わる伝説を信じて夜になると馬を盗んでは野に放ちます。 映画『馬を放つ』は、第67回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で国際アートシネマ連盟賞 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフル・デイ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

カンヌ国際映画祭、男優賞&脚本賞受賞!! 監督・脚本:リン・ラムジー×主演:ホアキン・フェニックス。 “21世紀版タクシードライバー”と評される傑作ノワール、『ビューティフル・デイ』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

映画グレイテストショーマンあらすじとキャスト。実話バーナムの評価とは

映画『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが再び集まったミュージカル映画。 華麗な歌声を披露した映画『レ・ミゼラブル』のヒュー・ジャックマンが主演を務める、2018年見逃せない大作です。 大注目の2月16日 …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・プレシャス・リスト』ネタバレ感想レビュー。恋に不器用な女の子が幸せになるには

人生は一度きり、幸せになってもいいはず。 天才だけどコミュニケーション能力のない屈折女子キャリー。 そんな彼女にセラピストは「幸せになるためのリスト」を渡します。 1つずつ項目を実行していく事で、キャ …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP