Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/03/19
Update

映画『ミナリ』ネタバレ考察と結末解説。ラストで韓国語MINARIの意味がユン・ヨジョン演じるおばあちゃんへの想いに繋がる

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『ミナリ』は2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー。

韓国からアメリカへ移り住んだ一家を描いた映画『ミナリ』。

リー・アイザック・チョン監督自身の家族のエピソードをもとに、故郷から遠く離れ、手を取り合って生き抜く家族を、厳しくも温かい眼差しで捉えています。

製作は『ムーンライト』や『レディ・バード』など作家性の強い作品で今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でエンターテイメントの定義を変えたブラッド・ピットのPLAN Bがタッグを組みました。

第93回アカデミー賞にて、作品賞含む6部門ノミネートされた映画『ミナリ』を、ラストまでのあらすじを含めながらご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ミナリ』の作品情報

(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
MINARI

【監督・脚本】
リー・アイザック・チョン

【キャスト】
スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン、アラン・キム、ウィル・パットン、スコット・ヘイズ

【作品概要】
『ムーンライト』や『レディ・バード』など作家性の強い作品で今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でエンターテイメントの定義を変えたブラッド・ピットのPLAN Bがタッグを組んで製作。

父親ジェイコブ役には『バーニング 劇場版』「ウォーキング・デッド」のスティーヴン・ユァン。

監督は、米国有力映画メディア「インディワイア」で「今年最高の監督10人」に、デヴィッド・フィンチャーやスパイク・リーと共に選ばれたリー・アイザック・チョン。新海誠監督の『君の名は。』のハリウッド版の監督として抜擢された大注目の新鋭です。

: Incorrect URL specification.

映画『ミナリ』のあらすじとネタバレ


(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

7歳の男の子デビッドは、心臓が弱く、両親から走ってはいけないと言い聞かされてきました。

デビッドの家族は、父ジェイコブと、母モニカと、姉のアン。一家は、デビッドが生まれる前に、韓国からアメリカへ移り住みました。

カリフォルニアやシアトルなどの都市にて、鶏のヒヨコの雌雄鑑別の仕事をしてきたジェイコブでしたが、彼には夢があったんです。

それは、広大な土地に農場を作り、韓国の野菜を育て、韓国移民たちに売って成功を収めること。

そこでジェイコブは、家族を連れて、アメリカ南部のアーカンソー州に移住してきます。

家は古びたトレーラーハウス。モニカは「話が違う」と言いますが、ジェイコブは自分の夢のことで頭がいっぱいなようで、聞く耳を持ちません。

しかし、いきなり農業だけで生活するわけにもいかず、ジェイコブとモニカは近くの孵卵場でヒヨコの雌雄鑑別の仕事をすることに。

仕事場についてきたデビッドは、煙突から出ている煙を見て、あれは何かとジェイコブに尋ねます。それは、オスのヒヨコを燃やす時に出る煙でした。

食肉としても美味しくなく、卵を産めないオスの鶏は、鑑別後すぐに役立たずだからと殺処分されてしまうんです。ジェイコブは「俺たちは役に立たなければダメだ」と、デビッドに語りました。

孵卵場から帰る車中で、モニカは、デビッドの病院から遠いことなどを挙げて、すぐに引っ越したいと訴えたものの、ジェイコブは受け流します。

その晩、トルネードが発生し、ジェイコブ家はひどい雨漏りと停電に見舞われました。モニカは我慢の限界を迎え、ジェイコブと大げんか。心配する子どもたちのことも気にかけず、怒鳴り合います。

翌朝、デビッドはおねしょをして目覚めます。濡れたパンツはベッドの下に隠しました。朝食時、アンとデビッドは、モニカの様子をじっと見つめ、ここからすぐに引っ越すのか尋ねます。

モニカは、ジェイコブと話し合って、引っ越す代わりにモニカの母・スンジャを韓国から呼び寄せ、一緒に暮らすことにしたと明かしました。スンジャおばあちゃんが来てくれたら、モニカが仕事に出ている間も、アンとデビッドのことを任せておけます。

家の中では、スンジャおばあちゃんを迎えるための準備が進められます。不要なものは、庭に置いたドラム缶に入れて燃やすことに。

ジェイコブは、広大な土地を農地にするべく、まずは地下水を掘ろうと考えました。「ダウジング」を勧めてくる、怪しげな業者もいますが、ジェイコブは非科学的なものを信じないたちで、ひたすらスコップで土を掘り返します。

風変わりな男性・ポールを雇い、トラクターを手に入れたジェイコブは、荒れた土地を耕し始めました。

スンジャおばあちゃんが韓国からはるばるやってきました。母との久々の再会に歓喜するモニカ。デビッドはおばあちゃんに会うのが初めてということもあり、人見知りしてしまいます。

しかも、スンジャおばあちゃんは、デビッドの思い描いていた「おばあちゃん像」とはかけ離れていました。デリカシーがなく、口が悪くて、料理も苦手。英語も話せません。得意なのは、花札だけ。

デビッドはおばあちゃんが同じ部屋で寝るのを嫌がりますが、両親に叱られ、仕方なく一緒に寝ることに。

デビッドはベットに、おばあちゃんは床に敷いた布団に横になりますが、おばあちゃんのいびきがうるさくてなかなか眠れません。

翌朝、スンジャおばあちゃんは、森の奥へアンとデビッドを連れ出します。そこは、ジェイコブから、蛇が出るから入ってはいけないと言われていた場所でした。

森の中には、綺麗な小川が流れており、スンジャおばあちゃんは「ここに、韓国から持ってきたミナリ(セリ)の種を植えたらよさそうだ」と言います。

スンジャおばあちゃんがきたところで、ジェイコブとモニカの溝は簡単には埋まりません。農場の納屋を建てようと計画するジェイコブと、生活のために家でもヒヨコの雌雄鑑別の練習を重ねるモニカ。

塞ぎ込むモニカの様子を見て、ジェイコブは教会に行ってみようと持ちかけます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ミナリ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ミナリ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

日曜日。一家は初めて地元の教会に訪れました。モニカの献金したお金を、スンジャおばあちゃんはこっそり抜き取ります。

礼拝後、デビッドは、アメリカ人の同年代の男の子・ジョニーに声をかけられます。ジョニーはデビッドに、自分の家に泊まらないかと誘いますが、モニカは許してくれません。

それどころか、スンジャおばあちゃんは、デビッドがおねしょすることまで話してしまいました。

教会からの帰り道、木製の十字架を背負ったポールが歩いているのを見かけます。彼にとって、日曜日の日課なようです。

後日。両親がいない間、デビッドはスンジャおばあちゃんに「復讐」をします。おばあちゃんのお気に入りの飲み水を、自分のおしっことすり替えたんです。

何も知らないおばあちゃんは、おしっこを口にし、吐き出しました。

その夜、デビッドは両親からお説教されます。お仕置きのための棒を持ってこいとジェイコブから命ぜられたデビッドは、細い枝を持ってきました。

スンジャおばあちゃんは、そんな機転が効くデビッドを、ますます可愛がるようになります。

農園には、納屋が建ち、ナスやパプリカが実りました。しかし、地下水が涸れてしまい、農園は危機を迎えます。

どこを掘っても地下水は出てこず、ジェイコブは仕方なく水道水を使いました。おかげで野菜が大きく育ち、ジェイコブとポールは出荷準備を始めます。

ですが、予定していた出荷先は、別の業者から仕入れると言い出し、買い手がいなくなってしまいます。別の出荷先を探そうとポールは励ましますが、あせって苛立つジェイコブ。

このままでは水道代も払えません。案の定、水道が止められてしまいます。

デビッドとスンジャおばあちゃんの仲は、おしっこの一件から深まっていました。タンスで怪我をしたデビッドに手当てをし、強い子だと褒めるおばあちゃん。デビッドは「おしっこってどんな味?」とからかいます。

セリを植えた小川へ向かうふたり。おばあちゃんはセリを摘み、デビッドは川で遊びます。

二人は小川から水をたくさん汲んで帰りました。デビッドの体を心配するモニカは「あの子にそんなことさせないで」とスンジャおばあちゃんを咎めます。

しかし、おばあちゃんは、子どもは病気をしながら育つものだと言い返します。

家の外にいたデビッドは、モニカが不安のあまり「心臓が止まるかも」と言ったのを聞いてしまい、怖くて眠れなくなってしまいました。

それを見たスンジャおばあちゃんは、デビッドを自分の布団に引き入れ、怖いものはおばあちゃんが追い払うから大丈夫だと言い聞かせます。安心したデビッドは、おばあちゃんの腕に抱かれたまま、眠りにつきました。

翌朝、デビッドは生暖かい感触で目を覚まします。でも、おねしょをしたのはデビッドではなく、おばあちゃんでした。

モニカはおばあちゃんを病院へ連れていきます。脳卒中でした。

友達の家に泊まるように言われたデビッドは、ジョニーの家へ遊びに行きます。ジョニーに花札を教えるデビッド。まるでスンジャおばあちゃんのように、笑顔で罵り言葉を発しながら遊んでいました。

スンジャおばあちゃんが病院から帰ってきますが、後遺症で言葉がスムーズに発せなくなり、体もうまく動かせないようになってしまいました。

モニカは、自分の都合で韓国から呼び寄せたことを後悔します。慰めてくれるアンを見て、モニカは、デビッドの心臓の診察が終わったら、ジェイコブと別れようと心を決めました。

そして、ポールを夕飯に招き入れ、悪霊祓いの儀式をしてもらいます。スピリチュアルなことに頼るモニカを見て、ジェイコブは苛立ちを募らせます。

デビッドの部屋では、スンジャおばあちゃんがベッドに、デビッドが床に寝ることになりました。

デビッドの診察の日。おばあちゃんを家に残し、ジェイコブたち一家は車で病院へ向かいます。作った農作物を持ってきたジェイコブに、モニカは苦い顔。

診察の結果は、デビッドの心臓の穴が小さくなっていて、手術をしなくてもこのまま塞がるだろうとのこと。綺麗な水のおかげでした。

今の生活を変えずにいることが大事と言われたジェイコブとモニカは、素直に喜べません。

診察後、韓国の食品を扱っている店に、ジェイコブは営業をかけます。サンプルで持ってきた野菜を見て、店主は買い取ることを約束。これでジェイコブは、夢へ一歩前進しました。

アンとデビッドを先に車に乗せ、モニカはジェイコブと話し合います。家族のことよりも農場のことを選んだ彼のことを、モニカは信じられなくなっていました。

気まずい空気のまま、一家は家路に向かいます。すると、納屋が燃えているのが見えました。

納屋を片付けて、いらないものを燃やそうとしたスンジャおばあちゃん。火のついたゴミが舞い上がり、納屋に燃えうつってしまったんです。

スンジャおばあちゃんを助け出し、ジェイコブとモニカは、納屋の中の野菜を運び出そうと試みます。燃え盛る炎の中から二人はすんでのところで脱出し、抱き合いました。

一方、スンジャおばあちゃんは、暗い森に向かって歩き出します。アンやデビッドが声をかけても、おばあちゃんは止まりません。

デビッドは走り出し、おばあちゃんの前に立ちはだかります。「一緒に家に帰ろう」。スンジャおばあちゃんは涙を流しながら、差し出された手を握りました。

その晩、一家はリビングで雑魚寝。明け方、並んで眠る彼らの様子を、スンジャおばあちゃんはじっと眺めていました。

ジェイコブは「ダウジング」業者に頼んで、水脈を探してもらうことにします。そして、デビッドと、セリの生えた小川に向かい、二人でセリを摘みました……。

スポンサーリンク

映画『ミナリ』の感想と評価

(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

本作のスタッフロールには「全てのおばあちゃんに捧ぐ」という言葉が添えられています。その言葉の通り、本作はおばあちゃんへの想いが込められた映画です。

アメリカ文化で育ってきたデビッドにとって、韓国からやってきたスンジャおばあちゃんは、まるでエイリアンのような存在。得体の知れない漢方を飲ませ、テレビは立て膝で見て、口汚く、料理もできない。

「クッキーを焼いてくれる優しいおばあちゃん」が理想だったデビッドは、スンジャおばあちゃんの言動全てが気に食わないんです。

しかも自分の部屋は、おばちゃんと一緒になってしまい、四六時中ともに過ごさなければなりません。

アンも、そんなおばあちゃんを快く思っていませんが、分別があるため、表立って反抗することはありませんでした。

デビッドが実行した、おばあちゃんへの「復讐」である「おしっこ飲ませ大作戦」は、汚いながらもとてもコミカル。そして、怒りながらも笑って流すスンジャおばあちゃんのおおらかさに、デビッドも心を開いていきます。

心臓の病や、同世代の友人がいないことから、過保護に育てられてきたデビッドにとって、唯一本音を言い合える相手になりました。

ですが、デビッドとスンジャおばあちゃんの仲睦まじい時間は、おばあちゃんの脳卒中により、すぐに終わりを告げます。

やっと掴んだと思ったのに、するりと指先からこぼれ落ちる幸せ。これは、おばあちゃんとデビッドの関係だけでなく、本作全体に散りばめられている要素です。

ジェイコブの農園、ジェイコブとモニカの関係。すべてがうまくいきそうで、ままならない。

そんな中、デビッドの心臓は奇跡的な回復を遂げていました。そして、火事には見舞われたものの、全員が生きていて、手を取り合うことの大切さを改めて知った一家。

絶望することも多いけれど、家族や周囲の人と力をあわせれば、何度でもやり直せる、そう力強いメッセージが伝わってきます。

本作を象徴するのが、タイトルとなっている「ミナリ」です。ミナリ(미나리)とは、韓国のセリのこと。韓国では料理によく使われます。

根が強く、2度目の収穫のほうがおいしいとされるミナリ。この土地で生きていくと決めたジェイコブ一家の姿と重なります。

もし、ジェイコブの代でうまくいかなくても、アンやデビッドの代にはきっとうまくいく。農業に熱中するジェイコブの姿はモニカには身勝手に映りますが、彼なりに子どもたちの未来のために踏ん張っているんです。

観賞後、タイトルに込められた希望が心に染みました。

おばあちゃんを演じたユン・ヨジョンの演技力

(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

一家と同居するため韓国からやってくる祖母・スンジャを演じたのは、“韓国のおばあちゃん”的存在の大女優、ユン・ヨジョン

悪戯っぽい眼差しで、韓国語を捲し立てるスンジャおばあちゃんは、とてもパワフル。孫の世話をするために、はるばる韓国から来たものの、料理や家事は一切できません。

そんなスンジャおばあちゃんのキャラクターが、デビッドはじめ、多くの観客に植え付けられた「理想のおばあちゃん像」をポジティブにぶち壊していきます。

ユン・ヨジョンの演技力の凄まじさは、それだけでは終わりません。脳卒中の後遺症で、表情すらうまく動かせなくなったスンジャおばあちゃんが見せる眼差し。空っぽなようで多弁な瞳に胸を打たれました。

ユン・ヨジョンは、本作の演技で、多くの映画祭にて助演女優賞を受賞しています。

最近では、食堂を切り盛りする社長に扮したリアリティショー番組「ユン食堂」が人気を呼び、『チャンシルさんには福が多いね』『藁にもすがる獣たち』など、話題作への出演が尽きないユン・ヨジョン。

リー・アイザック・チョン監督は「彼女は正真正銘のアーティストで、この道の第一人者。抜群の勘とスキルを備える、最も偉大な俳優の一人だ。アメリカへの進出を目指してこなかったから、それほど名前が知られていないけれど、もっと知られて当然の俳優だよ」とユン・ヨジョンの演技力に信頼を寄せています。

まとめ


(C)2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

生命力が強く、湿地であれば根を張るセリ(ミナリ)。日本では、1箇所から競り合って生えている、ということから、セリと名がついたとされています。

本作もタイトル『ミナリ』の如く、1つの家族が少しずつその土地に根付きながら、困難に出会っても、諦めずに伸び上がっていくさまを描きます。

ジェイコブ一家を助ける、謎多き男・ポールもとても魅力的なキャラクターです。キリストを心酔し、何かというと悪魔祓いをしようとしたり、日曜日には十字架を背負って町を歩くという奇行が見られますが、常に前向きで笑顔をたたえ、愛に満ちた言動で一家を勇気づけます。

この、十字架を背負って歩く男性のエピソードは、リー・アイザック・チョン監督が幼少期に見た光景だそう。

監督の脳裏に刻まれた記憶を紡ぎ、デビッドに監督自身を投影した半自伝的なストーリーが、本作『ミナリ』となりました。

映画『ミナリ』は2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショーです。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

迷った距離1万キロ、探した時間25年、道案内はGoogle Earth… 『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、圧巻の感動ドラマ『LION ライオン 25年目のただいま』をご紹介します。 スポンサーリン …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハナレイ・ベイ』あらすじとキャスト。吉田羊の演技力が母親サチを可能にする

村上春樹の短編小説『ハナレイ・ベイ』を、映画『トイレのピエタ』や『オトトキ』の松永大司監督が映画化。 キャストに母親サチ役を吉田羊が演じ、息子タカシ役に佐野玲於(GENERATIONS from EX …

ヒューマンドラマ映画

映画『覆面系ノイズ』中条あやみ主題歌デビュー!CD発売日と歌詞は

映画『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開がされます。 その前に映画の登場するバンドであり、今回映画主題歌を歌うバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)のメジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『足りない二人』あらすじと感想。佐藤秋&山口遥が30代の俳優人生を活かした注目のオリジナル作品

新進の30代の俳優である佐藤秋と山口遥が、“俳優としての居場所を作る”ために、5年の歳月を費やして完成させた等身大の一組の男女の物語。 一つの大きなマイルストーンとして、新宿三大映画館(新宿ピカデリー …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの内閣総理大臣役は佐藤浩市。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学