Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/15
Update

韓国映画『藁にもすがる獣たち』あらすじと感想評価レビュー。韓流キャストが原作・曽根圭介の犯罪小説の“お金にすがりつく人々”の末路を演じる|映画という星空を知るひとよ42

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第42回

曽根圭介による犯罪小説『藁にもすがる獣たち』が韓国スタッフ&キャスト陣で映画化されます。

映画『藁にもすがる獣たち』は2021年2月19日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて公開予定。

ロッカーに忘れられた大金の入ったバッグを巡り、なんとしてもお金が欲しい人々があの手この手を使って、バッグの行方を追いその争奪戦を繰り返します。

最後にバッグを手にするのは誰? そして大金の行方は? 気になる結末は? 

欲に目のくらんだ人々のどこか滑稽で切ない姿をキム・ヨンフン監督が豪華キャストで描き出します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『藁にもすがる獣たち』の作品情報

(c)2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.(c)曽根圭介/講談社

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原作】
曽根圭介「藁にもすがる獣たち」(講談社文庫)

【原題】
지푸라기라도 잡고 싶은 짐승들

【監督・脚本】
キム・ヨンフン

【出演】
チョン・ドヨン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、チョン・マンシク、チン・ギョン、シン・ヒョンビン、チョン・ガラム、ユン・ヨジョン

【作品概要】
日本人作家・曽根圭介の同名小説をキム・ヨンフン監督が映画化。欲望を剥き出しにした人々が大金を巡って激しくぶつかり合う姿を予測不能な展開で描いたクライムサスペンスです。

ロッカーに忘れられた大金の入ったバッグを巡って豪華キャストが衝突。多額の借金の取り立てに追われるテヨン、暗い過去を精算して新たな人生を始めようとするヨンヒ、事業に失敗しアルバイトで生計を立てるジュンマン、借金のため家庭が崩壊したミラン。『シークレット・サンシャイン』(2007)のチョン・ドヨンがヨンヒ、『アシュラ』(2016)のチョン・ウソンがテヨン、『スウィンダラーズ』(2017)のペ・ソンウがジュンマンを演じています。

映画『藁にもすがる獣たち』のあらすじ

(c)2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.(c)曽根圭介/講談社

韓国のある漁師町でのこと。地元のサウナで働くジュンマンは、ある日、客がロッカーに忘れていったバッグを見つけます。

その客は、昨夜、外出したまま、帰って来なかったのです。

手に取るとズシリと重いバッグを前に、ジュンマンは中を改めます。バッグの中には、10 億ウォンもの大金が入っていました。

店の保管室に運び入れたものの、ジュンマンはバッグが……いや正確には大金が気になって仕方ありません。

ジュンマンは、軽い認知症の母スンジャとその母の世話に明け暮れる妻との3人暮らしをしています。

事業に失敗したジュンマンは、大学に通う娘の学費も思うように出してやれず、夜勤のあるサウナでのスタッフ仕事を終えると急いで帰宅して、パートに出る妻と交代で母の世話で毎日が過ぎていきます。

日々の暮らしはカツカツで、お金さえあればなあと思うこともたびたびだったのです。

一方、一見平穏な家庭生活をしているように見える主婦ミランは、自分が作った借金が夫にバレ、夫のDVに脅えながらも金の工面のために身体を売るようなバイトをしていました。

他にも、失踪した恋人が残した多額の借金を抱えて金融業者からの取り立てに追われるテヨンや、暗い過去を精算して新たな人生を歩もうとするヨンヒと、お金が欲しくてたまらない人々がいました。

バッグの中の大金は誰がどうして作ったのでしょう。バッグの存在をめぐり、その中にある大金の存在を知る人々が動き出します。

苦しみから抜け出したいがために獣にもなれる人々。地獄から抜け出すために藁にもすがりたい、欲望に駆られた獣たちの運命は……。

スポンサーリンク

映画『藁にもすがる獣たち』の感想と評価

(c)2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.(c)曽根圭介/講談社

貧しくも懸命に働く人がいれば、膨大な借金を背負ってしまい取り立てから追いかけられる人もいます。

大金が喉から手が出るほど欲しいそんな人が、札束がぎっしりつまったバッグを目にしたらどうなるのでしょう。

獲物を前にした腹ペコ狼のように、何とかして自分のものにしたいと思うのに違いありません。

本作『藁にもすがる獣たち』は、そんなあさましい人間の本質をユニークに暴き出しています。

同じような境遇で親身になって相談に乗っていた不幸な女性ミランをも巻き込み、借金返済のためには何でもしようとする輩のなんと多いこと。

悪魔の囁きに負けて、大金の入ったバッグを手に入れたジュンマンにも魔の手は迫ります。

最初から最後まで、誰も信じないし、誰一人として信じられなくなった人々の地獄絵図のような攻防劇が繰り広げられていきます。

誰が味方で誰が敵なのか。バッグを最後に手にするのは誰でしょう。

全く予想もしない出来事が次々と起こり、息をもつかない展開であっという間に109分がたちます。

大金は本当にお金が必要な人のところにあって欲しいと願いつつ、お金によって騙し騙される人間模様につい見とれてしまいます。

お金は自分には縁が無いと思っていても、実際に大金の入ったバッグを目の前にすると、どうしてもそれが欲しくなるというのが人間の性だということがよくわかります。

人の心の本質を試されるような作品に、自分もそうかなとドキリとすることでしょう。

まとめ

(c)2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.(c)曽根圭介/講談社

原作は日本の曽根圭介による犯罪小説『藁にもすがる獣たち』。この小説では、金への欲望をむき出しにした人々が激しくぶつかり合う様を描いています。

お金に執着する欲望とその結末を、韓国の『犯罪都市』『悪人伝』の製作陣が、豪華キャストを集結して映画化しました。

自らの過去を清算しようとする女・ヨンヒに『シークレット・サンシャイン』(2007)で第 60 回カンヌ映画祭主演女優賞に輝く名女優チョン・ドヨン、

恋人が残した借金に苦しむ男・テヨンに『アシュラ』のチョン・ウソン、大金の入ったバッグを拾った男・ジュンマンを『スウィンダラーズ』のペ・ソンウ。

さらには『ハウスメイド』(2010)で国内の賞を総なめにした国民的女優ユン・ヨジョンが、ジュンマンの認知症の母・スンジャ役で出演。

欲に目がくらんだ人たちばかりが出てくる中で、「身体さえあれば無一文になっても立ち直れる」と論する認知症のスンジャが、唯一人間らしいと言えます。

本作は、大金を巡って二転三転する予測不能の展開が観客を魅了し、韓国では興行収入ランキング初登場第1位を記録したそうです。

藁にもすがる思いで大金を追う人々の結末をじっくりとご覧ください。

映画『藁にもすがる獣たち』が2021年2月19日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて公開予定です。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『アジア三面鏡2018Journey』感想と考察。長谷川博己&松永大司監督作品「碧朱」を中心に|映画道シカミミ見聞録22

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第22回 こんにちは、森田です。 東京国際映画祭も閉幕し、つづいて報知映画賞を皮切りとする映画賞シーズンを迎えようとしています。 1年の流れを総括する前に、映画祭の現 …

連載コラム

山戸結希プロデュース『21世紀の女の子』あらすじと内容解説。評判映画を「21世紀の他者論」として読み解く|映画道シカミミ見聞録35

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第35回 こんにちは、森田です。 今回は2月8日よりテアトル新宿ほかで公開中の映画『21世紀の女の子』を紹介いたします。 “21世紀の女の子に捧げる挑戦的短篇集”を謳 …

連載コラム

『がんばれいわ!!ロボコン』ネタバレ感想と考察評価レビュー。映画版となった20年ぶり復活のロボコンで汁なしタンタンメンが誕生?|邦画特撮大全73

連載コラム「邦画特撮大全」第73章 2020年7月31日から公開となった映画『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメンの巻』。 『燃えろ!!ロボコン』(1999~2000)から実に …

連載コラム

Netflix『全裸監督』第2話あらすじネタバレと感想。黒木香の登場と無修正ビニ本ビジネス|パンツ一丁でナイスですね〜!2

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』二丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信されています。 第二話ではビニ本ビジネスで大成功する村西とおるや、新たな仲間、 …

連載コラム

Netflix映画『みんな死んだ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ダークコメディで若者たちの大晦日の悲劇を描く|Netflix映画おすすめ17

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第17回 大晦日の年越しパーティーを舞台に、参加した若者達が直面した悲劇を描いた、ポーランドのダークコメディ映画『みんな死んだ』。 パーティ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学