Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『箪笥』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。韓国の古典怪談を基に姉妹と継母との確執を描き出すガチ怖ホラー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー41

  • Writer :
  • からさわゆみこ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第41回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第41回の映画『箪笥』は、韓国ホラーの定番ともいえる、古典怪談「薔花紅蓮伝(そうかこうれんでん)」がベースになっている作品です。

「薔花紅蓮伝」は容姿端麗、頭脳明晰な姉妹が、性悪な継母からの虐待の末に死亡し、亡霊となって恨みをはらしていく話です。

さて、深夜にふと押し入れやクローゼット、箪笥(たんす)に気配を感じて、怖くなったことはありませんか? 本作はタイトル通り、“箪笥”がキーワードのホラー映画です。

ストーリーはソウル郊外の古い洋風な豪邸に、長期療養を終えた姉妹とその父親が帰ってきます。姉はスミ、妹はスヨンといい、父親の再婚相手との生活が始まるところからスタートします。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『箪笥』の作品情報

(C)2003 I Pictures, Masulpiri Pictures

【公開】
2003年(韓国映画)

【原題】
A Tale of Two Sisters

【監督/脚本】
キム・ジウン

【キャスト】
イム・スジョン、ムン・グニョン、ヨム・ジョンア、キム・ガプス

【作品概要】
映画『箪笥』は2003年韓国で公開されると、ハリウッドの巨匠スティーブン・スピルバーグが、当時の史上最高額でリメイク権を獲得し話題となりました。

監督を務めたキム・ジウンは、アーノルド・シュワルツェネッガーの俳優復帰作『ラストスタンド』(2013)で、ハリウッドデビューも果たし、韓国の名優ソン・ガンホ主演の映画『密偵』(2016)など、話題作を手がけています。

継母役は映画『完璧な他人』のヨム・ジョンアが務め、その強烈な演技は本編から、衝撃的なラストに重要な意味を与えます。


映画『箪笥』のあらすじとネタバレ

(C)2003 I Pictures, Masulpiri Pictures

「あの日あったことを話してくれないか?」と医師が語りかけると、ずっとうつむいたままだった少女は静かに顔をあげ、白い光の射す窓に目を向けます。

ソウル郊外の古い屋敷に到着したムヒョンは後部座席で眠る娘に、家に着いたと声をかけます。

しばらくして車を降りた2人の娘は屋敷を見上げますが、懐かしみ喜ぶわけでもなく、すぐには中に入らずに近くの湖の桟橋で素足を水にさらしていました。

スミとスヨンの姉妹は仲が良く、強気で利発的な姉スミは、気弱でおどおどしてる妹スヨンをいつも気にかけています。

姉妹はムヒョンに呼ばれ家に帰ると、2人を出迎えたのは若くて美しい継母ウンジュです。彼女は退院してきた姉妹を歓迎するため、掃除や料理の下ごしらえをしたと、テンション高く語ります。

ウンジュはスヨンの顔を見ると「体調はよさそう……ママに似てきた」と言います。そんなウンジュを快く思わないスミは、スヨンの手をぎゅっと握り、彼女をにらみつけ2階へ上がっていきます。

スミは自分の部屋に行き持参した本と日記帳、ペンをライティングデスクにしまうため、天板をおろすと中には全く同じセットが置いてありました。

さらに箪笥の扉を開けると中には、同じ服が何着も下がっていて驚きます。一方、ウンジュはムヒョンの着替えをもって、浴室へ行くと奇麗に畳まれた着替えがすでに用意されています。

ムヒョンは書斎で誰かと電話で「あまりいい状態ではない」と話し、ウギョン夫婦が来ることになっていると言います。

夕食時、ウンジュは週末に弟ウギョン夫妻を呼ぶと提案します。ムヒョンは何も言わず食事を終え席を離れました。

彼がいなくなるとウンジュは、パパの下着を用意したのはスミかと聞くと、スミは何十着もの同じ服をそろえたのは、ウンジュかと聞きます。

そこへ“薬”を持ってきたムヒョンが、それをウンジュの目の前に置きます。

スミは週末の件は同席しないと告げ、席を離れるとウンジュは残ったスヨンに「お前は行かないの?」と聞き、スヨンは後を追いました。

スミはスヨンに“あの女”に何か言われたかと聞きます。スヨンは首を振りスミは何か言われたら、黙っていないで全部自分に伝えるよう言います。

ウンジュは小鳥を2羽飼い、可愛がっています。鳥籠に布をかぶせると就寝の準備をし、寝床に入ります。

寝室に来たムヒョンはウンジュを見ると、少し戸惑うように彼女の隣りで横になりますが、しばらくすると寝室を出て、書斎のカウチベッドで横になりました。

ウンジュは2階を走る足音を聞いて目覚め、スヨンも物音で目が覚めると、部屋のドアが開き誰かの手が忍び出てくるのを見ます。

スヨンは怖くなり布団をかぶって寝てしまいますが、今度はその布団をひっぱられます。驚き起き上がりますが誰の姿もなく、廊下から走り去る音だけが聞こえました。

スヨンがスミの寝床に入り込むと、スミは目を覚まし、怖がるスヨンをなだめます。スヨンは「誰かが私の部屋に入ってきた」というとスミの表情が険しくなります。

スミが階下へ行くと居間のテレビが砂嵐のまま点き、書斎で寝ている父親の毛布を掛け直していると、無表情のウンジュが現れます。

スミは冷蔵庫の水を飲んでいると、異臭を放つ魚の残骸が出てきて驚き、居間の方を見ると、ソファに座るウンジュは一瞥し、砂嵐のテレビを黙って眺めていました。

寝室に戻ったスミにスヨンは「私の部屋に来たのは誰?」と聞くと、“あの女”と答えますが、「どうも変なの・・・あの女もこの家も」と、つぶやきます。

以下、『箪笥』ネタバレ・結末の記載がございます。『箪笥』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2003 I Pictures, Masulpiri Pictures

翌朝、ムヒョンがテラスをみると扉は開き、鳥籠の布は外されています。寝室にウンジュの姿はありませんでした。

その頃、スミは森の中を走り抜け、母と思しき姿をみつけ腕を掴むと、血がしたたり落ちる夢を見ます。

目を覚ましたのも束の間、部屋に怪しい気配を感じていると、ベッドの足下を黒い影が這って、通り過ぎるのを見てしまいます。

影は立ち上がりベッドに上がると仁王立ちのまま、スミをまたいで怖ろしい形相で見下ろします。しかし、スミが見ていたのは、夢の中の悪夢でした。

テラスで姉妹がくつろぎ、スミが母が好きだった曲を口笛でふきます。ウンジュの小鳥が反応するかのようにさえずりますが、スミは“あの女”の鳥なんか殺そうかと言います。

そこにムヒョンがスミの体を心配し声をかけますが、彼女は箪笥を片づけてほしいと言います。ムヒョンは“箪笥”の話はしない約束だと答え、「俺は悪い父親だ」と言います。

ムヒョンが立ち去ると、スミは1人で森の中へ行きます。ふと気がつくとそこは夢の中で見た森でした。スミはそのまま倉庫へ向かい、母の遺品を捜します。

その頃、スヨンは鳥籠の鳥が鳴かないことに気づき、籠の扉を開け中を見ると小鳥は死んでいました。そして、ちょうどそこに人影が現れます。

スミは母の遺品を持ち帰ると、その中にあった母や家族の写真を懐かしみます。しかし、見ているうちに途中から、ウンジュも一緒に写真に加わっていきます。

ウンジュはムヒョンの同僚でした。写真の中には白衣を着た2人が写ったものもあり、スミの心は激しく動揺していきます。

そこにスヨンが現れ母の遺品を見てはしゃぎますが、スミがスヨンの腕にアザと傷があるのをみつけ、“あの女”がやったのかと厳しく追及します。

しかし、スヨンはただ困惑するだけで、肯定しませんでした。逆にスミが激しく怒るため、スヨンはヒステリーをおこし部屋から出て行ってしまいます。

納得のいかないスミはダイニングでお茶を飲むウンジュに、スヨンになぜひどいことをするのかつめ寄ります。

ウンジュは「悪い事をすればお仕置きされるものよ」と、言います。そして、亡くなった母親が恋しくつらくて泣いても、これが現実だとスミに言います。

さらに「私も我慢してお前たちと暮してるのよ」「なぜ、下りて来たの? またその話? まだ病気がよくなっていなかったのね」と続きます。

洗面所にいたムヒョンと、階段の踊り場に腰掛けていたスヨンは、その様子を聞いていました。

スミがテーブルのティーセットを払いのけると、ムヒョンはキッチンに向かい、スヨンは部屋に戻っていきました。

ムヒョンはキッチンの隅で膝を抱えて座り、泣いていたスミに近寄りますが、彼女はすぐに立ち去ろうとします。ムヒョンに腕を掴まれると、
スミは「汚れた手で触るな!」と罵倒します。

ムヒョンは「聞いてくれ、おまえの誤解だ。現実を受け入れてくれ」と言います。

彼女はなぜ自分だけが理解しなければいけないのか、なぜ自分は理解されないのか問い詰めます。ムヒョンはそれは何のことなのか、話してほしいと返します。

そして、こんな毎日が続けばまた、具合が悪くなるとスミに告げると、彼女は「何て?」と聞きかえし、少し間をあけると一瞬我に返ります。

そして、「わかった……これから起きることと、パパの招いた忌々しいことは責任取って」と言い残します。

その晩、屋敷にはウギョン夫妻が来訪します。ウンジュのテンションは異様に高く、ウギョンに幼い頃の強烈なエピソードを話して、1人で笑っています。

彼女はウギョンに「覚えているでしょう?」と、訊ねますが、彼はそんなエピソードは記憶にないと言います。

すると、ウンジュは「どうして? 変になった?」と表情が戸惑いと困惑で険しくなり、険悪な空気になります。

異様な緊張感の中、ウギョンの妻ミヒが過呼吸の発作で倒れ、けいれんしはじめると失神する寸前で、流し台の下に何かの姿を見てしまいます。

その様を見ていたウンジュも、ヒステリーを起こし悲鳴をあげると、眠っていたスヨンの目が覚めます。

ウギョン夫妻が帰ったあと、ダイニングに残されたウンジュは、流し台の下をのぞき込みますが、そこには何もありません。

しかし、ただならぬ気配を感じて周囲を見回し、手元を見ると床に小さな髪飾りが落ちていました。

それを拾おうとした時に、ウンジュは流し台の下から伸びた手で手首をつかまれます。驚きたじろぐと今度は目の前に立つ、グリーンのドレスを着た誰かの姿を見ます。

ウンジュはムヒョンから薬をもらいますが、子供たちが戻って来てから、変なことばかりおきると訴えます。そして、家にも何かいるようだと怯えます。

ムヒョンは見回ってくるから、安心して休むように促しますが、ウンジュは何か考え込むように部屋を右往左往し、外へ出ようとするとドアに鍵がかけられ騒ぎ出します。

合鍵を使って部屋を出ると、ウンジュはスヨンの部屋に行き、テーブルにあった写真をみつけます。自分が写っている写真はその部分が破り取られ、顔がペンで黒く塗りつぶされていました。

ウンジュはスヨンをベッドから引きずり降ろそうと、膝をかけると何かを潰したような感触を感じ、布団の下に飼っていた小鳥の死体をみつけます。

彼女の怒りは頂点に達し、ウンジュはスヨンを箪笥の中に押し込んで、鍵をかけてしまいます。中でスヨンは泣き叫けびますが声は届きません。

(C)2003 I Pictures, Masulpiri Pictures

スミは母とスヨンの3人で撮った、フォトフレームを落とし目が覚めます。部屋の外に気配を感じて、ドアを開けるとウンジュが階下へ降りて行くところでした。

スミがスヨンの部屋に行くと、スヨンの姿はなく、箪笥の中に閉じ込められているのをみつけると、「ごめんね聞こえなくて……こんなことは2度とさせないから」と、スミは泣きながら彼女を抱きしめます。

外へ見回りに出たムヒョンは、スヨンの部屋の灯りが点いているのを見て、部屋に来て「なぜ、そんな話や行動をするのか理由を話してほしい」とスミに聞きます。

スミは“あの女”がスヨンをイジメて、箪笥に閉じ込めるからスヨンが怖がっていると訴えます。ムヒョンがますます理解できないという顔をしていると……。

「スヨンからもパパに話して!」とスミが言うと、とうとうムヒョンは「いい加減にしなさい!」と、スミに怒鳴ります。

なぜならば、スヨンは既に亡くなっていて、そこには存在していなかったからです。

ムヒョンはそのことをスミに気づいてほしいと諭し、スヨンは自分は既に死んで存在していないと知ると、パニックを起こします。

ムヒョンは誰かに電話をすると「自分の手には追えないから、来てほしい」と話します。

翌朝、ウンジュは血で染まる麻袋を引きずり、リビングの前に置くと、固い棒で何度も殴り続けます。

目が覚めたスミは父からの伝言を見ると、階下へ降りてその麻袋を見つけ、紐を解き助け出そうとしますが、ウンジュに攻撃されてしまいます。

ウンジュはスミに「私が言ったことを覚えている? こんな日が来るって言ったでしょう?」と、亡霊のように一生つきまとう、忘れたくて消したい記憶の恐怖を語ります。

スミはウンジュと激しい格闘をし傷を負わせる一方、反撃をされ頭を打ち倒れます。スミはウンジュに「助けて」とつぶやき気を失います。

帰宅したムヒョンは気絶しているスミをみつけ、居間のソファに寝かしつけます。薬を持って戻ると、そこにはウンジュが座っています。

手当を受けながらウンジュは「スミは?」と聞くと、ムヒョンは「もうこりごりだ」と居間を出て行きます。

そして、次に居間へきた人物を見たウンジュは、驚きと恐怖を覚えます。その人物が彼女を「スミ……」と呼ぶと、これまでのことを全て思い出します。

その人物こそが本物のウンジュで、ソファに座っていたのはスミです。彼女は全てを理解し、手渡された薬を飲んで、次に目覚めたのが病院でした。

スミは医師に“あの日”あったことを話し、ムヒョンはスミの抱えてきた後悔と、ウンジュが隠してきた事実を知ります。

姉妹の母は病気を苦に、スヨンの部屋にあった、箪笥の中で首を括り自殺します。それをスヨンが発見しますが、母の重みで箪笥が倒れてしたじきになります。

家にいた者、外にいたムヒョンにもその音は聞こえましたが、あまり気にも留めません。ウンジュだけは物音でスヨンの部屋に行き、惨事を目撃します。

戸惑いつつ戻ろうとしたウンジュは、廊下でスミと出くわします。特に姉スミとの確執は深く、日頃の嫌がらせや悪態をつかれていました。

ウンジュはスヨンの事態を話そうとしましたが、“あの日”もスミから罵られ、我慢の限界がきてしまいました。

彼女は出かけようとするスミに、事実を伝えず「お前はこの瞬間を一生、後悔するかも……忘れないで」と告げました。

スポンサーリンク

映画『箪笥』の感想と評価

(C)2003 I Pictures, Masulpiri Pictures

映画『箪笥』は思春期の少女に突きつけられた、“大人の事情”や配慮に欠けた思いやりが、“誤解”を生み深い傷となって、主人公スミを苦しめる話しでした。

複雑に入り組んだスミの精神状態を映像で表現すると、本作のように“唐突”に転調したり、人が急に消えたり現れたりとなるのです。

現実に見えているのは、スミと父親のムヒョンだけで、スミは見えないスヨンと話し、ウンジュと争っていました。

精神的な病と彷徨う霊

つまり、姉のスミは「解離性同一性障害」と「統合失調症」の2つを発症していたと、考えるのがシンプルな見方です。

妹の死を受け入れられなかったスミは、その死が自分の意固地のせいだという“後悔”と、好意のないウンジュへの悪意から、妹の死は彼女のイジメによるものと記憶を変換します。

そして、ウンジュがスミに言い放った「この瞬間を一生、後悔する」という言葉は、人の心に巣くった呪いの言葉として、スミを呪縛しました。

そして、スミが考えるウンジュのイメージが、人格となって彼女の心に誕生させたのです。

一方、妹のスヨンは自分が死んでいたことにも気づかず、現存している感覚でした。

したがって、スミが優しい姉だったり、ウンジュの人格が出てる時は虐待されたりと、霊でありながら、姉の豹変ぶりに困惑をしていたと想像できます。

その良い例が「スヨンからもパパに話して!」と言われても、スヨンからみたら虐待は、スミの行動だったので言い出すこともできません。

しかも父親からは「スヨンは死んでいる」と、告げられ本当に浮かばれませんでした。

つまり、スヨンがおどおどしていたのは、そういう理由です。霊であることにも気づかず、姉の心の病を案じ、虐待されながらも、自から気づいてくれることを願っていたのでしょう。

母の霊も宿っていた?

スミとスヨンの母は病弱のため、都会から離れた郊外の屋敷で暮していたのでは?と連想させます。

しかし、仕事で多忙な夫は仕事を優先し、妻に寂しい思いをさせたでしょう。そして、時々家を訪れる若くて美しい同僚の存在で、夫への不信感、疑心暗鬼から、心も病んでしまったのではないかと想像させます。

もし、持病で苦しんでいる時に心身共に健康で、若く美しい女性が現れたら・・・例えそれが妄想で誤解であったとしても、生きている意味を見いだせなくなり、自死へと追い込まれてしまうでしょう。

母の死は絶望の末と考えるのが自然ですが、逆に子供たちにとっては若くて健康な母親の方が・・・という、母親の想いが込められた「死」と、とらえらることもできます。

ムヒョンはスミに「おまえは誤解している」と言っていますが、子供には理解できない、大人の事情や思い込みの愛情から選んだ再婚が、悲劇に導いたともいえるでしょう。

スミに母の霊が憑りついていたら、夫の下着を用意したり、書斎で眠っていれば毛布をかけ直すこともします。

スミにウンジュの人格が出ているときは、現妻としての躍起になる気持ちとなり、母の霊が憑依した時には、かつて健全だった時の夫婦のまま、接していたと見れます。

夫への変わらぬ愛はスミの身体を介しながら、ウンジュと競っていたのではないでしょうか?

そして、ウンジュの犯した罪で、スミが苦しむことになったことは明白で、母として彼女の行為は許されません。最後は母の霊によってウンジュは……。

まとめ

(C)2003 I Pictures, Masulpiri Pictures

映画『箪笥』は母が自死したショックと、妹の命を守れなかった自責の念に苦しむ姉の精神に迫ったホラー映画でした。

大切な家族の死はそれだけでも精神的なダメージを与えます。それに加えて身近な人間を敵に回したがために、大切な家族を守れなかったという後悔を生みました。

本作のベースとなった「薔花紅蓮伝」は継母の虐待によって、姉妹が死に追いやられますが、この作品は継母が義理の子供から、意地悪や悪態をされその恨みから、不幸へ向かう話でした。

姉妹の母は自死したことで、2人の娘を不幸にしてしまいました。そして、ウジョンは自分だけでなくスミをも病にしました。妻として母として彼女のことは許せずにいたはずです。

最後に本物のウジョンが体験した心霊現象は、母の怨念が招いたものでしょう。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。

関連記事

連載コラム

宇治茶映画『バイオレンス・ボイジャー』感想と内容解説。“ゲキメーションとバイオレンス”が融合した新たな恐怖の形|SF恐怖映画という名の観覧車46

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile046 「violence」=「①激しさ。強烈さ。②暴力。暴行」 2019年5月24日から公開される映画『バイオレンス・ボイジャー』(2019) …

連載コラム

東映映画『真田幸村の謀略』あらすじと感想。SF時代劇の解説に『真田風雲録』も合わせて紹介|邦画特撮大全58

連載コラム「邦画特撮大全」第58章 2019年8月27日(火)の夜9時からBS-TBSにて『真田幸村の謀略』が放送されます。大阪の陣で徳川家康を追い詰めた戦国武将・真田幸村。真田幸村を題材とした作品で …

連載コラム

『夏への扉』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画化で猫のピートなど注目点を解説|永遠の未完成これ完成である22

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第22回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、1956年発行、アメリカのSF作家ロバート・A・ハイ …

連載コラム

映画『東京自転車節』感想評価とレビュー解説。青柳拓監督が“新しい日常”を生き抜くために駆け回る路上労働ドキュメンタリー|映画という星空を知るひとよ69

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第69回 映画『東京自転車節』は、実家の家族の反対を押し切り、東京で友人の家に泊まりながら自転車配達をする青柳拓をありのまま撮影したドキュメンタリー映画です。 …

連載コラム

映画『スキンウォーカー|寄生体XXX』あらすじネタバレと感想。最後までラストの意味を掘り下げた監督ジャスティン・マクコーネルの秀作とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2020見破録38

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第38回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第38回で紹介するのは、恐るべき生態を持つ、謎の怪物を描いたSFスリラー映画『スキンウォーカー(寄 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学