Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『神と共に 第一章:罪と罰』感想と評価解説。韓国らしい泣ける感動にアツい家族節が炸裂!|コリアンムービーおすすめ指南11

  • Writer :
  • 西川ちょり

死後に待つ7つの地獄と3人の使者!

韓国の人気ウェブ漫画を映画化。韓国で大ヒットを記録したファンタジー・アクション『神と共に 第一章:罪と罰』が、5月24日(金)より新宿ピカデリー他にて全国上映されます。

準備と撮影に6年の歳月を費やし、監督のキム・ヨンファは2部作を同時に演出するという韓国史上初の試みにチャレンジしました。

その結果、2017年冬に公開された『神と共に 第一章:罪と罰』は韓国歴代2位(2019年1月現在)の観客動員1440万人、続編の『神と共に 第二章:因と縁』は同歴代10位(2019年1月現在)の1230万人を達成するという大ヒット!韓国映画のパワーを存分に見せつけてくれる極上のエンターティメントです。

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『神と共に 第一章:罪と罰』のあらすじ


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

高層ビル火災が発生し、かけつけた消防士キム・ジャホンは、猛火の中、住人の少女を救出します。しかし、命綱に火がうつり、切れて落下、ジャホンは命を落としてしまいます。

自分がまだ死んだことを理解していないジャホンの前に現れたのは、カンニム、ヘウォンメク、ドクチュンという冥界の使者たちでした。

人間は死ぬと49日間のうちに7つの地獄で裁判を受けなくてはならない、それら全てを無罪でクリアしたものだけが、現世に生まれ変わるのだと彼らは説明します。

彼ら3人も合計49人の亡者を転生させることができれば、人間に生まれ変われると、約束されていました。

キム・ジャホンの生前の善行は明らかで、19年ぶりの貴人として48人目の転生が確実視され、3人の足取りも軽やかです。

しかし、地獄めぐり裁判が始まると、地獄鬼や怨霊が出現し、冥界が揺らぎ始めます。原因を探るため、カンニムは下界へと降り立ちますが…。

映画『神と共に 第一章:罪と罰』の解説と感想

独創性溢れる地獄のビジュアル


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

死んだキム・ジャホンは3人の使者に連れられ、早速旅を始めなくてはなりません。それにしても7つの地獄のビジュアルのなんと独創的なことか。

最初に登場するのは殺人地獄です。迎えるのは変成(へんじょう)大王といういかにも強面の大王です。次いで三途の川を渡り、たどり着いたのは怠惰地獄。人生を無駄に生きた者を裁く地獄ですが、グルグル回る羽のようなものに弾き飛ばされ続ける姿はいかにも苦しそう。

さらにウソ地獄、不義地獄、裏切り地獄、暴力地獄、天倫地獄へと続きます。

キム・ヨンファ監督は、鈴木由美子の人気コミックの映画化作品『カンナさん大成功です』(2007)、韓国初のスキージャンプチームの実話を映画化した『国家代表!?』(2009)、サーカスのゴリラが弱小プロ野球チームに加わる『ミスターGO!』(2013)などで、特殊メイクや様々なCG、デジタルキャラクターを扱ってきました。

今回、本格的なファンタジー映画を作りたい!と『新感染ファイナルエクスプレス』の美術監督、イ・モグォンや、VFXチームと強力なタッグを組み、これまでに見たことのない独創的なビジュアルを作り上げることに成功しています。VFXの完成度にも注目してみてください。

法廷劇的な面白さ


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

“生きているときは罪を隠せても、地獄ではごまかすことができない”という地獄の裁判は、これでは転生できる人なんてごくわずか、皆、地獄に落ちてしまうという厳しいものです。何しろ1000年で転生したのはわずか47人だけ。さて、そこで3人の使者が必要となってきます。

彼らは地獄の法廷における”弁護士“の役割を担っているのです。彼ら自身、人間に生まれ変われるという希望を持っており、死者に付き添い、懸命に弁護します。検事側の失言も決して聞き逃さない頼もしさです。

ただし、正当な手続きをすっとばし、判決を下そうとする大王もいますので要注意です。阻止するための咄嗟の判断が必要で、ハ・ジョンウ扮するべテラン使者の腕の見せ所となります。法廷劇としての面白さが味わえることもこの作品の魅力のひとつでしょう

また、貴人として転生が確実視されていたキム・ジャホンですが、地獄裁判が続く中、生前の思いがけない行動が次々と明らかになり、波乱を含んだ様相には、ミステリー的な面白さも詰まっています。

とにかく泣ける感動作!


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

この作品の魅力を2つの点から見てきましたが、実はこの映画、大変エモーショナルな作品で、実に泣けるのです。 

キム・ジャホン役には『猟奇的な彼女』以来、純粋な好青年のイメージが定着したチャ・テヒョンが扮しており、非常に説得力のあるキャスティングとなっています。

また、母親を演じているイェ・スジョンが素晴らしいのです。人気ドラマ『秘密の森』で、息子を殺された孤独な母親を演じていたベテラン女優です。

『新感染ファイナルエクスプレス』ではゾンビから逃げる中、姉妹で別々の車両になってしまった老年の女性を演じ、彼女が選んだ最後の選択が胸を打ちました。

本作では聴覚障碍であるという設定なので、セリフはないのですが、彼女がたたずんでいるだけで、胸にぐっとくるものがあるのです。

母と息子が離れ離れになりながら互いを強く想う様に、韓国映画ならではの熱い家族映画節が炸裂して、涙をこらえることができません。

人間の生と死、愛と憎しみ、ウソと真実という壮大なテーマが内包されており、一つの映画で何粒もおいしい映画の構造が、多くの観客の心を捕らえたのではないでしょうか。

果たしてこの家族の秘密とは!?

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

衣装デザイナーのチョ・サンギョンによって考案された様々な衣装にも注目です。

とりわけ、黒い長い丈の衣装で闘う使者役のハ・ジョンウ、チュ・ジフンのかっこいいこと!2人ともすらっとした長身なので、とても見栄えがいいのです。彼らが振り回す長い剣がライトセーバーっぽいのもいい感じです。

閻魔大王に名優イ・ジョンジェが扮しているのも見どころのひとつ。威厳のあるかっこいい閻魔さんです。

ジャホンの弟役は、キム・ヨンファ監督の『国家代表!?』でハ・ジョンウと共演しているキム・ドンウク。また、K-POPボーイズグループ「EXO」のD.O.や、男前なのに一癖も二癖もある役が似合うイ・ジュニョクが重要な役どころで出演しているのも見逃せません。

そして最後の最後にチラッとマ・ドンソクが登場。マ・ドンソクが弱者を守るため人間界に降臨した屋敷神に扮する二部へと期待が高まります。

次回のコリアンムービーおすすめ指南は…


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

次回は、6月28日(金)に公開される『神と共に 第二章:因と縁』をお届けします。

お楽しみに。

【連載コラム】「コリアンムービーおすすめ指南」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『コーマン帝国』感想レビューと内容解説。“B級映画の帝王”ロジャー・コーマンのスゴさに迫る!|だからドキュメンタリー映画は面白い5

低予算ながら奇抜なアイデアの数々で長年映画界を牽引してきた、映画プロデューサーの“インサイド・ヘッド”をのぞき見してみよう── 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第5回は、2012年公開の『コーマ …

連載コラム

『THE GUILTYギルティ』ネタバレ感想と考察。音声のみで展開される異色サスペンス作品の妙味|サスペンスの神様の鼓動11

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 前回のコラムで、次回は『フロントランナー』をご紹介すると …

連載コラム

映画『象は静かに座っている』感想とレビュー評価。監督のデビュー作にして遺作に込められた思い|銀幕の月光遊戯 49

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第49回 中国映画『象は静かに座っている』が、2019年11月2日(土)より、シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開されます。 第68回ベルリン国際映画祭国際批評家 …

連載コラム

タランティーノ映画最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』【予告から読み取れるものとは?】FILMINK-vol.16

FILMINK-vol.16 How Much More Do We Know About Once Upon a Time in Hollywood after Cannes Premiere? オ …

連載コラム

映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』あらすじと感想レビュー。泣ける感動のヒューマンドラマには他人の為に優しくできる人がいる|蟹江まりの映画ともしび研究部4

蟹江まりの映画ともしび研究部 第4回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第4回目に取り上げるのは、2019年11月1日に公開された映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』で …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP