Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/26
Update

地獄が呼んでいる4話ネタバレ感想評価と結末あらすじ。シーズンの折り返しで更に重いテーマに“赤ん坊も罪人なのか”

  • Writer :
  • 20231113

Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を各話完全紹介

新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と長編アニメ映画、『ソウル・ステーション パンデミック』(2016)の大ヒットで、韓国を代表するホラー映画作家となったヨン・サンホ。

『新感染』シリーズの続編『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2020)もヒットを記録、その名は世界で認められました。

その彼が手掛けるNetflixオリジナルドラマ、『地獄が呼んでいる』が2021年11月19日(金)より、全世界に配信されました。

第3話で多くの人が見守る中、”試演”により地獄に堕ちたジョンジャ。人々は神の意図が示されたと恐れおののきます。勢いを得た新真理会の狂信者、”矢じり”たちの行動は過激化します。

身の危険を感じ、国外への逃亡を図ったミン弁護士は”矢じり”の襲撃で母を失い、新真理会の議長ジンスの殺人に気付いたギョンフン刑事は、娘の身を守るため彼を追いました。

ギョンフンとミンは、ジンスは20年前に天使から死を予言されたと知ります。しかしミンは”矢じり”に襲われ、ジンスと対決したギョンフンは、一連の出来事は彼の計画通りに進行していると気付きます。

ジンスに”試演”の時が迫ります。全ての人々に真実を伝え娘を殺人犯にするか、口を閉ざしてジンスが望む新しい世界を受け入れるか、ギョンフンは過酷な選択を強いられました。

ジンスは怪物の手で地獄に堕とされ、ギョンフンは沈黙を選びます。そして世界には人々が神を敬い恐れる、新しい時代が到来します。果たして世界に、本当の正義がもたらされたのでしょうか…。

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら

ドラマ『地獄が呼んでいる』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

【配信】
2021年(韓国ドラマ)

【原題】
지옥 / Hellbound(英題)

【監督・脚本】
ヨン・サンホ

【キャスト】
ユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、ヤン・イクチュン、キム・ドユン、キム・シンロク、リュ・ギョンス、イ・レ

【作品概要】
「新感染」シリーズのヨン・サンホが手掛ける、世界に向け配信された全6話のホラードラマ。この作品は彼が2003年に発表した短編アニメーション映画を発展させた作品です。

彼はドラマ配信に併せ、1980年代の韓国民主化闘争を描いたグラフィック・ノベル『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』を描いたチェ・ギュソクと共作で、この作品の原作となるコミック『地獄』も発表しました。

新たに登場したテレビ局のプロデューサー役は『それだけが、僕の世界』(2018)や『サバハ』(2019)、『スタートアップ!』(2019)のパク・ジョンミン、その妻を演じるのは『英雄都市』(2019)のウォン・ジナ。

新真理会の執事と呼ばれる男をドラマ『梨泰院クラス』(2020~)、『都会の男女の恋愛法』(2020~)のリュ・ギョンス、新真理会を生み新たな世界を築いた人物をドラマ『トキメキ成均館スキャンダル』(2010~)や映画『バーニング 劇場版』、『#生きている』(2020)に出演のユ・アインが演じます。

あゝ、荒野 完全版』(2017)のヤン・イクチュン、『新感染半島 ファイナル・ステージ』の演技が絶賛されたイ・レ、ドラマ『愛人がいます』(2015~)や『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』(2019~)のキム・ヒョンジュらが共演しています。

ドラマ『地獄が呼んでいる』第4話のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

4年前、天使から死の予言を受け、人々の見守る中で神に”試演”されたパク・ジョンジャ(キム・シンロク)。その光景が新たな時代をもたらしますが、彼女は最期まで罪を告白せずに地獄に堕ちました。

ジョンジャの試演の場は再現され一般に公開され、最初の試演の場所、白昼のソウル市内でチュ・ミョンフンが地獄に堕ちた地は聖地となります。

神は人間に介入する事でその意図を伝えている。しかし人間は罪がもたらす恐れと羞恥から、神のメッセージを隠している。誰にも見られぬ場所での試演を望む者や、その時を待たず自殺する者もいました。

自殺を選んだ罪人は葬儀に集まった人々の前で蘇り、彼らの目の前で3人の怪物、”予言の実行者”の試演を受けます。神の断罪から逃れようとした者を、神は許さなかったのです。

神が我々に求める事とは?画面には正義感を持って生きろと告げる、新真理会のチョン・ジンス初代議長(ユ・アイン)の姿が映ります。これこそが神の意図だと説明するナレーション。

とある家族の幼い娘は、父は会社のカードを使いこみ、不適切動画をパソコンに保存した、地獄に堕ちて当然の罪人と告白します。

画面に登場した新真理会2代目議長、キム・ジョンチルは神の意図だと説明して、自分と家族そして知人の罪を隠してはならぬと訴えました。

そして保存展示されたジョンジャの焼け焦げた遺体を示し、最期まで罪を隠したこの罪人のようになるなと呼びかけます。

隠そうとしてはいけない、神の口をふさぐな。神の意図を伝える邪魔をしてはならない、人が正義を守る限り、新真理会は常に皆の傍にいる、と語るジョンチル議長。

「神の意図は新真理会のアプリで確認できる」と告知して、このドキュメンタリー動画は終了しました。

まだ1回目の編集で、完成した番組は人気ドラマの後に放送すると説明するテレビ局局長に、登場する罪人の顔はもっと悪人らしく、と要求する新真理会のユジ執事(リュ・ギョンス)。

その言葉を聞き プロデューサーのペ・ヨンジェ(パク・ジョンミン)は思わず笑います。なぜ笑ったと問うユジ執事に、いっそテレビ局を作ってはと答えるヨンジェ。

このドキュメンタリーを作る人物が、新真理会に不満を持つのかと追及されると、使用するBGMなど何から何まで指示されては不満だ、とヨンジェは答えます。

とりなす局長にこれでは我々は新真理会の広報機関だ、と不満を告げるヨンジェ。その彼に、我々がもたらす変化に反対か、と問うユジ執事。

あの時以来犯罪率は低下したとの説明に対し、”矢じり”たちの犯罪行為を含めれば高いはずだと応じるヨンジェ。”矢じり”の罪人に対する横暴な振る舞いを指摘し、10歳の子が父を罪人と呼ぶのが正しい社会か、と問いかけます。

恐怖と懲罰で良い世の中を作る、そんな場所は地獄だと主張したヨンジェを、共同プロデユーサーのジョンウォンは叱りつけます。局長は番組は新真理会の指示通りに作ると言いました。

番組自体は良く出来ており後はまかせる、ジョンチル議長には上手く進んでいると伝えると言い立ち去るユジ執事たち。

彼らが去ると局長はヨンジェを叱りつけ、ジョンウォンも何も言わず立ち去ります。残されたヨンジェに、妻ソヒョン(ウォン・ジナ)から電話がかかってきました。

2人の子トゥントゥンを出産し入院中の妻に、編集作業で会いに行けないと答えるヨンジェ。集中治療室にいるトゥントゥンの顔が見れないと、ソヒョンは不安を漏らします。

医師は問題無いと言ったとヨンジェは妻を励ましますが、面会時間に間に合いそうもありません。明日の午後会いに行くと言う夫に、子供の姿を撮った動画を送ると告げたソヒョン。

編集スタッフのミスクに、新真理会への不満を漏らすヨンジェ。しかし彼女は悪口は止めるよう言い、先輩社員が”矢じり”かもしれないと注意します。

ヨンジェはミスクが編集中の討論番組に、新たなパネリストが出演したと気付きます。その男は、神が世界に介入する圧倒的現実は、人には耐えがたいと主張します。

そして何も言わず消息を絶つ、自殺の様に消えていく人たちがいる、と語るパネリストの男。

作業に必要なインタビュー原稿をもらおうとジョンウォンを探すヨンジェ。彼の机の上に金融ローン会社ソド・ローンの名刺があり、裏に釣り場の住所が書いてありました。

現れたジョンウォンはその名刺をひったくる様に奪います。そして後は頼むと言って職場から去ろうとします。その際、先程の態度はすまないと詫びるジョンウォン。

ソヒョンはトゥントゥンのいる新生児室に案内されました。夫のために隠し持ったスマホで我が子を撮影しようとした時、異様なものが目に入ります。

それは宙に浮かぶ顔、”天使”です。死を予言する天使は産まれたばかりの赤子に告げました。

「ソン・ソヒョンの子、お前は3日後の午後9時30分に、地獄に行く」…。

多くの人が行き来する街の中に、予言の実行者の像が建っています。それを見た車の中のヨンジェは、「新真理会の奴らめ…」とつぶやきます(第3話のラストシーン)。

彼は妻ソヒョンと連絡が取れずにいました。すると電話がかかってきます。それはジョンウォンの妻が、夫と連絡がとれないとの心配を訴えるものでした。

ローン会社から返済を求める電話が入り、夫はギャンブル依存症と言われた。夫の身は無事だろうかと訴えるジョンウォンの妻。

ヨンジェは彼女を落ち着かせますが、彼にはジョンウォンがギャンブル中毒と思えません。机で見たローン会社の名刺を思い出し、彼は名刺の裏に記された釣り場へ車を走らせます。

同じ頃、ソヒョンは新真理会のアプリを開き、「神の意図」について調べていました。しかし新生児が罪人として試演された事例はありません。

検索ワードに「罪人を産んだ」と入力すると、1人涙を流すソヒョン…。

以下、ドラマ『地獄が呼んでいる』第4話のネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『地獄が呼んでいる』第4話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

人里離れた細い山道を、名刺にあった釣り場を目指し車で走るヨンンジェ。すると背後からクラクションを鳴らし迫る車が現れます。

車には”矢じり連合”と書かれていました。夜道を走るヨンジェの車を怪しいと判断し、自警団じみた態度で高圧的に彼を尋問する”矢じり”たち。

彼らは神に反する罪人がいないか、目を光らせているようです。解放されたヨンジェが先に進むと、同僚のジョンウォンの車が停まっています。しかし姿はありません。

人気が無く暗い釣り場を探すと、桟橋の先端で座り込むジョンウォンがいました。ヨンジェに気付くと、水の中に飛び込んで逃げ出すジョンウォン。

ヨンジェが彼を捕まえると、見ないふりをしてくれとジョンウォンは叫びます。戻ろうと告げたヨンジェに、彼は予言を聞いたと告白します。

自分が地獄に行ったら、残された家族は罪人の家族になる。新真理会と”矢じり”は妻たちを苦しめる、どうか誰にも言わないでくれと懇願するジョンウォン。

あなたはどうなると尋ねたヨンジェに。”ソド”の人たちが始末するとジョンウォンは言いました。”ソド”とは何か尋ねるヨンジェ。

見ないふりをしてくれ、さもないと”ソド”の人たちが黙っていない。ジョンウォンがそう語った時、轟音が響きます。

妻に黙ってくれ、と泣いて告げるジョンウォン。水中から予言の実行者が現れました、ヨンジェは目を疑い、ジョンウォンは悲鳴をあげました。

鋭利な杭と化した予言の実行者の腕に、串刺しにされたジョンウォンの体が水中から現れます。やがて水面が白く光り試演は終わり、ヨンジェの目の前に焼けた死骸が現れます。

動揺するヨンジェの前に何台もの車が現れます。車から降りると、水中に入りジョンウォンの遺体を手際よく回収する男たち。

ヨンジェも男たちに連れられます。彼の前に1人の男が現れマスクを外し、今日見たことは忘れろ、さもないとあなたの身が危険だと告げました。

その男は編集中の討論番組に出ていたパネリストと気付くヨンジェ。そして男たちの背後に、1人の女性が立っていると気付きます。

ヨンジェは首に注射され、意識を失います。不用意にヨンジェに顔を見せたと、仲間から注意されたヒョンジュンは、彼は信用出来る人物だと答えました。

ヨンジェをどうするかと聞かれた女は、そのままにして様子を見ようと告げます。その女は4年前、現新真理会議長のジョンチルの前で、”矢じり”たちに暴行を受けたミン・ヘジン弁護士(キム・ヒョンジュ)に似ています。

翌朝目覚めた時、ヨンジェは自分の車の中にいました。急いで妻と子が待つ病院に向かい到着したヨンジェ。

夫に気付いたソヒョンは、遅れたと言い訳をするヨンジェに黙ってスマホを差し出します。そこには2人の子トゥントゥンに死を予言する、天使の姿を映した動画があります。驚いた夫の前で涙を流し出すソヒョン。

スマホの電波の発信地を頼りに、警察はジョンウォンの行方を求め釣り場を捜索していました。その中には同行している新真理会のユジ執事の姿もあります。

協力を感謝すると告げたユジ執事に頭を下げた刑事は、死の告知を受けて隠す人は多いのか訊ねます。羞恥心を克服できぬ人は多い、と語るユジ執事。

警察は防犯カメラに映る車の映像が手に入ったと、この現場から撤収し始めます。そしてユジ執事は、落ちていた金融会社ソド・ローンの名刺に気付きます。

病院ではソヒョンが、生まれたばかりの赤ちゃんが地獄に行く例など無い、何かの間違いだと夫に訴えます。私は罪人を産んだのか、私は罪人なのか?と問うソヒョン。

「3人で家に帰ろう、俺が調べてみる…」。ヨンジェは妻に告げました。

ドラマ『地獄が呼んでいる』第4話の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

舞台は4年後に移った『地獄が呼んでいる』。新真理会のチョン・ジンス初代議長が創ろうと企て、ギョンフン刑事がそれを許した”新たな世界”が到来していました。

その世界を、新たな登場人物と共に描く本エピソード。人々が罪を犯せば罰せられると意識する、正義が成される世が到来した…という訳ではなさそうです。

人々を心理的に支配する新真理会が重視しているのは、”試演”を受ける者をさらし者にすること。その恐怖で人々を支配しようと企み、罪人であることを隠す者を糾弾します。

人々の支配する手段に恐怖を用い、糾弾には倫理感の欠如を指摘する。現在世界のさまざまな地域で、そしてネットの中の世界なら身近に起きている現象です。

罪人とされた父親を糾弾する幼い娘の姿。韓国の方々も我々日本人も、近隣の国で起きている出来事を思い浮かべるでしょう。

韓国とその周辺諸国の状況をベースにしながら、世界の人々が等しく抱く問題を、ホラーを通じた娯楽ドラマに見事仕立てた社会派ヨン・サンホ監督。シーズンの折り返しとなる今回のエピソードで、さらに重いテーマを突き付けました。

地域性を持つドラマから普遍的な問題に切りこむ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

韓国の文化や慣習・社会状況に根差した描写を持つ作品でありながら、全世界で受け入れられたドラマ『地獄が呼んでいる』。

全世界でと説明しましたが、現在中国では正規の配信は行われていません。様々な理由から本作は配信されない、と考えられる一方で、違法な手段で多くの中国の方が視聴していると報じられました。

著作権の扱いで問題視される行為ですが、同時に本作の視聴を制限したい国がある、そういった地域の方々に、その障害を乗り越えてまで見たいと思わせるドラマだと知りました。

世界中でカルト的人気を獲得し、日本でも大ヒットした話題の映画『ミッドサマー』(2019)は、北欧を舞台にしたフォークホラー(民族ホラー)です。

しかし『ミッドサマー』は登場する架空のカルト集団に世界各地の様々な要素を与え、あらゆる地域の人々が身近に感じる描写も併せ持っています(考察記事はこちら)。

異境の地の文化や人々の姿を楽しませつつ、世界の人々が共感を覚え実感するテーマの存在は、映像コンテンツなどの作品が世界に受け入れられるための重要な条件です。

今回も登場し、圧倒的な暴力を振るい罪人を地獄送りにした”予言の実行者”。常に3人(3匹?)で現れることから、その正体や設定について様々な考察がなされています。

3という数字にはヒンドゥー教の三神一体、キリスト教の三位一体と聖なるイメージがあります。しかしこの三位一体と対になる存在が、『ヨハネの黙示録』に登場する黙示録の獣。別名の666の獣と聞き、映画『オーメン』(1976)を思い出す人もいるでしょう。

赤い竜、第一の獣、第二の獣からなる3匹の黙示録の獣。本当に”予言の実行者”は聖なる存在なのかと、不穏なイメージが漂います。

いや、予言の実行者はギリシア神話で人の生と死を司る「運命の三女神」、モイラ3姉妹(ローマ神話のパルカ3姉妹)ではないか、と考える人もいます。

女神があんなブサイクでマッチョな怪物な訳が無い、とおっしゃる方。意外にもモイラ3姉妹は神々と巨人族の戦争で、巨人を撲殺している武闘派、まんざらでもありません。

またギリシア神話に登場する3つの頭を持つ地獄の番犬、ケルベロスだと考える人もいます。地獄にいる番犬という考えはバラモン教、仏教にも存在しますから、ケルベロスのイメージがしっくり来る気がします。

いずれにせよ神の意図を果たす正義の執行者、のイメージに程遠い雰囲気です。世界の様々な文化・宗教が持つ不穏なイメージを合わせ持つ事で、予言の実行者は人々の想像をかき立てるキャラクターになりました。

ヨン・サンホ監督自身は、”試演”がリンチだと観客にに強調したと説明しています。暴力がリンチに思える最小の人数は3人だ、2人ではバディ(相棒)のように見える。この判断から予言の実行者は3人組となりました。

いずれにせよ監督は観客に、試演とはリンチに過ぎない行為だと強く印象付けたいようです。

生まれながらの罪人は存在するのか


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

残酷なリンチに過ぎない試演。それを新真理会は神の意図と説明し、人々はそれを受け入れて納得します。

しかし、第1話で最初にソウル市内で試演されたチュ・ミョンフンの罪は不明、第2話で試演された殺人犯キム・チャンシクは、新真理会初代議長ジンスの自作自演でした。

第3話で公開で試演されたパク・ジョンジャは最後まで罪を告白せず、人知れず試演されたジンスも、死を予言された時には罪人ではありません。

今回、試演された様々な人物が紹介されましたが、大した罪人に思えません。エッチな動画の保存で地獄行きなら、私もあなたも…ともかく新真理会は「罪を告白しない行為や、罪(試演)を隠す行為こそが、罪」、と説いているようです。

ところが、生まれたばかりの赤ん坊が地獄行きを予言されます。罪人の訳が無く、これでは新真理会が人々に説明してきた神の意図が崩壊します。

本当にそうでしょうか?理屈は後から付けられるもの。おそらく新真理会は、あの子は産まれながらの罪人だ、親が罪人だと説明し正当化を図るでしょう。

出自で罪人扱いされてはたまりませんが、現在韓国では親日派とされる人物が追及されています。

植民地時代に日本に協力した者の追及ですが、当事者の多くは死去しています(死後、名誉をはく奪される親日派もいます)。しかし親日派が対日協力で不正に築いた財産は没収されると法律化され、その子孫の財産も没収の対象となります。

これは処罰が対象者の親族に受け継がれる、一種の連座制だとする批判もあります。ともかく当事者以外も親日派とされる状況が生まれ、政敵を非難する都合の良いレッテルとして、親日派という言葉が利用される状況が生まれました。

韓国には出自から、生まれながら親日派とされる人物がいる訳です。それでも、その北にある国で親日派の子孫、革命の敵の親族とされるよりはマシかもしれません。

最高権力者が世襲させる社会では、出自の正当性は評価の対象であり、人生を運命づけるものです。人は共通の幻想を抱きさえすれば…そのために権力者も、その政敵も互いに相手を非難し貶めます…赤ん坊すら罪人にする事も可能です。

これは朝鮮半島で起きている事の風刺ですが、同時に世界の多くの人々が感じる社会問題です。肌の色や民族、先祖代々信仰する宗教を理由に、生まれながらに罪人扱いされる人は多数存在します。

日本でも格差が拡大した結果、階級の固定化、つまり低所得層の子供が高所得を得る可能性は、過去と比較すると小さくなった…が進んでいます。「親ガチャ」という言葉の流行は、この状況を若い人々が自嘲的に受けとめている表れでしょう。

出自が運命を決する社会、そんな社会は支配する側、搾取する側に都合の良い社会です。それに対する疑問をなぜ赤ん坊が試演される、という問いに託して観客に投げかけました。

韓国の若い世代の多くは、親日派のレッテル貼りは政争か、売名か営利行為に過ぎないと認識しています。そんな行為で生活は改善しない、もっと大事な政治的課題があると実感しています。

社会派ホラー監督ヨン・サンホの問いは、世界の人々に響くものでした。日本人の我々も異なる考えを持つ者への中傷とレッテル貼り、ネット上の人格攻撃にはうんざりしているはずです。

このドラマは国民・住人に見せられない、と考える国や地域が出るのも当然です。それでもなお、世界でヒットした作品である事実に注目して下さい。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

生まれながらの罪人、生後間もない赤ん坊の登場で大きく動いた『地獄が呼んでいる』第4話。凄い展開になってきました。

これで新真理会の欺瞞は暴かれるのか?いえ、彼らと”矢じり”はそれを正当化しようと動くはず。物語の展開はまだまだ読めません。

そして新真理会と対決する”ソド”の人々の登場。支配者に都合の良い幻想を維持する側と、それを暴く側の駆け引きと攻防は激化するでしょう。ヨン・サンホはそれを娯楽性の高いドラマとして見せてくれるはず。

手に汗握る緊迫の展開を予告する第4話でした。強いて指摘すると今回、笑い所や気の休まる箇所がありません。だから全6話の中で最短の42分だったのでしょうか。

どうしてこうなった?あの”骸骨野郎”(Skull Mask)が、登場していないからでしょう。彼のイカれたパフォーマンスを見せて欲しい!と願うのは私だけでしょうか。

あんなロクでもない主張する奴が、このドラマ唯一の清涼剤とは。これは、もしかすると息苦しい社会では、過激な陰謀論者や炎上系YouTuberの類いが人気になるのだと指摘する、高度に計算された風刺なんでしょうか?

Netflixオリジナルドラマ『地獄がよんでいる』は2021年11月19日(金)より配信開始

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

『夜明けの詩』あらすじ感想と評価解説。《韓国版ジョゼと虎と魚たち》キム・ジョングァン監督が描く“葛藤からの脱却”|広島国際映画祭2023リポート4

広島国際映画祭2023・特別招待作品『夜明けの詩』 2009年に開催された「ダマー映画祭inヒロシマ」を前前身として誕生した「広島国際映画祭」は、世界的にも注目されている日本の都市・広島で「ポジティブ …

連載コラム

Netflix『全裸監督』第8話あらすじネタバレと感想。シーズン1ラストはテレビで脇毛見せ!|パンツ一丁でナイスですね〜!8

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』八丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信中です。 伝説のAV監督村西とおるを描いた本シリーズ。 このコラムでは1話づつ …

連載コラム

【SF・ホラー】2020年映画ランキングベスト5|洋画・邦画人気作から感動と想像の力を描く作品まで《シネマダイバー:糸魚川悟選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー糸魚川悟 2020年は新型コロナウイルスの影響により、映画業界にとっても厳しい1年となりました。 『ムーラン』や『ソウルフル・ワールド』 …

連載コラム

映画『君が世界のはじまり』ネタバレあり解説レビュー。ブルーハーツと“えん”が描く青春の夜明け前|映画道シカミミ見聞録50

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第50回 こんにちは、森田です。 今回は7月31日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開中の映画『君が世界のはじまり』を紹介いたします。 原作はふくだももこ監督の短編小説 …

連載コラム

『見えない目撃者』あらすじネタバレ感想と結末解説。吉岡里帆が視力を失った元女性警官の執念を演じる|サスペンスの神様の鼓動20

サスペンスの神様の鼓動20 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、韓国映 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学