Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/20
Update

地獄が呼んでいる1話ネタバレあらすじ感想とラスト結末解説。Netflix配信にて激コワホラーに新感染シリーズのヨンサンホ監督が挑む

  • Writer :
  • 増田健

Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を各話完全紹介

新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)を発表し、ホラー映画ファンの注目を集めたヨン・サンホ。その前日譚となる長編アニメーション映画『ソウル・ステーション パンデミック』(2016)も公開、多才な才能を披露しました。

一躍世界的ホラー映画作家となったヨン・サンホ。『新感染』シリーズの続編として公開された、『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2020)も大ヒットを記録します。

その彼が手掛けたNetflixオリジナルドラマ、『地獄が呼んでいる』が2021年11月19日(金)より、全世界に配信されました。

何やら恐ろしいモンスターが人を襲う作品。彼らは単なる怪物ではありません。神の意図に從い、罪人を地獄に送る使命を帯びた存在です。

これは本当に神の意図なのか。人間は罪とどう向き合うべきか。深いテーマ性を持ちながらも、本格的超自然ミステリーとして楽しめるドラマが幕を開けました…。

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『地獄が呼んでいる』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

【配信】
2021年(韓国ドラマ)

【原題】
지옥 / Hellbound(英題)

【監督・脚本】
ヨン・サンホ

【キャスト】
ユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、ヤン・イクチュン、キム・ドユン、キム・シンロク、リュ・ギョンス、イ・レ

【作品概要】
「新感染」シリーズのヨン・サンホが手掛ける、世界に向け配信された全6話のホラードラマ。

彼はドラマ配信に併せ、1980年代の韓国民主化闘争を描いたグラフィック・ノベル『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』を描いたチェ・ギュソクと共作で、この作品の原作となるコミック『地獄』も発表しています。

主演の謎めいた人物に、ドラマ『トキメキ成均館スキャンダル』(2010~)や『チャン・オクチョン-張禧嬪-』(2013~)で人気を高め、映画『バーニング 劇場版』(2018)や『#生きている』(2020)に出演のユ・アイン。

彼を追う刑事役を『あゝ、荒野 完全版』(2017)のヤン・イクチュンが、その娘役を『新感染半島 ファイナル・ステージ』の演技が絶賛されたイ・レが演じました。

ドラマ『愛人がいます』(2015~)や『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』(2019~)のキム・ヒョンジュ、『それだけが、僕の世界』(2018)や『サバハ』(2019)、『スタートアップ!』(2019)のパク・ジョンミン、『英雄都市』(2019)のウォン・ジナらが共演しています。

ドラマ『地獄が呼んでいる』第1話のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

その日は、いつもと変わらぬ日でした。ソウル市内のカフェに、ネットに流れる動画を見つめる若者たちのグループがいました。

画面に映る男(ユ・アイン)が言いました。まず天使が現れ受取人の名を呼び、いつ地獄に行くのかを告げる。その時間になると、地獄から予言の実行者が現れる。

男は異国の地で人間を襲撃する怪物、予言の実行者を映した動画を紹介します。動画を見た若者の1人は、誰がこんな馬鹿げた話を信じるものかと笑います。

しかし信じる人の方が多い、彼のYouTube番組は人気だと主張する者もいます。真剣に信じる者も、CGで作ったフェイク動画で詐欺行為だと考える者もいました。

彼らの傍に1人の男がいました。彼はスマホに表示された時刻を見つめ怯えます。2022年11月10日1時20分、男が恐れた時刻が訪れます。

轟音が響き、振動が周囲を襲い街行く人々は動揺します。カフェのガラスを破り、スマホを見つめていた男の前に3匹の怪物、あの動画の予言の実行者が現れました。

怪物に襲われた男は街の中を逃げまどいます。しかし周囲の人々を突き飛ばし、車を破壊しながら男を追う予言の実行者たち。

ついに男を捕えた怪物は、人々が見守る中で彼を激しく痛めつけます。倒れた彼の体に予言の実行者たちが手をかざすと、その体は焼け焦げた骸骨に姿を変えました。

目的を果たしたのか、人々が見守る中を走り去り、やがて姿を消した怪物たち……。

刑事のギョンフン(ヤン・イクチュン)がソブク警察署に出勤すると、ミーティング室では11月10日にハプソン駅付近で発生した、あの奇妙な生物による殺人事件を説明していました。

死体は高温で一瞬の内に焼かれています。ギョンフンはネット上で、「地獄」「神」「死」といった言葉が検索上位になっていると確認します。

被害者はチュ・ミョンフンだと告げた後、怪物の凶行を捉えた映像が流されます。ネット上では「チョン・ジンス」と「新真理会」の言葉も数多く検索されていると気付くギョンフン。

2012年に設立された新真理会に話が移ろうとした時、ともかく世間が動揺し若者に妙な噂が広まっているので、早く犯人を捕まえろと叫んだ捜査班長。

変な記事が出ぬよう記者に注意しろと指示され、ギョンフンはウンピョと共に宗教団体の新真理会を調べろと命じられます。現場近くで彼らの集会があり、事件との関連が疑われました。

遅刻してマイペースに振る舞うギョンフンに、班長は現場に行くのがきついなら話せと言いますが、それを否定するギョンフン。

新真理会はチョン・ジンスが設立した宗教団体です。信者数は不明で、”矢じり”と呼ばれる信徒たちで構成された団体です。ギョンフンとウンピョは車で新真理会の集会に向かいます。

“矢じり”はネット上に前科者の身元を流すなど、軽犯罪に関与していました。彼らは天使が現れ、地獄に行く日を教えると信じているとギョンフンに語るウンピョ。

天使は不特定の人物に死ぬ日時を予言し、その時が来ると地獄の使者が現れ天罰を下して去る、これはある種の警告だとウンピョは説明しました。

稚拙な教義だが、ネットに流れた動画は若者に大きな影響を与えていると語るウンピョ。そして彼は、教義が本当なら良いとつぶやきます。

殺しても足りぬ殺人犯を逮捕しても、裁判所は理由をつけて釈放する、と語ったウンピョはギョンフンの表情に気付いて謝りました。

ギョンフンは、犯罪者は被害者の善悪や殺害の目的に関わらず逮捕しろと言います。それが仕事、それだけを考えろと強調するギョンフン。

2人はまず殺害現場に向かいます。そこには壊された車が並んでいましたが、犯人につながる証拠はありません。

ギョンフンとウンピョは新真理会の集会に向かいます。そこではチョン・ジンス、あの動画で語っていた男がマイクを握っています。

ジンスは集まった人々に動画を見せ、この男は5時間後に死ぬと予言され、その時刻に地獄の使者に殺されたと語ります。その後男の家から、未解決事件の犠牲者3名の遺体が見つかった、と語るジンス。

7年前は日本で、6年前はニカラグアで、動画で見た方法で犯罪者が殺されたと説明するジンス。なぜ人は犯罪行為をするのか、と集まった人々に問いかけます。

人権を重んじる者は、子供の頃の影響、社会構造の問題、心の弱さや酒や薬物への依存だと説明する。しかし罪とは、人間が犯す事を選んだ結果だとジンスは聴衆に語りました。

その事実を否定し、人々は恥や罪の意識、さんげや償いの心を忘れたと説くジンス。ついに神は直接的な方法で、人々に地獄を見せたと説明します。

神の意図は、正義感を持って生きろ。集まった人々に語りかけるジンスの言葉を聞くギョンフン。

集会が終わると信者から議長と呼ばれるジンスに、ギョンフンとウンピョは声をかけます。近くで起きた例の殺人事件について聞きたいというウンピョに、ジンスは”試演”のことか、とつぶやきます。

神の行いを警察は捜査するのか、と笑い出すジンス。その時ギョンフンは会場を片付ける者の中に、娘のヒジョン(イ・レ)の姿を見つけました。

塾にいるはずのヒジョンがなぜここにいるとギョンフンは怒ります。父に反発し、議長に挨拶して帰って行くヒジョン。

未成年を働かすのかと抗議するギョンフンに、ヒジョンとはボランティアで会った、父親が反対するなら以降は彼女は来させない、とジンスは答えました。

電車に乗るジンスに同行して話を聞く2人の刑事。ジンスは刑事たちに、自分をインチキ宗教の教祖と思ってますね、と問いかけます。

それを否定すると、神の御業は人に理解できぬと語るジンス。彼は幼い頃はカトリックの養護施設で育っていました。

電車内には新真理会の信者や、動画のジンスに憧れる若者たちがいました。物心ついてから常に死にたかった、生きることに関心がなかったと語るジンス。

20歳になり施設から出ると、死ぬ姿を他人に見せたくないと考えチベットに行った、そこなら遺体は鳥が(鳥葬で)始末すると彼は話します。

チベットの山に登った彼は、人を始末する予言の実行者の姿を目撃します。その時が自分の人生に意味が与えられた瞬間だ、とジンスは語りました。

それから神の痕跡をたどり、世界を10年放浪したと話すジンス。その結果神の意図を理解し、自分が何をすべきか気付いたと告白します。

新真理会は”矢じり”と関係が深いと指摘されている、と告げたウンピョ刑事に、それは自分も残念に思うと答えたジンス。

自分たちの教えを急進的に受け取った者がいる、と彼は語ります。自分たちの目的は正義感を持てと告げる、神の意図を正しく伝えることだとジンスは説明しました。

それを聞き思わず笑い出すギョンフン。天罰を恐れ正しく生きる、それが正義かと問う彼に、ジンスは恐怖以外に人を正す方法があるのでしょうか、と逆に問いかけます。

神は人間の自律を信じないのか、と尋ねたギョンフンに娘さんに聞きましたが、あなたは奥さんを殺害されましたね、と話すジンス。

その辛さは想像もできない。犯人は今どうしていると思います、出所して社会復帰したのでは、とジンスは言葉を続けます。自律した人間の作った法が、本当の正義だと思いますかとジンスは問いました。果たして犯人は、本当に悔い改めているのかと。

そこにジンスにインタビューを求める者が現れます。彼は刑事に電話番号を伝えると、質問があれば連絡するよう言って去りました。

2人の刑事はジンスを見送ります。ギョンフンは会話を交わした相手を、新興宗教のインチキ教祖に過ぎないと考えていました。

以下、ドラマ『地獄が呼んでいる』第1話のネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『地獄が呼んでいる』第1話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

ギョンフン刑事が帰宅すると娘のヒジョンは眠っていました。目覚めたヒジョンは父に新真理会を信仰していない、何度か講義を聞いただけと説明します。学校にも通っている、心配するなと言う娘に、何も語れないギョンフン。

彼がネットでチョン・ジンスを調べると、まず人命救助の善行を伝えるニュースが現れます。そして新真理会が勢力を増しているとの報道もありました。

被害者を代表し、弁護士のミン・ヘジン(キム・ヒョンジュ)が活動しているとの報道もあります。”矢じり”と新真理会の関係を追求するミン。

妻の殺害事件を指摘したジンスの言葉を思い出すギョンフン。あの日の記憶が甦ります。

薬物を使用していた犯人には、懲役10年の判決が下ります。薬物の影響を理由に減刑され、耐えられぬ思いを抱いた当時のギョンフン。

それでも彼は、娘ヒジョンのために生きるよう説得されました。そして犯人は6年で出所、その事実をギョンフンは噛みしめていました。

同じ頃、仕事を終え帰宅したパク・ジョンジャ(キム・シンロク)。誕生日を迎えた母親を祝おうと、幼い兄妹の子供たちが出迎えます。

その時、親子の前に巨大な顔が現れました。それはジョンジャに5日後の午後3時に死に、お前は地獄に行くと告げます。彼女の息子は一部始終をスマホで撮影していました。

ネット上では怪しい扮装の男が、ついにソウルで地獄が”試演”されたと叫んでいました。神の意図に目もくれぬ人間に、ついに神が”試演”を見せつけたと絶叫する男。

警察は殺人の捜査ではなく、”試演”されたチュ・ミョンフンの罪を暴くべきだ、ソウルで”試演”が行われた理由は、我々”矢じり”がいるからだと男は叫びます。

男は小説家のキム・グァンジンの話を聞こうと言います。紹介された動画でキム・グァンジンは、公権力への不審が募った社会では、復讐への欲求が高まると語りました。

不思議な出来事に意味を与え、正義と称し人々が賛同する。これはまるで中世社会の残酷な暴力だと話すグァンジン。

グァンジンの言葉を否定し、考えることを止め神の示す意図に從えと叫ぶ男。しかし神は、我々が大人しくしている事は望まないと主張します。

神が方向を示せば我々は従うべきだ。それが神が人に与えた自律だ。今こそ”矢じり”の皆が活躍すべき時だと扇動する怪しい姿の男。

画面には人間の価値が全てと語ったグァンジンは、神の意図を否定した者だと詰る若い男女が暴行する動画が流されます。彼らは”矢じり”の仲間でしょうか。

神に從わぬ者に私刑を加える動画が終わると、怪しい男はミョンフンの罪を暴けと主張し、最後に”矢じり”と何度も叫ぶと動画は終わりました。

翌朝、警察に出勤したギョンフンの前に、記者のチョンが現れます。チョン記者は死んだチュ・ミョンフンに前科は無かったか訊ねます。

人々はミョンフンが何の罪で神に裁かれたのか関心を持っていました。何も答えず警察署に入ったギョンフン。

昨晩の動画は生放送で、それを見た視聴者からミョンフンの捜査をしろとの電話が警察に多数かかっていました。ネットには彼の個人情報も流されていました。

逮捕した”矢じり”のメンバーは黙秘しています。暴行された作家キム・グァンジンは救出され、弁護士のミン・ヘジンと共に警察署にいるとギョンフンは気付きます。

“矢じり”のメンバーに反省の色はありません。未成年の彼らは触法少年(韓国では刑事事件を犯した際、10歳以上14歳未満だった者を指す。刑事責任能力を問われず保護処分で済まさせる事が多い)ではない、と指摘されても動じません。

彼らは新真理会の出した”神の意図”を読んで、それに従い行動していました。法を無視し神の意図に從う彼らの姿勢に、ウンピョ刑事は唖然とします。

暴行を受けたグァンジンに事情聴取するギョンフンに、ミン弁護士は犯行は単なる10代の事件で済ませられない、と訴えます。”矢じり”はきっかけがあれば暴走する、と危険性を語るヘジン。

訴えはギョンフンも理解していました。グァンジンはチュ・ミョンフンを殺した怪物は、本当に神の使者だったのかと尋ねました。ギョンフンには答えられません。

ウンピョは若い”矢じり”のメンバーは世界は終わった、終わったのではなく完璧になると信じている、とギョンフンに伝えます。

新真理会を手伝い、チョン・ジンスの傍で笑顔でいる娘ヒジョンが理解できないとこぼすギョンフン。

ミンが所属する弁護士事務所に向かう階段には、”矢じり”が書いた嫌がらせの落書きが無数にあります。事務所に入ったミンは、面会を求める者がいると告げられます。

相手はパク・ジョンジャでした。自分は地獄に行くことになった、と語るジョンジャ。ミンに彼女の息子が撮った、地獄に行く時刻を告げられた動画が見せられます。

これは告知だ、と新真理会に言われたとジョンジャは訴えます。彼女は新真理会を訪れ、撮影した動画をチョン・ジンス議長に見せていました。

彼らは私が地獄に行く瞬間を、生放送で中継したいと申し出たと語るジョンジャ。涙ぐむ彼女を前に、言葉を失ったミン・ヘジン弁護士…。

スポンサーリンク

ドラマ『地獄が呼んでいる』第1話の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

「新感染」シリーズのヨン・サンホが手掛けた新作ホラーとして、世界が注目するドラマ『地獄が呼んでいる』。

神の意図で人の死が予言され、その執行に怪物が現れる。怪物は白昼堂々と罪人を襲い、衆人が見守る中で殺害し地獄に送る…。

情け無用の実力行使を伴う『デスノート』(2006)状態の物語です。しかもこれは人でなく神の意志で行われる…という設定にド肝を抜かれました。

この背景に怪しげな新興宗教団体がいます。団体のリーダーは本当に神の意図の伝道者なのか?その意図を曲解し、過激な行動に走る団体とは如何なる関係か。

異常な事態に翻弄される警察や法律関係者。人の世の秩序と、神の定める秩序が対決する、骨太な設定で描かれたドラマです。

同時に本作は人が人を裁くとはどういう事か、人が人を許すのはどういう事かを問うものです。最終話までに視聴者は、さまざまな問いを投げかけられるでしょう。

実に重厚なドラマですが、物語は様々な謎を秘めたミステリーとして、展開を期待させてくれます。社会派ホラー風味のエンターテインメントとして楽しんで下さい。

ホラーという手法で現代社会の様々な側面を描く、ヨン・サンホならでは作品が世界に向け配信されました。

ホラーとは社会の闇に迫る手段

参考映像:『地獄 二つの生』(2006)Part 1/4

アニメーションの監督としてキャリアをスタートさせたヨン・サンホ監督。このドラマは彼が初期に手掛けた短編アニメーション映画『地獄』(2003)とそれを発展させた『地獄 二つの生』(2006)が基になっています。

この短編アニメには登場人物の死を告げる天使、そして死の運命と地獄の責め苦を履行する、黒い影のような人物が登場します。アニメ版の予言の実行者の方が、やることが残酷です…。

カンヌ国際映画祭に出品された長編アニメ映画『豚の王』(2011)で、スクールカーストや暴力の連鎖を描いたヨン・サンホ。そして『我は神なり』(2013)は、人を惑わす新興宗教を題材にした作品でした。

実は実写映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』よりも前に製作が始まっていた、アニメ映画の『ソウル・ステーション パンデミック』。

この作品はゾンビ映画ですが同時に格差社会を風刺しており、エンタメ性の高い『新感染 ファイナル・エクスプレス』に比べ絶望的な内容に、ショックを受けた方も多いはずです。

ソウル・ステーション パンデミック』製作中に実写映画化を持ちかけられ、そして誕生した『新感染 ファイナル・エクスプレス』はアクション映画としても優れた作品です。

その内容は犠牲者が続出し、誰が敵か疑心暗鬼となり、生存者を見捨てソウルから釜山に突っ走ります(原題「부산행」は「釜山行」)。まるで朝鮮戦争初期の退却行を思わせる内容です。

韓国でゾンビ映画は当たらない、との常識を破る大ヒットを遂げた『新感染 ファイナル・エクスプレス』。続編の『新感染半島 ファイナル・ステージ』はゾンビが溢れる終末世界で横暴に振る舞う軍人を描く、ジョージ・A・ロメロの『死霊のえじき』(1985)のような作品です。

ゾンビ映画の作り手は皆がロメロに借りがあると語り、ジョージ・A・ロメロに敬意を表したヨン・サンホ。彼がロメロに倣ったのはゾンビではなく、ホラーを通じ社会問題を描く姿勢かもしれません。

ヨン・サンホ監督が手掛けた作品はこれ以外にも存在します。しかし紹介した作品を並べると、『地獄が呼んでいる』は彼の集大成と呼べる作品だと理解できるでしょう。

ヨン・サンホが描いた「罪と罰」


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

誠実そうにも、怪しげにも見える新興宗教の教祖(議長)ジンス、妻を殺した犯人への怒りから逃れられぬ刑事ギョンフン、ジンスの言葉に魅せられてゆくギョンフンの娘ヒジョン。

白昼起きた超自然現象を前に、彼らの心は大きく揺らぎます。何が真実でどう進むのか予断を許さぬ第1話の展開に、エンターティナーのヨン・サンホの実力が大いに発揮されました。

劇中には若者は何でも動画で学ぶとのセリフが登場します。ネット上にある動画こそもっとも影響力を持つ、現代社会を風刺したセリフです。

そして彼らをネットで扇動する”骸骨野郎”(英語表記はSkull Mask)、ネットが生む暴走を具現化したかのような恐るべき存在です。

動物の頭蓋骨を被り、自らを蛍光色で彩り、激しい口調でまくしたてる危険なカリスマ扇動者。この強烈なキャラクターに圧倒させられました。

原音の韓国語版は圧巻ですが日本語吹き替えも負けてません。このシーンは要注目、セリフを完コピできる人を尊敬されるはず、誰かぜひ挑戦して下さい。

さて、このドラマは罪と罰、そして許しが大きなテーマになるようです。日本は犯罪者の更生より、処罰を求める感情が強いと言われますが、韓国も同様の傾向があるようです。

特に近年韓国での大きな問題が未成年犯罪に対する対応。基本的に韓国は更生を目的に未成年者は手厚く保護し、罪を軽減する方向で法制度が定められました。

制度を悪用するものは必ず現れ、それに多くの方が憤ります。2018年から2020年にかけて韓国で起きた、ネットを利用した大規模なデジタル性犯罪が発覚すると社会問題化します。

この犯行を行った運営グループに、12歳の少年がいたのです。法律上は触法少年の扱いで、刑事責任能力を問われず保護処分となる可能性が高く、そうなると前科歴もつきません。

事件の重大性と比較して余りに軽い処罰に、多くの人が非難の声をあげました。他にも同様の世間を騒がす未成年が関与した事件があり、この抗議の声を背景に韓国の少年法や触法少年の扱いは変化するかもしれません。

韓国を揺るがすこの話題が、本作に取り入れられたと多くの方が気付くでしょう。若者たちの暴走やデジタル媒体を駆使する未熟な青少年が、大人たちに困惑と恐怖を与えています。

彼らは幼さゆえに道を誤り、悪い方向に進むよう誘導された被害者かもしれません。ギョンフン刑事が娘の身を心配するのも当然でしょう。

一方凶悪な未成年犯罪者への処罰感情の高まりは、犯罪者の個人情報がネットに晒されるなど、過激な行動も生み出します。韓国にも他の国と同様の殺伐とした状況が生まれています。

社会の抱える問題を脚本に組み込むヨン・サンホ。彼の姿勢に揺るぎは見えません。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

ヨン・サンホ監督が手掛けたドラマ『地獄が呼んでいる』は、間違いなく彼の集大成と呼べる作品であり、ファンは絶対に見逃せないでしょう。

この作品は我々に身近に感じられる作品ですが、ドラマに登場する神と人間の関係性は、キリスト教の価値観をベースに描かれています。

実はキリスト教徒が多い韓国。この土壌が欧米の人々に受け入れられる物語を生むのかもしれません。それと同時にドラマには、たびたび自律という言葉が登場します。

自律とは、ドイツの哲学者カントの考えの根底にあるものです。人間は自ら普遍的な道徳を築き、それに従って自分の意志を規定し、行動すべきという考えです。

対極的な考えが他律。他人の支配や法や権威、道徳的意志以外の自然的欲望など、自分の意志以外のものに服従することを差します。ドラマではジンスの新真理会が説く、神の意図がそれでしょう。

キリスト教価値観を越えるために、ヨーロッパで生まれた自律という考え。神と人との対立を欧米人に理解しやすい設定で描いてみせる。この姿勢があるからヨン・サンホの作品は、広く世界で受けられると考えられます。

ところで本作の英題の、『Hellbound』と言えば『ヘルレイザー2』(1988)の原題。天使に予言され、予言の実行者に地獄に送られたら、魔導士にトンデモない目(人によっては気持ちイイかも…)に遭わされるのは確実しょう。

そして『チャック・ノリス in ヘルバウンド 地獄のヒーロー5』(1994)の原題も『Hellbound』。この恐ろしい事態を第6話まで待たずに、1話で解決してくれるのはチャック・ノリスだけ!…と思うのは私だけでしょうか。

Netflixオリジナルドラマ『地獄がよんでいる』は2021年11月19日(金)より配信開始

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら





増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

リティ・パン映画『照射(Irradiated)』内容解説と考察。監督はドキュメンタリーとして「人類史上の三大悲劇」より“人間の罪”を問う|2020広島国際映画祭リポート2

広島国際映画祭2020 「ヒロシマEYE」招待作品『照射(lrradiated)』 ナチスのユダヤ人大虐殺、カンボジアのポル・ポト政権下の虐殺、広島・長崎の原爆投下という「人類史上の三大悲劇」を、独自 …

連載コラム

映画『mellow』あらすじ感想と考察。今泉力哉監督が描いた“告白”の真相|映画道シカミミ見聞録45

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第45回 こんにちは、森田です。 今回は1月17日より全国公開された映画『mellow』を紹介いたします。 さまざまな「告白の瞬間」が切りとられた本作をとおして、人は …

連載コラム

映画『モーターギャング』あらすじネタバレと感想。アウトロー・バイカーの極道ムービーの系譜|未体験ゾーンの映画たち2019見破録44

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第44回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はバイクを操る、危険な男たちを描いた映画が登 …

連載コラム

映画『アイネクライネナハトムジーク』感想とレビュー評価。今泉力哉が魅せる運命という“行為”と人生の肯定|シニンは映画に生かされて18

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第18回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第18回にてご紹介させていただく作品は、人気ベストセ …

連載コラム

映画『キュクロプス』あらすじと感想。画家ルドンの描いた単眼の巨人が復讐鬼と化す理由|シニンは映画に生かされて5

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第5回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第5回でご紹介する作品は、妻とその愛人を殺した罪で投獄 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学