Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/09/14
Update

映画『クライマーズ』感想と考察評価。チョモランマに挑む中国登山隊の実話を描くアクションアドベンチャー|すべての映画はアクションから始まる21

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第21回

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第21回は、2020年9月25日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーの『クライマーズ』

中国の登山隊がチョモランマ(エベレスト)登頂に挑んだ実話を、アジアを代表するキャスト総出演で描く山岳アクションアドベンチャーです。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『クライマーズ』の作品情報


(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(中国映画)

【原題】
攀登者(英題:The Climbers)

【監督・共同脚本】
ダニエル・リー

【製作】
ツイ・ハーク、スザンナ・ツァン

【脚本】
ア・ライ

【キャスト】
ウー・ジン、チャン・ツィイー、チャン・イー、ジン・ボーラン、フー・ゴー、ワン・ジンチュン、ホー・リン、チェン・ロン、リュウ・ギョウフェン、チュイニーツーレン 、ロブ・ラヴァン、トプギェル、ジャッキー・チェン

【作品概要】
1960年と75年の二度にわたり、中国の登山隊がチョモランマ登頂に挑む姿を描いた山岳アドベンチャー大作。撮影を実際にチョモランマの高地で敢行し、迫力あるVFXを効果的に使用したことで、驚異の映像表現が展開されます。

監督に『三国志』(2008)や『ドラゴン・ブレイド』(2014)のダニエル・リー、プロデューサーを「男たちの挽歌」シリーズ(1986~89)や、ハリウッド映画『ダブルチーム』(1997)などのヒット&話題作を手がけたツイ・ハークという強力布陣が揃いました。

キャストには、アジア歴代興行収入1位の記録を持つ『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(2017)のウー・ジン、『初恋のきた道』(1999)の チャン・ツィイー、『モンスター・ハント』(2017)のジン・ボーランといった面々が集結。さらに、ジャッキー・チェンが友情出演で参加しているのも話題です。

映画『クライマーズ』のあらすじ


(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

1960年、ファン・ウージョウ率いるたった3人の中国登山隊は、無謀ともいわれた北稜からのチョモランマ登頂に世界で初めて成功します。

しかし、途中でメンバーのソンリンが雪崩による滑落のため、ファンはカメラよりソンリンの命を救うことを選択。

登頂成功の瞬間を写真という証拠に残せなかったため、彼らの偉業は国際的に認められることはなかったのです。

それから15年後、ボイラー室で働いていたファンに中国がチョモランマに再挑戦するという朗報が入ります。

過去の経験を買われ隊長となったファンは、元婚約者の気象学者インやソンリンと共に第二次登山隊を結成。

カメラマンのリー・グオリャン、測量士のヤン・グアンなどの新しいメンバーと共に、彼らは国の名誉をかけたチョモランマ登頂に再び挑みます…。

スポンサーリンク

国の名誉をかけて世界最高峰に挑んだ英雄たち

(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

本作『クライマーズ』は、中国の登山隊が初めてチョモランマ登頂に成功した1960年と、その事実が西欧諸国に認められずに、75年に二度目の登頂に成功したという実話を映画化したものです。

中国は世界で最も多くの高峰を持つ国だけあって、登山への関心も高く、なかでも世界最高峰チョモランマの登頂は偉業として称えられています。

今年5月にもチョモランマの標高を再測量すべく、中国自然資源省の登山隊が再登頂すれば、60年の初登頂から60周年を迎えるのを記念した切手も発行されたほど。


(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

「大地・世界の母神」という意味を持つチョモランマ登頂の偉業を再現するにあたり、撮影も実際のチョモランマで行われましたが、当然ながら撮影は苦難を強いられました。

一年中雪が降り積もる極寒と高度の環境に、多くのキャストやスタッフが次々と高山病や低酸素症に悩まされ、登山隊隊長のファン・ウージョウを演じたウー・ジンも、撮影前に雪山での登山訓練を受けたにもかかわらず、凍傷で体調を崩しています。

また、リアルさを追求すべく、60~70度という急こう配の登山シーンもスタントを使わずキャスト本人がこなしたため、合計17kgにも及ぶ登山用具を自ら携行しなければならないという過酷な状況で撮影に臨みました。

さらには、寒さによる機材トラブルで現場が何度もストップするなど、不測の事態に見舞われたとか。

それでも、本作の大きなテーマである「チームワーク」を体現するかのように、一行は力を合わせて作品完成にこぎ着けたのです。

登山とワイヤーアクションの奇跡の融合


(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

山岳を舞台とした映画といえば、クリント・イーストウッドの『アイガー・サンクション』(1975)や、シルベスター・スタローンの『クリフハンガー』(1993)などがありますが、いずれも雄大かつ険しい雪山で繰り広げられるアクションシーンが印象的でした。

本作では、それらをはるかに凌ぐアクションが盛りだくさんとなっています。

まるで少林寺映画の修行僧のように登山前の訓練に励む第二次登山隊は、想像を絶する自然の脅威に、チームワークを駆使して山頂を目指します。

そして、中国アクション映画で欠かせないのがアクロバティックなワイヤーアクションですが、本作でもしっかり活かされています。

「山を登る」のにワイヤーアクションは必要?と思う方もいるかもしれませんが、実にツボを押さえた活用法をしているのが、流石と言わざるを得ません。

スポンサーリンク

豪華キャストによる愛と友情の物語

(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

キャストも、「ウルフ・オブ・ウォー」(2015~17)シリーズで人気を不動のものとしたウー・ジンを筆頭に、ハリウッド映画でも活躍する女優チャン・ツィイー、『最愛の子』(2016)の演技が高く評価されたチャン・イーといった実力派が集結。

また、ジン・ボーラン、フー・ゴーにチュイニーツーレンといった華やかな美男美女キャストにも注目です。

そしてゲスト出演に、あのジャッキー・チェンも参加しているのも見逃せません。

アジアを代表するキャストたちによる愛と友情の山岳エンターテインメント、必見です!

(C)2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

次回の連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ウルトラマンタイガ』感想と内容解説。タロウの実の息子という設定で令和最初のウルトラシリーズ|邦画特撮大全53

連載コラム「邦画特撮大全」第53章 2019年7月6日から放送開始されたウルトラマンシリーズの最新作『ウルトラマンタイガ』。 令和最初のウルトラマンであるウルトラマンタイガは、人気ヒーロー・ウルトラマ …

連載コラム

『マチネの終わりに』映画と原作の違いをネタバレ考察。4つのキーポイントを徹底解説|永遠の未完成これ完成である1

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第1回 こんにちは、もりのちこです。 小説や漫画を原作にした映画化の魅力は、「一粒で2度美味しい」。異なる表現である文字と映像をストーリーを通して、「一石二鳥」 …

連載コラム

『Cosmetic DNA』USJの美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦5】

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』 第5回「USJの『美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル4-D』」 2021年7月10日、お疲れ様です。今秋劇場公開予定の映画『Cosmeti …

連載コラム

ドラマ『西遊記1978』解説と考察。キャスト堺正章&夏目雅子の評価や作品変遷の紹介も|邦画特撮大全19

連載コラム「邦画特撮大全」第19章 今回取り上げる作品は今年放送から40周年をむかえるテレビドラマ『西遊記』(1978)。 NHK大河ドラマの裏番組でありながら、高視聴率を記録した作品です。翌年197 …

連載コラム

シンエヴァ特典薄い本|内容ネタバレ感想考察。マリの歌“若者たち” ×中身のイラスト×人の造りし流星の意味【終わりとシンの狭間で15】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第15回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学