Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『修道士は沈黙する』あらすじとキャスト。予告ビジュアル解禁!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『修道士は沈黙する』は、2018年3月17日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー公開です。

各国の一流俳優が豪華共演し、イタリアの鬼才ロベルト・アンドーが作り上げたスタイリッシュな異色ミステリーの予告編とビジュアルが公開されました。


©2015 BiBi Film-Barbary Films

スポンサーリンク

1.映画『修道士は沈黙する』とは


©2015 BiBi Film-Barbary Films

2013年の映画『ローマに消えた男』で、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ作品賞と主演男優賞のほか、数多くの国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督

彼の最新作『Le confessioni(原題)』が、邦題『修道士は沈黙する』として公開されることになりました。

この作品は美しきドイツの高級なリゾートホテルで繰り広げられる、知的でスタイリッシュな社会派ミステリーです。

イタリアの政界を背景にした風刺劇『ローマに消えた男』で、権力の寓話を軽やかなユーモアを交えて描いたロベルト・アンドー監督ですが、本作『修道士は沈黙する』のテーマに選んだのは、“物質主義vs精神主義”の構図です。

2.映画『修道士は沈黙する』のキャストは


©2015 BiBi Film-Barbary Films

イタリア人修道士ロベルト・サルスを演じたのは、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロ。

アンドー監督とは『ローマに消えた男』以来、2度目のタッグを組んでいます。

キーパーソンとなる議会の重要人物のダニエル・ロシェには、、1996年のジャコ・ヴァン・ドルマル監督作品『八日目』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニエル・オートュイユ

ゲストとして招かれた絵本作家のクレール・セスは、デンマーク出身でDC映画『ワンダーウーマン』の主人公ダイアナの母役を毅然たる生き様が記憶に新しいコニー・ニールセン

彼ら国際的に活躍する一流の俳優たちの豪華共演によって、本作『修道士は沈黙する』は作られたのです。

キャストの演技によるコラボレーションは、まさにロベルト監督の考えた原案を、自身によってより錬られた脚本を基に、豪華な俳優による共演という言葉にふさわしいものです。

スポンサーリンク

3.スタイリッシュな予告編とポスタービジュアル解禁!

映画『修道士は沈黙する』予告編

公開された予告編では、清貧に生きるイタリア人修道士サルスが世界経済を取り仕切る各国の大臣たちの集まりに招かれ、そこで起きた思わぬ事件に次第に巻き込まれていく様子が描かれています。

舞台はバルト海に面したリゾート地の高級なホテルで開催される先進国首脳会議(G8)。

議会に参加する予定の8か国の大臣のほかに、ロックスターや絵本作家、そして修道士という異色の3人はゲストとして、天才的エコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事の誕生日を祝う夕食会に招かれます。

豪華な会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられるがその翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見されます…。

なんと、容疑者として真っ先に浮上したサルスは戒律に従って沈黙を続けます。

ロシュは自死なのか、それとも他殺か…?そして、サルスがロシェから聞いたものはいったい何か…?

オペラの舞台演出も手掛けるロベルト・アンドー監督ならではの演出は、クラシックやポップスの音楽が織り交ざりながら、権力への異議が横溢しつつも、作品の世界観は品格の高い静寂なシリアスに仕上げられたサスペンス作品となっています。

まとめ


©2015 BiBi Film-Barbary Films

ロベルト・アンドー監督自ら原案と脚本に挑み、“物質主義vs精神主義”に一石を静かに投じた波紋はいかなるものなのか。

キャスト陣はトニ・セルヴィッロ、ダニエル・オートゥイユ、コニー・ニールセン、モーリッツ・ブライプトロイ、マリ=ジョゼ・クローズほか。

イタリアとフランスによる合作の本作『修道士は沈黙する(原題:Le confessioni)』2018年3月17日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー

字幕はご存知、寺尾次郎。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『パルプフィクション』ネタバレ感想。タランティーノ映画の意味不明な内容を解説

世の中はパルプ・フィクション(=くだらない話)だらけ⁈ 必然なのか?偶然なのか?全く別々の物語が、あるタイミングで交わる時、ある者には幸運を、ある者には不運を、ある者には死を与えます。 だから人生は面 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スパゲティコード・ラブ』ネタバレあらすじ感想。結末ラストの評価解説。13人の登場人物の中に“アナタ”の心情に重なるキャラがいるはず!

「イタイね」「ヤバっ」「分かんない」「何のために生きてんの?」 「どこへ行けばいいの?」みな、迷子。 数々のトップアーティストのMVや、ブランド広告を手がけてきた映像クリエイターの丸山建志監督による初 …

ヒューマンドラマ映画

『ミークス・カットオフ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。西部開拓時に実在したスティーブン・ミークと“真のリーダーという問い”

西部開拓時代の移民が過酷な旅から抱く疑心を描いた作品 今回ご紹介する映画は、“現代アメリカ映画の最重要作家”と評されている、ケリー・ライカート監督の『ミークス・カットオフ』です。 ケリー・ライカート監 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの徳川翔役は瀬戸利樹。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

映画ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ|あらすじと感想。

家具デザイナーとしても活躍した建築家アイリーン・グレイの波乱万丈の生涯と、設計を手がけた建築群が世界文化遺産登録された近代建築の巨匠ル・コルビュジエとの確執を描いた映画『ル・コルビュジエとアイリーン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学