Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/09/22
Update

韓国映画『ファイティン!』あらすじと感想。マ・ドンソク代表作と豪腕の魅力とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ファイティン!』は10月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開!

韓国のみならず世界的な話題となったゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で一躍注目されたマ・ドンソクの主演作品。

肉体派俳優の先駆けであったシルベスター・スタローン主演の『オーバー・ザ・トップ』以来、本格的アームレスリング映画の主演マーク役を演じ、老若男女、大人から子どもまで、誰もが「頑張れ!」と声を掛けたくなる感動の腕相撲アクション映画です。

スポンサーリンク

映画『ファイティン!』の作品情報


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
Champion

【脚本・監督】
キム・ヨンワン

【キャスト】
マ・ドンソク、クォン・ユル、ハン・イェリ、チェ・スンフン、オク・イェリン、カン・シニョ、ヤン・ヒョンミン、イ・ギュホ

【作品概要】
『新感染ファイナル・エクスプレス』で人気に火がつき、『犯罪都市』で主演を務めたマ・ドンソクが再び主演を演じたアームレスリングの世界を舞台にハートフルな感動ヒューマンドラマ。

共演は『バトル・オーシャン 海上決戦』のクォン・ユル、『海にかかる霧』のハン・イェリ。演出はWebドラマ『私たち別れました』のキム・ヨンワン監督。

映画『ファイティン!』のあらすじ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

アメリカ・ロサンゼルス。子どもの頃に韓国から養子に出されたマークは、アームレスリングの世界で頂点を目指したが、アジア人への偏見を持たれ八百長疑惑をかけられてしまいます。

その結果、アームレスリング協会を除名され、何もかも諦めたマークの今の職業はクラブの警備係でした。

そんなマークの前に現れたのはスポーツエージェントを名乗るパク・ジンギ。

馴れなれしくマークを「兄貴!」と呼ぶジンギは、何とかマークに誘いを承諾させることに成功すると、韓国で行われる大会に招待します。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

養子に出されて以来、ふたたび韓国にやって来たマークは、ジンギから教えられた実母が住む家の住所に向かいました。

しかし、どのような顔で母親に合えば良いのか分からないマークは、勇気を出すことも出来ずにやむなく立ち去ります。

その様子を部屋の中から見ていたのは、ジュニョンとジュニという2人の子どもとその母親スジンでした。

一方のジンギはサラ金業を営むユ・チャンス社長に近づき、アームレスリングを利用したスポーツ賭の話を持ちかけ、マークを利用した儲け話を勧めます。

その話にうまみを感じたチャンス社長は、マークに確実に八百長をさせる条件をジンギに約束させました。

ジンギは「できる」と答えた後、マークにはチャンス社長がアームレスリングのスポンサーになってくれたと説明して、うまく丸め込みました。

マークはふたたび実母の家に行き、家から出て来たスジンの後をつけると、南大門にある商業ビルのある一角に入って行くのを見かけます。

そこは安い衣服を販売するスジンが営む衣料店がありました。

一方でスジンもビルのなかでマークたちがどこかに向かうことに気がつきました。

スジンはチャンス社長の賭場で腕相撲に参加するマークの姿を見つけます。マークもまたスジンがいることに気がつきます。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ジンギはチャンス社長と八百長の契約をマークに告げ、1回目は勝って、2回目に負けるように話します。

しかし、それを無視してマークは相手を倒し、勝ってしまったことから、チャンス社長は大損して大金を失います。

怒ったチャンス社長は、マークとジンギをスジンの衣料品店前で見つけると、部下を使ってジンギを袋叩きにしようとしますが、逆にマークが大暴れしてジンギを助け出します。

状況が悪くなったチャンス社長は、その場を逃げ出してしまうと、現場に残されたマークとジンギは警察に捕まってしまいます。

マークは国籍の問題もあって大使館に通報されるところでしたが、そこにスジンが現れます。

スジンは大切に箱にしまってあった写真の束から、マークと実母が一緒に映った写真を刑事に見せました。

そして自分はマークの妹であるという事実を明かし、身元保証人だと話したことでマークは無事に釈放されます。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

マークはスジンと子どもたちと一緒に生活を始めます。初めはお互いにギコチない態度を取っていましたが、子どもたちと距離は次第に縮まり、すっかり仲良くなっていきます。

一方、ジンギは放送局に勤める大学の先輩に連絡を取り頼みごとをしました。

それはマークの売り出しのために、釜山で開催される賞金の出る腕相撲大会で韓国1位のコンボ選手と対戦させ、マークが勝利する姿を取材させるというものでした。

その姿がテレビ放送されると、マークは一躍注目の的となります。

そんななかスジンは、マークに自分と実母の本当の関係を話し、亡くなるまで母親はマークのことを気にかけていたことを伝えます。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

いよいよマークとジンギの再起をかけた腕相撲大会が始まり、真の韓国1位の勝者を決める時が来ました。

マークは予選から順調に試合に勝って行くが、さすがに手にシビレを感じはじめます。今大会には、あのチャンス社長が送り出した刑務所帰りの元腕相撲チャンピオンのパンチも勝ち続けてきました。

ジンギはチャンス社長から、ふたたびマークが負ける八百長話を持ちかけられ、ジンギの父親の借金の件からそれを受け入れてしまいます。

ジンギはマークに大金欲しさから試合で負けることを提案しますが、マークはこの大会こそ腕相撲しか残されていない自己存在とスジンの子どもたちに優勝を約束したことを理由に断ります。

お互いの気持ちがすれ違う2人。多くの注目がマークに集まるなか決勝ラウンドがはじまり…。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

スポンサーリンク

映画『ファイティン!』の感想と評価


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ついに俳優マ・ドンソクの代表作の呼び声も

本作品『ファイティン!』でマーク役を演じたマ・ドンソク。

ヨン・サンホ監督のゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で頼れる男サンファ役の勇姿にドンソクに心を奪われたファンも少なくないはず。

そんな彼が八百長疑惑をかけられアメリカのアームレスリング界を追われ、名誉や家族の全てを失い、腕相撲でしか自己証明ができない不器用な男を見事に演じています。

前作『犯罪都市』では警察と韓国ヤクザ、中国マフィアが繰り広げる三つどもえの抗争を解決する警察の強面刑事マ・ソクト役を演じていました。

ソクト刑事も裏社会との戦いに挑みながらどこか人情味のあるキャラクターの一面を少し見せていたが、本作『ファイティン!』は、真の意味で精神が強く、人情味溢れた人物像として描かれています。

また、ドンソクファンならお気付きだろうが、筋肉ムキムキでありながらどこか愛くるしい風貌の彼が、少年少女2人の子どもと絡む場面が多く、ドンソクらしい人柄を感じられるストーリーになっています。

マ・ドンソクのプロフィール

参考作品:『隣人-The Neighbors』(2012/未公開)

マ・ドンソクは1971年3月1日生まれ。1989年に家族とともにアメリカに移住し、後にアメリカ国籍を取得します。

ジョージア州のコロンバス州立大学で体育学を学んだ後、ボディビルダーやフィットネストレーナーとしての活動をスタートさせ、元UFC世界ヘビー級王者のマーク・コールマンなどのパーソナルトレーニングを担当していた経験もあります。

その後、韓国へ戻り2004年の『風の伝説』(未公開)でスクリーンデビューを果たすと、『隣人-The Neighbors』(2012/未公開)で第49回百想芸術大賞助演男優賞を受賞し、一躍人気俳優の仲間入りを果たします。

参考作品:新感染ファイナル・エクスプレス(2016)

主な出演作はキム・ジウン監督の『グッド・バッド・ウィアード』(2008)、『ミッドナイトFM』(2010)、『悪いやつら』(2012)、『群盗』(2014)、キム・ギドク監督の『殺されたミンジュ』(2014)、特に日本で知られている作品は『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と『犯罪都市』(2017)などがあり、韓国のみならず日本での人気も確実なものにしています。

アームレスリングに再起をかけたマーク役を演じたマ・ドンソクは、ファンに次のようなメッセージを贈ってくれました。

「10年間ずっと夢だったアームレスリングの映画に出られて夢が叶いました!『ファイティン!』は心が揺さぶられる、気持ちの温まるコメディで、本当の家族のドラマです。アームレスリングをテーマとしながら、楽しめる要素がたくさん詰まっています。」

ドンソクが述べるように、「心が揺さぶられる、気持ちの温まるコメディで、本当の家族のドラマ」この言葉に尽きる作品となっており、例えていうなら、マークは寅さんのようなキャラクターで孤独と愛嬌を持ち、かつての山田洋次監督作の馬鹿シリーズに近い物も感じます。

劇中で子どもから「パーボ(韓国語で馬鹿)」と筋肉ムキムキな体型のドンソクが言われると、ただただドンソクが愛おしく、まるでプーさんのように見えて仕方ありません。

とはいえ、単に人情劇である点のみを描いたものでなく、チャンス社長の手下と喧嘩になれば、前作『犯罪都市』とまでは行きませんが、ドンソクの華麗な掌底打ちも見ることができます

よく考えてみるとアームレスリング大会に勝ち進むなか手を痛めたのか、喧嘩の際に掌底打ちで手を痛めたのか、とにかくドンソクファンなら必見の作品です。

あらゆる者と手を組み結ぶことの意味


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作『ファイティン!』の演出を務めたキム・ヨワン監督はこれが長編デビュー作です。

ヨワン監督は映画ファンに次のように語っています。

「この映画は、マ・ドンソクがアームレスリングをしたら面白いだろう、というシンプルなアイデアからスタートしました」

確かにアイデアはシンプルに俳優ドンソクの魅力を引き出しており、物語をストレートに描いた演出もまた初々しく、しっかり観客にメッセージが伝わる作品になっています。

またヨワン監督はこのようにも述べています。

「脚本を執筆中に考えていたことは養子に出された人たちやシングルマザーのことです。社会からの厚い偏見に直面しなければならない人たちについてのストーリーを書くということはとても意義があるとことだと思っていました。」

韓国を描くうえで外せない要素でもある「格差社会の問題」は、これまでの韓国映画とは一味違い現実味を帯びたものになっています。

そのすべてがドンソク演じるマークの腕一本に掛かって勝利を目指すという、浪花節な感覚は観客の感情を揺さぶってくれることでしょう。

マークは対戦相手と手を組み腕相撲をします。時に好敵手のライバルとなったものとも手を組み戦うのです。

しかし、手を組むことはアームレスリングだけのことではありません。

お互いのどん底から再起するジンギとマークも手を取り合ってチャレンジして行きます。

妹だと名乗るスジンもマークの母親の代わりに手を取り感謝を告げます。

スジンの子どもたちジュニョンとジュニとは約束の手を取り合います。

これらのようにマークは不器用な男でありながら、多くの人たちと硬く手を握ることで、“信じ抜くという強さ”を手に入れていきます

それは敵であり、ライバルであり、仲間であり、出会った者であり、家族である者を“無条件に受け入れる”ことだと感じさせられます。

そのことが本作『ファイティン!』を見た観客が、思わず心のなかで「頑張れ!」と叫ぶ気持ちとシンクロしていきます。

まとめ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作品『ファイティン!』の主人公マーク役を演じたマ・ドクソンを相手に共演を果たしたのは女優ハン・イェリ。

マークの妹を名乗り、2人の子どもの母親スジン役を演じました。

彼女の出演作は『海にかかる霧』(2014)、『最悪の一日』(2016/未公開)、『人狼』(2018/未公開)などで知られています。

ハン・イェリは韓国女優のなかで知性的な演技派の女優で、映画『ファイティン!』のテーマについて次のように述べています。

「あるメッセージを伝える優しい作品です。そのメッセージとは、“他人に対しても愛情を育み、そうして家族の一人として受け入れていくことで、誰もが家族になることができる”というものです。」

あなたが映画ファンであれば、お気付きかもしれません。スジン役を演じたイェリの心のひだも読み取ってくださいね。

映画において家族とはいかなるものなのか、しっとりとあなたの心に温かなものが届くはずです。

もちろん、マークの母親が登場した場面では、格差社会の韓国という描写とよりも、“貧しいなかでも品のある韓国の姿(母親の愛)”を見つけることができるでしょう。

映画『ファイティン!』は10月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開!

ぜひ、劇場でご覧いただきたい、マ・ドンソクの代表作です。お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』感想評価と解説レビュー。アルマホドロフスキーが未来の⾳楽を作るミュージシャンを好演

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』が、2021年8月27日(金)より新宿シネマカリテ、渋⾕ホワイトシネクイントほかにて全国順次公開! 本作は、電⼦⾳楽の黎明期にその⾳⾊に魅了され、男性優位の音楽業界 …

ヒューマンドラマ映画

津田寛治映画『名前』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

“行き場のない二人は家族になった” 映画『名前』の原案は、直木賞作家の道尾秀介が書き、キャストは名バイプレイヤーとして人気の高い津田寛治と、若手女優の駒井蓮の共演で描いた人間ドラマ。 中村正男が経営し …

ヒューマンドラマ映画

ザ・ディフェンダーズ シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のレンタルと、『アントマン&ワスプ』(2018)の劇場公開が始まり、活気が収まることのないマーベルヒーローの世界。 実はNetflixで公開中のマ …

ヒューマンドラマ映画

映画『羊と鋼の森』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ピアノ調律士の成長を山崎賢人が好演】

映画『羊と鋼の森』は、2018年6月8日より東宝系にて公開。 『火花』『君の膵臓をたべたい』など、そうそうたる話題の小説を抑えて2016年本屋大賞を受賞した、宮下奈都の同名ベストセラー作品を映画化。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカの夢』あらすじと感想考察。横須賀綺譚との比較解説と大塚信一監督の“未公開作品の鍵となる3つのポイント”

インディーズ映画『アメリカの夢』は、名古屋シネマスコーレで限定上映。 大塚信一監督の初劇場公開作品『横須賀綺譚』と一緒にネット配信も決定!   尾関伸嗣が演じる主人公の駿一は、ボクサーと製麺所の仕事を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学