Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

平手友梨奈映画『響 HIBIKI』あらすじとキャスト。月川翔監督のプロフィール

  • Writer :
  • 富士野

『響 -HIBIKI-』は9月14日(金)より、全国ロードショー

2017年にマンガ大賞を受賞した柳本光晴の漫画「響~小説家になる方法~」がついに映画化!

主人公を演じるのは、大人気のアイドルグループ欅坂46不動のセンター、平手友梨奈。映画初出演にして主演の彼女が、圧倒的な才能を持つカリスマ女子高生という大役に挑みます!

スポンサーリンク

映画『響 -HIBIKI-』の作品情報

(C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

【公開】
2018年9月14日(日本映画)

【原作】
柳本光晴「響〜小説家になる方法〜」

【脚本】
西田征史

【監督】
月川翔

【キャスト】
平手友梨奈、柳楽優弥、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、小栗旬、北村有起哉、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生、吉田栄作

【作品概要】
2017年にマンガ大賞を受賞した柳本光晴の漫画「響~小説家になる方法~」を待望の映画化。

主演は昨年から注目されているアイドルグループ欅坂46のセンター、平手友梨奈。

その脇を北川景子、小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥など豪華俳優陣がかためます。

天才女子高生の小説家、響と、その周りで渦巻く人間ドラマを衝撃的に描きます。

月川翔監督のプロフィール

1982年生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科在学中に黒沢清・北野武教授のもとで『心』など4作品を監督。

東京学生映画祭でも準グランプリを獲得するなど、若いころからその実力を発揮していました。

そして2009年、ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリ、また映画『グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~』(12)では「Short Shorts Film Festival & Asia 2012」ミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞します。

参考映像:『グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~』

映画は『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16)・『君の膵臓をたべたい』(17)『となりの怪物くん』(18)・『センセイ君主』(18)、ドラマは『ダメな私に恋してください』(16)など、漫画原作の作品を多く手掛けています。

キットカットのCM、Every Little Thing、RADWIMPS、HKT48などのミュージックビデオ、ショートフィルムなども監督しており、実に幅広い映像ジャンルで活躍しているクリエイターです。

また、所属事務所のWEBサイトでは、「ストーリー性のある映像作品が得意です。15秒のCMから長編までの実績があります。事前によく相談し、オーダー以上のクオリティをいつも模索します。判断力と運の良さが取り柄です」とコメント。クリエイターとしての誠実な人柄がうかがえます。

スポンサーリンク

映画『響 -HIBIKI-』の主なキャスト

平手友梨奈のプロフィール

2001年生まれ。愛知県出身。アイドルグループ欅坂46のメンバーで、ファンからは「てち」の愛称で親しまれています。

普通の中学生と同じように部活動にいそしむ中学生活を送っていましたが、他のことに全力で挑戦してみたいと考えていました。そんな中学2年生の時に、同じ坂道グループの乃木坂46のファンだった兄から勧められ、欅坂46の1期生オーディションに応募します。

2015年に欅坂46の1期生オーディションに合格。オーディションではTHE ALFEEの「星空のディスタンス」を歌いました。合格後、上京。東京での寮生活が始まったのです。

2016年4月に欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」でCDデビュー。デビューシングルでいきなりセンターを務め、同曲のヒットと共にアイドルとして注目を集めます。

2016年7月、『徳山大五郎を誰が殺したか?』でテレビドラマに初出演。2016年12月、日刊スポーツ新聞社の「第3回月刊AKB48グループ新聞アワード2016」で坂道MIP(坂道 Most Impressive Player)に選出されました。

以降、欅坂46の6thシングル「ガラスを割れ!」まで6作連続でセンターを務め、平手友梨奈は欅坂46の顔ともいうべき存在となりました。

参考映像:『サイレントマジョリティー』

しかし、2017年年末の第68回NHK紅白歌合戦で『不協和音』のパフォーマンス中に彼女は倒れてしまい、後に右腕の上腕三頭筋損傷で全治1か月と診断されたことが発表されます。

彼女のほかにも数名のメンバーが同じパフォーマンス中に倒れたこともあり、1月31日と2月1日に日本武道館で開催予定だった欅坂46の単独コンサートは、けやき坂46の単独公演に振り替えられ、ファンの間で心配の声が上がっていました。

が、振替公演の1週間後には『24h cosme』の新CM発表会で、負傷の発表後初めて公の場に登場し、笑顔を見せるまでに回復。

7月に山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催された野外ライブ「欅共和国2018」に出演し、紅白歌合戦で倒れて以来初の単独ライブが開催されました。演技の道に興味を持ち、「全力で挑戦できることがしたい」と芸能の世界に飛び込んだ平手友梨奈が、初めて映画に、しかも主演として挑戦するのが、この『響-HIBIKI-』という作品なのです。

映画『響 -HIBIKI-』のあらすじ

(C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

スマートフォンやSNSの普及により、文芸界の出版不況が叫ばれる中、文芸雑誌「木蓮」に新人賞の応募作がひとつ届きます。

その小説「お伽の庭」には、まだ15歳だという女子高生・鮎喰響の圧倒的な才能がほとばしっていたのです。

応募要項を一切無視しているため、通常なら破棄されるはずだった同作が若手編集者・花井ふみの目にとまったことで、響の運命が大きく変わり始めます。

その上、響は普通の人間ではなかったのです。

彼女は自分の信念をぜったいにまげない、世間の常識にとらわれない女でした。

彼女がとる衝撃的な行動の数々に、彼女の周囲の人間や文芸界の人間は次々と翻弄されていきます。

そんな中、彼女の処女作が直木賞・芥川賞にダブルノミネートされるという文芸界にとって衝撃的なニュースが飛び込んできますが…。

スポンサーリンク

映画『響 -HIBIKI-』の感想と評価

本作の見どころといえば、やはり本作が映画初出演というアイドル、平手友梨奈の演技ではないでしょうか。

彼女はアイドル活動の際も、パフォーマーとして、いわゆる「憑依型」と評されています。

筆者が中高生だったころの00年代のアイドル像からは想像できないような攻撃的で鋭い眼。『サイレントマジョリティー』や『不協和音』などの楽曲のダークでヒリついた雰囲気にみずから飛び込むように染まっていくその姿は、まさに役者。

その一方で、バラエティなどでみせるはにかんだ笑顔が本当に可愛らしく、彼女が長きにわたって欅坂のセンターを務めている理由がよくわかります。

参考映像:『不協和音』

そんな彼女が映画に初めて出る…「ああ、あれでしょ、アイドルが映画って、いつもの高校生の青春恋愛映画でしょ。」と思ったそこのアナタ…違う違う、全然違います!

この『響 -HIBIKI-』の主人公、鮎喰響は自分の信念は絶対に曲げない性格の女子高生。

圧倒的な文才そしてカリスマ性を持ち、自分の信念に反する相手には鉄拳制裁もいとわない。

世間のあらゆる常識に向ける挑戦的な目、そしてその存在感は、「今の若手女優では平手友梨奈にしかできない」と言い切っても過言ではありません。

そのくらい平手さんのまとう空気に合っており、また同時に難しい、やりがいのある役でもあります。役者としてこれほど魅力ある役はそうそうないでしょう。

(C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

また、脇を固める俳優陣が豪華なのも、みどころの一つ。

北川景子、小栗旬、柳楽優弥、高嶋政伸など、「この方たちが同じ作品上に!?」と思うようなメンバーが、主人公鮎喰響に翻弄される人間たちを演じます。

まだ女優として何色にも染まっていないアイドルを中心に据え、日本を代表する役者たちが脇を彩る。アイドルが新人女優として映画の脇役を務めるケースはよく見ますが、今作のようなケースは非常に珍しいのではないでしょうか。

まとめ

(C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

普通の女子中学生平手友梨奈のアイドルへの挑戦は、アイドル「平手友梨奈」の女優への挑戦というステージに進みます。

彼女のファンの方も、まだ彼女のことをよく知らない方も、その衝撃の姿を、是非劇場で目に焼き付けて欲しいです。

来年の賞レースに名前を連ねてしまうのではないか、というほどの存在感。

この映画が公開した後の彼女の演技への評価がどうなるのか、今からとても楽しみです。

『響 -HIBIKI-』は9月14日(金)より、TOHOシネマズ新宿・新宿ピカデリーほか全国ロードショーです!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『ハッピー・バースデー家族のいる時間』感想と考察解説。“映画の母ドヌーヴの元に集まった監督たち”のフィクション家族ドラマ

『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』は2021年1月8日(金)、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー。 フランスを代表する大女優、カトリーヌ・ドヌーヴ。今回彼女が演じる …

ヒューマンドラマ映画

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』あらすじとキャスト。富永監督情報も

母親が隣人の男とダイナマイトで大心中!! 数々の雑誌の創刊と発禁を繰り返した、アンダーグラウンドカルチャーを牽引した雑誌編集者末井昭が綴ったエッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」をまさかの実写化! …

ヒューマンドラマ映画

映画『貞子(2019)』ネタバレあらすじと感想。中田秀夫のリングシリーズの歴史と魅力

映画『貞子』は、2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 1999年に公開され、日本、そして世界の映画界に“Jホラー”という存在を深く焼き付けた『リング』から20年。 長きにわたって続く『リン …

ヒューマンドラマ映画

ビニー信じる男あらすじとキャスト!映画公開日や試写会情報も

“どう生きるか…。交通事故で選手生命を絶たれた男の、未踏の決断” 伝説のボクサー《ビニー・パジェンサ》の魂を震わす実話『ビニー/信じる男』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『 …

ヒューマンドラマ映画

映画『最果てリストランテ』あらすじと感想。村井良大とジュンQの共演で「かけがえのない時間」を歩む姿を魅せる

映画『最果てリストランテ』が2019年5月18日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開! 自分の人生の“最期”は、誰と、どんな瞬間を迎えるのか。これほど想像が膨らむ問いもありません。 松田圭太監督 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学