Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/08/11
Update

『愛のくだらない』あらすじ感想と評価解説。田辺弁慶映画祭グランプリ受賞の野本梢監督が描く“リアルな体験” 

  • Writer :
  • 咲田真菜

映画『愛のくだらない』が、2021年8月27日(金)より田辺・弁慶映画祭セレクション 2021、テアトル新宿にて1週間限定公開、他全国順次公開されます。

『横道世之介』の沖田修一監督や『あのこは貴族』(2021)の岨手由貴子監督ら、数々の才能を輩出する新人監督の登竜門「田辺・弁慶映画祭」にて、弁慶グランプリ・映画 .com 賞をダブル受賞した映画『愛のくだらない』。

「生きづらさ」を感じている人々を描き続けてきた新鋭・野本梢監督が、自身のリアルな体験をもとに描いた渾身の一作です。

映画『愛のくだらない』の作品情報


(C)2020「愛のくだらない」製作チーム

【公開】
2021年(日本映画)

【脚本・監督・編集】
野本梢

【キャスト】
藤原麻希、岡安章介(ななめ 45°)、村上由規乃、橋本紗也加、長尾卓磨、手島実優、根矢涼香

【作品概要】
ひとりの30代の人間が、忙しさや意地の張り合いから、仕事でもプライベートでも失敗しながら成長する姿を描きます。

野本監督の処女作から共にする藤原麻希に加え、お笑い芸人トリオ「ななめ 45°」の岡安章介が、誰にも言えない秘密を抱えた恋人役を好演しています。

映画『愛のくだらない』のあらすじ


(C)2020「愛のくだらない」製作チーム

テレビ局で働く玉井景(藤原麻希)は、芸人を辞めてスーパーで働く彼氏のヨシ(岡安章介)と同棲しています。

体調不良で仕事をすぐ休み、結婚に対してはっきりしない、そんな頼りないヨシを置いて景はついにある嘘を隠したまま家を出ます。

番組制作に意気込む景でしたが、出演をオファーしたトランスジェンダーの金井(村上由規乃)を取り巻くトラブル、やけに気になるヨシの存在……と、多忙を極める中で次第に周囲と歯車が狂い始めます。

そんな時、ヨシからある事実を告げられるのですが……。

映画『愛のくだらない』の感想と評価


(C)2020「愛のくだらない」製作チーム

眉間にしわを寄せっぱなしの主人公

主人公の玉井景(藤原麻希)は、テレビ局で働くキャリア女性です。そこそこ順調に仕事をこなしていますが、プライベートでは、交際5年になろうとしている恋人・ヨシ(岡安章介)と同棲しながらも、彼に不満を抱いています。

ご飯を作ったり、景の仕事に理解を示す心優しいヨシですが、芸人を辞めてスーパーで働きながらも体調不良ですぐに仕事を休んだりするどこか軟弱なところがあります。

そして何よりも、結婚に対してはっきりした態度をとらず、「子どもができたら結婚をする」というヨシに景のイライラは募るばかり。そんなヨシとの間に子どもを作る気にもなれず、ヨシに内緒で避妊のための薬を飲む景。

いつの間にかヨシに対して、景はそっけない態度をとるのが日常になってしまいました。実際にヨシと話している景は、眉間にしわを寄せ、不愉快そうな顔をしています。

物語では、いわゆる30代の女性が直面する結婚、出産、子育て…といった問題が盛り込まれていますが、実はこの作品の肝はそこではありません。

景の友人・椿(橋本紗也加)が景に向かって「忙しいからって、他人に適当になったらあかんで」と投げかける言葉がすべてを物語っているように、自分の仕事や置かれている境遇しか目に入らない景が、大切なものを見失い、失って初めて大切さに気付いていく話なのです。

他人事ではない悩みを抱えるヨシ


(C)2020「愛のくだらない」製作チーム

いつもイライラしている景に、どうしていいのか分からないヨシですが、実は彼も現代男性にとって、決して無関係ではない大きな悩みを抱えていました。

何度も景にその悩みを打ち明けようとしていたヨシですが、冷たい態度が日常となっていた景に対して、なかなか言い出すことができません。

一人でその悩みをクリアできないかと頑張っていたのですが、ある日、景がヨシに内緒で避妊していることを知り、張り詰めていた糸がプツンと切れてしまいます。

そしてそれまで打ち明けることができなかった自身の悩みを吐き出し、「もう疲れた。別れたい」と景に迫ります。

それまで「別れる!」と言っていた景は、突然のヨシの告白に茫然とするばかり。「そんな悩み、聞いていない……」とボソッと声に出すのがやっとでした。

意地を張ったり、変なプライドがあったりして、お互いに一番大切なことを言えていなかった景とヨシ。そんな二人のやり取りをみて、「私たちにもこういうところがあるかも……」と自らの行動を振り返ってしまうカップルも少なくないかもしれません。

景を取り巻く不器用な人たち

プライベートに問題を抱えながらも、景はプロデューサーとして、自身の番組を持つという大きなチャンスをつかみます。

その話を持ってきた金城(長尾卓磨)は最初、景に対してとても良い顔をするのですが、景にヨシという恋人がいると分かった瞬間、手のひらを返したように冷たくなります。

そして、新しい番組に対して景が持ってきた企画に、よい顔をしないばかりか、何かと癇癪を起すようになります。

そして、景が自身の番組に出演交渉をした、トランスジェンダーの金井栞(村上由規乃)との間もこじれていきます。最初はかっこいい男性と思っていた金井が、実はトランスジェンダーと知り、思わず「今、流行りだし」と金井に対して口走ってしまいます。

景は、仕事上は決して癇癪を起こしたりするタイプではないのですが、まわりにいる人間が金城のような癖のあるタイプが多いせいか、我慢をし、ストレスを抱えてしまうところがあります。そうしたストレスを無意識のうちに、仕事とは関係ない人に向けてしまうところがありました。

その最たるものが金井に対して放った「今、流行りだし」という無神経極まりない言葉でした。その言葉がいかに金井を傷つけたか、景は後日、さまざまな形で思い知るのです。

景をはじめとして、この物語に登場する彼女を取り巻く人々のなんと不器用なこと。現代に生きづらさを感じている人の多さを目の当たりにする作品でもあります。

まとめ


(C)2020「愛のくだらない」製作チーム

生きづらさを感じている人たちを描き続けてきた野本梢監督だからこそ、作ることができたと感じる本作。言葉を選ばずに言ってしまうと、ウンザリするような嫌な人たちが登場してきます。

しかしその一方で、じっくりとまわりを見渡せば、身近に自分を大切に思ってくれている人がいるということを知ることができるのも本作の魅力です。

作品を観たあと、思わず眉間にしわを寄せていないか、鏡に映る自分を見つめてしまいます。そして『愛のくだらない』というタイトルにあるように、自分自身のくだらなさを反省する人も少なくないかもしれません。

本作は、まわりにいる大切な人への感謝の気持ちを改めて思い出させてくれる作品でもあるのです。

映画『愛のくだらない』は2021年8月27日(金)より田辺・弁慶映画祭セレクション 2021、テアトル新宿にて1週間限定公開、他全国順次公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『梅切らぬバカ』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。加賀まりこ演じる老齢の母と自閉症の息子が紡ぐ日常にある幸せ

自閉症の息子を愛しぬく老いた母の幸せな奮闘記 老いた母と自閉症の息子が地域コミュニティとの交流を通して自立の道を模索する姿を描いた感動のヒューマンドラマ。 加賀まりこが『濡れた逢びき』(1967)以来 …

ヒューマンドラマ映画

映画『聖なる泉の少女』ネタバレ考察と内容解説レビュー。清らかな水が湧く森に見た自然への敬意と恩恵

変わりゆく時代の中で、私達が忘れてしまった信仰とは。 映画『聖なる泉の少女』は、実際にジョージアのアチャラ地域に昔から口承で伝わってきた物語に基づいた作品です。 むかしむかし、泉の水で人々の傷を癒して …

ヒューマンドラマ映画

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』感想とレビュー評価。ベトコン2000人との“ロングタンの戦い”に挑む108人のオーストラリア軍

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』 ベトナム戦争の「ロングタンの戦い」を描く オーストラリアのクリフ・ステンダース監督が、ベトナム戦争の実話を描いた映画『デンジャー・クロース 極限着弾』。オースト …

ヒューマンドラマ映画

『生きててごめんなさい』ネタバレ結末あらすじと感想評価。黒羽麻璃央と穂志もえかによる若者が抱える生きづらさと“その病み”

夢を諦めかけた修一と何をやってもうまくいかない莉奈の人生とは? 『余命10年』(2022)の藤井道人が企画・プロデュースをし、ドラマ『アバランチ』で藤井道人と共に演出を務めた山口健人が監督を務めました …

ヒューマンドラマ映画

映画『洗骨』あらすじと感想レビュー。キャストが信頼するガレッジセールのゴリ(照屋年之)監督が描いた祖先と家族の絆

映画『洗骨』は、2019年1月18日(金)より沖縄先行公開、その後、2月9日(土)から丸の内TOEIほか全国公開! お笑い芸人「ガレッジセール」のゴリとして活躍する、照屋年之監督が制作した映画『洗骨』 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学