Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/02/19
Update

クリント・イーストウッド映画『運び屋』あらすじネタバレと感想。俳優復帰作は『グラン・トリノ』と表裏一体!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『運び屋』は2019年3月8日(金)全国ロードショー

2014年、ニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された「シナロア・カルテルが雇った90歳の運び屋」。

映画『運び屋』はその1本の記事をベースに、イーストウッドが“伝説の運び屋”と称された老人に扮して描かれる、驚きの実話をもとにした物語です。

クリント・イーストウッドが約10年ぶりに自身の監督作品に主演したことでも話題になっています。

ブラッドリー・クーパーのほか、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシアら実力派が集結し、前代未聞の実話に挑みました。

クリント・イーストウッド監督・主演の映画『運び屋』は2019年3月8日(金)全国ロードショーです!

スポンサーリンク

映画『運び屋』の作品情報


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The Mule

【製作・監督】
クリント・イーストウッド

【脚本】
ニック・シェンク

【キャスト】
クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、イグナシオ・セリッチオ、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガ、ユージン・コルデロ、ローレン・ディーン、グラント・ロバーツ、ピート・バリス、ロバート・ラサード、ソウル・ウエソ、リー・コック、ノエル・G、クリフトン・コリンズ・Jr.、ダニエル・モンカダ、ポール・リンカーン・アラヨ

【作品概要】
87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた孤独な老人の姿を描いたドラマ。

クリント・イーストウッドが約10年ぶりに自身の監督作品に主演したことでも話題になっています。

共演にブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、タイッサ・ファーミガ、アンディ・ガルシア、そして実の娘であるアリソン・イーストウッドと、豪華キャストが名を連ねています。

初監督作品『アリー/スター誕生』(2018)でオスカーも賑わしているブラッドリー・クーパーは『アメリカン・スナイパー』(2015)で、ローレンス・フィッシュバーンは『ミスティック・リバー』(2004)でイーストウッド監督作品に出演済みですが、両作品ともイーストウッドは監督に専任していて、本作で念願の共演を果たしたことになります。

映画『運び屋』のキャラクターとキャスト


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

アール・ストーン(クリント・イーストウッド)
朝鮮戦争から帰国後は百合栽培に全てをささげてきた老人

メアリー(ダイアン・ウィースト)
アールの妻。家族を顧みないアールをすっかりあきらめている

アイリス(アリソン・イーストウッド)
アールの娘、結婚式にアールが来なかった時以来絶縁状態

ジェニー(タイッサ・ファーミガ)
アールの孫娘

コリン・ベイツ捜査官(ブラッドリー・クーパー)
麻薬取締官、謎の運び屋を追う

主任特別捜査官(ローレンス・フィッシュバーン)
コリンの上司

トレビノ捜査官(マイケル・ペーニャ)
コリンの相棒

ラトン(アンディ・ガルシア)
麻薬カルテルのボス

スポンサーリンク

映画『運び屋』のあらすじとネタバレ


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

朝鮮戦争退役軍人アール・ストーンは帰国後、高級百合の栽培・生産に生涯を捧げてきました。

その一方で、家庭や家族のことは顧みず、娘の結婚式より百合の品評会を優先するほどでした。

それから10年。

アールの百合農場はインターネット販売業者との競争に敗れ倒産、農園も屋敷も差し押さえられてしまいました。

居場所を失ったアールに、あるメキシコ系の男が声をかけます。

アールが過去数十年でアメリカ40州以上を車で走りまわり、違反切符を一度も切られたことがないことを知った男は、麻薬の運び屋をしないかと誘います。

違法行為であることはうすうす分かっていたものの、思わぬ高収入にアールは運び屋家業を開始。

やがて、アールは新車を購入、自宅を取り戻し、退役軍人協会に寄付もしてと華やかな生活を取り戻します。

以下、『運び屋』ネタバレ・結末の記載がございます。『運び屋』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

一方、麻薬取締官のコリン・ベイツは謎の大物運び屋を追い続けますが、そのしっぽすらつかめずにいました。

まさか80代後半の優良ドライバーの老人が運び屋とは思ってもいませんでした。

アールの堅実な仕事ぶりにメキシコの麻薬カルテルのボス・ラトンはアールをとても気に入り自分の豪邸にも招くほど。

しかし、ベイツの捜査の手は徐々に進み、またラトンが部下に殺されるなどカルテルの締め付けが厳しくなり、アールの仕事の環境も大きく変わっていきます。

ある大仕事をしているアールのもとに、妻のメアリーが危篤状態だという一報が入ります。

アールは仕事を投げうって妻の最期を看取るのでした。

そして、アールは逮捕されます。

全ての罪を認めて収監されたアールは、刑務所内での農場で百合を育てる日々を送っています

映画『運び屋』の感想と評価


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

生きる伝説クリント・イーストウッドが帰還!

イーストウッドは2012年に公開された『人生の特等席』の主演があったものの、これはイーストウッドから映画製作を学んだロバート・ローレンツが監督した作品でした。

ですので、自身の監督作品での主演は2008年の『グラン・トリノ』以来となります。

『グラン・トリノ』以降もイーストウッドはほぼ年に一作というハイペースで作品を発表し続けていますが、俳優としては『グラン・トリノ』をもって引退宣言をしていました。

ところが、10年の時を経て、まさかの帰還です。

しかも『グラン・トリノ』と『運び屋』、どちらも“クルマ”と“老い”というものが映画の大きなピースになっているところも意味深。

イーストウッド自身もこの『運び屋』は『グラン・トリノ』と表裏一体の作品だと語っています。

しかも面白いのが70代後半で主演した『グラン・トリノ』では、朝鮮戦争からの老帰還兵(この設定も『運び屋』との共通点です)は最後は車と共に老いを受け入れ、若い世代のために死んでいきます。

しかし、それから10年経ち『運び屋』の主人公は自分のためにクルマと共に生きていきます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

10年前に引退宣言をした、ハリウッドの生ける伝説的な老優が、アッと驚く実に軽やかな足取りでスクリーンに還ってきました。

いよいよ、仙人のような域に達し始めたクリント・イーストウッド。

今後もどんな驚きを与えてくれるんでしょうか。

『グラン・トリノ』と表裏一体の、実話をもとにした前代未聞の映画『運び屋』。

クリント・イーストウッド監督・主演の映画『運び屋』は2019年3月8日(金)全国ロードショーです!


(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

関連記事

ヒューマンドラマ映画

橋本環奈映画『小説の神様』結末をネタバレ内容解説。小余綾詩凪の謎と秘密の真相とは⁉︎

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は2020年10月2日(金)より全国ロードショー。 2020年版「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「2019ベストブック」の3冠を受賞し、 …

ヒューマンドラマ映画

【ミッドウェイ映画2020リメイク】トヨエツ・浅野忠信・國村隼の演技力を本編動画で解説。日本人キャスト確かな存在感を残す!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『リンドグレーン』感想とレビュー評価。母になることで世界一強い女の子は生まれた

映画『リンドグレーン』は2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開。 2019年12月7日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開される映画『リンドグレーン』。 「長くつ下のピッピ」「ロッタ …

ヒューマンドラマ映画

松本穂香映画『わたしは光をにぎっている』あらすじネタバレと感想。光石研らキャストの魅力際立つ“終わり方”の物語

映画『わたしは光をにぎっている』は2019年11月15日(金)より全国順次公開 『四月の永い夢』で国内外の映画賞を賑わした中川龍太郎監督の最新作。 時代と共に消えゆく街並みと人々の切ない「終わり方」を …

ヒューマンドラマ映画

のん映画『Ribbon』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。リボンの映像表現は“重苦しく、時にカラフルに降り積もり舞い踊る”彼女の心”

我慢を強いられる時代。 心だけは自由に未来を諦めないで。 女優のんが、自ら監督・脚本・主演を務めた長編映画『Ribbon』。コロナ禍で青春を奪われていく学生たちの悲しみに触れ、「世の中の擦り切れた思い …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学