Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/04
Update

映画『ヴァーチャルウォー』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。SFアクションで現実と仮想のどちらで生きるのか選択を迫られる|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー49

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第49回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第49回は、ウルディス・シプスツ監督が演出を務めた、映画『ヴァーチャル・ウォー』です。

ウルディス・シプスツが監督を務めた、2019年製作のラトビアのSFアクション映画『ヴァーチャル・ウォー』。

亡くした最愛の恋人に会いたい一心で、バーチャル世界で恋人を作り出し、蘇らせたシステムエンジニア。恋人との幸せな時間を過ごす中で、究極の選択を迫られてしまう彼女の姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

現実世界(リアル)と仮想世界(バーチャル)、人類はどちらで生きていくべきか選択が迫られるSFアクション映画、『ヴァーチャル・ウォー』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ヴァーチャル・ウォー』の作品情報


(C)DE-DE-EMA VISUAL – 2019

【日本公開】
2019年(ラトビア映画)

【監督】
ウルディス・シプスツ

【キャスト】
イルヴァ・センテレ、ラグナルス・ヴァイヴァルス、アルトゥールス・スクラスティンス、イナーラ・スルチュカ、カーリス・クスキス

【作品概要】
ウルディス・シプスツが監督を務めた、ラトビアのSFアクション作品です。

イルヴァ・センテレが主演を務め、『ふたりの旅路』(2016)のアルトゥース・スクラスティンスが共演しています。

映画『ヴァーチャル・ウォー』のあらすじとネタバレ


(C)DE-DE-EMA VISUAL – 2019

IT系の会社に勤めている、社内歴代最年少のシステムエンジニアのグンデカには、5年付き合っているカメラマンの恋人ライモンズがいました。

グンデカはライモンズと結婚したい気持ちがある一方、今自分が手掛けている「人間の感情を読み取り、その場にいるように会話をする。本物の人間のようなAIを作るプロジェクト」に欠かせないモデルとなる、ライモンズの膨大な情報量が詰まったパソコンを貸して貰えないことにやきもきしていました。

そんなある日、ライモンズが浮気しているのではないかと疑うグンデカの元に、1本の電話がかかってきます。それは、最愛の恋人ライモンズが、事故に遭ったという知らせでした。

ライモンズは病院に救急搬送されるも、懸命な治療もむなしく、そのまま還らぬ人に。最愛の恋人を突如亡くした悲しみに暮れるグンデカは、その気持ちを紛らせようと、ライモンズのパソコンに入ったデータを使って、AIのプログラミングに没頭しました。その結果、グンデカは仮想(バーチャル)世界の中に、ライモンズそっくりのAIを作り上げたのです。

翌日、会社に出勤したグンデカの元に、あるプレゼントが届きました。そのプレゼントの差出人は、この世に存在しないはずのライモンズでした。

プレゼントの配送を依頼した電話番号を調べた結果、グンデカの番号だったのです。自分で自分にプレゼントを贈るはずがないと、困惑するグンデカ。

彼女はその謎を解き明かすべく、ライモンズのパソコンに入ったデータの解析に着手しますが、自分のパソコンではデータが重くてできません。そこでグンデカは、自宅に高性能のパソコンを持つ、会社の上司でテクニカルアーキテクトのエリクスを頼ることにしました。

グンデカはエリクスの家のパソコンで、データを解析した結果、ライモンズそっくりのAIが、まるでこちらが見えているかのように話しかけてきたのです。

グンデカはエリクスの提案で、VRゴーグルを装着し、ライモンズと直接触れ合える仮想世界の中に入ってみることにしました。そこには、ライモンズの生きたままの姿がありました。

グンデカはライモンズと会えたことに感動し、仮想世界の中にどっぷり入れ込むように。対してエリクスは、グンデカの上司ウーナに前々から約束してた通りの、人格を持ったAIの完成に喜ぶ一方、彼女とAIプログラムによる仮想愛を危惧していました。

グンデカとエリクスは、ウーナに人格を持ったAIがやっと完成したと報告します。グンデカが作り上げたAIのプログラムは、IPアドレスやSNSなどのネット上の情報を集め照合し、充分に情報が集まったらカメラとマイクを使って会話するのです。

何故亡き恋人をAIのモデルにしたのかと疑問に思うウーナに対し、ライモンズは彼女の愛する娘の体が不自由であり、義足を必要としていることを言い当てます。それに驚くウーナに、エリクスは「グンデカはパソコンに、亡き恋人の人格を取り込んだ」と、彼女の疑問に答えました。

その事実をウーナや会社に隠そうとするグンデカ。彼女を心配するエリクスは、グンデカに内緒でウーナを自宅に呼び、感情を読み取り記録するAIであるライモンズに会わせようとします。

ウーナはライモンズとは会わず、エリクスにこう言いました。「グンデカが作り上げたAIのプログラムを手に入れる」と。

一方グンデカは、ライモンズから贈られたプレゼントの中身が、宝石店のショップカードであることを知り、翌日宝石店に行ってみることに。そのカードを使って貰ったのは、ライモンズからグンデカへ、生前渡せなかった婚約指輪でした。

「何がしたいの?」「君の指輪のサイズが分からなかったんだ。俺の妻になってくれる?」

「俺はずっと、君のような女性と一緒にいたかった」「俺の心を休め、元気づけてくれる君を、本当に愛している」

その言葉は、グンデカからライモンズの口から直接、聞きたかった言葉でした。グンデカは「これはただのプログラムだ」と、自分に言い聞かせる一方で、AIのライモンズに夢中になり、彼に直接会いたい気持ちを抑えきれませんでした。

そこでグンデカは、自分が作ったプログラムの作動チェックという名目で、エリクスに協力を仰ぎ、会社にある性能の良いサーバーを使って仮想世界の中へ再び入ることにしました。

VRゴーグルを装着したグンデカの目に映るのは、仮想世界の中に生きるライモンズ。グンデカはその世界の中で、ライモンズから直接、ずっとして欲しかったプロポーズをされました。

しかし、グンデカとライモンズの手が触れ合う寸前、ウーナによってセキュリティシステムが作動し、強制的に現実世界に戻らされてしまうのです。そしてグンデカの目の前で、ウーナはライモンズのプログラムを、会社のサーバーに取り込みました。

この時既に、グンデカは自身の未来がかかっているプロジェクトの成功よりも、ライモンズというAIと過ごす幸せな日々の方が、大切になっていました。

以下、『ヴァーチャル・ウォー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヴァーチャル・ウォー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)DE-DE-EMA VISUAL – 2019

グンデカは、ウーナによってハードディスクからライモンズのプログラムを抜かれてしまった挙句、会社から追い出されてしまいます。

しかしウーナは、グンデカからライモンズを奪ったはいいものの、彼の扱いに困り果て、エリクスに株主に披露できるよう正常に機能させてほしいと頼みました。

その結果、エリクスは「筋肉の動きを読み取り、現実世界にいる人間の脳に信号を送る」装置を開発。彼はこの装置を使って、ライモンズとやり取りをすれば、別次元の体験ができるとウーナに進言します。

翌日、ウーナはグンデカを会社に呼び戻し、「ライモンズを返す、でも私のためにプログラムを修正し、彼のコピーを作って欲しい」と頼みました。それを二つ返事で承諾したグンデカの狙いは、ライモンズを自分だけのものにすることでした。

そしてウーナの目的は、人格を持ったAIさえあれば、歩くことが出来ない娘に希望を持たせることができるからです。

VRゴーグルを装着したグンデカは、エリクスが開発した装置による技術により、仮想世界の中でやっとライモンズと触れ合うことが出来ました。

その次に装着したウーナは、仮想世界の中で、死んだ父親に会いました。ウーナはその体験を、そのまま株主に発表しましたが、肝心の製品はまだ完成していませんでした。

次に株主たちと会う来週までに、製品を完成させなければ出資して貰えない。そう焦るウーナは、エリクスにプログラムの修正を急ぐよう指示します。

しかし、プログラムの修正をしてしまえば、ライモンズの人格がなくなる。つまり、ライモンズを殺してしまうことに繋がるのです。

「AIに人格など不要」そう言うウーナの指示に従い、エリクスはライモンズに会いに行きました。

「エリクス、何が欲しいんだ?」「彼女はとてつもないものを作り上げた、信じられないよ」

「グンデカを愛しているんだろう?俺はエリクスのネットの検索履歴にアクセスした、彼女の写真を1日10回は見ている」

「僕が彼女を愛していたら?」「でも僕は、彼女にアプローチなんてしていないし、一定の距離を保っている」「存在しない君に謝る必要があるのか?」

「飲んで食べて、用を足して、愛するという、人間の持つ小さな欲求は俺にだって存在する、感じないだけでね」「君を殴りたいという気持ちも湧かない、そういう小さなことを俺はなくしてしまった」

ライモンズの、AIにしか感じない悩みを聞いたエリクスは、あるチャンスを得ました。それは、AIに人間の欲求を満たすプログラムを作ることです。

エリクスが作ったプログラムによって、自由奔放なライモンズの人格が制限されました。そしてエリクスは、世界で唯一の、不可能を可能にするAIのプログラムを完成させたのです。

しかしそれは、製品向けのバージョンアップであり、グンデカが望むライモンズではありません。すぐにそのことに気づいたグンデカは、ライモンズに「私の前では、いつもの貴方でいて」とお願いすると、彼はある提案をしてきました。

「別の人生を歩むチャンスだ。どちらかしか選べない、片方は作られた人生(仮想世界の中での生活)、もう片方は現実世界での人生」

「君は俺のものではない、もう君を独り占めにしないよ」「時々、俺に会いに来てくれ。それで十分だ。とにかく生きてくれ」

「君を愛していたライモンズも、俺と同じことを言うだろう」

十字架の前に立たされたグンデカは、そう言って去ろうとするライモンズと、こう言いました。

「私は今、望んだように生きている。貴方は私に“ずっと一緒にいたい”とプロポーズしてくれた、忘れたの?」

「もちろん覚えているさ。でも店員が君の指に入れた、電話がプロポーズした。それを現実だと思うのか?」

「ライモンズが生きていればそうしたかもしれない、でも現実には死んでいる」

「でも私は、ここで生きていく」「偽物の胸と生きるのと同じだぞ、そのうち綻びを見つける」

「気づいているんだ、まず俺は、ライモンズじゃない」「ライモンズが死んだから?」「そうだ、やっと理解したんだな。おめでとうグンデカ」

「私が生きることを、彼が望んでいると何故言えるの?」「やめてくれ、混乱するじゃないか。君を拒否するぞ、君には沢山の幸せを贈る」

ライモンズはそう言うと、本当にグンデカの前から姿を消してしまいました。現実世界に戻ったグンデカは、エリクスにこれはどういうことなのかと糾弾。すると彼は、「どんな人の望みも叶えられるよう、プログラムをアップグレードした」と言いました。

さらにエリクスは、グンデカにこう言いました。「ライモンズはいないともう分かったろう?君は変わった、笑わないし食事もしない」

「現実を見ようとせず、プログラムの世界に没頭している」「このプログラムで、世界中の皆の夢が叶うんだ」

ライモンズを殺したと非難するグンデカに、エリクスは「彼はもう既に死んでいるだろう」と現実を突きつけます。しかしグンデカは、エリクスの言葉に全く耳を貸そうとしません。

そこでエリクスは、仮想世界の中へ行き、ライモンズと話をしようとします。ところがライモンズは、エリクスに煙草を吸うよう促した直後、彼の前から一瞬姿を消してしまったのです。

ライモンズを完全に制御することは難しく、AIである彼は自分の身を守っていました。つまり、エリクスが作ったプログラムは失敗。

やがてライモンズは、少し離れた場所に姿を現したものの、自分がグンデカに別れを告げたことも、プログラムがアップグレードされたことも覚えていません。それに戸惑うエリクスを、ライモンズは仮想世界から追い出し、彼のアクセスを拒否します。

そこでエリクスは、この事態を何とかしようと、グンデカに助けを求めることにしました。

この時、家に引きこもったグンデカは、前を向いて生きようと必死でした。「あれはプログラムで、個人的なこととは切り離すべきだった。ウーナが正しい。システムから削除しないと」

「ライモンズは残せるよ」「残したくないとしたら?私は全てに疲れたの。彼の死を受け入れる覚悟が出来たとしたら?」

「システムはウーナのものよ、私は関係ない」「本当にそうなら嬉しいけど、それが君の本心だとは思えない」

「君のことはよく知っている。目標を達成できない時、君がどうするのか。今がまさにその時だろう?」

「時間が経てば会社に出てきて、元の君に戻る。ウーナと渡り合い、問題を解決する。君は止まらない、止まったと思っていてもね」

エリクスの言葉を聞いて、グンデカは「仮想世界の中に入れば、AIが作るバリアに影響を与えられる」ということに気づきます。そこでグンデカは、エリクスと一緒に、彼が好きなゲームのキャラクターとなり、仮想世界の中に突入。2人はハンドガンを持ち、ライモンズの捜索に向かいます。

2人の前に立ちはだかったのは、ライモンズが作り出したであろう警備兵たちでした。それをあっという間に倒したグンデカたち。次はその倍以上の数の男たちが、2人を包囲します。

互いにハンドガンを使っての、激しい銃撃戦の末、グンデカたちはまたもや男たちを全員倒しました。しかし2人の前に、ウーナにVRゴーグルを装着させられた彼女の娘が、ハンドガンを持って現れます。

夢を叶えられるのは1人だけ、だから自然と競争相手ができる。そう考えるグンデカたちは、自分の足で歩くことを夢見るウーナの娘に撃たれてしまいました。

エリクスはそれでシャットダウンしてしまったものの、グンデカはライモンズを捜し出し、ネットに接続するために、再び仮想世界の中に入りました。

その結果、グンデカはようやく、ライモンズを見つけることが出来ました。しかし既に、製品用にアップグレードされてしまったライモンズは、プログラムを修正したせいで何かが壊れてしまい、グンデカのことをただのユーザーとしか認識できていません。

それでもグンデカは、仮想世界の中の鉄道倉庫内で、ライモンズに必死に自分の愛を伝えます。それに対しライモンズは、「君は年を取るが、俺は違う。そんな俺のことを、君は嫌いになる」と答え、現実を突きつけます。

「あなたは私に、これはある種の幻だと気づかせてくれた。でもこの感情はどうなるの?私は自分の感情に従って生きると、そう決めたの」

「私が幸せになるには、あなたと一緒にいるしかない」そう告げるグンデカと、抱き合うライモンズ。

「でも俺は、これ以上君のそばにいられない。俺は人の望みを叶えているだけ」

「現実に生きろ。ここを離れないと、二度と現実世界に戻れなくなるぞ。その覚悟はあるのか?」

「決められないのは、君が成長した証だ」「また会えるの?」「いいや。悲しみはすぐに消える。俺も辛いし悲しいよ」

「ライモンズじゃないってことを証明してよ」「本物なら君を拒否したりしない、これが証拠だ」

ライモンズはグンデカにキスした後、鉄道倉庫にあった列車に乗り込み、そのまま彼女の前から姿を消してしまいました。その直後、グンデカからのアクセスは拒否されたのか、接続が中断されてしまいます。

グンデカは涙を流しながら、ライモンズの死を受け入れました。そんな彼女を心配して、家を訪ねたエリクスに、グンデカはそのことを伝え、「私を一人にしないで」とお願いしました。

同時刻、同じくアクセスを拒否されたのであろう、ウーナとその娘は、現実世界で涙を流しながら抱き合っていました。

後日、エリクスはグンデカを会社の屋上に呼び出し、気晴らしになればと、思ったことを叫ぶよう促します。するとグンデカは、「ここから逃げ出したい!」と叫びました。それを聞いたエリクスは、グンデカに「一緒に逃げよう、僕がそばにいる」と告白しました。

その直後、エリクスの携帯に、ライモンズから「俺も一緒にいていい?」とメッセージが届きました。

スポンサーリンク

映画『ヴァーチャル・ウォー』の感想と評価


(C)DE-DE-EMA VISUAL – 2019

グンデカの成長

システムエンジニアのグンデカは、自身の未来をかけたプロジェクトの成功間近、突然最愛の恋人を事故で亡くしてしまいます。物語の序盤に描かれた2人の仲睦まじい様子を見た後の、衝撃的な展開にはグンデカ同様に観る人は皆愕然としてしまうことでしょう。

ですが、それが皮肉にも、グンデカのプロジェクト成功に繋がるのです。グンデカは自身が作り出したAIに、ライモンズの人格をプログラムします。

仮想世界や現実世界を行ったり来たりしながら、グンデカは最愛の恋人ライモンズそっくりのAIと、幸せな日々を送るその姿は、とても微笑ましいです。

その反面、物語の後半、グンデカが否が応でも現実を直視しなければならなくなってしまったのには、観ているこちらも胸が苦しく切なくなります。

ライモンズ(AI)の涙の別れの後、前を向いて生きようとするグンデカの姿には、同じ思いをした事がある人は特に、勇気を貰えることでしょう。

エリクスとライモンズの、グンデカへの愛情

本作では主に、グンデカのライモンズに対する愛情が描かれていますが、彼女を愛する2人の男の愛情も負けていません。

AIとして蘇ったライモンズは、グンデカに生前できなかったプロポーズをし、最後まで彼女のことを想って行動します。

それはエリクスも同じです。エリクスは、ライモンズが死ぬより前からずっと、グンデカを想っていました。

しかしエリクスは、グンデカを一途に想うだけで、これまで何も行動していません。それが、グンデカが仮想世界に夢中になりだしてから、変わり始めます。

ライモンズとエリクス、それぞれのグンデカに対する深い愛情。これはどちらが強いものだということもなく、どちらも素晴らしい愛で感動します。

まとめ


(C)DE-DE-EMA VISUAL – 2019

システムエンジニアが亡き恋人に会いたい一心で、自分が作ったAIに彼の人格を植えつけ、仮想世界の中で愛を育もうとするSFアクション作品でした。

本作の見どころは、グンデカ・エリクス・ライモンズの三者三様の愛情と、仮想世界でのアクションです。

物語の終盤では、エリクスの好きなゲームのキャラクターに扮したグンデカたちが戦う場面があります。互いにハンドガンしか使わない銃撃戦ですが、倍以上いる敵をゲームさながらに華麗に倒していくグンデカとエリクスの姿は、とても格好良いです。

また、ライモンズの人格を宿したAIを巡って、ウーナも裏で暗躍しています。歩けない娘のために動く彼女の姿も、見逃せません。それに、グンデカたちの前から姿を消したはずのライモンズが、いい雰囲気のグンデカとエリクスを見ているかのようなメッセージを送ってきます。

仮想世界と現実世界、どちらで生きるか究極の選択を迫られた、1人のシステムエンジニアの話を描いたSFアクション映画が観たい人に、特にオススメな作品です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『歩けない僕らは』あらすじと感想レビュー。短編37分の間に描かれた人間の成長と絆というドラマ|蟹江まりの映画ともしび研究部5

蟹江まりの映画ともしび研究部 第5回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第5回目に取り上げるのは、2019年11月23日公開の映画『歩けない僕らは』です。 脳卒中 …

連載コラム

『ハイエナたちの報酬 絶望の一夜』あらすじネタバレと感想。ゲラ・バブルアニ監督がフランス社会を風刺する理由|未体験ゾーンの映画たち2019見破録15

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第15回 1月初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、ジャンル・国籍を問わない貴重な5 …

連載コラム

【SF・ホラー】2020年映画ランキングベスト5|洋画・邦画人気作から感動と想像の力を描く作品まで《シネマダイバー:糸魚川悟選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー糸魚川悟 2020年は新型コロナウイルスの影響により、映画業界にとっても厳しい1年となりました。 『ムーラン』や『ソウルフル・ワールド』 …

連載コラム

吉沢亮映画『AWAKE』感想評価と考察レビュー。将棋ソフト開発者を描く意味は本当の“自由”の姿に|シニンは映画に生かされて23

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第23回 2020年12月25日(金)より全国ロードショー公開を迎える映画『AWAKE』。「プロ棋士vs将棋AIソフト」をコンセプトに開催された将棋エンタメイベン …

連載コラム

映画『ストレンジ・アフェア』ネタバレ解説。結末の意味を考察。亡き兄の婚約者が家族に見せるスリラーの恐怖|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録13

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第13回 世界のあらゆる国の、様々なジャンルの埋もれかけた映画を紹介する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学