Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/17
Update

映画『ビバリウム』あらすじ感想と評価解説。結末まで精神的に来る脱出スリラーで“子育て問題”を映し出す|サスペンスの神様の鼓動40

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動40

マイホームを夢見る若いカップルが、ある住宅街を訪れた事から始まる恐怖を描いた映画『ビバリウム』。

住宅街から脱出できなくなったカップルが、さらに正体不明の赤ん坊を育てる事になり、精神的に追い込まれていく、新感覚のラビリンス・スリラーです。

ホラーの帝王としても知られるスティーヴン・キングも絶賛した本作は、2021年3月12日より全国公開となります。

新居を持つ夢を描いていた若いカップルのトムとジェマが、怪しげな男に案内され、辿り着いた住宅街から脱出できなくなる恐怖を描いた映画『ビバリウム』。

第72回カンヌ映画祭で上映され、その内容に観客が騒然となり、高く評価された事でも話題になりました。

主人公のトムを演じるジェシー・アイゼンバーグは、「ゾンビランド」シリーズでブレイクし『ソーシャル・ネットワーク』(2010)でアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞などの、数々の賞レースで主演男優賞にノミネートされた実力派です。

トムの恋人、ジェマを演じるイモージェン・プーツは、『28週後…』(2007)に出演以降、『グリーンルーム』(2015)などの演技が高く評価されている注目の女優です。

監督は、これまで短編映画やミュージックビデオ、CMなどの映像作品に携わり、本作『ビバリウム』で世界的に高い評価を得たロルカン・フィネガン。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ビバリウム』のあらすじ


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
新居を探している若いカップルのトムとジェマ。

ある日、何気なく足を踏み入れた不動産屋で「Yonder」という住宅街を紹介されます。

不動産屋の怪しげな雰囲気や、緑色の同じ建物が立ち並ぶ「Yonder」の不気味さから、トムは住宅見学を拒もうとしますが、ジェマに半ば強引に付き合わされます。

不動産屋の男に案内され、2人は「Yonder」内にある「9番」の住宅を見学しますが、住居内に既に男の子の部屋が用意されていました。

トムとジェマは、流石に気味が悪くなり、帰ろうとしますが、不動産屋の男が姿を消してしまいます。

「Yonder」内を車で走り回り、出口を探すトムとジェマですが、どんなに走り回っても必ず「9番」の住宅に戻って来ます。

さらに住宅の前に、何者かが生活に必要な食料や道具を置いて行っていました。

この状況に怒りを感じたトムは「9番」の住宅を燃やし、トムとジェマは燃える家を眺めながら眠ります。

数時間後、トムとジェマが目を覚ますと、燃えていたはずの住居が元に戻っており、謎の箱が残されていました。

箱を開けると、中には赤ん坊が入っており「この子を育てれば開放する」とメッセージが。

他に「Yonder」から抜け出す方法が無いトムとジェマは、仕方なく赤ん坊を育て始めますが、赤ん坊は凄い速さで成長していきます。

さらに「地中に何かある」と考えたトムは、庭に巨大な穴を掘り始めました。ジェマは、子どもと向き合おうとしますが、人間ではない存在が受け入れられず苦しみます。

住宅街での、悪夢のような生活が始まったトムとジェマ。

2人を最後に待ち受けている運命は?

サスペンスを構築する要素①「脱出不可能な住宅街」


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
マイホームを持つ事が夢だった若いカップルが、不気味な住宅街に足を踏み入れた事から始まる、悪夢のような出来事を描いた映画『ビバリウム』。

本作は、マイホームの見学に訪れたトムとジェマが、住宅街に閉じ込められる所から物語が始まります。

「Yonder」と名付けられたこの住宅街は、同じ緑色の住宅がどこまでも並ぶ、無機質で全く生活感の無い場所です。

脱出を試みたトムが、住宅の屋根に登り「Yonder」の全体を眺める場面があるのですが、緑色の住宅が地平線の彼方まで無限に並ぶんでいるという、出口が見えず、絶望しか感じない光景となっています。

上空には、絵に描いたような同じ形の雲が無数に流れており、無限に並ぶ緑色の住宅街の光景と相まって、絵画のような、それも騙し絵の世界にいるような錯覚に陥ります。

さらにこの住宅街は、どこに逃げても必ず同じ場所に戻って来るうえに、トムとジェマ以外の住人も存在しないようです。

脱出不可能な住宅街「Yonder」の描写は非常に悪趣味で、何とも言えない不安な気持ちになっていきます。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「託された不気味な子ども」


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
住宅街「Yonder」から、脱出が不可能となったトムとジェマ。

では、この「Yonder」の目的は何なのかと言うと、映画のタイトルである『ビバリウム』から読み解けます。

ビバリウムは「生き物の住む環境を再現した空間」という意味があり、現在は、爬虫類や両生類の棲む環境を再現した、ケージの事を表す言葉として使われています。

『ビバリウム』とは、作中の住宅街「Yonder」の事です。

この「生き物の住む環境を再現した空間」の中で、トムとジェマは、いきなり託された赤ん坊を育てる事になります。

この赤ん坊を育てれば「Yonder」から解放されると信じ、2人は赤ん坊を育て始めます。

育て始めて98日後に、赤ん坊は7歳ぐらいまで急速な成長を見せますが、この成長した男の子が不気味なうえに、全く可愛くありません。

24時間トムとジェマを監視し、2人の言動を真似して、空腹になれば耳障りな奇声を発します。

明らかに人間ではないこの存在を、とにかく育てないといけないトムとジェマですが、この不気味な存在を育てる為だけに日々を過ごし、謎の存在から与えられる、味のしない食料を食べ続け、生かされ続けている毎日を送ります。

この辺りは、作中のトムとジェマ同様、鑑賞している側も精神的に疲弊してくる描写となっています。

脱出や戦いを挑むのではなく、正体不明の存在を育て続けるという異質な展開が、本作の持ち味となっています。

サスペンスを構築する要素③「解放の時は訪れるのか?」


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
正体不明の存在を育て続けるトムとジェマ。

「Yonder」からの脱出を諦めたトムは、庭に深い穴を掘り続ける事に目的を見出すようになります。

地中深くまで掘り続けたトムは、ある事実を目の当たりにします。

一方のジェマは、正体不明の存在を育て続けますが、約束された「解放の時」は訪れるのでしょうか?

本作のラストは、人によってはブラックジョークのように感じる、風刺の利いた完成度の高い作品となっています。

スポンサーリンク

映画『ビバリウム』まとめ


(C)Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
精神的に疲弊してくるような、異質な展開が持ち味の映画『ビバリウム』。

本作を語るうえで、重要なワードとなるのが「托卵」です。

「托卵」とは卵の世話を他の個体に托する動物の習性のことで、本作のオープニングでは、「托卵」の習性で有名なカッコウの雛が、自分より体が小さい親鳥からエサをもらい続ける、恐ろしい映像から始まります。

トムとジェマは、まさにカッコウを育てる親鳥のように、正体不明の存在を育てる事になるのですが、騙し絵のような風景の「Yonder」の中で、謎の存在を育て続けるトムとジェマからは、かなり異常な雰囲気が漂います。

トムは正体不明の存在を育てる事を放棄し、ジェマに育児を押し付け、自分の穴掘り作業に没頭します。

ジェマは、子どもに寄り添う姿勢を見せますが、明らかに人間ではない子どもの事が理解できません。

子育てを巡り口論するトムとジェマの姿は、マイホームを購入し、家族が増えた若い夫婦が直面する、子育てに関する問題を反映させているように見えます。

映画『ビバリウム』は、生活が裕福ではない、いわゆる一般層の抱える問題を、皮肉的に描いた作品です。

2人が育てている子どもの正体と目的は、実は最後までハッキリと明かされないのですが、ヒントになる不気味な描写は各所にあるので、いろいろ想像してみても面白いのではないでしょうか?

映画『ビバリウム』は2021年3月12日(金)より全国公開です。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!





関連記事

連載コラム

映画『人数の町』感想と考察評価。中村倫也の演技力で魅せる“謎の町で生き抜く”多様な表情に注目|スター深堀研究所1

連載コラム『スター深堀研究所』第1回 読者の皆さま、はじめまして。連載コラム『スター深堀研究所』を担当させていただくことになりました、咲田真菜です。 このコラムでは特定のキャストにスポットをあてて、作 …

連載コラム

『峠 最後のサムライ』あらすじ感想と解説評価。役所広司が小泉堯史監督作品で武士の生き様を演じる|映画という星空を知るひとよ102

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第102回 歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた越後長岡藩家老・河井継之助を描いた国民的ベストセラー小説『峠』。 この小説を映画化した『峠 最 …

連載コラム

『ペットセメタリー』と映画化したスティーヴン・キング作品を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車84

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile084 新年も2週目となり、学生から会社員の方まで多くの人が新たな年の平日を過ごし始めていると思います。 2020年の新作映画の公開が続々と始ま …

連載コラム

映画『社会から虐げられた女たち』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。社会派スリラーを原作小説を基にメラニーロラン監督が描く|Amazonプライムおすすめ映画館8

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第8回 今回ご紹介する映画『社会から虐げられた女たち』は、ヴィクトリア・マスの小説『狂女たちの舞踏会』が原作の社会派スリラー映画です。 監督は女優として …

連載コラム

映画『クライ・マッチョ』あらすじ感想と考察解説。原題の意味×クリント・イーストウッドの自らの“弱さ”との再決着|のび編集長の映画よりおむすびが食べたい1

連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』第1回 「Cinemarche」編集長の河合のびが、映画・ドラマ・アニメ・小説・漫画などジャンルを超えて「自身が気になる作品/ぜひ紹介したい作品」を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学