Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/16
Update

映画『VAMP』あらすじと感想レビュー。 吸血鬼を新たに日本に蘇らせたコナカブラザーズ|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019①

  • Writer :
  • 増田健

映画『VAMP』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」オープニング作品として上映!

第6回目となる日本映画界の夏恒例のホラー作品上映イベント、「夏のホラー秘宝まつり」が開催されます。

オープニングを飾る作品が、異色のヴァンパイア映画である『VAMP』

自主映画でキャリアをスタートさせ、商業映画デビュー後は、数多くのホラー作品・ヒーローモノを手がけ、常に第一線の脚本家・監督として活躍している小中千昭&小中和哉兄弟

兄の小中千昭が手がけた脚本を、弟の小中和哉が監督した作品は、新たな日本のヴァンパイア映画に挑みました。

中丸シオン・高橋真悠・田中真琴の女優陣が熱演を見せる、血とエロスに彩られた、禁断の耽美的ダークファンタジーが登場します

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『VAMP』の作品情報


(C)2019 キングレコード

【公開】
2019年8月23日(金)(日本映画)

【脚本】
小中千昭

【監督】
小中和哉

【出演】
中丸シオン、高橋真悠、田中真琴、渡邊翔、後藤光利、加藤厚成、松沢蓮、早坂季花、北岡龍貴、木之元亮、石田信之、大浦龍宇一、堀内正美

【作品概要】

血を求めてうごめく闇に潜む女たちの姿を、エロティックかつリリカルに、そしてバイオレンスを交えて描いた、ダークファンタジー映画。

主演はロシア・中国など海外作品でも活躍する国際派女優、中丸シオン。小中監督作品では『ウルトラマンネクサス』など、「平成ウルトラマンシリーズ」作品に多数出演した経験を持ち、信頼に基ずく息の合った演技を披露します。

共演に『西の魔女が死んだ』に主演して注目を集めた高橋真悠と、モデル・女優として活躍している田中真琴が登場し、ラブシーンやアクションシーンに体当たりで臨んでいます。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」コアファンタ部門正式招待作品。


映画『VAMP』のあらすじ


(C)2019 キングレコード

父親から虐待に苦しんでいる女子高生の美以那(高橋真悠)。もはや生きる希望を失い、自暴自棄となった彼女は、夜の街で男に襲われる。彼女を危険から救ったのは、謎の女であった。

美以那は謎の女、苓(中丸シオン)と思わぬ形で再会する。美以那に対して、自らを“ヘマトフィリア(血液耽溺者)”と紹介する苓。

生きるに値しない行為を犯した男を誘い出し、殺害してその血をすする“ヘマトフィリア”の苓。その姿を目撃し怯えながらも、美以那は徐々に苓に魅かれてゆく。

苓の導きで、禁断の世界に足を踏み入れた美以那。生きる気力を取り戻した彼女は、新たな人生を歩もうと決意する。

しかし2人の前に、美しきヴァンパイアの影が忍び寄る。マリ子(田中真琴)と名乗ったその女は、苓と宿縁で結ばれていた。

マリ子の正体が明らかになった時、3人の女の運命は大きく動き出す…。

スポンサーリンク

映画『VAMP』の感想と評価


(C)2019 キングレコード

新たな吸血鬼ホラーに挑んだ脚本家・小中千昭

デビュー以来映画だけでなく、テレビドラマやアニメ作品の脚本・シリーズ構成作家として、幅広い活躍を見せている小中千昭。今回、久々にホラー映画を作りたいとの思いが、映画『VAMP』となって結実。

日本のホラー作品でも、様々な形で登場するヴァンパイア。今回彼が描いた作品はゴシックホラー小説「吸血鬼カミーラ」、ロジェ・ヴァディム監督が美しくも退廃的に映画化した、『血とバラ』の流れをくんだものになっています。

商業活デビュー後の、初期の小中千昭脚本には、OVA作品の『邪願霊』、そして後にTVドラマシリーズ化される原点であるOVA作品、『ほんとにあった怖い話』があります。

これらの作品はこの後世界的なブームを巻き起こす“Jホラー”の構成・演出スタイルに大きな影響を与え、その表現技法は「小中理論」と呼ばれる事になりました。

小中兄弟は自主製作映画出身の先輩である、大林宣彦監督と近しい間柄。

商業デビュー前の大林監督の、本格的な自主製作映画の1つに『血とバラ』にオマージュを捧げた作品、『EMOTION 伝説の午後 いつか見たドラキュラ』があります。

小中千昭が今、改めてホラー映画の脚本を執筆するにあたり、“Jホラー”的な作品ではなく、“女ヴァンパイア”を選んだのは、自主製作映画時代への回帰があるのです。

今回彼が原点に帰って映画化作品として執筆した脚本は、今までに無い試みを持つダークファンタジーとして完成しました。

兄千昭の脚本を演出した小中和哉監督


(C)2019 キングレコード

映画・テレビドラマの演出で、近年も数多くの作品を手がけ、常に第一線で活躍している小中和哉監督。

久々に兄の脚本を映画化する事になった時、中丸シオンほか「平成ウルトラマン」シリーズで、監督と仕事を共にした方々など多くの俳優が結集しました。

こうして集まったベテラン俳優、そしてアクションをこなせる俳優に支えられ、『VAMP』は流血描写・アクション描写を盛り込んだ作品に仕上がっています。

このベテラン俳優陣に支えられ、存在感のある演技を披露している、高橋真悠・田中真琴の姿にも注目して下さい。

独特の雰囲気を持った役柄に挑戦した高橋真悠は、監督から撮影前に『ぼくのエリ 200歳の少女』を見て欲しいと言われたそうです。

彼女は『ぼくのエリ』を見て、怖さよりも美しく切ないものを感じた、と語っています。この思いが『VAMP』の中の演技に、どの様に生かされているかを要チェックです。

「ミラーマン」こと石田信之の遺作となった映画

「平成ウルトラマン」シリーズなどの、多くのヒーロー物のドラマに関わっている小中兄弟。

『VAMP』と同様に兄が脚本、弟が監督を手がけた作品の1つに0VAとして製作され、劇場公開も行われた作品『ミラーマンREFLEX』があります。

「ミラーマン」は「ウルトラマン」シリーズ同様、円谷プロで製作された巨大ヒーローが活躍する番組。ミラーマンに変身し怪獣やインベーダーと戦う主人公、“鏡京太郎”を石田信之が演じました。

小中兄弟は「ミラーマン」を『ミラーマンREFLEX』としてリメイクする際に、オリジナルの侵略者と戦う巨大ヒーローものを、鬼道をモチーフとしたハードSFのストーリーに改変しました。

この作品に石田信之は、主人公の父“影山恭太郎”役で出演、オリジナル版とリメイク版をつなぐ存在として登場しています。

映画『VAMP』では、脇役ながら強烈な印象を残す役柄で登場している石田信之。しかし彼は、2014年にがんを発症したことを公表していました。

治療後も再発を繰り返し、ついには医師から余命宣告をうけた事を公表した石田信之。それでも彼は治療をしながら仕事を続ける道を選び、俳優としての活動を続けていました。

『VAMP』撮影中の彼について小中監督は、病院に通う合間に参加して頂いたと語っています。そして現場ではいつもと同じように、さわやかで楽しげな様子で撮影に参加していたそうです。

この作品の撮影終了後である2019年6月13日、石田信之は闘病の末お亡くなりになりました。

小中兄弟と同じく「ミラーマン」に親しんだ世代には、かつてヒーローを演じた1人の俳優の、最後の出演映画としてご注目下さい。

まとめ


(C)2019 キングレコード

毎年恒例の「夏のホラー秘宝まつり」に初めて登場となった、小中兄弟が手掛けた映画『VAMP』。

本作は小中兄弟と共に仕事をした多くの俳優に支えられて完成、新たな試みを持って描かれた、意欲的な“女ヴァンパイア映画”として完成しました。

この作品はR15指定。時に退廃的、時に暴力的な描写は、小中兄弟のこの作品に対する深い拘りを感じとる事ができます。

劇中で大人の色気を漂わすだけでなく、アクション・シーンも披露している中丸シオン。ご本人はこの映画の撮影を振り返って、実に楽しかったと語っておられました。

そしてエロティックなシーンに、体当たりで挑んだ高橋真悠。さぞやりにくかった撮影と思いきや、中丸シオンを信頼し、彼女にリードしてもらったそうで、さほど困難を覚えず終えることができたそうです。

こうして撮影されたシーンが映画の中で、どの様に使われているか、ぜひ、劇場に足を運んでみてはいかがでしょう。

映画『VAMP』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「夏のホラー秘宝まつり2019」オープニング作品として上映!

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】『ワンダーウーマン』映画と原作コミックとの比較解説。新たな女性ヒーローのアイコン|最強アメコミ番付評22

連載コラム「最強アメコミ番付評」第22回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』に続いて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告がアップされましたね。 2019年公開の …

連載コラム

ジュラシックワールドとパークの新旧3部作から見える奇妙な類似性|SF恐怖映画という名の観覧車5

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile005 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションや、地上波での放送で一般的にも広く知れ渡っているモンスター・パニック映画、「ジュラシック …

連載コラム

映画『GOZEN』の石田秀範監督プロフィール。厳しい演技指導と最終回職人の名作「ライダー龍騎」の内容解説|邦画特撮大全33

連載コラム「邦画特撮大全」第33章 先日、東映の新企画“東映ムビ×ステ”が発表されました。これは映画と舞台を連動させた企画で、第1弾『GOZEN』の製作が決定しています。 2019年夏に映画『GOZE …

連載コラム

東京国際映画祭2019グランプリ受賞『わたしの叔父さん』あらすじと感想レビュー。監督フラレ・ピータゼンが伝えたかったメッセージとは|TIFF2019リポート12

第32回東京国際映画祭「コンペティション」部門上映作品『わたしの叔父さん』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が開催されました。 コンペティション部門で東京グランプリを …

連載コラム

アイ・ウェイウェイが難民問題に切り込んだドキュメンタリー『ヒューマン・フロー 大地漂流』感想レビュー。|銀幕の月光遊戯19

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第19回 中国の現代美術家アイ・ウェイウェイが難民問題に切り込んだドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』が現在、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP