Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

イラン映画『死神の来ない村』あらすじと感想レビュー。老人の“終の姿”にこそ生きる希望を見出す|TIFF2019リポート30

  • Writer :
  • 桂伸也

第32回東京国際映画祭・アジアの未来『死神の来ない村』

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されました。


(C)Cinemarche

この映画祭の「アジアの未来」部門は、これまでの製作履歴が長編3本目までの新鋭監督によるアジア地区の作品を対象としたもので、「作品賞」と「国際交流基金アジアセンター特別賞」(監督賞に相当)を目指して競い合います。

その一本として、イランのレザ・ジャマリ監督による映画『死神の来ない村』が上映されました。

そして本作はこの部門で「国際交流基金アジアセンター特別賞」を受賞しました。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『死神の来ない村』の作品情報

【上映】
2019年(イラン映画)

【英題】
Old Men Never Die

【監督】
レザ・ジャマリ

【キャスト】
ナデル・マーディル、ハムドッラ・サルミ、サルマン・アッバシ、ネダ・ハグシェナス、ウェラタト・クープデル、セファト・アハリ、ラスル・アリネジャド

【作品概要】

45年間、一人の死者も出ていないという長寿の村を舞台に、不死の老人たちをめぐる大人の寓話を描きます。

どちらかというと少年少女が主人公というケースの多いイラン映画ですが、劇中で最も登場するのはほとんどが老人であり、その意味でも非常にユニークな作品となっています。

レザ・ジャマリ監督のプロフィール


(C)Cinemarche

1978年生まれ、イラン、アルダビール出身映画製作を学んだあとに、数多くの短編映画を製作し国内外の映画祭で多数の映画賞に輝きました。そして今作が長編として初の監督作品になります。

スポンサーリンク

映画『死神の来ない村』のあらすじ


(C)Persia Film Distribution

若いころに軍隊で過酷な生活を送ってきたアスラン。いまや100歳となった彼が村にやってきてから45年間、村の中では一人の死者も出ていませんでした。

老人で埋め尽くされた村。中にはアスランの軍隊時代の不祥事が村に呪いをもたらしたという噂まで流れ出す始末。そして老人たちはもはや死ぬためには自殺するしかないと思いはじめ、それぞれが死に向けて様々な思いをめぐらせていきます。

映画『死神の来ない村』の感想と評価


(C)Persia Film Distribution

本作は、改めて「死」とは何なのだろうかと、考えさせられる映画です。物語は山奥ののどかな風景から幕を開けます。

そこで「早く死にたい」とのたまう主人公アスランと、彼の“自殺行為”をいつも邪魔するボランティア兵が登場。

そしてあの老人も、この老人も井戸端会議で口をひらけば「いよいよ死人が出るのか?」「いつ死ぬんだ?」などとおっかない言葉が。

しかしその光景は、かなり滑稽に見えます。温泉に入れば窒息して死んでやろうとお湯に潜り、ボランティア兵から無理やり引きずり出されて湯冷めの光景へ。ここまでくるとさすがにコント劇にしか見えてきません。

それ故に「死」という存在の正体を、改めて考えることになります。人はいつかは死ぬ運命にありますが、それを敢えて求める人たちもいる。勝手に訪れるものかと思えば、無理やり手に入れようとするものもいる。

できれば死にたくないと考える人がいる一方で、逆に受け入れたいとユーモラスに構える人がいる。「死」とは恐怖の象徴であるという考えが、必ずしもそうではないとも考えられるわけです。

そういった概念を、100歳を超える老人たちばかりが住むコミュニティーでの生活を通して描くわけですから、特別に奇抜な感じを見せているわけではない一方で、非常に哲学的な理論を考えさせてもくれます。

死を待つ老人と、それを阻む若者たち。その対比が非常に整然としていて、かつ改めて人はどう生き、終わりを迎えていくか、その心構えなどをはっきりと心に植え付けてくれるような作品です。

スポンサーリンク

第32回東京国際映画祭「審査委員特別賞」受賞コメント

11月5日におこなわれた映画祭のクロージングにて、本作が「アジアの未来」部門で「国際交流基金アジアセンター特別賞」を受賞したことが発表され、レザ監督が受賞の喜びを語りました。

レザ:この作品は私のデビュー作であり、この作品で東京国際映画祭においてこのような素晴らしい賞を頂けて、嬉しく思います。

この映画を作るとき本当に手ぶらでしたし、プロデューサーがいなければ、この作品はできませんでした。そしてまた辛く大変なときを一緒に過ごしてくれた奥さんにも感謝しています。

時差ボケで 2 時間くらいしか寝られなかったですが、これで今夜も興奮して寝られないと思います。

実は今、2本目の作品の撮影が終わったばかりでポスプロに入るところなのですが、今回の受賞は自分の目線を大事にして、また次の作品を作るときの自信につながっていくと思います。

まとめ


(C)Cinemarche

物語の老人たちにとって、ある意味「死」こそが老人たちの「生きる希望」であるという、非常に滑稽なテーマを描いたこの寓話。

一方で生きる目的を見失い、「生きる」という意味を見出せず悩む少年、少女たちがこの世の中にはいます。対照的に長く生きられないことに関して深い絶望感を抱く人もいます。

そういった現状に、この映画は何か深い疑問を投げかけているようにも見えます。

長く生きたから、あるいは人生に希望がないから人生を終えようとするのか、あっという間に閉じていく生涯には、果たして長く生きられる人生に比べて希望はないのか、など人それぞれの生き方に対して、いろんなことを考えさせてくれることでしょう。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『シュヴァルの理想宮』レティシア・カスタとニルス・タベルニエ監督へのインタビュー【作ることで詩は訪れる】FILMINK-vol.30

FILMINK-vol.30「The Ideal Palace: Build It and They Will Come」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cin …

連載コラム

『続世界残酷物語』ネタバレ感想と内容解説。前作の成功が生んだモンド映画第2弾|未体験ゾーンの映画たち2021見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第22回 最新作だけでなく歴史的怪作映画も紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第22回は『続・世界残酷物語』。 世界各地の奇習・風習を記 …

連載コラム

映画『レプリカズ』のクローン技術をめぐる倫理観。類似SF作品の比較から紐解く|SF恐怖映画という名の観覧車48

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile048 1996年、クローン技術により哺乳類初の人工的なクローン羊「ドリー」が生み出されました。 その後もクローンの技術は発展を続け、現在の技術 …

連載コラム

映画『完全なる飼育ètude』ネタバレ感想と内容解説。シリーズ9作目にして初の“女性が男性を飼育する”愛憎劇|映画という星空を知るひとよ39

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第39回 映画『完全なる飼育ètude』は、少女と中年男の歪んだ純愛を描いてきた「完全なる飼育」シリーズ第9作めの作品です。 これまでのシリーズと大きく違って、 …

連載コラム

『メン・イン・ブラック3』ネタバレあらすじと感想。ラスト最後の結末も【キャスト変更を演技力で乗り越えた第3作目】SF恐怖映画という名の観覧車133

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile133 数多の作品が否定的な意見を受けたように、シリーズものにおける役者の世代交代は困難を極めます。 特に基となるキャラクターが魅力的であればあ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学