Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/03/15
Update

韓国映画『ブルドーザー少女』あらすじ感想と評価解説。キャストのキム・ヘユンが演技力を魅せた“大人になる”ことへの不安と決断に刮目せよ|大阪アジアン映画祭2022見聞録1

  • Writer :
  • 西川ちょり

2022年開催、第17回大阪アジアン映画祭上映作品『ブルドーザー少女』

毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も、2022年で17回目。今年は3月10日(木)から3月20日(日)までの10日間にわたってアジア全域から選りすぐった多彩な作品が上映されます。

さらに、過去の大阪アジアン映画祭で上映された作品から選出された10作品が「大阪アジアン・オンライン座」として2022年3月3日(木)から3月21日(月)の期間、開催されます。

今回はその中から、コンペティション部門にエントリーされた韓国映画『ブルドーザー少女』(2021)をご紹介します。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2022見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ブルドーザー少女』の作品情報


(C)OAFF2022

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
불도저에 탄 소녀(英題:The Girl on a Bulldozer)

【監督・脚本】
パク・イウン(박이웅)

【キャスト】
キム・ヘユン、パク・ヒョックォン、イェソン、オ・マンソク

【作品概要】
パク・イウン監督の長編デビュー作。『殺人鬼から逃げる夜』(2021)で殺人鬼に襲われる被害者を演じたキム・ヘユンが主演し、鬼気迫る演技を見せています。

ヒロインの父親の事故を担当する刑事に「SUPER JUNIOR」のイェソンが扮しているのにも注目です。

第26回釜山国際映画祭で初上映されて好評を博し、2022年4月より韓国にてロードショー公開が予定されています。

映画『ブルドーザー少女』のあらすじ


(C)OAFF2022

左腕にばっちり龍のタトゥーを入れたヘヨンは19歳。喧嘩早く、トラブルに巻き込まれた際に奮った暴力のせいで、裁判所から職業訓練と奉仕活動を言い渡されてしまいます。

父は中華料理店を営んでいますが、ギャンブル中毒で頼りにならず、母が亡くなってからはヘヨンが幼い弟の面倒を見ていました。

ある日、父は厨房でやけどをして、病院で治療を受けました。ヘヨンが治療費を払おうとすると、保険は切れていて、カードも使用できません。

父は保険に入るから金をたて替えておいてくれとヘヨンに頼み、ヘヨンはなんでお金がないのよと文句を言いながら保険料金を支払いました。

ある朝、父は包丁を包装紙で包み、意を決したように家を出ていきました。父の留守中に、叔父が訪ねてきたり、見知らぬ人からヘヨンに電話がかかってきたりと皆、父となんとか連絡をとろうとやっきになっています。

その夜、父は帰ってこず、不信に思っているヘヨンのもとに警察が訪ねてきました。

父が盗んだ車で人身事故を起こし、病院に運ばれたというのです。あわてて病院に駆けつけますが、父は意識不明の重体でした。

怪我を負った相手は早々に退院したようでしたが、保険の代理人から示談金についての電話が頻繁にかかってくるようになります。

警察は父親が保険に入ったばかりであることに注目し、子どもたちに保険金を受け取らせるために自殺を図ったのではないかと疑っていました。

しかし、ヘヨンは事故の裏側に虚偽と不正を嗅ぎ取り、怒りを爆発させます・・・。

スポンサーリンク

映画『ブルドーザー少女』の感想と評価


(C)OAFF2022

大人になることへの不安と決断

主人公のヘヨンは腕に入れ墨を入れ、暴力的な諍いも度々起こす典型的な不良少女として登場しますが、パク・イウン監督は、彼女が直面している様々な事柄を丁寧に描写し、ひとりの少女が抱える多くの複雑な問題を提示してみせます。

彼女が19歳であることが映画のひとつの核となっています。年齢的にはもう大人と言える一方、まだまだ子どもの部分を多く残している年頃でもあります。

ヘヨンも亡くなった母親に変わって弟の面倒を見ている点では大人ですが、経済的に自立しているとはいえません。

父親はギャンブル依存の傾向があり頼りなく、父が病院で怪我の治療を受けた際には、思っていた以上に一家が経済的に困窮していることを突きつけられます。

父が交通事故を起こし意識不明で運ばれた病院で、ヘヨンは保護者としての役割を求められ、保険会社とも対応しなければなりません。

一家の長としての負担が突然一気にやってきて、生活の危機に見舞われた彼女は、乱暴な受け答えと態度を見せ、大人たちの顔をしかめさせますが、映画を見ている私たちには彼女を責めることはできません。

少女が直面していることは、ふとしたはずみで日常を失った時に誰にでも起こりうることですし、乱暴に振る舞うことで少女は辛うじて精神の均衡を保っていることが見えてくるからです。

全編にヘヨンの激しい怒りが渦巻いていますが、そこには子供時代の終焉、大人になることへの不安が存在しています。本作はそうしたひとりの女性が、恐れ戸惑いながらも責任を担っていく成長物語でもあるのです。

理不尽なものに声を上げ続けること


(C)OAFF2022

ヘヨンが父の事故の背景に気付いていく過程はスリリングであると同時に、父への愛と信頼を強く感じさせます。

卑怯でずる賢く嘘つきな大人たちに対して彼女は激しく怒り、父の名誉のために、守るべき家族のために、猪突猛進で突き進みます。闘っては敗れ、さらに挑んでまた敗れ、傷つきながらもそのたびに立ち上がり、抗議の手を緩めません。

その行動はまさにブルドーザーの如くまっすぐで重々しく激烈です。しかし、「ブルドーザー少女」というタイトルは比喩的なものではありません。実際に彼女はブルドーザーに乗り、憎むべき存在へと突き進んでいきます。

なぜ、彼女がブルドーザーに乗るのかという点は、巧みな伏線がはられていて、ストーリーテリングの旨さを感じさせます。

伏線のひとつとなるヘヨンが職業訓練の講師に「重機を扱うのは女性には向かない職業」と絡まれるエピソードは、社会が女性の選択を狭めている一つの例でしょう。

ヘヨンの闘いは、「身の丈にあったことをしておとなしく従順に生きていろ」という外圧との闘いでもあります。

彼女の諦めずに闘い続ける姿は、欲深く卑怯な権力者や理不尽な物事が横行する今の社会において、大いに共感を呼ぶもので、作品のエンターティンメント性も相まって、エキサイティングに心に響いてきます。

まとめ

パク・イウン監督は、一人の少女の生き様をパワフルかつ繊細に描き、これが長編デビュー作とは思えないほどの演出力を見せています。

また、『殺人鬼から逃げる夜』では、なすすべもない被害者役を演じたキム・ヘユンが、まったく真逆のヒロインを演じていて圧巻です。

実際のところ、ヘヨンが取る行動にはこれはどうかと思わせるようなものもあるのですが、キム・ヘユンの、全身から怒りの熱量が伝わってくる演技には思わず引き込まれてしまいます。彼女がキャスティングされなければ、これほどの共鳴は生まれなかったかもしれません。

また、男性アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のイェソンの出演も話題で、非常にリアリティのある刑事役を自然な演技でこなし、強い印象を与えています。

『ブルドーザー少女』は2022年3月18日(金)13::00よりABCホールで上映されます。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2022見聞録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『世界の涯ての鼓動』あらすじと感想評価。ヴィム・ヴェンダースが二つの旅路から再考する世界と愛|シニンは映画に生かされて14

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第14回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第14回にてご紹介する作品は、『パリ、テキサス』『ベ …

連載コラム

映画『朝が来る』育ての母と産みの母をテーマに河瀬直美自身が感じた“希望の光と生き方”|映画という星空を知るひとよ31

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第31回 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーされます。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

連載コラム

SF映画2019年公開おすすめランキング!ベスト5選が面白いと感じさせた内容とは【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車82

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile082 2019年も残すところ1週間となり、まとめの時期が始まりました。 映画好きにとって1年の楽しみはやはり、今年観た映画をまとめることにあり …

連載コラム

映画『マイ・ブックショップ』感想と解説。原作者が結末で描いた“本当に大切なもの”|銀幕の月光遊戯20

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第20回 スペインの女流映画監督イサベル・コイシェが、ブッカー賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説を映画化!  1950年代後半のイギリスを舞台に、書店が一軒もない町に …

連載コラム

講義【映画と哲学】第12講「愚か者とその愚行:映画に愚行の魅力を見る。」

講義「映画と哲学」第12講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 (C) 1994 by Paramount Pictures. 第12講では、J. S.ミル『自由 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学