Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2023/06/15
Update

映画プレジデント|あらすじ感想と評価考察。ジンバブエ大統領選挙を通じて“真の民主主義国家を願う戦い”を映す|映画という星空を知るひとよ159

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第159回

映画『プレジデント』は、ジンバブエ共和国での大統領選を描いたドキュメンタリー。現職のムナンガグワに挑戦する野党MDC連合の党首ネルソン・チャミサの姿を通して、2017年の軍事クーデター後初となる大統領選の行方を記録しました。

自由で公正、かつ透明な選挙は本当に行われるのでしょうか。また、民衆が真の民主主義を勝ちとることはできるのでしょうか。殺害予告に銃声が響く異様な選挙戦に世界も注目。サスペンス映画さながらの緊迫した様相を記録しています。

本作を取りまとめたのは、女性監督のカミラ・ニールセン。前作『Democrats(民主主義者)』(2014)に続く、権力闘争の核心に迫ったドキュメンタリーとなりました。

『プレジデント』は、2023年7月28日(金)より池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『プレジデント』の作品情報


2021(C)Final Cut for Real, Louverture Films & Sant & Usant

【日本公開】
2023年(デンマーク、ノルウェー、アメリカ、イギリス合作映画)

【監督】
カミラ・ニールセン

【製作】
シーネ・ビュレ・ソーレンセン、ジョスリン・バーンズ

【製作総指揮】
ファンディウェ・ニュートン、ダニー・グラバー

【撮影監督】
ヘンリック・ボーン・イプセン 

【編集】
イェッペ・ボッドスコフ

【出演】
ネルソン・チャミサ、エマソン・ダンブゾ・ムナンガグワ、ロバート・ガブリエル・ムガベ、ジャスティス・プリシラ・チグンバ、モーガン・ツァンギライ

【作品概要】
本作の監督は、デンマーク出身の女性監督カミラ・ニールセンです。

トライベッカ国際映画祭で最高賞を受賞するなど高評価を受けた前作『Democrats(民主主義者)』(2014)は、ジンバブエの新憲法制定に向けた権力闘争を追った作品で、本作はその続編とも位置付けられます。

ジンバブエの民主化を求める国民と与党の激しい対立を臨場感をもって映し出し、サンダンス国際映画祭でワールドシネマ・ドキュメンタリー審査員特別賞を受賞。

映画『プレジデント』のあらすじ


2021(C)Final Cut for Real, Louverture Films & Sant & Usant

2017年、ジンバブエ共和国に軍事クーデターが起こりました。1980年の独立以来、37年間にわたりジンバブエ共和国の政権を支配していた独裁者ムガベ大統領がクーデターにより失脚。

後継者として同国第3代大統領に暫定就任したのは、与党、ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF党)の代表エメルソン・ムナンガグワです。

ムナンガグワは、翌2018年に行われる大統領選において「平和で信用できる公正な選挙を行う」と口では公言します。

対する野党、民主変革運動(MDC連合)は、モーガン・ツァンギライ党首のもと選挙に備えますが、大統領選の4ヶ月前にツァンギライ党首が癌で死去します。

そのため、MDC連合の新党首として、若きカリスマと呼ばれるネルソン・チャミサが任命されました。

変わらぬ支配を目論む与党と、長年の腐敗に疲弊し、国内政治体制の変革を求める民衆に後押しされる野党。多くの国内外のマスコミや国民が注目するなか、国の未来を決める投票が始まるのですが……。

映画『プレジデント』の感想と評価


2021(C)Final Cut for Real, Louverture Films & Sant & Usant

『プレジデント』は、クーデター後初となる大統領選挙の行方を、現職のムナンガグワに挑戦する野党MDC連合の党首ネルソン・チャミサを通して追っていきます

ジンバブエは、リチウム、プラチナ、金、ダイヤモンドなど60種類もの鉱物資源がある国なのですが、国民は貧困に喘いでいました。それはなぜでしょう。1980年に独立して以来、ロバート・ムガベ大統領の独裁政権が政治を腐敗させていたからです

軍事クーデターのあと、ロバート・ムガベの後任者となったのは、与党・ZANU-PF党の代表エメルソン・ムナンガグワ。自分たちが支配権を握るのではなく、国民選挙で民主化を確保すると口では約束しますが……。

与党による長い間の独裁政治がそうたやすく変わるとは思えません。本作では、軍隊による民衆のデモ抑制風景や銃声、暴動で混乱する選挙前の町の様子を映し出します。これが独裁政権のやることなのです。

そこで、独立以来ジンバブエを支配してきた与党を倒すべく、40歳の弁護士であるカリスマ、ネルソン・チャミサが、真の民主主義を求めて立ち上がりました

独裁者に牛耳られた国とそこに住む民衆を解放すべく、民主主義国家成立目指して戦いに挑むチャミサ。与党が不利な状況となれば、自分たちの身を守るために与党による裏工作も考えられます。果たして選挙結果はどうなるのでしょう。

そんな状況も念頭に、「民衆の票を守る」とチャミサが誠心誠意をもって戦う姿をカメラは冷静に捉えています

ポスターのキャッチコピー「終わりじゃない、これは変革の始まり」からは、決して燃え尽きない自由への信念が読み取れました。

まとめ


2021(C)Final Cut for Real, Louverture Films & Sant & Usant

アフリカ・ジンバブエの2018年に行われた大統領選を題材にしたドキュメンタリー映画『プレジデント』をご紹介しました。

独裁政権をストップさせたい野党は民衆の力を得るため、動き出しました。一度民主主義に目覚めた民衆の力は侮れません。たとえ失敗しても、それは終わりでなく始まりといえる真の強さを持っているのです。

世界にはまだまだ独裁者が治める国が散在しています。それらの国にも民衆の力によって民衆のための民主主義の政治が行われることを願ってやみません。

『プレジデント』は、2023年7月28日(金)より池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。
時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。



関連記事

連載コラム

森田博之監督の映画『ラストラブレター』感想と考察。がらくたと恋と救済と|映画道シカミミ見聞録17

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第17回 こんにちは、森田です。 日本映画大学のある新百合ヶ丘では、毎年10月から11月にかけて「KAWASAKIしんゆり映画祭」が開催されます。 この映画祭は、19 …

連載コラム

映画『よこがお』ネタバレ解説と考察。深田晃司は“真のカタルシス”をどのように描いて見せたか|シニンは映画に生かされて12

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第12回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第12回にてご紹介する作品は、『ほとりの朔子』『淵に …

連載コラム

映画『アウェイク/AWAKE』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。眠ることの出来なくなった世界で起こる崩壊と再生の物語|Netflix映画おすすめ43

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第43回 平和な日常が突如終わりを告げ、不安とパニックの渦中へと引きずり込まれる絶望感を描いた映画の数々。 私たちの身にもいつ起きるか分から …

連載コラム

映画『バーシティブルース作戦』ネタバレ感想とラスト解説。リックシンガーのアメリカ不正入学事件から“受験”の在り方を問う|Netflix映画おすすめ26

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第26回 今回ご紹介する映画『バーシティ・ブルース作戦:裏口入学スキャンダル』は、2019年に起こった前代未聞の大学入試不正入学事件の実態を …

連載コラム

大林宣彦映画『異人たちとの夏』あらすじと感想評価。市川森一が脚色した「大人のおとぎ話」|邦画特撮大全52

連載コラム「邦画特撮大全」第52章 目黒シネマにて2019年6月22日から6月28日までの7日間、“大林宣彦デラックス~キネマの玉手箱~”が開催。 この特集上映は『フィルムメーカーズ 大林宣彦』(宮帯 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学