Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/22
Update

映画『マイ・ツイート・メモリー』あらすじ感想とレビュー解説。松本卓也監督が男女の恋愛と“SNS”で独自の手法で描く|インディーズ映画発見伝11

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第11回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

コラム第11回目では、松本卓也監督の映画『マイ・ツイート・メモリー』をご紹介いたします。

現代になくてはならない存在になりつつあるSNSを独自の手法で表現し、男女恋愛模様をソーシャルと現実で描き出しています。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『マイ・ツイート・メモリー』の作品情報


(C)シネマ健康会

【公開】
2013年

【監督、脚本】
松本卓也

【キャスト】
安田絵理、市橋直歩、Seek、繭未、亜悠美、丸山真幸、中村結有、堀秀暢、西尾美鈴、小木曽恭子、多田浩志、大橋専利、小見山雄、中島巧、青木泰代、下村早苗、上杉一樹、浅野哲也、岐阜姫軍団、谷川まさこ、磯谷貴彦、丸山卓也、長尾茂恵、増田勇介、松本卓也

【作品概要】
監督を務めた松本卓也監督は、約10年間お笑い芸人として活動をした後、独学で映像制作の道へ。映像制作チーム『シネマ健康会』の代表を務め自主制作作品の上映をするほか、単館系の商業映画も手がけ、さまざまな国内外の映画祭で受賞をしています。

『マイ・ツイート・メモリー』はながおか映画祭インディーズムービーコンペティション 準グランプリ、山形国際ムービーフェスティバル 選考委員特別賞、田辺・弁慶映画祭 映検審査員賞、栃木・蔵の街かど映画祭 アワード 審査委員特別賞、大塚ショートフィルムフェスティバル グランプリ、松本映画祭プロジェクト 商店街映画祭 山崎貴監督賞などを受賞。

過去作に『ミスムーンライト』(2017)、『花子の日記』(2011)、『グラキン★クイーン』(2010)ほか。

映画『マイ・ツイート・メモリー』のあらすじ


(C)シネマ健康会

ヨシオとマサミは別れて半年経ちますが、ヨシオは家を出ていかずに居候状態です。

無口で人付き合いも苦手なヨシオは常にスマートフォンを眺め、SNSに依存し、マサミはヨシオに出ていって欲しいと言い出せずにいます。

なかなか言い出せないマサミは友人との飲み会の場にヨシオを呼び出し出て行って欲しいと伝えようとするが言えず、ヨシオは飲み会の場で話したヤノが気になり彼女の地元の関ヶ原まで向かいますが…

スポンサーリンク

映画『マイ・ツイート・メモリー』感想と評価


(C)シネマ健康会

本作では、SNSの呟きを呟いている人が真顔で読みあげるという手法で描いているのが印象的です。誰に向かって言っているのかもわからない呟きを日々目にし、自分の呟きも顔も知らない誰かが見ている“リアル”ではない世界。

ヨシオは無口で人とあまり交流をせず、家にいても、飲み会に呼ばれても、ずっとスマートフォンを眺め、呟き続けます。

別れて半年経っても居候し続けるヨシオに出て行って欲しいと思っているマサミは飲み会の場にヨシオを呼び、直接言おうとしますが結局言えず、職場の後輩に言えないなら手紙はどうだと提案されます。「困っています」と手紙に書いたマサミでしたが、破り捨て直接ヨシオに出て行って欲しいと伝えます。更にSNSではなく、人と向き合った方がいい、まずは自分と向き合ってみたらと言います。

マサミにそう言われたヨシオは何故か呼び出された飲み会にいたヤノのことが気になり、ヤノの実家のある関ヶ原(岐阜県)までわざわざ出向きます。しかし、関ヶ原でSNSの虚構の世界から現実世界を知ったヨシオはやっとマサミとの依存した関係から一歩前に踏み出します。

ヨシオと違い面と向かって直接話すマサミとSNSに依存しているヨシオ。情報社会が進み、SNSが人々にとって当たり前となった今、SNSの闇を描いた映画は多数あります。しかし、本作ではどちらが良い悪いの問題ではなく、SNSを非常に身近な、日常に存在するものとして描いています。

マサミに言われてヤノを探しに関ヶ原に向かったヨシオはどこかでまだSNSの虚構の世界に期待しているのかもしれません。関ヶ原にまで向かったヨシオに容赦なく降りかかる雪と冷たい風。SNSの世界では今もどこかで誰かが呟いている、現実の孤独とSNSの虚構が入り混じったシュールな風景は現実世界を映しているかのようです。

また、スマートフォンに依存し、人との交流をあまりしようとせず、何を考えているのかわからないヨシオを監督自身が演じている点にも注目です。

まとめ


松本卓也監督(c)Cinema Discoveries

現在、当たり前のように身近にあるSNSを松本卓也監督独自の手法で描いた映画『マイ・ツイート・メモリー』。

真顔で呟きを読みあげることでリアルではなく虚構のSNSであっても呟いている向こう側には生身の人間がいて、それぞれ事情を抱え日々過ごしている、そんな背景も感じさせるかのようです。

しかし、SNSを批判するのではなく、日常に当たり前のように存在し、人々はSNSに依存しながらも現実を生きている現代社会の様子も表しています。日常に寄り添った視点は観客自身の日常とも重なる部分はあるかもしれません。

松本卓也Twitter
シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(c)SHINOBU IMAO

次回の「インディーズ映画発見伝」第12回は、那須ショートフィルムフェスティバル2020 上映作品である今尾偲監督の『猫、かえる Cat’s Home』。主演は『少女邂逅』(2018)、『風の電話』(2020)などのモトーラ世理奈。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ドンデン返し映画『皮膚を売った男』あらすじと感想評価。猟奇的題材が話題を集める社会派ミステリー|TIFF2020リポート1

『皮膚を売った男』は、東京国際映画祭2020のTOKYOプレミア2020にてアジアン・プレミア上映! コロナ禍の中困難を乗り越え、2020年も無事実施された東京国際映画祭。話題の作品を集めたTOKYO …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】②

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年2月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

映画『空白』ネタバレ考察。怒りの被害者が加害者ともなる古田新太演じる‟怖い父の心情”|映画という星空を知るひとよ74

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第74回 『ヒメアノ~ル』(2016)の吉田恵輔監督による、主演・古田新太×共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より全国公開! ある日 …

連載コラム

映画『バリーリンドン』ネタバレあらすじと感想。戦列歩兵が得る金と愛を描くキューブリックの隠れた名作|電影19XX年への旅4

連載コラム「電影19XX年への旅」第4回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第4回は、『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』の …

連載コラム

映画『仮面ライダーセイバー』ネタバレ評価感想レビュー。キャストからテレビ版演出との共通点を解説|邦画特撮大全80

連載コラム「邦画特撮大全」第80章 今回の邦画特撮大全は劇場短編『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』を紹介します。 2020年12月18日から劇場公開されている『仮面ライダーセイバー 不死 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学