Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/19
Update

クワイエット・プレイス2|ネタバレあらすじと結末の感想解説。サバイバルホラーでどんでん返し逆転の破られた沈黙とは|SF恐怖映画という名の観覧車145

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile145

『ドント・ブリーズ』(2016)から着想を受け製作され、本国で大ヒットを記録しただけでなく「音を立てたら、即死」と言うキャッチコピーが日本でも評判となった映画『クワイエット・プレイス』(2018)。

本作を機にホラー映画は空前の「○○をしたら死亡」ブームとなり、『バードボックス』(2018)を始めとした作品のヒットのきっかけとなっていきます。

今回はホラー映画のいちブームを気づきあげた作品の続編となる映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の作品情報


(C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
A Quiet Place: Part II

【監督】
ジョン・クラシンスキー

【キャスト】
エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュープ、キリアン・マーフィー、ジャイモン・フンスー、ジョン・クラシンスキー

【作品概要】
ドラマシリーズ「ジャック・ライアン」で主演を務めるなど、俳優としてのキャリアを重ねるジョン・クラシンスキーが監督した大ヒット映画第2弾。

前作に引き続きエミリー・ブラントが主演を務め、新たにアボット一家を支えるエメット役として『28日後…』(2003)のキリアン・マーフィーが参加しました。

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

2020年、空から地球に飛来した「何か」は人類を襲撃し、生き残った人類は文明を捨て「何か」に見つからないように隠れ潜んで生活していました。

「何か」は視力が殆どないものの並外れた聴覚を持っているため、アパラチア山脈の谷で助けを待ちながら過ごすアボット一家は音を立てないようにさまざまな工夫を凝らしていました。

「何か」の飛来から474日後、母イヴリンが息子を出産した夜にアボット一家は聴覚障害を持つ娘リーガンの持つ補聴器から発せられる高周波によって「何か」の弱点を露出させ殺害できることを発見しますが、同時に父のリーが家族を守るために死亡してしまいます。

翌日、隠れ家も崩壊してしまい、新たな地を目指すことを余儀なくなったイヴリン、リーガン、マーカス、そして産まれたばかりの息子の4人はニューヨーク方向へと向かいます。

道中、「立ち入り禁止」の看板が掲げられる廃工場でマーカスが仕掛けられていたトラバサミに引っかかり足を負傷。

騒音に引き寄せられた「何か」に襲われる一家でしたが、廃工場に隠れ潜む男に救われ、彼の住む廃工場の地下へと案内されます。

男は「何か」の襲来前はアボット一家と親しい関係であったエメットでしたが、彼は息子と妻を失い人間不信に陥っていました。

エメットの隠れ家でリーガンはラジオから「ビヨンド・ザ・シー」が流れていることに気づきます。

エメットは数ヶ月前から音楽が流れ始めたと言い生き残りの人間がいることを示唆しますが、同時に生き残った人間は危険な存在だと忠告。

その日の夜、リーガンは「ビヨンド・ザ・シー」は「海の向こう」を意味しており、廃工場へと電波を飛ばせる放送局が徒歩1日圏内の波止場から目視できるはずの孤島にあることをマーカスに話します。

リーガンはラジオから補聴器の放つ高周波を流すことが出来れば生き残っている人間を支援できると力説しますが、危険すぎる行動にマーカスは反対。

翌日、目を覚ますとリーガンは1人波止場を目指し廃工場を出て行きました。

リーガンがいないことに気づいたイヴリンはエメットにリーガンを連れ戻すように懇願します。

渋々エメットは道中で「何か」に襲われるリーガンを助け連れ戻そうとしますが、彼女の意志は固く波止場へ向かおうとする行動を止めることが出来ずエメットも同行することになります。

波止場にたどり着き島へと渡るための船を探す2人でしたが、生き残りの少女を囮にした強盗たちに拘束されます。

リーガンの拉致を目前としたエメットはわざと騒音を鳴らすことで「何か」を引き寄せ、駆け付けた複数の「何か」によって強盗たちは虐殺。

騒ぎに乗じてリーガンとエメットは船を調達し島へと向かいますが、同時に2人は「何か」が泳げないことを知ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』のネタバレ・結末の記載がございます。『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

島に上陸した2人は、島に住む生き残りの住民たちに暖かく迎え入れられます。

島民は「何か」の襲来初日に島に逃げ込んだ人間たちであり、海を渡れない「何か」の襲撃を受けることなく平和に過ごしていました。

補聴器の高周波をラジオから流すリーガンの作戦を住民のリーダーは快く引き受け、リーガンとエメットは島内で一夜を過ごすことになります。

その頃、マーカスの負った傷の薬を探すため一時的に廃工場を出たイヴリンでしたが、彼女の不在中に廃工場は「何か」に襲われマーカスと乳児は危機に瀕していました。

駆け付けたイヴリンが酸素タンクを使った爆破を引き起こし、3人はシェルターへと避難。

翌日、島の海岸を歩くエメットは波止場で見かけた船が海岸に漂流している様子を目撃します。

「何か」が船を使い島へと上陸したと言うエメットの予感は的中し、急いで集落へと戻ったエメットの前には「何か」による虐殺が繰り広げられていました。

車のクラクションで「何か」を誘引したリーダーとエメット、そしてリーガンはラジオの放送局へと向かいます。

放送局の入口でリーダーは「何か」によって殺害されてしまい、エメットとリーガンは放送室へと急ぎます。

一方でマーカスはラジオを聴き続け動向を探っていましたが、イヴリンがシェルターの外に出たことで「何か」にシェルターの存在を察せられてしまいイヴリンが攻撃され負傷してしまいます。

放送室へ急ぐリーガンでしたが、放送室の扉による騒音で「何か」に気づかれ、リーガンを守るためにエメットが身代わりとなり脚を負傷。

続けてエメットは「何か」にトドメを刺されそうになりますが、リーガンが補聴器の高周波を鳴らしたことで「何か」は苦しみ始めます。

さらにリーガンは補聴器をラジオのマイクへと近づけ、放送室外のスピーカーから大音量で流します。

その音声は、シェルター内で「何か」に襲われていたマーカスのラジオにも流れ、彼の前の「何か」も苦しみます。

リーガンは弱点を露出させた「何か」に近づき、鉄パイプで「何か」の弱点を貫き殺害。

そして、マーカスも「何か」の弱点をイヴリンの拳銃で打ち抜き殺害しました。

スポンサーリンク

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の感想と評価


(C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

前作のラストから続く物語

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は前作『クワイエット・プレイス』の地続きの作品となっており、物語は前作のラストシーンから始まります。

空から飛来しその正体も行動原理も分からない「何か」の弱点を発見したアボット一家ですが、依然として「何か」の驚異が薄れたわけではありません。

それゆえに「音を立ててはいけない」と言うルールは変わることなく人類の中に存在し、日常行動でつい立ててしまう微かな生活音でさえも引き続き恐怖の対象となります。

「音を立てることへの恐怖」を演出する一方で聴覚障害を持つリーガンを主眼としたシーンではあえて無音にすることで「危機の迫る音が聞こえない恐怖」を作り出す、前作で味わえた恐怖を再び感じ取ることができます。

本作ではさらに生存者たちとの出会いも描かれており、生き延びる上での「敵か味方か」も分からない不安が、前作以上に手に汗握るハラハラ感を引き出していました。

護る者と護られる者


(C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

本作の最大のテーマは「護る者」と「護られる者」の変化にあります。

前作では一家の父であるリーが妊娠中のイヴリンや家族を「護る者」であり、大黒柱としてアボット一家を率いていました。

しかし、リーが死亡したことで、前作では「護られる者」であったイヴリンが本作では家族を「護る者」となり、絶望的とすら言える旅に挑んでいくこととなります。

作中ではこのような「護る者」と「護られる者」が印象的に入れ替わり、誰もが人を「護る者」へと変わっていけると言うメッセージが力強く発せられていました。

ホラー映画特有の後味の悪さが苦手な人にもオススメしたい1作です。

まとめ


(C)2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

主演のエミリー・ブラントは本作のインタビューの中で、監督のジョン・クラシンスキーが第3作のアイデアを持っていることを語っており、パラマウントは「クワイエット・プレイス」をシリーズ化することを明言しています。

「音を立てたら、即死」と言う「クワイエット・プレイス」の恐怖はこれからもまだまだホラー映画界を席巻することは間違いありません。

そんなシリーズの最新作となる『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は現在、劇場で公開中。

音を立ててはいけない世界が故の静寂さの恐怖をぜひとも劇場で体験してみてください。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『スタントウーマン』ネタバレ感想と考察解説。 ハリウッドの知られざるヒーローたちの“プロフェッショナルとプライド”|だからドキュメンタリー映画は面白い57

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第57回 今回取り上げるのは、2021年01月08日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次公開の『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーロ …

連載コラム

映画『エイリアン』ネタバレあらすじと結末までの感想解説。リドリースコットとギーガーの代表作となった恐怖感|SFホラーの伝説エイリアン・シリーズを探る 第1回

連載コラム「SFホラーの伝説『エイリアン』を探る」第1回 1980年の公開から今もなおSFホラー映画の金字塔として君臨する名作ホラー作品『エイリアン』。 謎の惑星で起きた異星人との恐怖の遭遇を描いた本 …

連載コラム

映画『TECHNOLOGY』感想レビューと評価。遠藤麻衣子監督が手掛ける新次元の映像体験|SF恐怖映画という名の観覧車107

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile107 物語や脚本、そして俳優は映画にとって重要な要素であり、映画の評価の多くはこの部分に集中されています。 しかし、物語や脚本より最初に目に入 …

連載コラム

映画『世界でいちばん貧しい大統領』感想レビューと評価。ホセ・ムヒカの評判と功績をユーモアにあふれた素顔から見つめる|だからドキュメンタリー映画は面白い43

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第43回 “世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれた男の、激動の人生。 今回取り上げるのは、2020年3月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、 …

連載コラム

鬼滅の刃名言/名シーン|最終章無限城編:ネタバレ有で猗窩座/狛治の過去と最後×善逸・獪岳戦を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察22】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第22回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回前回記事に引き続き、「無 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学