Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/07
Update

セブンソード修羅王の覚醒|ネタバレ感想と結末考察のあらすじ。中国の武侠小説の世界を映像化した剣劇伝奇アクション|未体験ゾーンの映画たち2021見破録8

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第8回

世界中から古今東西の、様々な映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第8回で紹介するのは、剣劇ファンタジー・アクション映画『セブンソード 修羅王の覚醒』。

中国で長らく愛される「武侠小説」の世界。自らの信念に殉じた正義の剣士・武闘家の冒険と活躍を描く、伝奇色あふれる歴史娯楽小説です。

映画の題材としても数多く登場し、多くのカンフー映画もこの形式に従い製作されました。

あえて例えるなら国民的、いや世界的人気の漫画「ONE PIECE」も、武侠小説的な世界観を持つ作品の一つと呼んで良いでしょう。

その武侠小説を代表する作品が、最新のCG技術とワイヤーアクションを駆使して、華麗に映画化されました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『セブンソード 修羅王の覚醒』の作品情報


(C)2019 All Rights Reserved By Tencent Penguin Pictures.

【日本公開】
2021年(中国映画)

【原題】
七剣下天山之修羅眼 / The Seven Swords

【監督】
フランシス・ナム

【キャスト】
チャン・チゥオ・ウェン、チェン・ジエ、アンヅゥイー、チァン・ハオ

【作品概要】
17世紀の中国を舞台に、7本の聖剣を巡り争う正義の剣士と悪の争いを、壮大なスケールで描くファンタジー・アクション映画。

監督は香港で監督・プロデューサーとして活躍するフランシス・ナム。本作に続き続編『七剣下天山之封神骨』(2019)、『七剣下天山之七情花』(2020)を手掛けています。

主演は『封神英雄』(2015~)などドラマで活躍するチャン・チゥオ・ウェン。その他華流ドラマで人気を獲得した俳優たちが出演した作品です。

2019年3月オンライン映画として公開されると中国で4500万回以上の視聴を記録、大きな話題を呼んだ作品です。

映画『セブンソード 修羅王の覚醒』のあらすじとネタバレ


(C)2019 All Rights Reserved By Tencent Penguin Pictures.

1644年、朝廷の秘密組織「神調門」は、天下を支配できる秘宝「秘修羅魔眼」を探し求め暗躍していました。

それを聞いた天山指導者の晦明大師は、弟子・楊雲驄(チァン・ハオ)に秘宝・天山七剣の1振り「青千剣」を与え、修羅墓に隠された「秘修羅魔眼」の奪還に向かわせます。

「秘修羅魔眼」が眠る秘密の洞窟・修羅墓に、それを我が物にしようと望む朝廷の長官が、手下を率いて乗り込んでいました。

仕掛けられた罠で次々部下が倒れますが、ついに「秘修羅魔眼」を発見した長官。そこに「神調門」の女剣士、幽冥魔姫が現れます。

妖術の使い手、幽冥魔姫と長官は「秘修羅魔眼」を巡り争います。そこに駆け付けた楊雲驄。

邪魔者の出現に幽冥魔姫と長官は争いを止め、手を組んで楊雲驄に挑みます。

楊雲驄は巧な「青千剣」の使い手ですが、産まれたばかりの娘・易蘭珠を抱えて闘っていました。

卑劣な技を使う幽冥魔姫は、楊雲驄に蠱毒を浴びせます。お前と娘はいずれ死ぬ運命だ、と言い放つ幽冥魔姫。

幼い娘のために退却する楊雲驄。しかし争いの間に、長官の部下・沈浪が「秘修羅魔眼」の魔力に魅入られます。

魔眼は沈浪の体に取り込まれ、裏切り者と叫ぶ長官の命を吸収をします。幽冥魔姫にも襲いかかりますが、不思議な力に阻まれました。

彼女は魔眼を制御する「神眼」を持っていました。「秘修羅魔眼」は常人に扱えるものではなかったのです。

しかし沈浪と一体化した魔眼は、もう手に入れることは出来ません。ならばお前を「神調門」の操り人形にしてやろう、と不敵に笑う幽冥魔姫。

修羅墓の外では魯の軍勢が、朝廷軍に襲われ敗北を喫していました。魯の若き武人・穆郎は、自分の過ちで多くの味方を死なせた責任を痛感していました。

最後の意地を見せようと、死を覚悟して奮戦する穆郎に、逃れて来た楊雲驄が加勢します。

私と娘は毒に犯され、このままでは死ぬ。しかし娘は天山に連れて行けば助かるだろう。

自分が敵を引き受けるので、娘と共に天山に向かって欲しい。あなたは天山の晦明大師に武術を学ぶと良い。

最後の頼みを聞いて欲しいと頼まれ、「神調門」の追手と闘う楊雲驄を残し、穆郎は「青千剣」を受け取り易蘭珠を抱え、天山を目指します。

16年後。武術を学び「青千剣」を操る剣士・凌未風(チャン・チゥオ・ウェン)となった穆郎。

彼は美しく育ち、天山七剣の1振り「游龍剣」を操る弟子の易蘭珠(アンヅゥイー)と、雪の降る天山で修業していました。

出性の秘密を知らず、師の凌未風を父以上の存在として愛し尊敬する蘭珠は、天山の外の世界を見たことがありません。

そこに晦明大師からの密書が届きます。朝廷は反乱を防ぐために禁武令(武術を使うことを禁ずる法令)を発布していました。

禁武令を利用し「神調門」は各地の武術家を弾圧、今は江南の武荘がその標的になっていると告げる晦明大師。

武荘の救出すべく、凌未風と易蘭珠は「青千剣」と「游龍剣」を携え江南の地を目指しました。

「神調門」の武術の使い手、春妖人・夏妖人・秋妖人・冬妖人の4人は朝廷軍を引き連れ、武荘を襲撃します。

劣勢の武荘の主は、娘の劉郁芳(チェン・ジエ)に天山の救援を求めろ告げ、魯王の密書を託し梅花荘の風起に渡せと命じました。

父は捕らえられ、郁芳は密書を携え逃亡します。しかし「神調門」の冬妖に追いつかれた劉郁芳。

そこに現れ彼女を救う凌未風と易蘭珠。手を差し伸べた凌未風の姿に、郁芳は穆郎の面影を見ていました。

晦明大師から武荘救援を指示されながら、間に合わなかったと詫びる凌未風は、劉郁芳を梅花荘まで送り届けることにします。

「秘修羅魔眼」と一体化した沈浪は、修羅王となって強大な魔力を得ます。しかし「神眼」を持つ幽冥魔姫に従わされ、「神調門」の配下となっていました。

「神眼」を破り魔眼の力を開放し、「神調門」を倒そうと望み、秘宝・天山七剣のうち5本を手に入れた修羅王。

残る2振りを手に入れようと執念を燃やします。彼は「神調門」のために心置きなく働けと、妻の若水を殺した幽冥魔姫を深く恨んでいました。

冬妖は密書を持つ劉郁芳を助けた2人の剣士が、天山七剣の残る2本を持っていたと報告します。

修羅王は任務に失敗した冬妖を始末させると、計略による宝剣と密書の奪取を企みます。

幽冥魔姫は修羅王の裏切りを警戒し秋妖に監視を命じますが、修羅王は秋妖を篭絡して味方に付けていました。

天山七剣がそろって力を得れば「神調門」を滅ぼし、天下を握る野心を抱いた修羅王。

人々の行き交う街を初めて見て喜ぶ易蘭珠。しかし凌未風と劉郁芳は、雑踏の中に「神調門」の手の者の気配を感じます。一行は襲撃をかわして姿を消します。

彼らは梅花荘に到着し、荘主の風起と面会します。風起は3日前から悪夢に悩まされ、体調を崩していました。

「神調門」は魯王の宝物の隠し場所を記した密書の中身を知り、宝物を我が物にしようとしていると風起は説明します。

凌未風は荘主の病や使用人の様子、梅花荘に漂う怪しい気配に気付きます。妖術使いが人を操る薬、移魂散を使用した可能性を疑う凌未風。

その夜、蘭珠は誕生日を迎えた凌未風のために、郁芳は亡き親しい人の誕生日に捧げるために、饅頭を作ります。

劉郁芳の親しい人とは、かつて心を寄せ魯のために共に戦った穆郎でした。彼女は今も穆郎から渡された書物を形見として持っていました。

今も穆郎に深い愛情を抱く、郁芳の心を知る凌未風。

饅頭を食べる凌未風を見て、姿の違う凌未風の振る舞いを、穆郎と同じだと感じる劉郁芳。

その夜も悪夢にうなされ暴れる風起。彼の弟子は祈祷師から、病には枕の下に宝剣を敷いて眠ると良いと聞かされていました。

翌朝、梅花荘には確実に異変が起きていると告げた凌未風。郁芳も昨晩、荘主の風起が利き手でない腕で剣を振る姿に疑問を抱いていました。

「神調門」の仕業なら、密書を渡された時に姿を消すはずが、まだ動きはありません。別に何か狙いがあると話す凌未風。

彼は使用人に夏妖の妖術、水性移魂傀儡の術がかけられていると見抜きました。

あえて風起に病が治るように、枕の下に敷くよう「青千剣」と「游龍剣」を預けた凌未風。

その夜、何が起きるか見極めようと図ったのです。

以下、『セブンソード 修羅王の覚醒』のネタバレ・結末の記載がございます。『セブンソード 修羅王の覚醒』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 All Rights Reserved By Tencent Penguin Pictures.

その夜、梅花荘に「神調門」の夏妖人が現れました。劉郁芳が見せる密書を、風起が解読する内容を聞き取ろうとする夏妖。

そこに凌未風と易蘭珠が現れます。夏妖が密書の秘密と、天山七剣の「青千剣」と「游龍剣」を奪おうと仕掛けた計略を暴きます。

夏妖は水を使う妖術で挑みますが、それを見越した凌未風は水に酒を混ぜていました。術に破れ炎に包まれる夏妖。

健康を取り戻し、凌未風に礼を告げた風起は各地の武術家と連絡し、「神調門」に抵抗すると告げます。

梅花荘から出発した3人の前に、春妖と秋妖を従えた修羅王が現れます、奇襲を受け毒を吸わされる凌未風。

宝剣をよこせと凌未風に迫る修羅王の攻撃を、易蘭珠が防ぎました。蘭珠の顔を見て驚く修羅王。

蘭珠は修羅王の殺された妻、若水に生き映しです。修羅王は斬りかかる蘭珠を捕らえます。

劉郁芳も春妖と秋妖に捕らわれていました。どちらを救うべきか迷う凌未風。

彼は易蘭珠を連れ去る修羅王を追いますが、郁芳も2人を相手に抵抗し苦戦していました。

やむなく郁芳に向かう凌未風を、蘭珠は悲しそうに見つめます。

凌未風は春妖と秋妖から劉郁芳を救いますが、毒が効き始め倒れました。

2人になった郁芳は、凌未風に問います。穆郎を知っているか、戦いに敗れ死んだ3千の魯軍兵士の中に、穆郎の遺体は無かったと告げます。

穆郎は死んだと答える凌未風。しかし彼の体には、穆郎と同じ傷が付いていました。

16年前、楊雲驄との約束を守り、赤ん坊の易蘭珠を連れ天山を訪れた穆郎。

魯軍の敗北は自分の責任だと悩む彼に、晦明大師は「青千剣」を与え、過去を捨て今後は剣士・凌未風を名乗って生きるよう告げました。

倒れた凌未風の手のひらを剣で切り、毒を吸い出す劉郁芳。毒に犯されるとの言葉にも構わず吸い続け、2人とも意識を失います。

易蘭珠を修羅殿に連れ帰った修羅王は、お前は愛する凌未風に見捨てられた、奴は別の女を選んだと言い放ちます。

愛する妻・若水を失った俺は、お前の苦しみが判る。俺の后になれと迫る修羅王。

蘭珠の持つ「游龍剣」も手に入れ、残る天山七剣は「青千剣」のみ。共に世界を支配しようと告げました。

お前の本当の父・楊雲驄は、俺の妻の仇の幽冥魔姫で、共に倒そうと語る修羅王。自分は捨て子と聞かされていた蘭珠は驚きます。

修羅王は楊雲驄の死は、凌未風の責任でもあると告げました。混乱する蘭珠に魔気を注ぎ込む修羅王。

易蘭珠の黒髪は魔気の影響か、それとも嫉妬に狂った結果か、白く変わっていました。

意識を取り戻した凌未風は、毒を吸って倒れた劉郁芳を抱きかかえて歩き出します。

彼は郁芳を救おうと当代一の名医、鬼手先生の館を訪れました。

郁芳を診て助かると凌未風に告げ、それよりも自分の心に正直になれと語る鬼手先生。

自分と郁芳の間に、魯軍の兵3千の屍があると答える凌未風。鬼手は考えすぎだと諭します。

凌未風は鬼手先生に、修羅王が潜む修羅殿はどこか尋ねます。不明だが春妖人の隠れ家なら判る、と教えた鬼手。

劉郁芳が回復に向かう間、凌未風は単身その館に向かいます。

館で捕えた人間の生き血をすする春妖を打ち破り、修羅殿の場所を聞き出す凌未風。

易蘭珠が修羅王の后になると知り、「神調門」の監視役の秋妖は怒り、彼女を襲います。

修羅王は秋妖を殺しますが、彼女は全ての企ては「神調門」に報告済だと言い残しました。

目覚めた郁芳が思いつめて出て行こうとすると、10年前の穆郎と同じだと告げる鬼手先生。

10年前に鬼手の館を訪れた、凌未風と名を変えた穆郎は過去と決別するために、自分の顔を変えてくれと依頼します。

そこまでして過去との決別を望んだ凌未風。自分への強い愛情が、かえって凌未風を苦しめたと悟る劉郁芳。

1人で修羅殿に乗り込んだ凌未風。そこには天山七剣の内、6振りがありました。

突然白髪と化した易蘭珠が現れ、斬りかかります。剣を交え相手が師と知り、我に返る蘭珠。

蘭珠はなぜ自分に捨て子だと、嘘を教えたのかと訴えます。復讐を求める恨みの呪縛から解放したかった、と答える凌未風。

師の愛を疑った私が間違っていた、と呟く蘭珠と共に帰ろうとした凌未風の前に、修羅王が姿を現します。

ついに天山七剣がそろった、と告げる修羅王。凌未風をかばった蘭珠が傷を負いました。

凌未風と易蘭珠に逃げられた修羅王は、彼らが救出に戻るよう劉郁芳の父ら、武荘の捕虜の処刑を布告させます。

鬼手先生の館に戻った凌未風は、鬼手に蘭珠を診させます。そして16年間秘めた、互いの愛を確認し合う凌未風と劉郁芳。

倒れた郁芳と傷付いた蘭珠を鬼手先生の元に残し、凌未風は武荘の人々を救い決着をつけようと、修羅殿へと出発します。

修羅殿に現れた凌未風を、修羅王の部下が襲います。敵を倒し処刑を待つ囚人を開放した凌未風の前に、劉郁芳が現れました。

これからは生死を共にしようと告げる郁芳。2人の前に修羅王が現れます。

圧倒的な力を持つかに見えた修羅王ですが、凌未風の「青千剣」がその体を貫きました。

晦明大師が楊雲驄に命じ、成し遂げられなった「秘修羅魔眼」の入手に成功する凌未風。

不死身に見えた修羅王ですが、彼は闘いの中で弱点は目だと見抜いていました。

修羅王は最期に「神調門」は絶大な力を得る秘宝を求め、伝説の皇帝・黄帝の墓所を探していると教えました。

その場所を示す「封神骨」と「七情花」を求めていると告げ、修羅王は息絶えました。

今日は晦明大師に命じられた、武荘を救うことができたと語る凌未風。

しかし天下を救う使命が残っていると言い残し、凌未風は立ち去ります。

ようやく凌未風に追いついた劉郁芳。2人は互いの使命と愛を確認し、別れました。

易蘭珠は師・凌未風への強い愛が、邪念を生んだと悟ります。

白くなった髪はその証、自分への戒めと受け入れた彼女は師と別れ、1人旅立ちます。

正義の剣士と、幽冥魔姫が率いる「神調門」の闘いは、人々から「白髪の魔女」と呼ばれる易蘭珠を軸に、まだまだ続きます…。

スポンサーリンク

映画『セブンソード 修羅王の覚醒』の感想と評価


(C)2019 All Rights Reserved By Tencent Penguin Pictures.

華麗で迫力満点、そしてあり得ない世界を描いた映画です。原作は梁羽生が1956年に発表した、歴史上の人物や事件を交えて創作した武侠小説「七剣下天山」。

しかし本作は原作小説とも、同じ原作を持つツイ・ハーク監督作、ドニー・イェンやレオン・ライが出演した映画『セブンソード』(2005)とも異なる内容です。

『セブンソード』も本作も、原作小説を大きく改変した映画です。特に本作はファンタジー要素が強く、もはや伝奇作品と呼んで良いレベルです。

トンデモ歴史映画と批判してはいけません。本作の舞台となった時代は日本の小説「魔界転生」や、劇画「子連れ狼」の基本設定とされた時代と、偶然とはいえ奇妙なほど一致します。

本作を捏造歴史映画と呼ぶのは、深作欣二監督の『魔界転生』(1981)や若山富三郎主演の『子連れ狼』シリーズ(1972~)を否定するようなヤボな行為です。

ファンタジー色と剣劇、ワイヤーアクションにあふれた伝奇映画としてお楽しみ下さい。

怒涛の展開に見る者のテンション爆上がり


(C)2019 All Rights Reserved By Tencent Penguin Pictures.

本作を見た人はほぼ全員、聞いたことの無い武器や人名が連呼され、登場人物の秘めた人間関係が当然の様に語られる、それらを理解する前に物語がどんどん進む、怒涛の展開に圧倒されるでしょう。

まるで最初に例えた少年ジャンプの漫画、「ONE PIECE」の〇〇編と呼ばれる一連の物語を、90分に収めたような映画です。あまりに詰め込んだ情報に困惑する方もいるはず。

しかし面白くない訳ではありません。次々登場するアクション、愛憎渦巻く人間ドラマの連続に、飽きる暇などありません。

これは中国では良く知られた武侠小説の登場人物を、皆が知っている前提で描いた結果です。

同じ少年ジャンプの漫画で、同じくアニメ化・映画化された作品「銀魂」の登場人物が、幕末の歴史上の人物から名前と性格を頂いても、皆の共通認識として深く説明しないのと同じです。

そんな作品の中国版に出会った、そう覚悟してご覧下さい。少年ジャンプの人気漫画の基本テーマ、「友情・努力・勝利」にも忠実な本作、何かとジャンプ漫画に重なります。

自由奔放な二次創作の世界を楽しもう


(C)2019 All Rights Reserved By Tencent Penguin Pictures.

小説「七剣下天山」は何度も映画・ドラマと映像化が繰り返されるうちに自由に改変され、よりユニークに発展した作品が生み出されました。

映画『セブンソード』も登場人物の性格などは忠実ですが、名前どころか性別まで改変、もはやオリジナル作品と呼んで良いレベルに到達しています。

そして本作では、物語はファンタジーレベルに到達。剣士や白髪になる美女の姿は、中国の伝統的剣劇映画の登場人物に忠実。このジャンルの世界を見事再現に成功。

日本の歴史上の人物や著名な作品を2次創作した、その際に人物を史実・元ネタより美形化・低年齢化・異性化した漫画やアニメは、数え切れないほど存在します。

これをファンの中には誇りと自嘲を込めて、日本のポップカルチャーの変態性と呼ぶ者もいますが、その原点は中国にあります。

有名なところでは三国志。歴史書「三国志」に登場するエピソードは様々な物語・演劇を生み、明王朝の時代には現在の形が確立しました。

もはや史実より二次創作された物語の方が、人々の文化的共通認識となった「三国志」の世界。おかげで歴史を学ぶ者には、大迷惑かもしれません。

物語を二次創作して新たな作品を作る、それを楽しむ文化は日本でも江戸時代に花開きました。

他国の生むポップカルチャーを味わうことで他国を知る。その楽しみを取り入れる。これが文化交流であり、外国映画の楽しみ方です。

そういった意味では本作、楽しみながら中国文化を知るには最適の映画と言えるでしょう。

まとめ


(C)2019 All Rights Reserved By Tencent Penguin Pictures.

その情報量に圧倒されながらも、最後まで楽しい伝奇アクション剣劇映画『セブンソード 修羅王の覚醒』。

本作は比較的映画への出演歴が少ない俳優の出演で製作されました。それは中国で大スターを起用せず、ここまでスケールの大きい作品を作ったと、好意的に受け取られています。

また本作は中国での公開翌週に続編『七剣下天山之封神骨』が連続して公開。本作ラストはそれを踏まえて作られました。

中国の剣劇映画の中の白髪の美女は、本作の原作者・梁羽生の武侠小説「白髪魔女伝」(1957)に登場して以来、欠かせぬキャラクターになっています。

続編映画『七剣下天山之封神骨』は原作小説「七剣下天山」に、「白髪魔女伝」の要素を加えた作品です。

この映画も絶対に面白いはず。ただし本作同様の怒涛の展開に、ドッと疲れるのかもしれません。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & B.A. ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.

次回、第9回は『パラサイト 半地下の家族』よりも恐ろしい!韓国発の家族乗っ取りスリラー映画『食われる家族』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『キュクロプス』あらすじと感想。画家ルドンの描いた単眼の巨人が復讐鬼と化す理由|シニンは映画に生かされて5

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第5回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第5回でご紹介する作品は、妻とその愛人を殺した罪で投獄 …

連載コラム

『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』感想と考察評価。実話映画化でピアニスト音楽家ジョアン・カルロス・マルティンス半生を描く|心を揺さぶるtrue story3

連載コラム『心を揺さぶるtrue story』第3回 2020年9月11日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』が全国公開されます。 本作は20世紀で最も偉 …

連載コラム

映画『音楽』あらすじ感想とレビュー評価。北野作品との共通点から“省略のリズム”を聴く|映画道シカミミ見聞録44

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第44回 こんにちは、森田です。 今回は1月11日より新宿武蔵野館ほかで劇場公開を迎えた長編アニメーション映画『音楽』を紹介いたします。 音楽の原点を映画で表現するた …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察解説|アスカの式波シリーズと惣流の謎×ケンスケとの絆×使徒化の伏線を考察【終わりとシンの狭間で6】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第6回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

Netflix『全裸監督』第3話あらすじネタバレと感想。駅弁とデビュー作撮影の裏側|パンツ一丁でナイスですね〜!3

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』三丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信中です。 伝説のAV監督村西とおるを描いた本シリーズ。 全話ラストで警察の手か …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学