Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/12/03
Update

【ネタバレNetflix】トロール|あらすじ感想評価とラスト結末解説。モンスター映画おすすめ作が描く“孤独な父”というお伽話の中の真実【Netflix映画おすすめ124】

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第124回

映画『トロール』は、ノルウェーのとある山脈に突如出現した巨人の妖精トロールに立ち向かう人々を描いたアドベンチャー・アクションです。

『THE WAVE ザ・ウェイブ』(2016)、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(2018)などで知られるローアル・ユートハウグが監督を務めた本作。

本記事では映画『トロール』のネタバレ有りあらすじとともに、作中に出現するトロールの「ある登場人物」がそっくりに描写された理由、そこから見えてくる本作の魅力などを考察・解説していきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『トロール』の作品情報


Netflix映画『トロール』
【配信】
2022年(ノルウェー映画)
【原題】
Troll
【監督】
ローアル・ユートハウグ
【脚本】
ローアル・ユートハウグ、エスペン・アウカン
【キャスト】
アイネ・マリー・ウィルマン、キム・ファルク、マッツ・ショーゴード・ペテルセン、ガルド・B・アイツボルド、カロリーネ・ビクトリア・スレッテン・ガルバン、ユスフ・トゥーシュ・イブラ、ビャーネ・イェルデ、アネッケ・ボン・デル・リッペ、デニス・ストーロイ、フリチョフ・ソーハイム
【作品概要】
ノルウェーのとある山脈に突如出現した巨人の妖精トロールに立ち向かう人々を描いたアドベンチャー・アクション。

監督をは『THE WAVE ザ・ウェイブ』(2016)、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(2018)などで知られるローアル・ユートハウグ。

映画『トロール』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『トロール』

ロム峡谷の「トロールの壁」と呼ばれる場所。父トビアス・ティーデマンとその娘ノラはロッククライミングを経てとうとう山頂へ到着します。

「トロールの結婚式で、13人が酔って時を忘れてしまい、現れた太陽の光によって石になってしまった」……そんな妖精トロールのおとぎ話を「もう信じてない」と口にするノラに対し、父トビアスは「おとぎ話には真実も含まれてる」「信じなきゃ見られない」と答えます。

「土と石の体」「雪に覆われた心に氷の骨」「闇に蠢き、太陽の光で凍りつく」……父と娘はノルウェーで語り継がれるトロールの伝承を語り合います。

それから20年後のノルウェー北西部・大西洋岸。古生物学者となったノラは、資金も時間も尽こうという中で、ついに恐竜の化石の発掘に成功。発掘チームの面々と歓喜の声をあげていました。

その頃、同じくノルウェーのドブレ山脈では、山間部を貫通してのドブレ鉄道の延伸工事を進めていました。自然保護を訴えるデモ隊の声も気にすることなく、作業員たちは掘り進めていたトンネル内で突き当たった岩盤を爆破します。

爆破の成果を確かめにトンネル内へと入る作業員たち。すると突如周囲が大きく揺れ始め、トンネルは崩落してしまいます。

首都オスロのノルウェー軍作戦本部も、ドブレ山脈での揺れを察知。取り急ぎ空軍の偵察機を現場を派遣させます。偵察機が撮影した「巨大な何か」が這い出してきたかのような巨大な穴の映像を見て、ノルウェー軍の将軍は事態の重さを察します。

連絡を受けた首相は、首相補佐官アンドレアスに専門官の収集を命令。巨大な穴とともに映像で見たもの……「巨大な足跡」にしか見えない地面のくぼみから「生物」の可能性を感じていたアンドレアスは、古生物学者であるノラも作戦本部へと呼び出します。

空軍ヘリで連行されてきたノラは不満を口にしつつも、地面のくぼみの映像を見てすぐにそれが「巨大な足跡」ではと指摘します。しかし国防大臣は信じようとせず、他に召集された学者たちも鼻で笑うばかりです。

そこに、作戦本部のオペレーターであるシグリットが、デモ隊参加者のスマホから密かに入手した事故当時の撮影映像が届きます。その映像に映っていたのは、唸り声とともに地中から這い出てきた「二本脚で立つ巨人」でした。

映像を見ても、巨人の存在を「不自然」と否定する学者たち。対してノラは、ドブレ山脈での怪現象及び巨人の調査に参加することに決め、首相もまたノラを科学顧問に任命し、彼女の付き添い役を務めるようアンドレアスに命じます。

ノラたちは早速、巨人によって破壊されたと思われる、グドブラン峡谷・レスヤの老夫婦の家へと移動。現場に到着した二人は特殊作戦部隊の大尉クリスと合流し、軍が巨人の足跡の追跡を試みたものの、途中でその足跡が忽然と消えてしまったことを彼から聞かされます。

残された巨人の足跡から、あまりにも強すぎる「自然」の匂いを感じとるノラ。しかし足跡にUVライトを照射しても生物の痕跡らしきものは見つからず、巨人が「擬態」の能力を持つ可能性を考える一方で、ノラはかつて耳にした「古い詩」を思い出します。

ノラはアンドレアス、クリスととともに、ヨートゥンハイメンのスタインブ峡谷で一人暮らす父トビアスの家へ向かいます。「もうあそこには戻らん」と怒りながら銃を向けてきた父と一悶着ありつつも、ノラは例の映像をトビアスに見せます。

「ノルウェーでは、トロールと接触すると1840年までは最高刑だった」「トロール絶滅の理由はノルウェーのキリスト教化」「真実を公表する前にわしは監禁された」「民話集や神話、芸術品は全部真実を隠すために作られた」……空想じみた言葉を口々に言うトビアス。ノラは「トロールが実在したならとっくに化石が発掘されている」と父の主張を否定します。

民俗学者であるトビアスは長年、トロールの研究を続けていました。しかし彼はトロールの研究に没頭するあまりに精神を病んだと周囲に見なされ、教授の職を追われ、精神科病院に入院させられていた時期もありました。

それでもノラが父を調査に連れ出したのは、長年の研究によってトビアスは誰よりもドブレ山脈の地理に詳しくなっていたのを見込んでのことでした。

トビアスを連れ、ヘリで再び足跡が途絶えた場所へと向かう一行。すると、その場所へ到着したトビアスは「この場所の地形が、地図に記載されている地形と全く違う」と言い出します。

ノラも、足跡から感じた強すぎる「自然」の匂いがまたすることに気づきます。そして振り向いた時、そこには地面や岩肌に「擬態」していた巨人の姿がありました。

ヘリに乗り込みかろうじて窮地を脱した一行は、巨人の映像を作戦本部へと送信。首相たちがいよいよ巨人の存在を認めざるを得なくなった中、ヘリはオステルダーレンのレナ軍基地へと向かうことに。

ノラに止められるも、首相たちに巨人の正体は「トロール」だと訴えるトビアス。おとぎ話に登場する妖精の名を聞いて、国防大臣は呆れ返ります。首相も調査は打ち切った上で、軍に巨人への攻撃を任せることを決めます。

トロールの存在を信じ続ける父に愛想を尽かし、再び発掘現場へ戻ろうとするノラ。しかし父トビアスは、目覚めたら仲間が誰もいない「別世界」のような世界にいるトロールの孤独を指摘した上で、調査を続けるよう説得します。

巨人……トロールの調査という「冒険」を父と続けることにしたノラは、軍事作戦の現場へ調査のため同行させてほしいとクリスに頼みます。当初は断ろうとしたクリスですが、熱意に押されて渋々同行を許可します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『トロール』のネタバレ・結末の記載がございます。『トロール』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヘイダルのグドブラン峡谷。すでに辺りは夜の闇に包まれていますが、戦車をはじめ次々と部隊が到着。迎撃準備を整えた上で、トロールの出現を待ち続けます。

父トビアスの「土と石の体」という言葉に、「雪に覆われた心」と返す娘ノラ。

彼女はトロールの伝承をはじめ、父と10歳の時に死別した母から聞かされたおとぎ話の数々も、のちに訪れた母の死という「空白」も全て鮮明に覚えていました。そして、ノラの心に生じた「空白」を埋めるために、かつて父トビアスが「冒険」へと誘ってくれた思い出も。

「母さんが死んだ日、お前は両親を失った」と口にするトビアスに、ノラは「“化石”みたいな父さんはいる」と答えます。言葉を交わす中で、父娘は和解することができました。

そこへ、トロールの鳴き声が遠くから響いてきます。姿を現したトロールに対し部隊は総攻撃を仕掛けますが、ロケット砲や戦車による砲撃は一切効果がなく、部隊は撤退を強いられます。

トロールがそばを過ぎようとする中、息を潜めるノラ、トビアス、アンドレアス、クリス。ところが、同じく隠れていた兵士がキリスト教の祈りの言葉を呟き始めた途端、その兵士はトロールに捕らえられ、巨大な口の中へと飲み込まれてしまいます。

その場から急いで逃げようとする一行から離れ、トロールに話しかけるトビアス。「落ち着いて話を聞いてくれ」と優しく声をかける彼に、トロールもその言葉に耳を傾けているかのような反応を見せます。

しかし、別の兵士が発砲してしまったことでトロールは再び興奮状態に陥り、その巨躯が誤ってトビアスに激突してしまいます。

「宮殿」「王」「家」「娘よ、信じろ」……断片的な言葉だけを遺し、息絶えるトビアス。ノラが悲しみに打ちひしがれる中、トロールもまた悲しげな表情とともにその場から消えました。

翌朝、軍は巨人への空爆を予定しているが、皆途方に暮れているとクリスから聞かされるノラ。彼女はかつて父が教えてくれた言葉を信じ「おとぎ話の中に真実が含まれている可能性」を模索する中で、伝承では「トロールが嫌う物」として知られている「教会の鐘の音」に注目します。

ノラの「教会の鐘の音」を用いた作戦の提案を、国防大臣は一笑に付そうとします。しかし、将軍の「異常な状況に対処するのに必要なのは、異常な手段」という言葉に後押しされた首相は、作戦の実行を許可します。

リレハンメルのハンダーフォッセン遊園地に出現したトロール。人々が次々と逃げ出す中、教会の鐘を吊るしたヘリ4機が現場に急行します。

耳を塞ぐほどに、教会の鐘の音を嫌がるトロール。鐘の伝承が真実であったことは証明されたものの、攻撃的になってしまったトロールはヘリを次々と撃墜。残りはノラたちが乗る1機となってしまいます。

トロールに撃墜されたヘリのうち1機が、逃げ遅れてしまった少年とその父へと落下しそうに。するとトロールは父子を庇い、ノラは父が主張していたトロールの知能の高さを確信します。

しかし、撃墜されたヘリとその搭乗員たちをはじめ、被害は甚大。トロールの存在も国内外のマスコミに報道され、トロールがノルウェーの首都オスロに向かって進んでいる可能性も明らかになっていきます。

「首都へ来る理由が分かれば、止める方法も判明できるはず」……トロールによる首都襲撃が迫る中、先の作戦を失敗に終わらせたノラの言葉は首相には届かず、ノラは作戦本部を去るように言い渡されます。

その後、作戦本部にて国防大臣は、トロールのオスロへの進行経路の全封鎖及び迎撃が失敗した場合の「代案」として、以前から秘密裏に準備を進めていた核ミサイルによる攻撃を提案します。

ノルウェー軍の立場に反し、被害も想定できない攻撃に難色を示す将軍。核ミサイルの存在を聞いていなかった首相も困惑します。その場にいたアンドレアスも反対しますが、国防大臣から場違いと指摘され、首相からも席を外すよう命じられたため、今の職を辞すと告げてノラと合流します。

国民に向けて会見を開いた首相は、緊急事態宣言の発令とともに攻撃範囲に暮らす首都オスロの人々へ早急の避難を呼びかけます。

その頃、アンドレアスとともに避難の最中だったノラは、父トビアスが遺した研究ノートに記されていた「シンディング?門番」という言葉に引っかかっていました。するとアンドレアスは、「それは以前何度か会った、“王宮”の宮内長官リカルド・シンディングだ」と答えます。

「宮殿」「王」……トビアスが最期に伝えた言葉とも符合すると気づいたノラたちは、オスロにある王宮へと向かいます。そこで二人は、シンディング本人に迎え入れられ、王宮内の扉の先にあった広大な岩窟へと誘われます。

「『他の王の家の上に王宮を建てると幸運を呼び込む』とかつて信じられていた時代に建てられた、オスロの王宮」「この岩窟は1920年代、地下鉄の建設中に発見されかけた」「そして12年前にも、トビアスに発見されかけたため、対処せざるを得なかった」……。

父の汚名を生み出した張本人シンディングに、ノラは怒りを露わにします。しかしシンディングは「これを見ればわかる」とあるものを見せました。

岩窟を進んだ先にあったのは、かつてトロール王とその一族が暮らしていた「家」と、辺り一面に散らばる無数のトロールたちの骸骨でした。

かつてノルウェー王のオーラヴ2世(在位:1015年〜1028年。キリスト教の聖人としても知られる)は国内のキリスト教化に伴い、その教えに相容れない存在であったトロール王の一族を粛清すべく虐殺を実行。さらに一人だけ生かした息子を囮にしてトロール王をおびき出し、ドブレ山脈の深奥へと封印してしまったのです。

「父が信じ続けていたことは正しかった」「そして、今オスロへと向かっているトロール王は、一族の待つ“家”に帰りたがっている」と確信するノラ。

また、トロールの骸骨にUVライトを照射してみると骨はたちまち石へと還ったこと、初めてトロールを目にした際も天気は「曇天」だったことから、「太陽の光で凍りつく」というトロールの伝承も真実の一つであったと知ります。

ノラに作戦内容を伝えられたクリスは、郷土防衛隊の友人たちと協力し、ある用途に用いられる特殊車両を大至急準備します。ノラもまた王宮所有のトラックを借り、ある物を運び出します。

一方、ミサイルの発射準備はもはや終わりつつありました。しかし、アンドレアスに頼まれたシグリットは本部の制御システムを内部からハッキングし、ミサイル発射の時間を遅らせることに成功します。

いよいよ王宮へと迫るトロール王に接近しながら、トラックの荷台を覆う布を剥ぐ二人。そこには王宮内の岩窟に眠っていた、トロール王の子どもたちのうち一人の頭蓋骨が載っていました。

自身の子の死を悲しみ、激怒するトロール王に追われつつも、クリスたちが待つ作戦の決行ポイントにまで誘導するノラたち。トラックを破壊され地面に倒れたノラを、トロール王は踏みつぶそうとします。

その時、トロール王を囲むように配置した特殊車両に装備されていたもの……巨大な照明灯が点けられ、トロール王は照明灯の放つ紫外線に苦しみます。

作戦本部ではシグリットによるハッキングがバレてしまい、ミサイルの発射制御システムは回復してしまいます。国防大臣はノラたち民間人がいてもミサイルを発射させようとしますが、堪え兼ねたシグリットは彼を殴り飛ばします。彼女を責める者は、首相や将軍を含め誰もいませんでした。

作戦の成功に歓喜する人々。しかし、苦しむトロール王を見つめ続けているうちに「こんなのは間違っている」という感情に駆られたノラは、全ての照明灯を消し、郷土防衛隊の隊員たちにも攻撃をしないよう頼みます。

「帰って」「ここにいちゃだめ」「山に戻って」「安全な場所へ」「私たちは追いかけない」……ノラの言葉を聞いたトロール王が、再び暴れ出すことはありませんでした。

ところが夜明けとともに、本物の太陽の光がトロール王を照らし出します。体はたちまち石へと還ってゆき、地面へと倒れたトロール王にノラは触れ、その最期を看取りました。

「トロールはまだいるかもしれない」……そんなアンドレアスの言葉を証明するかのように、ドブレ山脈の例の穴では、咆哮とともに別のトロールが地中から這い出てきます。

それは、トロール王をおびき出すために一人だけ生かされていたという、トロール王の息子なのかもしれません……。

スポンサーリンク

映画『トロール』の感想と評価


Netflix映画『トロール』

映画『トロール』をより知るための“父の姿”

「土と石の体」「雪に覆われた心に氷の骨」「闇に蠢き、太陽の光で凍りつく」……映画作中では古き詩の形で伝承が紹介される妖精トロールですが、『ハリーポッターと賢者の石』(2001)などでその存在を知る方の多くは、「怪力と凶暴性を併せ持つも、知能は決して高くない醜い巨人」というイメージを抱いているのではないでしょうか。

確かにトロールは「人間に悪意または敵意を持つ巨人」として描かれることが多いですが、一方では「白く長いあごひげの老人(デンマーク)」や「小人の妖精(スカンジナビア半島)」として描かれることも。また、その描写の違いを裏付けるかのような「変身能力を持ち、どんな姿にも変身可能」という伝承も存在します。

スカンジナビア半島では「優れた金属工芸の技術、薬草・魔法を用いた治療技術を持つ」という伝承も残されているというトロール。映画『トロール』でもそうしたトロールの知能の高さに言及しており、首相が作中で口にした「殺人兵器」とは異なる一面を描いています

そしてその異なる一面を知る上で、最も重要なキーワードが「父の姿」です。

トロール王にそっくりな“あの人”


Netflix映画『トロール』
仲間も家族もいない「別世界」と化した世界で孤独を強いられ、結果として人間への警戒心・敵愾心も強まってしまった中で、それでも大切な家族のことを想い続ける……映画作中で描かれてゆくトロール王の哀しみを知れば知るほど、多くの方は「トロール王は“あの人”と似ている」と感じたのではないでしょうか。

その“あの人”とは、登場人物の中で誰よりも早くトロール王が抱える「別世界」での孤独を指摘し、誰よりも優しくトロール王に歩み寄ろうとしたノラの父トビアスです。

「生え放題で毛むくじゃらな口・あごヒゲ」というトロール王の姿と重なるビジュアルはもちろんのこと、トビアスがかつての父娘の「冒険」の思い出を手紙などに書き記した際、幼い娘ノラを「チビ助」、そして自身を「ノッポ」と表現していたのも、自身が探し求めるトロール王が「子を持つ父」でもあったと古くから気づいていたからではと推察できます。

もしかするとトビアスは、トロールという伝説の実在を証明するという目的以上に、トロール王が遭った悲劇、そして同じ「父」という立場であるがゆえに理解できてしまう、トロール王という「父」の哀しみを知ってしまったからこそ、トロールの研究を続けていたのかもしれません。

映画を観た人々がそう感じとっていたように、作中のトビアスも「父」としての自己の姿をトロール王に投影していた。そして映画終盤、照明灯の紫外線によって苦しむトロール王の姿を見続けることにノラが堪えられなくなったのも、トロール王の姿に自身の父トビアスの姿を重ねてしまったからに他ならないでしょう。

本作は「怪力と凶暴性を併せ持つも、知能は決して高くない醜い巨人」というイメージとはトロールの異なる一面として、人間とトロール、種族は違えども確かに存在する「父」の想いを描いた映画でもあったのです。

まとめ/映画という“おとぎ話”に潜む真実


Netflix映画『トロール』

映画『トロール』で描かれた、「父」の想いをめぐる物語。

その物語自体は「空想の産物」や「おとぎ話」であるものの、そこに潜む種を超えた「父」の想いは決しておとぎ話ではなく、映画を観る者が生きる現実の世界にも通じる真実であるはずです。

人はなぜ「おとぎ話」を……より現代的に言い換えれば、「フィクション」を求めるのか。

その答えは「現実世界を離れ、煩わしい他者とのつながりが存在しない“別世界”に耽りたいから」だけではなく、フィクションだから伝え得ることのできる非常に大切な、けれどありふれた「真実」を人々が知りたいからなのかもしれません。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

ライター:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、映画情報サイト「Cinemarche」編集部へ加入。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。


photo by 田中舘裕介






関連記事

連載コラム

『山女』あらすじ感想と評価解説。山田杏奈の魅力で福永壮志監督が描く‟自然の畏敬の念”|TIFF東京国際映画祭2022-4

第35回東京国際映画祭『山女』 2022年にて35回目を迎える東京国際映画祭。コロナ感染症の影響も落ち着き、本格再始動を遂げた映画祭は2022年10月24日(月)に開会され、11月2日(水)まで開催さ …

連載コラム

【荒井志郎インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』俳優としての原点を語る| THEATRE MOMENTS2019③

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第3回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

映画『歩けない僕らは』あらすじと感想レビュー。短編37分の間に描かれた人間の成長と絆というドラマ|蟹江まりの映画ともしび研究部5

蟹江まりの映画ともしび研究部 第5回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第5回目に取り上げるのは、2019年11月23日公開の映画『歩けない僕らは』です。 脳卒中 …

連載コラム

映画『ナイチンゲール』あらすじと感想レビュー。評価が大きく分かれたヴェネチア映画祭での前半30分の衝撃とは⁈|銀幕の月光遊戯 56

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第56回 映画『ナイチンゲール』が2020年3月20日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されます。 『ナイチンゲール』は、19世紀、英国植民地時代の …

連載コラム

韓国映画『王宮の夜鬼』あらすじと感想。ゾンビ(夜鬼)アクションものでヒョンビンとチャン・ドンゴンが激突!|コリアンムービーおすすめ指南13

陰謀渦巻く王朝に迫りくる“夜鬼”! 朝鮮王朝の存亡をかけた死闘がはじまる! ヒョンビンとチャン・ドンゴンの二大スターが激突する映画『王宮の夜鬼』が9月20日(金)より、シネマート新宿他にて全国ロードシ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学