Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/02/19
Update

NETFLIX映画『タイタン』ネタバレ感想とレビュー評価。人体改造から惑星移住の新境地を開いた異色作|SF恐怖映画という名の観覧車90

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile090

人類の発展と共に着実に地球の環境は破壊され、環境に対する取り組みはより重要視されるようになりました。

映画の世界では「地球の滅亡」を題材としたSF映画が多く作られることになり、人類を存続させるための様々な案が映画の中で提唱されていきます。

今回はそんな「惑星移住」をテーマにした映画の中でも異質な作品であるNETFLIX独占配信映画『タイタン』(2018)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『タイタン』の作品情報

NETFLIX映画『タイタン』

【日本公開】
2018年(NETFLIX独占配信映画)

【原題】
The Titan

【監督】
レナート・ルフ

【キャスト】
サム・ワーシントン、テイラー・シリング、トム・ウィルキンソン、ナタリー・エマニュエル、アギネス・ディーン

【作品概要】
2009年、世界的大ヒットとなったジェームズ・キャメロンの映画『アバター』(2009)で主演を務め話題となった俳優サム・ワーシントン主演で製作されたSF映画。

共演にドラマシリーズ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」で主演を務めるテイラー・シリングや、「メイズ・ランナー」や「ワイルド・スピード」シリーズに出演するナタリー・エマニュエルなど。

映画『タイタン』のあらすじとネタバレ

2048年、相次ぐ戦争により地球の資源は枯渇し、15年後には半数の人口が餓死するとまでされていました。

砂漠を3日間飲まず食わずで歩いたとされる軍人のリックはある計画に参加するため、NATOの基地に妻と息子を連れ移り住みます。

NATOでは人の住めなくなる地球に代わり、土星の衛星であるタイタンに移り住む計画が立てられていました。

タイタンは地球に比べ極度に温度が低く、また空気もほとんどありません。

この計画はタイタンを人を住める環境にするのではなく、人間をタイタンに住める身体に強制進化させようとしていました。

5000人の応募の中から厳選され集められた軍人は、過去に過酷な状況を生き延びており、この改造人間を作り出す計画に成功するでは、と期待されていました。

人類の未来のため、危険を承知で引き受けたリックたちは早速、多種多様な薬物の注射を受け始めます。

実験が進むとリックは僅かな酸素を与えられるだけで40分以上水の中で行動できるようになります。

さらに泳ぐ速度も人地を超越したものとなり、研究者たちは実験の成功に喜びます。

しかし、リックの身体は低温に耐える事が出来る様になった代わりに通常の温度に耐えられなくなり始めます。

リックも他の被験者たちも過酷な環境でトレーニングを重ね、徐々にタイタンに順応する身体になっていくと思った矢先、被験者の1人が突然痙攣を始め死亡。

残った被験者たちは全員が死ぬのではないかと不安になりますが、決死の覚悟であるリックは弱い心を見せません。

しかし、妻のアビゲイルを始め不安の心は広がり始めます。

リックの体調が悪くなっていることやNATOに用意された家のそこかしこに監視カメラが仕掛けられていることに不信感を募らせたアビゲイルは、リックの吐いた血を採取し独自で調査を始め、リックの体内で何かが生きていることを突き止めます。

暗いタイタンでも適応できるように目の手術を受けたリックは深夜に目の異常を訴え搬送されます。

その夜、アビゲイルは被験者の1人が発狂し妻を殺害後、軍に射殺される現場を目撃。

異常性を感じ始めたアビゲイルはリックのIDを使い、実験を主導するマーティン博士の研究室に忍び込みます。

博士はNASAから実験を強行するあまり多くの犠牲者を出していることを批難されており、自身の目的のために実験を行う非道な人体実験者として反感を買っていました。

翌日、マーティンはリックに対し更なる手術を勧めますが、アビゲイルは博士の部屋で見た資料から人間にコウモリなどの遺伝子をリックに注入した事を知っており、テスト済みの研究ではなく今後どうなるかも分からないただの人体実験である事を批判します。

しかし、リックは手術を受けなければほぼ間違いなく死亡する状態であり、リックは覚悟を決め手術を受けます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『タイタン』のネタバレ・結末の記載がございます。『タイタン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

手術が始まり、リックと女性軍人のタリー以外の全員が死亡。

手術を生き延びた2人は過去の面影のない姿に変容しており、タイタンに出発するまでの間自宅にいる事を許可されます。

触覚と周波で会話するため、言葉を発することのできなくなったリックは家に帰宅してもすれ違いを続けます。

夜、リックの家にタリーが現れ、タリーが夫を殺害し軍に追われていることを知ります。

兵隊に射殺されたタリーを見たリックは兵士を殺害し逃走。

軍は本格的にリックを捕まえるため、兵士を動員させ始めます。

森の中でリックと再会したアビゲイルは、リックが変容した姿であってもリックである事を確認し愛を確かめます。

アビゲイルとリックは博士たちに囚われ、博士はリックをタイタンへと送ることをアビゲイルに強要します。

博士はリックが地球に心残りがありすぎることを危惧し、リックに記憶を失わせる薬をアビゲイルにうたせようとします。

一度薬を落としながらもリックに注射をしたアビゲイルはその場を離れます。

リックを宇宙に送ろうとする博士たちでしたが、実はアビゲイルは記憶を失わせる薬を食塩水とすり替えており、隙をついたリックは兵士を殺害しつつ逃走。

その後リックと再会したアビゲイルでしたが、すぐに周りを兵士と博士に囲まれてしまいます。

博士は兵士たちにアビゲイルとその家族を撃つように命令しますが、兵士から反感を買っていた博士が女子供を撃つように命じたことで一層反感は高まり、遂に兵士たちは博士に銃を向けます。

その後、リックとアビゲイルたちは保護され別の施設へと移されます。

数年後、NASAによりタイタン2計画が始動しアビゲイルが研究を率いていました。

そしてタイタンでは、完全に環境に適応したリックがその地を歩き、飛び回っているのでした。

スポンサーリンク

映画『タイタン』の感想と評価

参考:Netflix Japanの公式Twitter

「惑星移住」をテーマにした作品と言えば、マシュー・マコノヒーが主演した映画『インターステラー』(2014)が記憶に新しく、同テーマの代表ともいえるクオリティでした。

一方で本作は、『インターステラー』などの「惑星移住」をテーマにした映画と異なり、「惑星移住」が目的ではあるものの、その手段である「人体改造」の方にフォーカスが当てられている異色の作品でした。

主人公のリックは家族を愛する優しい心を持つと同時に、人類のためを考え己の身を捧げることの出来る心の強い人物として作中では描かれています。

しかし、人類存続のカギを握る実験に参加するうちに最愛の妻であるアビゲイルの心労がたまり始め、疑心暗鬼の果てにアビゲイルが研究の「裏」にたどり着くことになります。

本作では「人類全体」と「家族」、そして「自分自身」の全員を同時に愛し救うことの難しさと、揺るぎない心を持った人間を「人体実験」に使うことの残虐さが表現されており、ヒューマンドラマとして深い味わいの作品となっていました。

まとめ

「惑星移住」がテーマの作品ではカットされてしまいそうな「準備段階」の物語を話題の俳優を使い映像化した『タイタン』。

揺るぎない精神で実験を受けるリックと、最愛の夫を失ってしまう恐怖と戦い実験の「闇」に迫るアビゲイル。

「惑星移住」をテーマにした作品であり1つの家族の物語である本作は、「発展と犠牲」をメッセージに含んだSF映画としてオススメの作品です。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile091では、中国内で大ヒットとなったNETFLIX独占配信のSF映画『流転の地球』(2019)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

2月26日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『マチネの終わりに』映画と原作の違いをネタバレ考察。4つのキーポイントを徹底解説|永遠の未完成これ完成である1

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第1回 こんにちは、もりのちこです。 小説や漫画を原作にした映画化の魅力は、「一粒で2度美味しい」。異なる表現である文字と映像をストーリーを通して、「一石二鳥」 …

連載コラム

亀山睦実映画『恋はストーク』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた“ひとすじに好き”の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り5

ちば映画祭2019エントリー・亀山睦実監督作品『恋はストーク』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 そこで上映された作品の …

連載コラム

おすすめコメディ映画『パンチドランク・ラブ』あらすじと感想。ポール・トーマス・アンダーソン監督の珠玉の名作|銀幕の月光遊戯15

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第15回 来る2018年12月15日(土)、16日(日)に、座・高円寺2にてAfter School Cinema Club + Gucchi’s Free Schoolに …

連載コラム

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』感想レビューと考察。ヌーヴェルヴァーグのミューズに捧ぐフィルム式ラブレター|だからドキュメンタリー映画は面白い48

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第48回 革命のミューズにして、ヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優アンナ・カリーナの軌跡。 (C)Les Films du Sillage &#8 …

連載コラム

映画『アメリカの夢』解説評価。尾関伸次(伸嗣)を主演に大塚信一監督が“幸せより大切なもの”を描く|銀幕の月光遊戯 68

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第68回 映画『横須賀綺譚』が全国順次公開中の大塚信一監督の劇場未公開作『アメリカの夢』が、名古屋シネマスコーレで限定上映されます。また、後日、ネット配信も予定されています …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学