Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/11/13
Update

『ドクター・デスの遺産』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。どんでん返しが待ち構えるバディ刑事を徹底解説|永遠の未完成これ完成である19

  • Writer :
  • もりのちこ

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第19回

映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。

今回紹介するのは、2020年11月13日公開の『ドクター・デスの遺産』です。人気作家・中山七里の刑事・犬養隼人シリーズから「ドクター・デスの遺産」が映画化となりました。

「どんでん返しの帝王」の異名を持つ、ミステリー作家・中山七里原作の映画『ドクター・デスの遺産』。今回はどんな「どんでん返し」が待ち受けるのか!

終末期の患者ばかり狙われる連続不審死事件が発生。捜査に乗り出した警視庁の犬養と高千穂は、「ドクター・デス」と呼ばれる安楽死を請け負う闇医者にたどり着く。

安楽死は善か悪か。生きる権利と死ぬ権利。禁断のテーマに踏み込んだ問題作を、『神様のカルテ』『そらのレストラン』の深川栄洋監督が映画化。

刑事役を演じる綾野剛と北川景子のバディの相性はいかに!?映画公開にあたり、原作のあらすじ、映画化で注目する点を紹介します。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ドクター・デスの遺産』の作品情報


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会
【公開】
2020年(日本)

【原作】
中山七里

【監督】
深川栄洋

【キャスト】
綾野剛、北川景子、岡田健史、前野朋哉、青山美郷、石黒賢

映画『ドクター・デスの遺産』のあらすじとネタバレ


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会
警視庁本部にある通信指令センターに男の子から通報が入りました。「悪いお医者さんが来て、お父さんを殺しちゃったんだよ」。馬籠大地(まごめだいち)君、8歳でした。

始めは、子供のいたずらだと取り次がなかった警察でしたが、刑事部捜査一課の犬養隼人と相棒の高千穂明日香が、話だけでも聞きに行くことになりました。

大地の家に着くと忌中の張り紙がしてあります。父親が亡くなったのはどうやら本当のようです。葬儀式場に赴き、母親にも事情を聞いてみることにしました。

犬養から息子が警察に通報したと聞いた母親は、「父親の死で動揺したのでしょう」と事件を否定します。

大地の父親は肺がんを患い、ここ何年かは自宅療養に切り替えていましたが、急に容態が悪化し医者を呼んだ時にはすでに呼吸が止まっていたとのことでした。

一方、大地から詳しく事情を聞いていた高千穂は、担当医が来る前にもう一人、別の医者が父親を視に来ていたことを聞き出します。

母親と息子の証言がまるで相違していました。犬養は大地の言葉を信じ、父親の遺体を半ば強引に司法解剖へ持ち込みます。

結果は、心臓疾患であることには違いありませんでしたが、血液から異常に高いカリウムが発見されました。

そして、近所の聞き込みや防犯カメラから、大地の証言通り、もう一人の医者の存在が明らかになります。

大地の母親に改めて事情徴収をする犬養と高千穂。母親が明かした真実は、驚くものでした。

終末期患者に安らかに苦痛のない死、つまり安楽死を20万円で請け負う医師が存在したのです。その名も「ドクター・デス」。

ドクター・デスへの依頼は、インターネットのサイトで行われていました。安楽死させたい人の病歴を記し、本人の同意をあることと安楽死の選択を後悔しないかという条件を承認し契約が成立します。

サイトの訪問者数はもはや2000人を超えていました。今回の馬籠家の父親殺しは氷山の一角に過ぎない!?

2年前からネット上に現れた「ドクター・デスの往診室」は、海外のサーバを複数経由させログを改ざんされており追跡は不可能でしたが、犬養と高千穂はサイバー犯罪対策課の協力を得て、サイトのコメント欄から依頼人の目星をつけ当たっていきます。

ドクター・デスは、安楽死を募っているのではないと宣言していました。実際、依頼人と思われる人たちには、家族の中に終末期患者がおり、痛みに苦しみ治療費もままならず、安楽死を望む患者ばかりでした。

始めに訪れたのは、増渕耕平。長女の桐乃はサイト訪問の半年後に亡くなっています。

耕平はドクター・デスに依頼したことをすんなり認めました。娘の桐乃は、全身性エリマトーデスという難病で激痛と絶望の中、鬱も患い「死にたい」と繰り返すようになっていました。

安らかで苦痛のない死。増渕は娘の願いを叶えてやりたい一心でドクター・デスのサイトへたどり着きます。

しかし増渕は、「桐乃の死はドクター・デスによる安楽死ではない」と断言します。「容態が急変した桐乃は、それはそれは苦しみながら死んでいきました。もっと早くドクター・デスにお願いしていたら…」。増渕は両手で顔を覆います。

病死だと思われていたものが実は第三者による安楽死だった。馬籠家の事件が報道され、ドクター・デスの存在が世間一般にさらされることとなりました。

世論は真っ二つに割れます。増悪や金銭目的ではなく、終末期患者の苦痛を緩和するための殺人。ドクター・デスは連続殺人犯だという者がいる反面、終末期医療の必要悪として擁護する声も上がりました。

犬養と高千穂は、その後の捜査でドクター・デスと接触した何人かの依頼人に事情聴取するも、ドクター・デスの特徴さえも掴めずにいました。

誰もが口を揃えて言うのです。「印象がないんです。頭頂部が禿げていたのは覚えているのですが、どこでも見かけるような顔でした」。医師免許を持つ全国の医者の中からも見つけ出すことは出来ません。

犬養はある危険な賭けにでます。それは、自分が依頼人となりドクター・デスをおびき出すという作戦です。

実際、犬養には病気療養中の娘・沙耶香がいました。沙耶香は腎不全を患い尿毒症の透析を続けていました。

犬養は、ドクター・デスのサイトに書き込みを残します。警察官が違法行為を切望することへの葛藤。仕事より家族の絆を大切にしたいということ。犬養は、沙耶香が入院している病院こそ警察病院と嘘を付きましたが、娘のことを思う父親の心境を綴ります。

犬養が思い描くドクター・デスの人物像はこうでした。自信家で慎重、自分の行為を正義と信じ疑わず、他人の悲しみを嗅ぎ取るのに敏感な男。目立たない風貌の下に秘めた悪魔性を持つ男。

翌日、ドクター・デスからの返信がありました。ドクター・デスは娘の症状を見舞う素振りをみせながらも、決行の日を告げてきます。

決行の日がやってきました。犬養は警察病院でドクター・デスを待ちます。しかし、ドクター・デスは時間になっても現れません。「やられたぞ」。班長からの連絡が入ります。

沙耶香が実際に入院していた帝都大付属病院から、「謎の郵便物が沙耶香宛に届いた」と連絡がありました。中身は点滴パックに入れられた塩化カリウム製剤でした。

病院でその点滴パックをそのまま使うようなことはなかったものの、明らかにこれは脅しです。

娘をおとりにしたばかりか、危険な目に合わせてしまった。犬養は父親として動揺する気持ちを抑えることが出来ません。

事件が動き出したのは、ドクター・デスへの依頼人のひとり、法条英輔の証言によるものでした。

ドクター・デスの顔はやはり印象に残っておらず似顔絵の協力も無理だが、付き添いの女性の看護師なら顔を覚ているというのです。

そうです。ドクター・デスには付き添いの看護師が同行していたのです。さっそく似顔絵を作成し、各地のナースセンターに登録されている潜在看護職員の中から徹底的に探し出していきます。

その看護師は雛森めぐみ、37歳でした。めぐみは、5年前勤務していた病院が潰れ、それから医療業務には携わっていないということでした。

「これは連続殺人事件です。事情を知らず手伝っただけであっても共犯者になりますよ」。犬養は詰め寄ります。

「し、知らなかったんです」。2年前、ネットの求人広告で診療補助のバイトを見つけためぐみは、往診がある時だけ先生に呼び出され、終末期患者の家を訪問し緩和ケアの補助をしていたと証言します。

「安楽死を招くものだとは気付かなかったのですか?」犬養の質問に、めぐみは「これでも看護師として働いていたんです。しかも、そんな低額で依頼を受けるなんてありえません」。

めぐみもまた、被害者なのかもしれません。「先生の素性はご存じですか」。「名前だけなら。寺町亘輝と名乗っていました」。

その後も雛森めぐみへの事情聴取は続けられましたが、寺町亘輝に関する他の情報は何一つ得られませんでした。

犬養は、ドクター・デスの依頼人の中で、気になる事件がありました。それは、化学工場の事故で大火傷を負い入院していた安城邦武の事件でした。

完璧主義者にとわれるドクター・デスの安楽死の中で、安城邦武の場合だけは昏睡状態にしなかったことで、最後まで苦しみ死んでいきました。安楽死とはとても言えない状態でした。

犬養は、この件についてもう一度、ドクター・デスとコンタクトを試みます。案の定、ドクター・デスからの返信が届きました。

「安城の依頼は受けていない」。それがドクター・デスからの回答でした。「わたしは敬愛するジャック・ケヴォーキアンの方式を継承し、塩化カリウム製剤を注入する前には必ずチオペンタールで患者を昏睡状態にさせています。患者本人が安楽な状態で死に至らなければ、それは安楽死ではなくただの殺戮だからです」。それは丁寧な返答でした。

ドクター・デスからの証言もあり、改めて安城の事件を洗いなおしてみたところ、ドクター・デスの安楽死を模倣した殺人であることが判明します。犯人は安城の職場の上司で、自分のミスを安城に擦り付け、口封じのための犯行でした。

犬養はドクター・デスの安楽死へのこだわりに、医療分野のスペシャリストとしての姿を重ねていました。そして、自分の尺度で突き進む「はみ出し者同士」であることに少なからず共感していたのかもしれません。

「まさか毒された訳じゃあるまいな」。班長の麻生は、犬養に釘を刺します。「どうしたんですか、犬養さん。弱気じゃないですか。腰が引けるのはやっぱり沙耶香ちゃんを狙われたから…」。高千穂も相棒の異変に不安を覚えます。

以下、『ドクター・デスの遺産』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドクター・デスの遺産』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会
鑑識課の土屋から報告が入ったのは、麻生が犬養をこの件から外すかどうか考えあぐねていた時でした。ドクター・デスが現れた家から採取された土の分析結果から、居場所が特定されたのです。

それは、ホームレスがテント村を形成している河川敷のものでした。さっそく警察の張り込みが始めります。ボランティアに扮した刑事の聞き込みと、監視カメラの映像、依頼人への確認から寺町亘輝を見つけ出しました。

犬養と高千穂は、とうとうドクター・デスこと寺町亘輝の逮捕に成功します。

ほどなくして尋問を始めた犬養は、ドクター・デスとの会話に違和感を覚えます。「殺人?俺は知らん」。ホームレス姿の寺町亘輝は、実際に医師免許もなく医者のふりをして金を貰っていただけだと証言します。

「あの女が全部やっていた」。ドクター・デスの正体は、看護師として付き添いを装っていた雛森めぐみだったのです。

しかし、すでに雛森めぐみは姿を消していました。雛森めぐみには過去に中東への渡航歴がありました。

「アラブの春」が叫ばれていた頃、無国籍医師団の一員として現地に赴いていた雛森めぐみが、各国独裁政権と民主主義運動の闘争の中で何を経験したのか、今は知る由もありません。

その電話が掛かってきたのは、犬養が沙耶香の見舞いに行く途中でした。「犬養さん、お久しぶりです」。雛森めぐみ、いやドクター・デスでした。

「父親でもあり刑事でもある。沙耶香ちゃんの命が掛かった場合、犬養さんはどっちの立場を採るの」。ドクター・デスの問いに犬養は答えることが出来ませんでした。

雛森めぐみが中東で経験した医療現場はそれはそれは過酷なものでした。血の海、千切れた手足、露出した臓器、町は戦場と化していました。

病院では物資の供給もままならず、麻酔も鎮痛剤もない状態で治療を行わなければなりません。致命傷の患者は苦痛にのたうち回りながら死んでいくしかありませんでした。

その中で、無国籍医師団のひとり、アメリカ人医師のブライアンとの出会いは、雛森めぐみに大きな影響を与えました。

全身に無数の傷を負った兵士が運ばれてきました。全身を激しく痙攣させ、目玉が飛び出るほど見開き苦痛を訴えています。このまま硬直が続けば喉の気道が狭まり、死は免れません。

ブライアンはじっと患者を見下ろし、自分の裡にあるものと必死に闘っているように見えました。「スキサメトニウム」筋弛緩剤の一種だが、毒薬に指定されている薬剤を取り出します。

「楽になりたいか」。ブライアンは兵士に問いかけます。兵士は虚ろな目で大きくうなずきました。薬剤を注入されると、その兵士は表情も安らかに感謝の言葉を発し動きを止めました。

「めぐみは、ドクター・デスという存在を知っているか。彼の主張は独善に満ちていて到底うべなえるものではないが、ひとつだけ共感できることを言った。誰にでも死ぬ権利があると」。ブライアンは疲弊していました。

「かのドクター・デスは罪に問われている。当然だ。そして、これはわたしが背負う罪だ。めぐみは関わらなくていい」。

死ぬ権利。最初のうちこそ拒否反応を示していためぐみも、いつしかサポートにまわるようになります。罪悪感で押しつぶされそうになる心を、患者の口から発せられる感謝の言葉がかき消していきます。

戦闘はますます激しさを増し、無国籍医師団も町を離れる時がきます。次の現場でも、めぐみはブライアンに付いて行こうと決めていました。

その時です。上空から爆撃機の音が迫り、目の前のビルに爆弾が落下しました。壁が吹き飛び、めぐみ達も巻き込まれます。

数カ所にガラスの破片が突き刺さった状態でめぐみは、ようやく上半身を起こし辺りを見回しました。ブライアンの身体を二本の太い鉄筋が貫いているのが見えました。

「先生」。ブライアンは肺を貫かれ、呼吸とともにごぼごぼと喉を鳴らしています。ブライアンは、着ていた白衣のポケットから中身を取り出し、めぐみに手渡しました。

「死ぬ権利を、与えてくれ」。めぐみは、触診で首筋の静脈を探り当て、深呼吸をひとつしてから針を突き立てました。

ブライアンは微笑みを浮かべたまま動きを止めました。めぐみはこの戦場で、天に向かって叫びことしか出来ませんでした。

「死は時と場合によって意味合いを異にする」。その後、雛森めぐみは戦場以外でも安楽死を望む患者が多く存在することを知ります。

そして現在。めぐみは渡航する前にこの依頼だけは遂行しようと、出雲市に住む久津輪博信の元へ向かっていました。

すい臓がんを患い終末期患者となった久津輪は、苦しむ家族を思い自らドクター・デスに依頼をしていました。

「ごめんください」。めぐみは、返事がないことを確認し家の中に入ります。久津輪の寝室を開けると、いないはずの人物がそこにいました。

「待ってました」。高千穂がめぐみに声をかけます。踵を返し立ち去ろうとした先に犬養が立ちふさがります。「再会できてよかったよ」。

なぜ、犬養と高千穂は数多いるドクター・デスへの依頼人の中から、久津輪にたどり着いたのか。「久津輪さんはブライアン氏によく似た方でしたからね」。めぐみは嫌悪感をあらわにしました。

ばらばらばら。小石が降り注ぐような音が天井から聞こえてきます。一瞬にして天井がしなり、轟音とともに屋根が崩れ落ちてきました。土砂崩れです。

落下した天井の下敷きになっためぐみを、犬養と高千穂が助け出します。久津輪はというと梁が胸の上に落ち鎖骨が折れ口の中に血溜まりが見えました。梁をどかすことも、救急車を待つ時間もありません。

看護師でもあるめぐみは、久津輪がもう10分も持たないことを確信します。久津輪の顔が苦悶に歪んでいます。

「私は、この人を楽にしてあげる道具を持っている」。めぐみは安楽死のために持参したスキサメトニウムを注射器に移します。

「待て。それは殺人だ。警察官が目の前の安楽死を看過できるか」。犬養が止めに入ります。「警察官としてこの人が苦しみ続けるのをただ見ているだけなのは、罪にならないのかしら」。

めぐみは犬養に3秒、時間を与えます。「あなたの職業倫理が、あくまでも久津輪さんの安寧を拒否するなら、この注射器を粉々にしなさい」。

犬養の目が見開かれ、注射器を凝視します。高千穂は呆然と立ち尽くしています。3、2、1。犬養は力なく肩を落としました。

「これはわたしが背負う罪よ。あなたは関わらなくていい」。苦悶に歪んでいた久津輪の顔が見る間に安らいでいきます。

それから1時間後。地元警察と救急車が到着した頃には、久津輪はすでに死亡し、めぐみは逮捕となりました。

自分は人を見殺しにした。めぐみが毒薬を注射するのは殺人だと知っていながら、ただ指をくわえて見ているしかなかった。

犬養は、梁の下敷きになった久津輪に沙耶香の姿を重ねていました。自分は、刑事から父親に戻った段階で刑事失格だ。

めぐみは自分の背負う罪だと言ったが、それは方便に過ぎない。犬養は、この事件を己の十字架として背負っていくことが、自分の背負うべき罪と罰だと感じていました。

スポンサーリンク

映画『ドクター・デスの遺産』ここに注目!


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会
ミステリー作家・中山七里原作『ドクター・デスの遺産』。「ドクター・デス」とは、1980年代に実在したアメリカ人医師ジャック・ケヴァーキアンに付けられた呼び名です。

彼は、積極的安楽死の肯定派で、終末期患者を苦痛から救うべく自殺の手助けをし始めます。関わった人数は、なんと130人以上。

1999年には殺人犯で逮捕となりますが、全米が安楽死の賛成派と反対派に別れ、激しく議論を戦わせる事件となりました。

日本では安楽死は殺人罪に当たります。実際に日本でも医師が担当の末期患者に筋弛緩剤を投入し、有罪判決を受けた事例が何件かあります。海外では、スイス、オランダ、ベルギーなど安楽死が許されている国も存在します。

人間はどこまで生かされるべきなのか。末期や難病患者が本人の意思で安楽死を選択できるのかは、国の価値観によるところが大きいようです。

この物語のテーマでもある「生きる権利」と「死ぬ権利」。日本では特にタブーとされる「安楽死」に果敢に切り込んだ作品です。

ひとりひとりがこのテーマに向き合わなければならない時が、すぐそこまで来ているのかもしれません。

犬養、高千穂の凹凸コンビ

原作での、高千穂明日香(北川景子)は婦警というよりは保育士のような雰囲気の女性で、生活安全課を志望していたのに捜査一課に回されたという女性刑事です。

相棒である犬養毅(綾野剛)刑事は、鋭い洞察力で事件の匂いを嗅ぎつけ、ひとりで突っ走る、はみ出し刑事。高千穂は、振り回されてばかりです。

犬養と高千穂の凹凸コンビが、お互いの苦手な部分を補い合って事件解決へと奮闘する様が面白さのひとつになっています。

映画化で、北川景子演じる高千穂は冷静沈着な分析型の刑事となっています。破天荒で直感型の綾野剛演じる犬養刑事とは両極端な設定です。

北川景子と綾野剛の共演が生み出した、映画化ならではの新しい犬養・高千穂バディの相性に注目です。

死との向き合い方

「安楽死」というテーマを取り扱った今作は、誰もが直面する死について考えるきっかけを与えてくれます。

もし自分が終末期患者だったら、もし自分が苦しむ家族を見守る立場だったら、もし自分の目の前で死を願う者がいたら、自分だったら…。

また、クライマックスで明かされる、ドクター・デスの犯行の裏にある悲しい物語。一見残酷なサイコキラーと思える犯行にも、ひとつの信念がありました。

犬養は、最後まで刑事という立場と父親という立場の間で揺れ動きます。世の中には、法では解決できない事柄が存在します。

法で裁いてしまうのは簡単なことかもしれませんが、当事者にしか分からない心の葛藤は裁くことが出来ません。

安楽死は善なのか悪なのか。命の尊さとは。この問いこそが、ドクター・デスが残した遺産なのかもしれません。

新米刑事・沢田圭

原作では登場しない人物がいます。新米刑事の沢田圭(岡田健史)です。原作の高千穂のやんわりした雰囲気を彼が担当するのか。また、事件解決にどのように関わってくるのか。

演じるのは、『中学聖日記』の黒岩役、『MIU404』では情熱のある刑事役と、話題作への出演も続く注目の若手俳優・岡田健史です。

綾野剛と北川景子のベテランバディの間で、新米刑事・沢田がどこまで活躍するのか注目です。

まとめ


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会
人気ミステリー作家・中山七里の刑事・犬養隼人シリーズ「ドクター・デスの遺産」を紹介しました。

警視庁捜査一課NO.1コンビが挑む、安楽死を手口にする連続殺人犯「ドクター・デス」の正体とは!?その医者を追ってはいけない!

綾野剛と北川景子のコンビがおくる、クライムサスペンス映画『ドクター・デスの遺産』は、2020年11月13日、全国一斉公開です。

次回の「永遠の未完成これ完成である」は…


(C)2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
次回紹介する作品は2020年11月6日公開の映画『おらおらでひとりいぐも』です。

第158回芥川賞と第54回文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子のベストセラーの映画化。監督は、『横道世之介』『モリのいる場所』の沖田修一監督。

75歳のひとり暮らしの桃子さん。桃子さんの中には「心の声=寂しさ」たちが存在していました。東北弁で語り掛けてくる「心の声=寂しさ」たちと、桃子さんの不思議な1年間の物語。

原作と映画の違いを比較し、作品をより深く考察していきます。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

おすすめSF映画『TOKYO TELEPATH 2020』感想評価と考察解説。東京オリンピックを控えた”今”を映し出す|SF恐怖映画という名の観覧車120

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile120 2018年10月6日に世界最大の魚市場であった築地市場が幕を降ろし、市場は豊洲へと移転。 古い町並みを長年残し続ける地方とは異なり、世界 …

連載コラム

Netflix映画『プロジェクトパワー』ネタバレ感想と考察評価。”超能力”によってスーパーヒーローと麻薬捜査の魅力を引き出す|SF恐怖映画という名の観覧車116

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile116 「バットマン」や「スーパーマン」、そして近年では「アベンジャーズ」シリーズなど漫画の中だけでなく映画界でも長年、超能力を持った「ヒーロー …

連載コラム

『影裏』映画と原作小説との違いをネタバレありでラストまで考察。岩手ロケ地とグルメに至るまで郷土愛に満ちた監督のこだわり|永遠の未完成これ完成である8

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第8回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介するのは、映画『影裏』です。 第157回芥川賞を受賞した、岩手 …

連載コラム

映画『ラストサンライズ』ネタバレあらすじと感想。ディザスターパニックを中国SFチームがリアルに科学考証|未体験ゾーンの映画たち2020見破録43

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第43回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第43回で紹介するのは、中国発の本格的SF映画『ラスト・サンライズ』。 日本でも話題の、リュウ・ギ …

連載コラム

SF映画おすすめ5選!洋画邦画ランキング(1970年代)の名作傑作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車89

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile089 過去のSF映画の傑作をご紹介するこの企画も、遂に1970年代へと入りました。 この時代のSF映画は特撮技術も大幅に進歩し、現在でもシリー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP