Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/01/01
Update

SFホラー映画2020年おすすめ6選!話題と人気の劇場公開作の注目点を解説【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車83

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile083

新年あけましておめでとうございます。

遂に東京オリンピックの開催の年となり、そわそわとしてる方も多くいらっしゃることでしょう。

しかし、映画好きにとっての2020年もやはり「映画の年」。

今回のコラムでは、2020年に日本で公開される注目のホラー映画およびSF映画をそれぞれ3本ずつ、どのような点が注目なのかを語っていきます。

スポンサーリンク

2020年の注目ホラー映画①『犬鳴村』

映画『犬鳴村』の作品情報


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

【公開】
2020年2月7日(日本映画)

【監督】
清水崇

【キャスト】
三吉彩花、坂東龍汰、大谷凜香、古川毅、宮野陽名、奥菜恵、石橋蓮司、高嶋政伸、高島礼子

【あらすじ】
霊感を持つ臨床心理士の森田奏(三吉彩花)の周囲で数々の変死や、兄弟の行方不明など不可解な現象が立て続けに発生します。

そのすべての現象に全国的に有名な心霊スポットである「犬鳴トンネル」の存在が関わっていることを知った奏は、「犬鳴トンネル」へと足を運びますが…。

「犬鳴村伝説」を題材とした和製ホラー最新作!


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

皆様は「犬鳴村伝説」をご存じでしょうか。福岡県内に実在する犬鳴峠にある旧犬鳴トンネル沿いに「この先、日本国憲法は適用しません」と言う看板があり、「犬鳴村」に遊び半分で入った人間は住民に殺害されてしまう、と言う都市伝説です。

真偽のほどはともかく、この伝説は都市伝説マニアの中でも特に人気が高いものであり、実在する「北センチネル島」のように「文明から隔絶された集落」と言う設定は「ホラー」映画の魅力とも似通ったものがあります。

そして2020年、「呪怨」シリーズでお馴染みの和製ホラーの巨匠清水崇がメガホンを取り製作した映画『犬鳴村』(2020)は、大人気の「犬鳴村伝説」をベースとしたホラー映画。

この美味しすぎる題材を清水崇監督がどう映画に仕上げたのかが今から待ち遠しくて仕方がありません。

2020年の注目ホラー映画②『ミッドサマー』

映画『ミッドサマー』の作品情報


(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

【原題】
Midsommar

【日本公開】
2020年2月(アメリカ・スウェーデン合作映画)

【監督】
アリ・アスター

【キャスト】
フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ウィル・ポールター

【あらすじ】
深いトラウマを抱えるダニー(フローレンス・ピュー)はボーイフレンドのクリスチャン(ジャック・レイナー)と参加したパーティで、友人と共にスウェーデンへと旅をする予定であることを聞きます。

スウェーデンの田舎町で行われる夏至祭(夏に行われる祭り)が目的であると知ったダニーは旅に同行することを決めますが…。

爽やかな色彩で描かれる狂気!斬新すぎるメンタルホラーの怪作


(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

『ヘレディタリー/継承』(2018)で数多くの人にトラウマを植え付けたアリ・アスター監督。

そんな彼が2019年にアメリカで公開した最新作『ミッドサマー』(2020)は、本国ではアリ・アスター監督によって再びトラウマを植え付けられた人が多く発生し、長編映画2作目にしてホラー映画の巨匠とまで評されるようになりました。

本作は夏至祭を題材としていることもあり、ホラー映画には珍しく物語の重要なシーンはほぼ全て「日光の下」で展開します。

暗闇は人間の内なる「恐怖」を呼び覚ますことは心理的にも認められていますが、その効果を一切使わずただただ純粋な「狂気」による恐怖をとことんまで引き出した本作。

あまりにも凄惨すぎる映像で鑑賞に注意が必要な作品ではありますが、2020年のホラー史からは外すことの出来ない作品です。

スポンサーリンク

2020年の注目ホラー映画③『スケアリーストーリーズ 怖い本』

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』の作品情報


(C)2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【原題】
Scary Stories to Tell in the Dark

【日本公開】
2020年2月28日(アメリカ・カナダ合作映画)

【監督】
アンドレ・ウーヴレダル

【キャスト】
ゾーイ・マーガレット・コレッティ、マイケル・ガーザ、ガブリエル・ラッシュ、オースティン・ザジュール 、ナタリー・ガンツホーン、オースティン・エイブラムズ

【あらすじ】
ハロウィンの夜、いじめっ子に仕返しをし幽霊屋敷として有名な館に忍び込んだ3人の少年はその場所で一冊の本を見つけます。

サラ・ベロウズと言う女性が書いたとされるその本には数多くのろしい物語が記載されており、その内容は日に日に増えていき…。

挿絵や内容の恐ろしさが問題となった児童小説の実写化作品

本作はアルバン・シュワルツが執筆した児童書「怖いお話」シリーズが原作となっているホラー映画です。

「児童書」と聞きあまり怖くなさそうと感じる方もいるかもしれません。

しかし、本作の原作は挿絵のクリーチャーデザインがあまりにもおぞましく、また物語の恐怖度も高いことから学校の図書館への陳列が何度も問題となったいわくつきの作品。

その実写版となる本作も、そのおぞましすぎるクリーチャーデザインをしっかりと踏襲しており、ビジュアルだけでも不安になってくるほど。

ビジュアルから来る「恐怖」を味わいたい方にオススメとなること間違いなしの2020年ホラーの大注目作です。

2020年の注目SF映画①『ゴーストバスターズ/アフターライフ』

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の作品情報

【原題】
Ghostbusters: Afterlife

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【監督】
ジェイソン・ライトマン

【キャスト】
マッケナ・グレイス、フィン・ヴォルフハルト、キャリー・クーン、ポール・ラッド、ボキーム・ウッドバイン、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、シガニー・ウィーバー

30年の時を経て受け継がれるゴーストバスターズの魂


1989年に公開された『ゴーストバスターズ2』(1989)以降、企画は立ち上がったものの主要キャラの1人であるスペングラー博士役のハロルド・ライミスの死去により実現がされなかった「ゴーストバスターズ」シリーズの3作目。

しかし、1度のリブート映画の公開後、俳優として『ゴーストバスターズ2』に出演しただけでなく、『JUNO/ジュノ』(2007)や『マイレージ、マイライフ』(2009)でアカデミー賞にノミネートするなど監督としても高い評価を受けるジェイソン・ライトマンがメガホンを取ったシリーズの正統続編が今年公開されることが決定。

スペングラー博士の孫の物語を中心にビル・マーレイやダン・エイクロイドがシリーズお馴染みの役として登場することも決まり、旧作ファンにも刺さること間違いなし。

作品のテーマは「継承」であり、新たな「ゴーストバスターズ」の誕生と、公開前にも関わらずその後の展開にも期待してしまいます。

スポンサーリンク

2020年の注目SF映画②『ゴジラVSコング(原題)』

映画『ゴジラVSコング(原題)』の作品情報

【原題】
Godzilla vs. Kong

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【監督】
アダム・ウィンガード

【キャスト】
アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、小栗旬、カイル・チャンドラー

どちらが真の王なのか、王を決めるための世紀の戦いを見逃すな!

ギャレス・エドワーズが製作した『GODZILLA ゴジラ』(2014)以降、大怪獣映画のシリーズとして世界観を共有するモンスターバースシリーズが始動しました。

2017年には『キングコング: 髑髏島の巨神』(2017)、2019年には『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)と定期的に公開されるド派手すぎる怪獣映画の数々。

中でも『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、ゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラなど多くの人気怪獣が鮮烈すぎるほどのビジュアルとVFXで描かれたことで、日本からも根強いファンを生み出しました。

そして2020年、日本が誇る巨大怪獣ゴジラと、アメリカの誇る巨大怪獣キングコングが遂に衝突。

真の「キング・オブ・モンスターズ」を決める戦いの映画となる本作には、日本からは小栗旬が俳優として参戦。

2体の巨大怪獣の戦いはどのような結末を迎えるのか、公開が待ち遠しい作品です。

2020年の注目SF映画③『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)』

映画『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)』の作品情報

【原題】
The New Mutants

【日本公開】
2020年(映画)

【監督】
ジョシュ・ブーン

【キャスト】
アニャ・テイラー=ジョイ、メイジー・ウィリアムズ、チャーリー・ヒートン、ヘンリー・ザーガ、ブルー・ハント、アリシー・ブラガ

ヒーロー映画?ホラー映画?全く新しい形のマーベル映画

今や世界中で大人気の「アベンジャーズ」シリーズと対を成す「マーベルコミックス」の人気シリーズ「X-MEN」。

その最新スピンオフ映画として製作が進められている『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)』(2020)は、「ミュータント(変異種)」としての能力を持った若者の強すぎる力の行方を描いた作品になると報じられています。

公開された映像は今までのヒーロー映画とは全く違い「ホラー」のテイストを強く感じさせており、数回に渡る公開の延期も「ホラー」の要素をもっと強くするため、と言う気合いの入り方。

ミュータントの存在は世界の「希望」となるのか「恐怖」となるのか、「X-MEN」シリーズがひと落ち着きした今だからこそ楽しみにしたい作品です。

まとめ


(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

2020年は公開が予定されている作品だけでも話題作の目白押しであり、例年通り映画館へ向かう足は止まりそうにありません。

ぜひぜひ皆様も素敵な映画鑑賞の1年をお過ごしください。

今年もよろしくお願い致します。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

いかがでしたか。

次回のprofile084では、『ペット・セメタリ―』(2020)の公開を記念してホラー小説の巨匠スティーブン・キングの小説を基とした映画を特集したいと思います。

記事の公開は2020年1月8日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『嵐電』鈴⽊卓爾監督の舞台挨拶と開幕セレモニーリポート|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録1

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第1回 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 本コラムではCinemarcheの専属ライターたちのレポ …

連載コラム

【ネタバレ感想】『スーパーサイズミー』感想と結果。30日間ハンバーガーを食べ続けた男に待つものとは|だからドキュメンタリー映画は面白い14

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第14回 人間は、30日間ファストフードを食べ続けたら一体どうなる?世界中にセンセーショナルを巻き起こした、異色ドキュメンタリー! 『だからドキュメンタ …

連載コラム

映画『レ・ミゼラブル(2012)』あらすじと感想レビュー。バルジャンとジャベールの対立とキャストの歌声は一見の価値あり|蟹江まりの映画ともしび研究部1

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」第1回 はじめまして、蟹江まりです。 歌と演技が大好きで、女優を目指して特訓中の大学生です!愛してやまない映画の面白さと素晴らしさを、少しでも分かりやすく伝え …

連載コラム

映画『おろかもの』あらすじと感想。芳賀俊×鈴木俊ふたりの監督が描く“おろかもの”ゆえにたどり着く感動|2019SKIPシティ映画祭12

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・芳賀俊監督×鈴木祥監督作品『おろかもの』が7月16・20日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでい …

連載コラム

『誰がための日々(一念無明)』感想と考察。ウォン・ジョン作品を香港映画史から読み解く | アジアン電影影戯1

激動の香港映画史を俯瞰する映画『誰がための日々』 連載コラム「アジアン電影影戯」を担当する映画評論家の加賀谷健です。 第1回では、“新香港ニューシネマ”の呼び声が高い新星ウォン・ジョン監督の『誰がため …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP