Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/12/27
Update

仮面ライダードライブ サプライズフューチャー【ネタバレ映画あらすじと結末の感想解説】竹内涼真が車に乗ったヒーローを熱演|邦画特撮大全102

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第102章

今回の邦画特撮大全は、映画『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』(2015)を紹介します。

2021年12月25日(土)から2022年1月3日(月)まで、東映特撮YouTube Officialにて期間限定で無料配信される映画『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』。

本作は2014年から2015年にかけて放送された平成仮面ライダー16作目『仮面ライダードライブ』の劇場版です。

『仮面ライダードライブ』は主演の竹内涼真、ヒロイン役の内田理央のふたりの出世作であり、劇場版ゲストにはブレイク前の新田真剣佑(当時は真剣佑)が出演。

未来を変えるため現代に肉親がやって来るという展開は、現在公開中の映画最新作『仮面ライダー ビヨンドジェネレーションズ』(2021)とも共通しています。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』の作品情報


劇場版「ドライブ・ニンニンジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK・東映 (C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映

【公開】
2015年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
柴崎貴行

【脚本】
三条陸

【キャスト】
竹内涼真、内田理央、稲葉友、上遠野太洸、吉井怜、浜野謙太、井俣太良、蕨野友也、松島庄汰、馬場ふみか、クリス・ペプラー、真剣佑(現:新田真剣佑)、筧美和子、小山力也、柳沢慎吾、片岡鶴太郎

【作品概要】
平成仮面ライダー16作目『仮面ライダードライブ』(2014~2015)の劇場版。竹内涼真、内田理央ほかTVシリーズのメインキャストが集結。その他ゲストには真剣佑(現:新田真剣佑)、筧美和子、柳沢慎吾が出演。

監督は現在公開中の新作映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(2021)を手がける柴崎貴行。脚本は『仮面ライダードライブ』のメイン脚本で、現在アニメ版が放送中の漫画『DRAGON QUEST ダイの大冒険』の原作者として知られる三条陸。

映画『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』のあらすじとネタバレ


劇場版「ドライブ・ニンニンジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK・東映 (C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映

2015年8月6日。

警視庁特状課(特殊状況事件捜査課)に所属する刑事の泊進ノ介/仮面ライダードライブは、敵である機械生命体ロイミュードの出現の報せを受け現場へ急行します。その車内で進ノ介は8月8日まで開いてはいけないという手紙をもらっていました。

現場についた進ノ介は、ロイミュードを攻撃しよう銃を構えます。進ノ介の相棒であり、科学者クリム・スタインベルトの意識がダウンロードされた変身ベルト“ベルトさん”は被害が最小限になるよう威力を調整していました。

しかし、そこへひとりの青年が止めに入ります。攻撃は想定以上の被害を出し、ベルトさんも時折暴走し自我を失うなど異常な様子を見せました。

混乱する事態の中、未来から来た仮面ライダーダークドライブが進ノ介を襲います。反撃をしようとする進ノ介でしたが、ベルトさんの内部に制御できない部分があり、このまま戦えば再び暴走する可能性があるのです。

青年の助けを借りてひとまず進ノ介は脱出。青年の名前は泊エイジ、2035年の未来からやって来た進ノ介の息子だと言います。

エイジの話によれば、ベルトさん=クリム・スタインベルトがロイミュード側へ寝返り、未来の世界はロイミュードによって支配されたというのです。その未来を変えるため、エイジは現代へやって来ました。

一方、警視庁は進ノ介をエネルギー施設破壊の被疑者として全国指名手配。進ノ介のもう一人の相棒・詩島霧子ら特状課の面々は上層部の捜査方針へ反発しますが、古葉参事官に一蹴されてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


劇場版「ドライブ・ニンニンジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK・東映 (C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映

当初は話を信じていなかった進ノ介でしたが、エイジと接する中で彼の言葉を信じて行きます。進ノ介たちは警察の包囲網をくぐって、ベルトさんのプログラムの調整を行い改造することで事態の収拾を図ろうとします。

しかし進ノ介たちの前に再びダークドライブが来襲。ベルトさんの改造の最中、エイジはダークドライブの凶弾に倒れます。

さらにロイミュードと敵に操られた巨大な重機も進ノ介を襲います。仲間の詩島剛/仮面ライダーマッハ、チェイス/仮面ライダーチェイサーが駆けつけ、進ノ介を助けますが歯が立ちません。

進ノ介は2人の危機に変身。ダークドライブを撃破しますが、やはりベルトさんが暴走してしまい、剛を襲ってしまいます。

進ノ介はベルトさんを引きはがして変身解除し、覚悟を決めてベルトさんを破壊します。そこへ死んだはずのエイジが現れました。

エイジの正体は進ノ介の息子の姿を盗んだロイミュード108。ロイミュード108の目的は自分たちの脅威となる進ノ介とベルトさんの絆を崩し排除することで、グローバル・フリーズを起こし世界を手に入れることでした。

ダークドライブも108がオート機能で操作していたものだったのです。

そして、ダークドライブが放った攻撃に進ノ介とチェイスは呑まれてしまいます――

2015年8月7日。

死んだかに思われた進ノ介は約束を破り8月8日前に手紙を開き、招かれたクリムのかつての基地“初代ドライブピット”へやって来ました。

進ノ介は霧子に自身の名誉回復より先に、ロイミュード108の野望を打ち砕くことを誓います。

一方、霧子は特状課の面々に進ノ介の援護を頼みますが、またも古葉参事官に止められてしまいます。霧子は警察の名誉にこだわる古葉に対して怒りを爆発させます。古葉は霧子の言葉に促され、進之介を援護する命令を全警察官に通達します。

進ノ介はトライドロンキーとチェイスから託された変身ドライバーを使い“仮面ライダー超デッドヒートドライブ”に変身しロイミュードと戦闘。

警察官たち、さらに仮面ライダーゴーストの援護もありロイミュード108の元へ向かうことが出来ました。

しかし封印されていた現代のロイミュード108と未来のロイミュード108が融合し、パラドックスロイミュードに進化。そしてグローバル・フリーズが始まってしまいます。

進ノ介はトライドロンキーに入っている過去のデータを利用してベルトさんを復活させます。そして未来からやって来たスーパーカー“ネクストトライドロン”の力を利用して、仮面ライダードライブタイプスペシャルに変身。

パラドックスロイミュードを撃破し、グローバル・フリーズを止めて事件は解決しました。

スポンサーリンク

映画『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』の感想と評価


劇場版「ドライブ・ニンニンジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK・東映 (C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映

『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』はタイトル通り、驚きに満ちた未来が描かれる作品です。

主人公の泊進ノ介/仮面ライダードライブの相棒であるベルトさん(クリム・スタインベルト)が敵側につき、敵怪人ロイミュードによって支配された未来世界。

進ノ介の息子と名乗る泊エイジと未来の仮面ライダー“ダークドライブ”、未来のスーパーカー“ネクストトライドロン”の登場。

また登場した未来世界や未来からやって来たもの以外にも、数々のサプライズ要素が登場し公開当時ファンの度肝を抜きました。

未来を変えるために登場人物の肉親がやって来るという作品の導入部分や、未来からやって来た新ライダーという要素は現在公開中の『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』とも共通しています。

ただ泊エイジはあくまでゲストキャラクターという扱いであり、本作は『ビヨンド・ジェネレーションズ』より親子のドラマはそこまで中心に据えられてはいません。

本作が公開されたのは2015年8月8日。すでにTVシリーズが佳境に入っていた時期の公開ということもあり、モチーフとなった要素やコンセプトを最大限に活かした、TVシリーズの総決算といえるものとなっています。

まずその1つが「相棒」です。物語の主軸は泊進ノ介と未来から来た息子・泊エイジとの関係性よりも、進之介とベルトさん(クリム)、進ノ介とヒロインである詩島霧子、進ノ介とふたりの「相棒」を主軸とした物語が展開されました。

TVシリーズで築かれた彼らの関係性を再認識させる物語となっています。

そして『仮面ライダードライブ』のモチーフは、「刑事」と「車」。

刑事である泊進ノ介が指名手配犯として追われるという刑事ドラマの定番のひとつである展開が繰り広げられ、この展開と劇場版というスケールに合わせて、多くの警察官たちの姿が画面に並びます。

そして「車」の要素ですが、本作にはとにかくさまざまな車が登場します。

「トラック野郎」シリーズへのオマージュとも言えるデコトラ、CGを効果的に利用して暴れ回る大型双腕建機ASTACO、そして未来からやって来たスーパーカー“ネクストトライドロン”です。

仮面ライダードライブの乗るトライドロンとネクストトライドロンのカーチェイスの場面も、ふんだんに取り入れられていました。

ネクストトライドロンは、メルセデス・ベンツとのコラボレーションで当時の新型スポーツカー“メルセデスAMG GT”をベースにしています。

このように本作『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』は車にこだわった作品となっています。

ちなみに本作は「未来から来た車」というコンセプトから、製作側は当初『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と同じくデロリアンを登場させるつもりでいたと言います。

まとめ


劇場版「ドライブ・ニンニンジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK・東映 (C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映

作品のモチーフである「刑事」と「車」、そして「相棒」。基本コンセプトに要素を最大限に活かした映画『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』。

東映特撮YouTube Officialでの無料配信は、2021年12月25日(土)から2022年1月3日(月)までの期間限定です。この機会にぜひチェックしましょう。

また本作と近い要素を持つシリーズ最新作『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』も、2021年12月28日より劇場公開中です。こちらも併せてチェックしてはいかがでしょうか。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラー映画『ザ・マミー』あらすじネタバレと感想。メキシコで行方不明の母親を捜した少女の残酷な運命|未体験ゾーンの映画たち2019見破録24

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第24回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。計58本の映画を続々と上映しています。 第 …

連載コラム

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング|あらすじと感想。エイミー・シューマー主演の傑作コメディ|銀幕の月光遊戯17

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第17回 今年最後を締めくくり、新しい年を迎えるにふさわしい最高に可笑しくて、ハートフルな映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』をご紹介します。 主役のレ …

連載コラム

ネタバレ鬼滅の刃|最終章名言/名シーン感想考察。最終回まで炭治郎/無惨の因縁の決着を解説【鬼滅の刃全集中の考察30】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第30回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は第24回に引き続き、漫 …

連載コラム

映画『テスラ』感想レビュー評価と内容解説。エジソンが恐れた天才科学者の“人間”としての肖像|シニンは映画に生かされて28

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第28回 2021年3月26日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次ロードショーの映画『テスラ エジソンが恐れた天才』。 稀代の天才として知られ …

連載コラム

【イカゲーム7話ネタバレ】結末あらすじ感想と考察評価。最後の目的がVIPたち鑑賞の第5「死の飛び石渡り」ゲームで明らかになる⁈|イカゲーム攻略読本7

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 7 2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。 生活に困窮した人々が賞金4 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学