Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/28
Update

映画『猫、かえる Cat’s Home』あらすじ感想と解説レビュー。モトーラ世理奈の主演で描く“猫”がつなぐ男女の思い出|インディーズ映画発見伝12

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第12回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

コラム第12回目では、今尾偲監督の映画『猫、かえる Cat’s Home』をご紹介いたします。

『風の電話』(2020)、『ブラック校則』(2019)のモトーラ世理奈主演、猫がつなぐ男女の思い出を描く映画。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『猫、かえる Cat’s Home』の作品情報


(c)SHINOBU IMAO

【公開】
2020年(日本映画)

【監督、脚本、製作】
今尾偲

【キャスト】
モトーラ世理奈、品田誠、木下愛華、小野孝弘

【作品概要】
今尾偲監督は2000年、フリーランスのディレクターとして独立し、番組、PV、企業PR、映画予告篇、ショートフィルムなどのディレクターなど多岐に渡って活動しています。

主演を務めるのは、『少女邂逅』(2018)で映画デビューし、『ブラック校則』(2019)、『おいしい家族』(2019)、『風の電話』(2020)など出演作が続くモトーラ世理奈。共演者には『眉村ちあきのすべて(仮)』(2020)、『飢えたライオン』(2018)などに出演し、監督としても活動する品田誠。『猫は抱くもの』(2018)の木下愛華、『子どもたちをよろしく』(2020)の小野孝弘など。

映画『猫、かえる Cat’s Home』のあらすじ


(c)SHINOBU IMAO

リナ(モトーラ世理奈)は別れた恋人・浩(品田誠)のアパートへと向かいます。

別れる際に、2人が飼っていた猫のイブは浩が引き取ることにしていましたが、突然浩が猫アレルギーになってしまい、リナが引き取ることになりました。

しかし、目を離した隙にイブが外に逃げ出してしまい、2人は探しに出ますが……。

スポンサーリンク

映画『猫、かえる Cat’s Home』感想と評価


(c)SHINOBU IMAO

鼻歌を歌うモトーラ世理奈の場面から始まる本作は、テレビ番組やCMの映像演出を手がけてきた今尾偲監督ならではの映像センスが印象的です。独特な存在感を示すモトーラ世理奈のアップを効果的に用いてリナの心情を演出しています。

リナは別れた恋人のアパートへ向かい、猫アレルギーになった浩に代わって猫のイブを預かることになりました。付き合っていた頃は一緒にイブを飼っていた浩が突然猫アレルギーになるはずはなく、猫アレルギーには理由がありました。

移り気で構ってやらないとすぐ拗ねる、そんな男でも好きだったというリナ。浩のアパートを訪ねるか迷っていたリナでしたが、自分の気持ちに整理をつけてきちんとお別れするためにやってきました。

イブを2人で飼うことにした日、イブと共に過ごした日々。イブがつなぐ2人の思い出を回想しながらイブを抱き抱え、帰るリナの姿は爽やかでエモーショナルな印象を与えます。

また、移り気でどこか情けないけれど優しい浩を演じた品田誠も魅力的で、嫌いになれないけれどきちんとお別れしようとするリナの心情に共感する人もいるでしょう。

爽やかで短い映画ですが、イブがつなぐ男女の思い出と、次に進む姿をエモーショナルに描いています。

まとめ


今尾偲監督(c)Cinema Discoveries

猫がつなぐ男女の思い出を描いた映画『猫、かえる Cat’s Home』。劇中に登場する猫が可愛いのはもちろんのこと、めきめきと存在感をあらわしている新鋭女優モトーラ世理奈を、アップなどを用いて様々な角度から印象的に映し出す演出が爽やかでエモーショナルな雰囲気を醸し出します。

説明しすぎることなくイブがつなぐ2人の思い出を、回想シーンを挟んで観客に伝える演出も爽やかであり、テレビ番組やCMの映像演出を手がけてきた今尾偲監督ならではの映像センスといえるでしょう。

別れ、思い出、そして過去との決別を爽やかに描く映画になっています。

シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第13回は、同じ名前を持つ3組の男女が偶然同じカフェで待ち合わせたことから巻き起こる騒動を描く、ごとうたつや監督の『約束の時間』です。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら






関連記事

連載コラム

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』感想と内容解説。平成最後の戦隊シリーズの鑑賞ポイントを紹介|邦画特撮大全38

連載コラム「邦画特撮大全」第38章 先日2019年3月17日から平成最後の戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送が開始されました。 あなたは第1話をご覧になられましたか。王道的な展開と新たな …

連載コラム

映画『フューリーズ 復讐の女神』あらすじネタバレと感想。ガチ怖ホラーとスラッシャーの“トニー節”が炸裂|未体験ゾーンの映画たち2020見破録13

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第13回 世界各地の映画が大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅 …

連載コラム

鬼滅の刃名言/名シーン|最終章無限城編:ネタバレ有で猗窩座/狛治の過去と最後×善逸・獪岳戦を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察22】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第22回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回前回記事に引き続き、「無 …

連載コラム

映画『イコライザー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【デンゼルワシントンが19秒で悪を消去する】|すべての映画はアクションから始まる11

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第11回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『大綱引の恋』感想評価と内容解説レビュー。三浦貴大と知英で描く伝統行事と恋愛模様の“青春”|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録4

第16回大阪アジアン映画祭上映作品『大綱引の恋』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で16回目。2021年3月05日(金)から3月14日(日)までの10日間にわたって、アジア全域から寄りすぐ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学