Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『ドクター・デスの遺産』ネタバレ感想評価。綾野剛×北川景子が迫る犯人と実話がモデルとなった事件の正体!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

綾野剛×北川景子が謎の医師の正体を追及する!

2020年11月13日(金)よりロードショー公開を迎えた映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』。人を安楽死させる闇サイトを運営する謎の医師「ドクター・デス」と、その正体を追い続ける2人の刑事を描いたクライムサスペンスです。

人気ミステリー作家・中山七里の「刑事犬養隼人」シリーズ4作目にあたる『ドクター・デスの遺産』を、綾野剛と北川景子の主演で映画化。

出演俳優が刑事側しか明かされていないなど、さまざまな仕掛けがなされている本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』の作品情報


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会

【公開】
2020年公開(日本映画)

【原作】
中山七里

【監督】
深川栄洋

【脚本】
川崎いづみ

【キャスト】
綾野剛、北川景子、岡田健史、前野朋哉、青山美郷、石黒賢

【作品概要】
中山七里の小説『ドクター・デスの遺産』をもとに、謎の医師の正体に迫る2人の刑事を描いたクライムサスペンス。監督は『狼少女』(2005)で長編映画の初監督を務めたのち、『神様のカルテ』(2011)などのヒューマンドラマ作品で高い評価を得ている深川栄洋。

主役の犬養隼人を演じるのは、NHK連続テレビ小説『カーネーション』で脚光を浴びて以降、さまざまな映像作品で活躍し、「第37回日本アカデミー賞新人俳優賞」も受賞している綾野剛。犬養隼人の後輩女性刑事・高千穂明日香をTVドラマ『美少女戦士セーラームーン』に出演後、森田芳光監督作『間宮兄弟』(2006)で映画デビューし、数々のドラマや映画で主演を務めてきた女優・北川景子が演じています。

映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』のあらすじとネタバレ


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会

警視庁捜査一課の刑事・犬養隼人。犬養には腎不全で闘病中の、亡くなった妻との1人娘、沙耶香がいました。

犬養は、沙耶香の見舞いに病院を訪れていましたが、後輩の女性刑事・高千穂明日香から事件発生の知らせを受け、呼び出されます。

高千穂は犬養とプライベートでも親交があり、沙耶香の事を「沙耶香ちゃん」と呼び、手作りのお守りもプレゼントされるほどの親しい仲でした。

犬養と高千穂は「お父さんが殺された」と子供から通報があった事件を調べる事になり、遺族のいる葬儀場を訪れます。

通報したのは馬籠大地という少年で、重い病気を患い自宅で療養していた父親・馬籠健一が「殺された」と主張します。ですが、母親の馬籠小枝子は「お父さんは病気で亡くなった」と、大地に言い聞かせます。

状況が整理できない大地は葬儀場を飛び出します。犬養は大地を追いかけ、健一が亡くなった日の事を聞き出します。

健一が亡くなった日、主治医とは別の医者が、看護師と共に自宅に来ていました。そして、1人目の医者と看護師が来た後に、健一が死んでいたと大地は証言します。

病死ではなく、事件の可能性を感じた犬養は、火葬される直前だった健一の死体を運び出し、検死にかけます。

検死の結果、健一の死体から塩化カリウムが検出された事で、犬養と高千穂の上司、麻生は「殺人事件の可能性あり」と判断し、麻生班は捜査に乗り出します。

犬養と高千穂は、小枝子を事情徴収します。当初は「何も知らない」と主張し続けていた小枝子でしたが、やがてとあるサイトにアクセスし、癌に苦しむ健一の安楽死を依頼した事を証言します。

そのサイト名は、「ドクター・デス」でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会

麻生班は「ドクター・デス」のサイトにアクセスし、コメント欄から他の依頼者を探し出します。

更に5件の依頼者が見つかり、犬養と高千穂は重病で苦しんでいた岸田正人の父親を訪ねますが、正人の父親からは「何も知らない」と証言を拒否されます。

他の遺族も、重病に苦しむ家族を安楽死させた点は共通しており、何名かは「ドクター・デス」に関する供述を拒否します。

捜査に協力した遺族により、「ドクター・デス」の似顔絵が作成されますが、全員の証言がバラバラで、5枚作成した似顔絵はどれも共通する部分がありませんでした。

麻生は「遺族がドクター・デスをかばっている」と判断し、頭を悩ませます。

また「被害者が存在しない」とも言える今回の事件を追う事に、高千穂は疑問を抱くようになりますが、犬養は遺族と自身を重ね合わせながらも「人が死んだんだ、良い訳が無い」と、「ドクター・デス」を追い詰める事を決心します。

犬養は正人の父親を訪ね、生前の正人の映像を見ていました。その映像の食器に看護師の顔が映りこんでいた事に気付いた犬養は、映像を持ち帰り解析、看護師の顔写真を作成します。

正人の父親は、この映像を撮影したのが「ドクター・デス」である事を認めますが、それ以上は語ろうとしません。犬養と高千穂は、看護師の写真を他の遺族にも見せ情報を得ようとしますが、やはり誰も何も語ろうとしません。

その時、正人の父親から犬養に連絡がありました。正人の父親は「ドクター・デス」に依頼した事を心から後悔しており、泣きながら辛い心境を語ります。犬養は正人の父親に「こんな辛い想いをする人は、あなたで終わりにしたい」と伝えます。

正人の父親は「ドクター・デス」と同行していた看護師を、小田急線の町田駅付近で見た事を証言します。犬養と高千穂は町田駅にある養鶏所に行き、「ドクター・デス」の看護師をしていた雛森めぐみの身柄を確保します。

取り調べを受けた雛森は、5年前まで看護師をしていましたが、今は職を失い経済的に苦しい生活を送っていました。

雛森は「ドクター・デス」に同行していた事自体は認めますが、「ドクター・デス」は自身を「田中一郎」と名乗り、特に特徴の無い顔立ちだった事から、雛森は「何も覚えていない」と供述します。

雛森は錯乱している様子で、まともな取り調べが出来ません。そこで麻生は雛森を一時的に釈放し、「ドクター・デス」と接触させようとします。

釈放する際に、犬養は「自分には、腎不全で闘病中の娘がいる」と語り、「病気で苦しんでいても、それでも娘の死は望まない」と雛森に伝えた上で「ドクター・デスは汚い殺人鬼」と言い放ちます。

雛森は犬養に「あなたの娘が、死ぬ事を望んだら?」と問いかけます。犬養は、その問いかけに逆上し、高千穂に抑えられます。

釈放された雛森は、室岡と青木という2人の刑事が見張る事に。しかし「ドクター・デス」に関する有力な証拠が見つからず捜査は難航し、犬養は明らかに苛立つようになります。

一方で高千穂は、過去に似顔絵捜査官を担当していた頃に教えられた「最初に人は嘘をつく、その後に真実を語る」という言葉を思い出します。

高千穂は、遺族の証言から「ドクター・デス」の似顔絵を作成した、数名の似顔絵捜査官から「どの順番で似顔絵を作成したか?」を聞き出し、最後に聞き出した部分だけで新たに似顔絵を作成します。

そこには老人の顔が現れ、犬養は正人の父親から確認を取り、その似顔絵で捜査を始めます。

さらに、鑑識から「ドクター・デス」が立ち寄った家から、特別な土壌にしか存在しない土が検出された事が報告され、「ドクター・デス」の潜伏先は都内の3ヵ所に絞られます。

地道な聞き込みの末、新人刑事の沢田がタクシー運転手の証言から「ドクター・デス」の居場所を突き止めます。

確保されたのは、ホームレスの寺町という男でした。

寺町は過去に診療所で、患者の首を絞め殺害した前科があり、犬養は寺町が「ドクター・デス」である事を確信しますが、寺町は挑発的な態度を取り、証言を拒否します。さらに、寺町が確保された後も闇サイトには「ドクター・デス」からのコメントが流れ続けていました。

その頃、室岡と青木から「雛森が消えた」と報告が入ります。

犬養と高千穂は雛森の住んでいた住居を訪れますが、隣の部屋のドアノブが不自然に新しくなっている事に気付きます。犬養がドアを蹴破り中に入ると、そこには安楽死したと思われる人達の顔写真がありました。

「ドクター・デス」の正体は雛森である事を確信した犬養は、寺町に詰め寄りますが、寺町は雛森の事を何も知りませんでした。

一方、入院中の沙耶香のもとに姿を消した雛森が現れます。雛森は沙耶香に「お父さんは、あなたの看病で疲れ果て困っている」と伝え、「ドクター・デス」のサイトに誘導します。

雛森は、病院の屋上から犬養に連絡し「自分は苦しんでいる人を助ける救世主。それを汚らしいと言った、あなたとは分かり合えないし許さない」と伝え、電話を切ります。

沙耶香は自分の存在が犬養の重荷になっている事に悩み、犬養を楽にする為、死を選びます。

雛森は病院で沙耶香を安楽死させる訳にはいかず、沙耶香に「好きな場所を選ばせてあげる」と語り、沙耶香は「家族の思い出の場所」を答えます。

しかし、沙耶香は雛森の車に乗る直前に、死ぬ事への恐怖を感じ、犬養に電話をします。雛森は電話をしている沙耶香を強引に車に乗せ連れ去ります。

沙耶香からの連絡を受けた犬養と高千穂は、沙耶香の入院している病院に向かいますが、沙耶香は連れ去られた後でした。

そこへ、犬養に雛森から連絡が入り「沙耶香と家族の思い出の場所に向かっている、1人で来るなら、沙耶香の最期を見せてやる」と伝えられます。

犬養は高千穂の腹部を殴って車の鍵を奪い、過去に家族3人で過ごした、思い出のキャンプ場へ向かいます。

キャンプ場の山小屋でベッドに寝かされた沙耶香を発見した犬養は、山小屋の中に突入しますが、それは雛森の罠でした。犬養は背後から雛森に麻酔を注射され、動けなくなります。

「ドクター・デス」の正体を犬養に明かされた雛森は犬養を恨んでおり、塩化カリウムを注射して殺害しようとします。そこへ、犬養を追って来た高千穂が現れ、雛森を蹴り飛ばしました。

「ドクター・デス」として大勢の人々を安楽死させてきた雛森の事件は、世間を騒がせます。

犬養は、沙耶香を見舞い「大人になって、お父さんより素敵な人と恋をしたい」と聞かされ、犬養は複雑な心境を抱きながら、笑顔を見せます。

犬養と高千穂は、馬籠小枝子と大地親子の様子を、遠くから見守ります。

元気に学校へ登校する大地の姿から、犬養は未来に向かう強い姿勢を感じ「もう、大丈夫」と、高千穂と共にその場を立ち去ります。

スポンサーリンク

映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』感想と評価


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会

重病に苦しむ患者を安楽死させる、謎の医者「ドクター・デス」を追う2人の刑事を描いた映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』。

本作は、大きく分けて2部構成となっています。

前半では「ドクター・デスは何者なのか?」という部分が物語の主軸になっており、地道な捜査を経て、徐々に「ドクター・デス」の正体を明らかにしていく、クライムサスペンスの王道とも言える展開が味わえます。

序盤から、観客をミスリードさせる演出が効果的に使われており「ドクター・デス」の後ろ姿や声から、誰もが「男性の老人」というイメージを持つでしょう。

正直、最初の場面では「これは正体、バレバレじゃないか」と思えるほど顔の一部が完全に映し出されてしまっていたのですが、これらの思い込みや刷り込みをもたらす演出が、「ドクター・デス」の真の正体である雛森への疑いをどんどん遠ざけていくという、見事な効果を生んでいます。

また最初に「ドクター・デス」の正体と思われた寺町を、人気ドラマでの悪役で話題になった、あるベテラン俳優が演じている為、その疑いにさらなる確信を抱いてしまいました。そういった出演俳優に対する観客のイメージも、巧みに計算されていると言えます。

そして「ドクター・デス」の正体が看護師の雛森である事が発覚して以降、物語は「ドクター・デスの目的」が明らかにされる展開へと進んでいきます。

雛森は、重病で苦しむ患者を安楽死させる、自称「救世主」です。

安楽死の問題は度々日本でも議論が起こるほど、本当に難しくデリケートな問題です。本作で「ドクター・デス」に感謝をし、正体を明かそうとしない遺族のように、家族が苦しむ姿に耐えられず、安らかな死を望む場合もあるでしょう。

ただ、映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』は、安楽死の是非を問う作品ではありません。たった2時間の映画で答えを出すには、安楽死という問題はあまりにも難しく、本当にデリケートな問題だからです。

ただ、本作は作中で雛森が語る「人には生きる権利と死ぬ権利が平等にある」という言葉に関して、ハッキリと否定をしています。その意味は、ラストで沙耶香が、自分の未来について語る場面から読み取れます。

未来は、生きる事を選択し続けた時にだけ、辿り着く事が出来ます。沙耶香の思い描く未来の姿を聞いている犬養は、本当に幸せそうな笑顔を見せます。しかし、本作で「ドクター・デス」へ家族の安楽死を依頼した遺族は未来が閉ざされた事で、唯一残った故人の思い出があるがゆえに苦しんでいる様子が描かれています。

安楽死の問題に関しては、当事者しか分からない感情もあるとは思いますが、本作では物語を通じて、生きる事の大切さ、それを支えている「未来を信じる」という想いをメッセージとして伝えようとしているのです。

まとめ


(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会

映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』において自身を「救世主」と称する雛森は、人助けというよりも、「自身の思想の実現」を通じて快楽を欲していた側面があります。

本作で描かれている連続安楽死事件と雛森の人物像は、1990年代に実在した、8年間で130名の安楽死・自殺ほう助を行ったことで「Dr.Death」と呼ばれたジャック・ケヴォーキアン医師がモデルになっていると思われます。

ジャック・ケヴォーキアン医師は、「末期」と診断された患者以外にも安楽死や自殺ほう助を行っており、それゆえに「自身の持つ死の欲求を満たしていただけだった」という見解もあります。その後、ジャック・ケヴォーキアン医師は実刑判決を受け、ミシガン州内の刑務所に収監されました。

重い病に悩む人々とその家族が抱く感情は、当事者にしか分からない側面が必ずあります。ですが誰にとっても、人が人に死を与える事、人が人の運命を終わらせる事は、たとえ法律が「犯罪」と認定しなかったとしても、「罪」ではないとは認めがたい事であるはずです。

そう考えると、作中で子どもである沙耶香を洗脳し、積極的に死へと誘おうとした雛森には改めて戦慄させられます。自らの思想や欲求を実現すべく、他者を巻き込み死をもたらす。それは「安楽死の是非」という問題以前の、エゴイズム以外の何物でもありません

また映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』は確かに「安楽死」という難しいテーマを扱っていますが、人として許しがたい存在である雛森と、それを追い詰める刑事である犬養と高千穂の戦いを描いた、クライムサスペンスとしてエンターテインメントに振り切った作品でもあります。

作品全体も重たい空気になりすぎないように、軽快な演出も盛り込まれており、雛森を演じる女優が明かされていないなど、作品を楽しむ仕掛けもされています。

また、正義感が強すぎるがために感情が剥き出しになる犬養、冷静で後輩ながらも犬養の監視役の役割を果たしている高千穂の、バディものとしても見どころのある作品となっています。

本作は、前述したように安楽死の是非を問う作品ではありません。その点に関して、受け取り方は様々だと思いますが、観客を引っ張る物語や演出は見応えがあり、上映時間の2時間は、常に感情を揺さぶられ続ける作品でした。





関連記事

サスペンス映画

映画ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書|あらすじとキャスト。実話に挑む2人のオスカー俳優

ベトナム戦争に関する分析を記録した、国防総省の最高機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”。 機密文書の存在を世に発表しようとしたワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハムの姿を、巨匠スティーブンスピルバー …

サスペンス映画

映画『ホテル・ムンバイ』ネタバレ感想と評価。実際のテロ事件を徹底した取材に基に描く

インドの最高級ホテルで起きた無差別テロ事件を映画化! 2008年にインドの国際都市・ムンバイで発生した、タージマハル・ホテル襲撃事件。 その衝撃のテロ事件に遭遇した宿泊客と、彼らを守り抜いた従業員の姿 …

サスペンス映画

映画『凜りん』ネタバレ感想。佐野勇斗と本郷奏多が又吉直樹の原作を超える!

映画『凜-りん-』は2019年2月22日(金)ロードショー 芥川賞作家・又吉直樹が書き下ろした舞台の台本を、時を経て映像化した映画『凜-りん-』 現代の片田舎に暮らす男子高校生たちの日常と、田舎に伝わ …

サスペンス映画

映画『白い恐怖』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ヒッチコック作品】

『めまい』(1958)や『鳥』(1963)などで知られるサスペンス映画の神様アルフレッド・ヒッチコック監督。 往年の大女優イングリッド・バーグマンと名優グレゴリー・ペック共演の映画『白い恐怖』(194 …

サスペンス映画

映画『迫り来る嵐』あらすじネタバレと感想。ミステリー仕立てに描く社会派のチャイナノワールの魅力とは

2017年に開催された第30回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀男優賞と最優秀芸術貢献賞のダブル受賞。 経済発展で社会が激変した中国の1990年代を舞台に、連続殺人の捜査にのめり込む …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP