Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/12/10
Update

サイレントトーキョーのラストどんでん返し解説!伏線は須永役の中村倫也とサンドウィッチ⁈

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。

秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャストによって『サイレント・トーキョー』として映画化しました。

映画『サイレント・トーキョー』は、2020年12月4日(金)よりロードショーされています。

渋谷を中心とした東京都心で起きた爆発テロ事件と、それに関わる人々を描く、緊迫感あふれるサスペンス作品となりました。

多くの方が気になるのが、爆弾テロの真犯人はだれかという点でしょう。

本記事では、爆弾事件に深く関わっている、中村倫也が演じた須永基樹について、原作と映画の描写を比較しながらネタバレありで解説していきます。

これを読めば、ラストの怒涛の展開についていけるはず!?

スポンサーリンク

映画『サイレント・トーキョー』の作品情報

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
秦建日子『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』(河出書房新社)

【監督】
波多野貴文

【脚本】
山浦雅大

【キャスト】
佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼、毎熊克哉、加弥乃、白石聖、庄野崎謙、金井勇太、大場泰正、野間口徹、財前直見、鶴見辰吾

【作品概要】
「アンフェア」シリーズなど手がけた秦建日子がジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲『Happy Xmas(War Is Over)』にインスパイアされて執筆した小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が原作。

佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らをキャストに迎え、「SP」シリーズの波多野貴文監督が映像化しました。


映画『サイレント・トーキョー』のあらすじ

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

クリスマスの数日前。会社員の印南綾乃は、同僚で友人の真奈美とともに、東京タワーの見えるレストランで合コンに参加していました。綾乃が気になる相手は、大ヒットアプリの開発者・須永基樹。

須永は感情の起伏が少なく、乗り気ではなさそう。ですが後日、綾乃は須永と二人きりで彼の家で会うことに。

マイ焼き鳥器を買ったという須永は、黙々と焼き鳥を焼きます。会話のネタを探す綾乃は、須永が表紙を飾った雑誌を話題にあげ「ご両親が喜んだでしょう」と言いました。

須永の返答は相変わらずそっけなく、綾乃はさらに家族のことを質問すると、須永は怒って気まずい空気になってしまいました。

12月24日、午前。中年女性・ヤマグチアイコは、恵比寿のショッピングモールで、夫へのクリスマスプレゼントと、夫の好きなサンドイッチを買いました。そして、ショッピングモールのベンチに腰をかけます。

その様子を謎の男(朝比奈仁)が見つめています。

午前11時すぎ、テレビの情報番組で契約社員として働いている来栖公太は、先輩ADの高沢とともに恵比寿のショッピングモールへ向かいます。

番組宛に「爆弾を仕掛けた」という電話があったからです。電話で言われた場所へ行くと、ヤマグチアイコが座っており、ベンチに腰掛けるよう勧めてきました。

高沢が座った途端、アイコは立ち上がります。ベンチには爆弾が仕掛けられていて、30キロ以上の重さでスイッチが入り、30キロを下回ると爆発するそうです。

犯人に命令されているという彼女は、公太の手首に、爆弾が仕掛けられた腕時計を回します。アイコの腕にも同じ腕時計が巻かれていました。命令を拒絶すると、遠隔操作で腕時計を爆破すると犯人に脅されたと言うんです。

アイコは高沢に、カメラを回し続けるよう伝え、公太を連れ、ショッピングモールの警備室へ向かいます。

警備室についたふたり。爆発が起きるから避難指示アナウンスを流すよう頼んでも、警備員は信じてくれません。

直後、高沢の座ったベンチではなく、近くのゴミ箱が爆発しました。慌てて警備員は館内アナウンスで避難を促しますが、居合わせた人々はパニックを起こしています。

爆弾処理班が到着し、ベンチの爆弾を冷却処理しようとした瞬間、大きな爆発音が鳴り響きました。

アイコと公太は現場を離れ、住宅街のマンションに入ります。リビングのテレビには、犯人からと思わしき手紙が貼り付けられていました。

恵比寿での爆発は音だけの空砲でしたが、警視庁渋谷署には、爆発事件の対策本部が設置されました。若手警官の泉大輝は、先輩の警部補・世田と組んで、捜査本部に参加することになりました。

世田は「先入観が捜査の邪魔をする」からと配られた資料に目を通しません。会議が始まろうとした時、犯人からの犯行声明が出ます。

そこに映っていたのは来栖公太。公太が、犯人の声明文を代読していました。

「日本の首相とテレビの生放送で一対一で対話させよ、要求が受け入れられない場合は今日18時00分に渋谷のハチ公前を爆破する」。

最後には「これは、戦争だ」とメッセージが。

声明文を読み上げ、録画し、ネットにアップするという一連の指示を済ませた公太とアイコ。

公太は、今はテレビ局の契約社員だけれど、正社員になって、ジャーナリストになる夢を追いたかったと、自分の今後を思って涙を流します。

アイコは公太に「大丈夫よ」と声をかけ、ハグをして別れました。ふたりにはそれぞれ、別の指示が出されていたからです。

犯行声明が出ても、磯山首相は「テロには屈しない」と、犯人との対話を拒否。

同じ頃、須永の逆鱗に触れてしまったことを思い悩んでいた綾乃は、真奈美に相談しました。真奈美は、渋谷で人気のレストランの予約が取れたら、それを口実にデートに誘ってみるようけしかけます。

爆破騒ぎのことでレストランはキャンセルが出て、空きがありました。綾乃は須永に電話して、今夜の予定を聞きますが、横浜で仕事があるから行けないと断られてしまいました。

そんな須永は、恵比寿からほど近いオフィス兼自宅へ戻る途中で、聞き込み捜査をしている世田と泉に声をかけられます。

あまりに冷静な須永を、世田は怪しみます。

世田たちから解放された須永は自宅に入り、セットしていた留守電を解除。そこに録音された声を聞き、須永の顔色が変わりました。

その後彼は、都内のビジネスホテルのカフェで、親戚の結婚式のために上京してきた母と、その再婚相手である中年男性と会います。

須永は、これから東京観光をするというふたりに、渋谷へは近づかないよう言い、カフェを後にしました。

スポンサーリンク

須永基樹のプロフィール

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

映画はやや駆け足感があり、それぞれの経歴や関係性がわかりにくいと感じられた方も多かったんじゃないでしょうか。

特に、須永については、なぜ朝比奈を追い、彼の足取りをつかめたのか。そして、意味深なサンドウィッチの存在はなんだったのか、モヤモヤしてしまうポイントがいくつもありました。

まずは、映画版の須永のプロフィールを整理していくことにします。

須永基樹(すながもとき)はIT企業家で、有名なアプリを開発したことで一躍時の人となり、雑誌『AERA』の表紙を飾ったことがあります。

年齢は明かされていませんが、原作では30歳に設定されています。演じた中村倫也の年齢が2020年現在33歳ですから、おそらく30代前半と見て間違い無いでしょう。

彼の父は、自衛隊で働いていましたが、ある日突然姿を消しました。

以来、母(財前直見)は女手ひとつで須永を育て上げました。ずっと苦労してきた母ですが、再婚が決まり、やっと自分の人生を歩み始めようとしています。

父のことで苦しんできた母を見てきたからか「愛」という感情には懐疑的なようで、自分に好意を向けている綾乃(加弥乃)に対してもつれない態度。

ですが、その中には、家族への深い愛情が隠れていたんです。

事件の犯人は須永?

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

須永は、物語の冒頭から、爆破現場となる恵比寿に訪れています。探偵(野間口徹)に何かの調査を依頼しており、調査結果も受け取っていました。

渋谷の爆破事件では、殺傷圏内の半径50メートル以内には入らないようにしながら、爆破の様子を撮影するなど、怪しい行動が続く須永。

警察官の世田(西島秀俊)や、綾乃の友人・真奈美(広瀬アリス)は、須永こそ犯人だと思って行動していきます。

しかし、須永は犯人では無く、ある人物を追っていたんです。その人物とは、朝比奈仁(佐藤浩市)でした。

スポンサーリンク

須永と朝比奈の関係

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

須永がなぜ朝比奈を追っていたのかというと「自分と母を捨てた父だから」。朝比奈仁こそ、須永の実の父親だったんです。

自衛官として働いていた父・朝比奈は、26年前、カンボジアPKOに参加。帰国後、派遣時のトラウマから、家の中で暴れ出すようになります。

暴れる父と、宥める母。それを幼い須永は見ていました。そして朝比奈は突然姿を消します。

それから二十数年経ち、母の再婚が決まりました。

須永は探偵を雇って、朝比奈の現在を調べることにします。もしいきなり帰ってきて、母の幸せを壊されたら困ると考えたからでしょう。

須永も自分で朝比奈の居場所を探します。手がかりとなるのは「サンドウィッチ」でした。

キーアイテムはサンドウィッチ

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

「サンドウィッチ」に関しては、映画では本当に説明が少ないため、原作の設定から補完していきます。

原作では朝比奈は自衛官ではなく、腕の立つ料理人という設定でした。須永の幼少時、おやつとして作ってくれた「ドーナツ」の味が、父との数少ない思い出。大人になった須永は、あらゆる飲食店のドーナツを食べ、父の居場所を探そうと努めます。

映画版では朝比奈の設定がかなり変わってしまいましたが、冒頭で、ヤマグチアイコ(石田ゆり子)が「夫の好きなサンドウィッチ」をカフェで買い、入れ違いで朝比奈が訪れ、須永も同じ店でサンドウィッチを食べていました。

アイコの夫は朝比奈の元上司でしたから、任務中に朝比奈がサンドウィッチを振る舞っていたと考えられます。朝比奈はカフェではもう働いていないようですが、彼が考案したサンドウィッチのレシピは今も受け継がれているんでしょう。

そして、後半で須永が訪れた古い佇まいの喫茶店。そこは、朝比奈が現在働いている場所。喫茶店のサンドウィッチを食べた須永は、父がここにいたことを確信したんです。

まとめ

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

映画はテンポが良い分、展開が駆け足だったため、真犯人が明かされる前後の関係性がわかりづらかったと感じました。須永と朝比奈の関係性がわかると、ラストのどんでん返しに納得がいくはず。

原作ですと、須永は朝比奈が犯人だと勘違いしたままなんですが、映画版では、来栖公太(井之脇海)から真相を聞き、父が犯人ではないと知りました。彼は、二度と会えない父を思いながら、自分の「愛」を見つけるために一歩踏み出します。

中村倫也が、複雑な過去から、感情を殺すようになってしまった須永を好演

無表情で淡々としたしゃべり口の中に、ふと孤独が漂う、魅力的なキャラクターとして組み立てていました。彼が感情を爆発させる場面は必見です。
 
本作は、手に汗握る展開はもちろんのこと、多様な登場人物たちにも引き込まれまれる群像劇となっています。

映画『サイレント・トーキョー』は 2020年12月4日(金)より全国ロードショーです。






関連記事

サスペンス映画

映画『お嬢さん』特別版東京と大阪以外の公開は?上映期間や劇場詳細

パク・チャヌク監督のロングラン上映中の『お嬢さん』は、上映館が少ないにもかかわらず、ネットでは大きな話題となっている映画。 また、『お嬢さん』はR18+作品といこともあり、監督の妥協を許さない内容的に …

サスペンス映画

映画『鵞鳥湖の夜』あらすじと感想レビュー。ディアオイーナン監督が描いたノワール的サスペンス。

『鵞鳥湖の夜』は2020年9月25日(金)より新宿武蔵野館、HTC有楽町&渋谷ほかにて公開。 中国の気鋭監督ディアオ・イーナン監督が『薄氷の殺人』(2014)からの5年ぶりとなる待望の映画『 …

サスペンス映画

実写映画『白雪姫(2020年版)』感想とレビュー評価【あなたが知らないグリム童話】として、英原題に込められた意味とは⁈

映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』は2020年6月5日(金)よりヒューマントラスト渋谷にて公開予定。 若く美しい女性と、その継母。一見仲睦まじきその二人の間には、寓話を越えた欲望や恐ろしき念が …

サスペンス映画

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“すべての国民が、この男に狂わされる” 韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。 『22年目の告白 私が殺人犯です』をU …

サスペンス映画

【映画ネタバレ】キューブCUBE日本版|感想考察と結末評価。菅田将暉“継続”と黒幕は元ネタ洋画と違うラストが告げる

死の罠が張り巡らされる立方体の迷宮から脱出できるのか!? さまざまな映像技術を駆使したことで、低予算ながらも爆発的ヒットを記録したヴィンチェンゾ・ナタリ監督制作のカナダ映画『CUBE』(1997)。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学