Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/12/04
Update

映画『サイレント・トーキョー』ネタバレあらすじ解説とキャストの配役評価。最後まで誰が生き残るのか⁈

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。

秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャストによって『サイレント・トーキョー』として映画化しました。

映画『サイレント・トーキョー』は、2020年12月4日(金)よりロードショーされています。

渋谷を中心とした東京都心で起きた爆発テロ事件と、それに関わる人々を描く、緊迫感あふれるサスペンス作品となりました。

本作のあらすじをネタバレありで最後までご紹介します。

スポンサーリンク

映画『サイレント・トーキョー』の作品情報

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
秦建日子『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』(河出書房新社)

【監督】
波多野貴文

【脚本】
山浦雅大

【キャスト】
佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼、毎熊克哉、加弥乃、白石聖、庄野崎謙、金井勇太、大場泰正、野間口徹、財前直見、鶴見辰吾

【作品概要】
「アンフェア」シリーズなど手がけた秦建日子がジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲『Happy Xmas(War Is Over)』にインスパイアされて執筆した小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が原作。

佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らをキャストに迎え、「SP」シリーズの波多野貴文監督が映像化しました。


映画『サイレント・トーキョー』のあらすじとネタバレ

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

クリスマスの数日前。会社員の印南綾乃は、同僚で友人の真奈美とともに、東京タワーの見えるレストランで合コンに参加していました。綾乃が気になる相手は、大ヒットアプリの開発者・須永基樹。

須永は感情の起伏が少なく、乗り気ではなさそう。ですが後日、綾乃は須永と二人きりで彼の家で会うことに。

マイ焼き鳥器を買ったという須永は、黙々と焼き鳥を焼きます。会話のネタを探す綾乃は、須永が表紙を飾った雑誌を話題にあげ「ご両親が喜んだでしょう」と言いました。

須永の返答は相変わらずそっけなく、綾乃はさらに家族のことを質問すると、須永は怒って気まずい空気になってしまいました。

12月24日、午前。中年女性・ヤマグチアイコは、恵比寿のショッピングモールで、夫へのクリスマスプレゼントと、夫の好きなサンドイッチを買いました。そして、ショッピングモールのベンチに腰をかけます。

その様子を謎の男(朝比奈仁)が見つめています。

午前11時すぎ、テレビの情報番組で契約社員として働いている来栖公太は、先輩ADの高沢とともに恵比寿のショッピングモールへ向かいます。

番組宛に「爆弾を仕掛けた」という電話があったからです。電話で言われた場所へ行くと、ヤマグチアイコが座っており、ベンチに腰掛けるよう勧めてきました。

高沢が座った途端、アイコは立ち上がります。ベンチには爆弾が仕掛けられていて、30キロ以上の重さでスイッチが入り、30キロを下回ると爆発するそうです。

犯人に命令されているという彼女は、公太の手首に、爆弾が仕掛けられた腕時計を回します。アイコの腕にも同じ腕時計が巻かれていました。命令を拒絶すると、遠隔操作で腕時計を爆破すると犯人に脅されたと言うんです。

アイコは高沢に、カメラを回し続けるよう伝え、公太を連れ、ショッピングモールの警備室へ向かいます。

警備室についたふたり。爆発が起きるから避難指示アナウンスを流すよう頼んでも、警備員は信じてくれません。

直後、高沢の座ったベンチではなく、近くのゴミ箱が爆発しました。慌てて警備員は館内アナウンスで避難を促しますが、居合わせた人々はパニックを起こしています。

爆弾処理班が到着し、ベンチの爆弾を冷却処理しようとした瞬間、大きな爆発音が鳴り響きました。

アイコと公太は現場を離れ、住宅街のマンションに入ります。リビングのテレビには、犯人からと思わしき手紙が貼り付けられていました。

恵比寿での爆発は音だけの空砲でしたが、警視庁渋谷署には、爆発事件の対策本部が設置されました。若手警官の泉大輝は、先輩の警部補・世田と組んで、捜査本部に参加することになりました。

世田は「先入観が捜査の邪魔をする」からと配られた資料に目を通しません。会議が始まろうとした時、犯人からの犯行声明が出ます。

そこに映っていたのは来栖公太。公太が、犯人の声明文を代読していました。

「日本の首相とテレビの生放送で一対一で対話させよ、要求が受け入れられない場合は今日18時00分に渋谷のハチ公前を爆破する」。

最後には「これは、戦争だ」とメッセージが。

声明文を読み上げ、録画し、ネットにアップするという一連の指示を済ませた公太とアイコ。

公太は、今はテレビ局の契約社員だけれど、正社員になって、ジャーナリストになる夢を追いたかったと、自分の今後を思って涙を流します。

アイコは公太に「大丈夫よ」と声をかけ、ハグをして別れました。ふたりにはそれぞれ、別の指示が出されていたからです。

犯行声明が出ても、磯山首相は「テロには屈しない」と、犯人との対話を拒否。

同じ頃、須永の逆鱗に触れてしまったことを思い悩んでいた綾乃は、真奈美に相談しました。真奈美は、渋谷で人気のレストランの予約が取れたら、それを口実にデートに誘ってみるようけしかけます。

爆破騒ぎのことでレストランはキャンセルが出て、空きがありました。綾乃は須永に電話して、今夜の予定を聞きますが、横浜で仕事があるから行けないと断られてしまいました。

そんな須永は、恵比寿からほど近いオフィス兼自宅へ戻る途中で、聞き込み捜査をしている世田と泉に声をかけられます。

あまりに冷静な須永を、世田は怪しみます。

世田たちから解放された須永は自宅に入り、セットしていた留守電を解除。そこに録音された声を聞き、須永の顔色が変わりました。

その後彼は、都内のビジネスホテルのカフェで、親戚の結婚式のために上京してきた母と、その再婚相手である中年男性と会います。

須永は、これから東京観光をするというふたりに、渋谷へは近づかないよう言い、カフェを後にしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サイレント・トーキョー』ネタバレ・結末の記載がございます。『サイレント・トーキョー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

夕方。渋谷の駅前は交通規制が敷かれ、警察が人の出入りを抑えようとしていましたが、騒ぎを一目見ようとする人たちで溢れかえっていました。

爆発物処理班が渋谷を捜査していますが、いまだ爆発物は見つかっていません。

綾乃と真奈美は、ふたりで渋谷のレストランに行くことにしました。渋谷に降り立つと、今日の約束を断ったはずの須永の姿が。

真奈美は後を付けようと綾乃に提案し、追跡することにしました。

交差点の様子を見張っていた世田は、須永の姿を見つけます。須永はお祭り騒ぎには便乗せず、あたりを録画しながらゆっくり歩いていました。

予告時刻直前。ハチ公前から配信していたYouTuberコンビ『みきおだ』たちがカウントダウンを開始。

18時をまわっても爆発は起こらず、さらなるお祭り騒ぎに発展しようとした瞬間。

ハチ公近くのコインロッカーが爆発。近くにいた者はみんな即死しました。

真奈美は運良く手を負傷しただけで済みましたが、綾乃は腹部に大怪我を負っています。

世田は爆風で吹き飛ばされたものの無傷で、犯人の手がかりを探そうと街を見渡しました。

とあるビルの屋上が光ったのを見逃さなかった世田は、そこへ向かいます。泉は怪我で動けず、戦線離脱。

屋上では、来栖公太が犯人の命令を受け、爆破の様子をビデオカメラで録画していました。公太は警察署で世田から取調べを受けます。

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

公太に巻かれた腕時計型の爆弾はフェイクでした。公太は別れたアイコの身を案じます。

綾乃と真奈美は病院に搬送されました。両手を怪我した程度の真奈美は、早くに手当てが終わりましが、重症を負った綾乃は何処かへ運ばれたきり、離れ離れに。

自分の軽率な行動で綾乃をひどい目にあわせてしまったと後悔する真奈美。彼女は須永の家へ向かいます。

真奈美の容態や、渋谷で見かけたことを伝えても、須永はそっけない返事。同じ渋谷にいたはずの須永は無傷で、真奈美はそれを疑問に感じて、須永に問います。

「殺傷圏内の、半径50メートル以内には入らないようにしてた」と答える須永。そんな詳しい情報をなぜ知っていたのかと詰め寄られた彼は部屋を出ていきます。

真奈美はその後、彼のパソコンに、爆発直前から爆発後までを至近距離で捉えたハチ公周辺の動画があるのを見つけました。

テレビでは、磯山首相の会見が流れます。首相は自分の対応の過ちを認めず「テロには屈しない」の一点張り。

自宅から出て行った須永は、車の中から実家の母に電話をかけます。母は無事に実家へ帰っており、渋谷のニュースを知って心配している様子。

母を安心させる言葉をかけ、電話を切った彼は、探偵に調べさせた情報から、ある喫茶店に向かいました。

警察署を出ようとした世田は、怯えた様子の真奈美を見かけ、声をかけました。真奈美は手に持った茶封筒を渡しながら「爆発事件の犯人を知っている」と伝えます。

取調べが終わり、警察署を出た公太は、テレビ局のプロデューサーから、ホテルのスウィートルームに案内されます。

プロデューサーは、公太の独占インタビューを撮らせてくれたら正社員にしてやると言い、インタビューの台本を渡して去っていきました。

台本には、首相の対応を褒め称えるような、公太の思いとはかけ離れた言葉ばかりが並んでいました。公太は部屋を逃げ出そうとしますが、極度の不安や恐怖から嘔吐してしまいます。

一方、須永は喫茶店に入り「今日は年配の店員はいないのか」と尋ねていました。そんな彼の後頭部に銃口が突きつけられました。

世田が銃を構え、容疑者である須永から事件について聞き出そうとします。世田は、真奈美から渡された資料から、須永が犯人だと確信していたんです。

須永は「俺の母さんは、再婚してやっと幸せを掴んだんだ。ある日突然あいつに逃げられて、ショックに苦しみながらも、俺を育ててくれた。それをいまさら、あいつが現れて、それが爆弾犯だなんてことがあったら困る」と激昂。

須永は探偵を雇い、かつて自分たちを捨てた父親・朝比奈仁を探していました。元自衛官で、いきなり姿を消した父。須永は、朝比奈仁こそ犯人だと思っていました。

須永は自分の持っている証拠を武器に、朝比奈仁の本名やかつての家族の名前がマスコミに流れないよう操作して欲しいと世田に頼みます。

須永の持っている証拠とは、オフィスの電話に残された留守電。そこには、朝比奈仁の声で、これから起こる爆発事件のことや、爆発圏内のことが詳細に吹き込まれていました。世田と須永は、仁の住んでいるアパートへ向かいます。

そこにあったのは、須永が表紙を飾った雑誌と、睡眠導入薬。そして、メモが残されていました。

浅草
恵比寿
渋谷ハチ公前
東京タワー
レインボーブリッジ

恵比寿の事件の前、浅草でも爆弾騒ぎがありましたが、それはおもちゃの手榴弾で、大きなニュースにはなりませんでした。

世田は、次の爆破場所は東京タワーということを本部に連絡。警察の上層部には、須永と彼の母親のため、仁の過去のことを漏らさないよう伝えます。

場所は変わり、東京タワーが臨めるレストラン。

ヤマグチアイコは窓際の席に座り、東京タワーを見つめています。彼女の向かいの席には、爆弾入りのボストンバッグが。

そこへ、朝比奈仁が現れ、アイコに声をかけました。「浅草、恵比寿、渋谷、東京タワー。あんたが巡っている場所は、昔俺が考えたものだ」。

数十年前、自衛官をしていた仁の上司が、妻と東京を観光したいというので、仁が考えたルートでした。仁はアイコに、「ずっとあんたと話したいと思っていた」と語りかけます。

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

そこへ、世田たち警察と須永が駆けつけます。必死で訴える須永に、仁は他人のように振る舞い、「あんたの話をきかせてくれ」とアイコに話を振りました。

仁とアイコは車に乗り込み、レインボーブリッジへ向かいます。その後を追う世田たち。世田は車内で、アイコの言動の違和感一つひとつを思い返します。

アイコは仁に、自分と夫のことを語り始めました。数十年前。まだ新婚だったアイコの夫は、自衛官として働いていました。

人を助けるのが生き甲斐で、いつも笑顔だった夫。しかし、アジアでの任務で、ある村の少女に出逢います。

「あんたたちのせいでみんな死んだ。私があんたたちを殺す」。そう言って少女は、仕掛けてあった地雷をわざと踏み、爆死します。

その爆発に巻き込まれ、足は不自由になり、それ以上に心を病んでしまった夫。アイコの元に帰ってからも、笑顔を見せることはなくなりました。

それがある日、「学校を作ろう」と言い出し、夫はアイコに爆弾の作り方を伝授しはじめます。愛する妻を守るにはこれしかないと、病んだ心で夫は一心不乱に教え込みます。

アイコが全てを身につけた夜、夫は久しぶりに笑顔を浮かべ、アイコは幸せに浸りました。

ですが、翌日、夫は首を吊って亡くなります。

それから何十年か経ちました。夫の命日でもあるクリスマスをどう過ごそうか考えていたアイコが耳にしたのは、首相の「日本も、戦争のできる国になるべきだ」という発言。

戦争に身を置いた夫。彼のそばでそれを見て、そして亡くしてしまったアイコにとっても、戦争は続いています。

首相の発言で何かが切れてしまったアイコは、戦争とは何か教えるために爆弾をしかけたんです。つまり、一連の事件の犯人はアイコでした。

アイコの夫の部下だった仁には、アイコの気持ちが痛いほどわかります。仁も、少女の爆死事件がきっかけで、心身のバランスを崩し、自分を抑えられず、家族と離れなければならなくなったからです。

仁はアイコに「もう一度この国にチャンスを与えて欲しい」と頼みます。

アイコは東京タワーに仕掛けた爆弾のパスワードを伝えます。パスワードは「War Is Over」。

仁は世田に電話をかけます。世田は運転中のため、須永が代わりに出ました。須永に、解除パスワードを伝える仁。そして父と息子は十数年分の想いを交します。

仁の運転する車は、スピードを上げ、そのままレインボーブリッジから海へ落下。そして車中で大きな爆発が起こります。

数日後。仁の遺体は見つかりましたが、アイコの遺体はどこを探しても見つかりませんでした。犯人とされている仁の名前や経歴は報道規制がかかり、秘密にされています。

来栖公太はいまだに情報番組の契約社員として働いていました。例の独占インタビューを断ったため、プロデューサーは公太にきつく当たっています。

そこへ、アイコからのメールが。そこには、仁との車中でのやりとりや、彼女のいままでのことが書かれていました。

公太は須永に会い「いつか自分の言葉でこの事件を世の中に発信する」と伝えます。

入院していた綾乃は意識を取り戻しました。そばには真奈美が付き添っています。綾乃のスマホにメールが届き、それを見たふたりは笑顔を浮かべます。

花屋では、須永がお見舞い用の花を選んでいました。

スポンサーリンク

映画『サイレント・トーキョー』の感想と評価

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

原作では、12月22日から数日間に渡る事件を、数人の登場人物の視点から描いています。

それを映像化するにあたり、本作はクリスマスイヴの1日の出来事としてスピーディーに描き、上映時間は99分という潔さ

特に渋谷爆発後までは緊張の糸が張り詰め、手に汗握る展開が続きます。

出歩かないよう注意勧告を流しても人がごった返す渋谷の街並みは、2020年のコロナ禍のハロウィーンの様子と重なり、絵空事ではない恐怖を感じました。

この渋谷のスクランブル交差点での場面は、栃木・足利競馬場跡地の一部に組まれたオープンセットでの撮影だったそう。1日1000人を超えるエキストラを動員して撮影された「渋谷」のリアリティに圧倒されました。

その後の爆発も、波多野貴文監督は容赦無くねっとりと見つめます。「渋谷」にいた人々は吹き飛び、破片にぶつかり、血を流し、這いつくばるしかありません。

まさに戦争としか思えない残酷な描写を真正面から捉えたことで、本作の持つ「戦争」へのメッセージは真実味を帯びました。

また、本作は、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、加弥乃といった若手キャストのキャラクター造形が素晴らしく、そこも見どころのひとつです。

まっすぐで勝ち気な、広瀬アリス演じる真奈美と、加弥乃が演じた柔らかで愛らしい綾乃。裏表のないふたりの友情は、緊迫感あふれる本作のなかで、清涼剤のような役割を果たしています。

中村倫也は、無感情のようで、その中には母への大きな愛情と、父への言葉にできない愛憎が渦巻く須永を好演
 
そして、来栖公太を演じた井之脇海が秀逸でした。どこにでもいそうで、存在感のない青年が、トラウマを乗り越えながらジャーナリストとして一歩踏み出そうとするさまを、繊細に演じています。

まとめ


(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊といったベテランキャストも、それぞれ短い対空時間ながら、さすがの演技力で、登場人物の人生を見せてくれます

佐藤浩市が演じた朝比奈仁に関しては、原作よりも描写が少なく、過去のエピソードも改変されているんですが、佐藤浩市の存在感だけで朝比奈仁という人物に説得力が生まれていました。

戦争を描くことで、反戦を訴えた本作。自粛の春が過ぎ、新型コロナウイルス流行の第3波が来ているものの、どこか他人事のように感じている今だからこそ、観るべき一作となっています。

映画『サイレント・トーキョー』は 2020年12月4日(金)より全国ロードショーです。







関連記事

サスペンス映画

映画『夜を越える旅』ネタバレ結末あらすじの感想評価。萱野孝幸監督の佐賀を舞台にしたロードムービー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021の国内コンペティション長編部門にて優秀作品賞、観客賞をW受賞 『夜を越える旅』は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021の国内コンペティション長編部門にノミネ …

サスペンス映画

映画『殺意の誓約』あらすじとキャスト!監督コルマウクル評価は

映画『殺意の誓約』はアイスランド・アカデミー賞6部門受賞!本国ではNo.1大ヒット作。 また、映画『2ガンズ』『エベレスト3D』のバルタザール・コルマウクル監督が、母国アイルランドで作り上げた本格派サ …

サスペンス映画

映画『ゲティ家の身代金』あらすじと感想。実話事件のラスト結末は違う?

映画『ゲティ家の身代金』は、2018年5月25日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。 リドリー・スコット監督が秀逸な脚本に魅せられ演出を務めたのは、1973年の実話の事件。 世界一の大富豪 …

サスペンス映画

韓国映画『悪の偶像』あらすじと感想レビュー。キャストのソッキュ×ギョングの演技力が光るサスペンスノワール!

映画『悪の偶像』は2020年6月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー予定。 韓国映画界の実力派ハン・ソッキュとソル・ギョングの強力タッグで魅せる予想外の展開から、衝撃の結 …

サスペンス映画

映画『タクシードライバー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【スコセッシ×デニーロ代表作】

その男は英雄か…それとも狂人か…?! パルム・ドールに輝いたマーティン・スコセッシ監督の出世作『タクシー・ドライバー』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『タクシー・ドライバー』の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学