Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【映画2022ネタバレ】ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー感想評価と結末あらすじ解説。ゼンカイ脳とファンサ全開で勇姿再び!|邦画特撮大全108

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第108章

今回の邦画特撮大全はVシネクスト『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』を紹介します。

2022年2月27日に最終回を迎えたスーパー戦隊シリーズ第45作『機界戦隊ゼンカイジャー』(2021~2022)と、前作『魔進戦隊キラメイジャー』(2020~2021)が競演するクロスオーバー作品です。

毎年恒例となった新旧戦隊のクロスオーバー作品である本作を通じて、テレビシリーズ最終回からおよそ2か月ぶりに帰ってきた機界戦隊ゼンカイジャー。そんなゼンカイジャーたちがキラメイジャーと一緒に、どんな勇姿を見せたか紹介していきます。

さらになんと、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011~2012)からキャプテン・マーベラス、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』から夜野魁利/ルパンレッドも登場しています。

スポンサーリンク

映画『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』の作品情報


(C)2022 東映ビデオ・東映AG ・バンダイ・東映 (C)テレビ朝日・東映AG ・東映

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
山口恭平

【脚本】
香村純子

【キャスト】
駒木根葵汰、浅沼晋太郎、梶裕貴、宮本侑芽、佐藤拓也、小宮璃央、木原瑠生、新條由芽、水石亜飛夢、工藤美桜、庄司浩平、増子敦貴、世古口凌、森日菜美、福圓美里、鈴木崚汰、松田颯水、水瀬いのり、岡本信彦、立花慎之介、長嶝高士、榊原郁恵

【作品概要】
スーパー戦隊シリーズ第45作『機界戦隊ゼンカイジャー』と第44作『魔進戦隊キラメイジャー』のクロスオーバー作品。2大戦隊のキャスト陣の大集合に加え、『海賊戦隊ゴーカイジャー』からキャプテン・マーベラス/ゴーカイレッドの小澤亮太、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』から夜野魁利/ルパンレッドの伊藤あさひも客演。

監督は『魔進戦隊キラメイジャー』のメイン監督・山口恭平、脚本は『機界戦隊ゼンカイジャー』のメインライター・香村純子が担当しています。

映画『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』のあらすじとネタバレ


(C)2022 東映ビデオ・東映AG ・バンダイ・東映 (C)テレビ朝日・東映AG ・東映

トジテンドとの戦いを終え、並行世界を旅する五色田介人/ゼンカイザーたちゼンカイジャー一行。

キラメイジャーたちの暮らす“キラメイトピア”から、自分たちの住む世界へ帰ってきた彼らを出迎えたのは、ステイシーとクリスタリアの女王となったマブシーナでした。

キカイトピアとキラメイトピアのゲートをつなげようと考えているステイシーとマブシーナの2人。

マブシーナは2つの世界を繋ぐ儀式に必要な、4つ揃えると願いを叶えられる石“カナエマストーン”を探してほしいとゼンカイジャーたちに頼みます。

旅の途中、ブルーン/ゼンカイブルーンは持ち前の好奇心からカナエマストーンを1つ回収していました。喜ぶ一同でしたが、突如現れた夜野魁利/ルパンレッドにカナエマストーンを奪われてしまいます。

一方、熱田充瑠/キラメイレッド、射水為朝/キラメイイエロー、速水瀬奈/キラメイグリーンの3人は、海賊がカナエマストーンを持っているという情報を得て“ゴーカイトピア”へ向かっていました。

3人はキャプテン・マーベラス/ゴーカイレッドと、カナエマストーンを賭けて戦いに。しかしストーンを奪ったのは“金色”の海賊であり、マーベラスはストーンを持っていませんでした。

一方、ゼンカイジャーはストーンを奪った魁利を追います。

マジーヌ/ゼンカイマジーヌの忘れ物を届けにたまたま現れたクリスタリア宝路/キラメイシルバーの助けで、ストーンを取り戻すゼンカイジャー。

しかし心を入れ替えたはずのトジテンド戦闘員・クダックがゼンカイジャーを襲撃します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022 東映ビデオ・東映AG ・バンダイ・東映 (C)テレビ朝日・東映AG ・東映

一方、ステイシーは何故かマブシーナに襲撃され、捕えられてしまいます。実はマブシーナはDr.イオカルが化けた偽物であり、ステイシー不在時にすでにキカイトピアのトジテンドパレスを掌握していたのです。

Dr.イオカルはボッコワウス大王の隠し子・ポットデウスを新たな王として擁立し、トジテンド王朝は再び並行世界への侵略を開始。そしてカナエマストーンを集めるため、マブシーナのふりをしてゼンカイジャーとキラメイジャーを操っていたのです。

魁利が単独で行動していたのは、偽マブシーナの情報を掴んでいたためでした。魁利の真意と事態を知った宝路はキラメイジャーを招集。キラメイジャーは手に入れたストーンの保護し、魁利と宝路はトジテンドパレスへの潜入作戦に移ります。

ゼンカイジャーの加勢に現れたキラメイジャー。しかし、2大戦隊の前に怪人カルビワルドが現れます。

カルビワルドの能力で“焼き肉屋空間”に捕えられたゼンカイジャー、キラメイジャーの10人。焼肉フルコース(※追加注文あり)を食べきらなければ、この空間からは脱出できません。

意気込む面々でしたが、カルビワルドは“カナエマストーンリバーシア”の能力でテーブルの上の時間のみを巻き戻してしまい、2つの戦隊は永遠に焼肉が減らない無限焼肉地獄に苦しむことに。

一方マーベラスは、自身に疑惑を向けた“金色の海賊”のゾックス/ツーカイザーたち世界海賊ゴールドツイカー一家の元へ。刃を交える世界海賊と宇宙海賊ですが、戦う中で意気投合。トジデントパレスへ潜入した宝路たちと合流します。

宝路、魁利、マーベラス、ゾックスの4人は人質にされていたステイシー、マブシーナたちを解放し、Dr.イオカルとポットデウスと交戦状態に。

その頃、食べた分を消費するために瀬奈は「ルームランナー」、ジュラン/ゼンカイジュランは「ダンス衣裳」を追加注文。しかしジュランは脱水症状を起こして倒れてしまい、大治小夜/キラメイピンクによる治療のお世話に。

また押切時雨/キラメイブルーが役者の本気を出して挑むも「カルビでも万力でも持ってこい」と言う不用意な発言によって追加注文された「万力」が時雨の頭を挟み、彼を苦しめます。

充瑠は「助っ人」を追加注文しますが、カルビワルドによって拒否されます。これにヒントを得た介人は「ゼンリョクゼンカイキャノン」で歴代の黄色い戦士、デカレンジャーの面々、大食いの歴代戦隊を召喚して代わりに焼肉を食べてもらいます。

そして秘密戦隊ゴレンジャーの力によって「ゴレンジャーハリケーン食いしん坊」を使い、大食いアイドル・もえあずを召喚。結果、カルビワルドはカナエマストーンリバーシアの能力を使い果たしてしまい、ゼンカイジャーとキラメイジャーは焼き肉屋空間から解放されました。

ゼンカイジャー、キラメイジャー2大戦隊が全員集結し、新たなトジテンドとの最終決戦に。

イオカルはカナエマストーンイリュージョアの力で、虚像でありながら攻撃力を持つ敵を召喚。対して魁利とマーベラスが歴代戦隊から10人のレッドを引き連れて加勢し、力を結集した両戦隊はカルビワルドを撃破しました。

非力なため、戦場を逃げ惑うポットデウス。実は彼はボッコワウスの隠し子でもなんでもなく、イオカルに神輿として担がれていただけなのです。

充瑠はひらめキングによって「キラメキゼンカイジュウギア」を創り出します。これを使って介人とゾックスはそれぞれ「キラメキゼンカイザー」、「キラメキツーカイザー」に変身しイオカルを撃破します。

そこへニュークダイテストが現れ、ダイカルビワルドが誕生。ゼンカイジャーは巨大ロボ「キラメキゼンリョクゼンカイオー」で応戦しこれを撃破します。

戦いを終え、カナエマストーンをすべて取り戻した一同。敵ではあったもののイオカルに利用されていたポットデウスは、ステイシーから償いのチャンスを与えられました。

カナエマストーンはゾックスたちゴールドツイカー一家の「焼肉食べたい」という願いを叶えてしまい、また世界中に飛び散ってしまいます。

焼肉を頬張るゾックスたちゴールドツイカー一家と宝路・マブシーナの兄妹でしたが、他のメンバーたちは、もう焼肉はこりごりなのでした。

スポンサーリンク

映画『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』の感想と評価


(C)2022 東映ビデオ・東映AG ・バンダイ・東映 (C)テレビ朝日・東映AG ・東映

『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』は、タイトルにある2大戦隊に加え、“センパイジャー”こと『海賊戦隊ゴーカイジャー』から『騎士竜戦隊リュウソウジャー』までの10大戦隊の歴代レッドが客演するというクロスオーバー作品。

2021年度の戦隊シリーズであり、ファンからは「ゼンカイ脳」と呼び親しまれた『機界戦隊ゼンカイジャー』の突飛な展開の物語をベースに、ファンサービスに満ち溢れた娯楽作品となっています。

まず「“焼き肉屋空間”に閉じ込められた両戦隊が、焼肉を食べ終わるまで脱出できない」なんていう物語は、ゼンカイジャーでなければ実現しなかったでしょう。まさに「ゼンカイ脳」が全開です。

さらに、もはや押切時雨/キラメイブルーのアイコンになってしまった万力の登場には、ファンは思わず笑ってしまうでしょう。またゼンカイジャーは歴代戦隊の力を使えますが、テレビシリーズ同様に「まさか?」と思う使い方が本作でもされています。


(C)2022 東映ビデオ・東映AG ・バンダイ・東映 (C)テレビ朝日・東映AG ・東映

また焼肉奉行ぶりを見せるガオーン/ゼンカイガオーンと射水為朝/キラメイイエローのように、戦隊同士の化学反応を楽しむスーパー戦隊VSシリーズ作品でもある本作。

中でもファンを喜ばせたのは、ゾックスとマーベラスによる世界海賊と宇宙海賊の対決と共闘でしょう。『機界戦隊ゼンカイジャー』の劇中で明言されているように、ツーカイザーのデザインはゴーカイジャーの海賊版。海賊版=ツーカイザーとオリジナル=ゴーカイレッドの共演は、ファンが見たかったものの具現化のひとつです。

また全体の物語はカナエマストーンを巡る“お宝争奪戦”であるため、お宝に関連したキャプテン・マーベラスと夜野魁利の客演は妥当な人選です。変身前の姿で登場した歴代レッドは前述の2人のみでしたが、クライマックスのセンパイジャー登場場面では当時のライブラリ音声が使用されるという、ファンにとっては嬉しい演出となっています。

まとめ


(C)2022 東映ビデオ・東映AG ・バンダイ・東映 (C)テレビ朝日・東映AG ・東映

『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』は「VS」と冠しているものの、戦隊同士で戦う場面はむしろ少なく、ゼンカイジャーとキラメイジャーの両戦隊の良い意味でワチャワチャしたやりとりが楽しい娯楽作となっています。

両作品のファン、またそれぞれの作品のファンには観て損のない作品であり、また鑑賞後には確実に焼肉が食べたくなる作品となっています。

『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』は2022年4月29日からの期間限定上映を経て、DVDとBlue-rayが2022年9月28日に発売されます。




関連記事

連載コラム

【追悼】亡き西岡善信は日本映画監督らの美術を歴任。大魔神3作品を特撮から軸に内容解説|邦画特撮大全63

連載コラム「邦画特撮大全」第63章 2019年10月11日に、老衰のため97歳で逝去された美術監督の西岡善信。 衣笠貞之助や伊藤大輔、市川崑や川島雄三といった名だたる巨匠監督たちの作品で美術監督を歴任 …

連載コラム

平成仮面ライダーを演じたイケメン俳優③『龍騎』『カブト』『剣ブレイド』その魅力を紹介|邦画特撮大全14

連載コラム「邦画特撮大全」第14章 前々回の第12章では仮面ライダーを演じたイケメン俳優の出自、次の第13章は彼らイケメン俳優の具体的な魅力にについて紹介してきました。 今回も仮面ライダーを演じたイケ …

連載コラム

『アントマン』一般人のスコットはアベンジャーズシリーズを変えた⁈映画『アントマン&ワスプ』はどうなるか|最強アメコミ番付評2

連載コラム「最強アメコミ番付評」第2回戦 こんにちは!野洲川亮です。 毎年のように新作が製作され、2018年もこれまで『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』が公開、いずれも大 …

連載コラム

映画『MAKI マキ』あらすじと感想。サンドバーグ直美演じる日本人女性がNYでとった選択とは|銀幕の月光遊戯9

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第9回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、11月17日(土)より、ユーロスペースほかにて全国順次ロードショーされる『MAKI マキ』です。 イランの名匠ア …

連載コラム

映画『ときめき♡プリンセス婚活記』あらすじと感想レビュー。シム・ウンギョン主演で描く韓国ラブコメ時代劇│コリアンムービーおすすめ指南6

今回取り上げる作品は、2018年12月8日(土)よりシネマート新宿他にて全国順次ロードショーされる『ときめき♡プリンセス婚活記』です。 『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』などの作品で知られ、全世 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学