Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/10
Update

フィアーストリートPart2:1997|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ホラー映画歴代の定番と言えるサマーキャンプを襲う⁉︎魔女の呪いと殺人鬼を描いたの第2弾|Netflix映画おすすめ47

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第47回

夏の暑さが本格的になり、ホラー映画が恋しくなる季節に始まったホラー映画シリーズ「フィアー・ストリート」。

映像配信サービス「Netflix」の独占配信となるこのシリーズは3週に渡って連続配信される「ホラー」&「スラッシャー」映画として話題を集めています。

今回は「魔女の呪い」の正体が徐々に明らかになるシリーズ第2作『フィアー・ストリート Part2:1978』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『フィアー・ストリート Part2:1978』の作品情報


Netflix映画『フィアー・ストリート Part2:1978』

【原題】
Fear Street Part Two: 1978

【配信日】
2021年7月9日(アメリカ映画)

【監督】
リー・ジャニアク

【キャスト】
セイディー・シンク、エミリー・ラッド、ライアン・シンプキンス、マッケイブ・スライ、テッド・サザーランド、ジョルダーナ・スパイロ、ジリアン・ジェイコブス

【作品概要】
映画化もされた「グースバンプス」などのシリーズで知られるホラー小説家R・L・スタインによるホラー小説「フィアー・ストリート」シリーズをリー・ジャニアクが3部作で映像化した作品。

第2弾となる本作は「ストレンジャー・シングス」シリーズに出演する俳優セイディー・シンクが主演を務めました。

映画『フィアー・ストリート Part2:1978』のあらすじとネタバレ

ナイトウィングでの惨劇から30年以上が経過しても、家の中から一切出ずに常に警戒し過ごすバーマンのもとにディーナとジョシュが現れます。

彼女たちが魔女に狙われていることを知るバーマンは、2人が魔女に操られているサムも連れてきていることを知ると追い返そうとしますが、彼女たちの懇願を断りきれずに家の中へと招きます。

サムを風呂場に縛りつけたバーマンは、1978年にナイトウィングキャンプ場で発生した惨劇をディーナとジョシュに話し始めます。

1978年7月19日、ジギー・バーマンはシェイディサイド内にあるナイトウィングキャンプ場のコミュニティに属していましたが、問題行動が多く同世代のリーダー格であるシーラに魔女が乗り移っていると目の敵にされるだけでなく、コミュニティから追い出されそうになり、そのたびに町の権力者の息子であるグッドに助けられていました。

ジギーの姉であるシンディはコミュニティのスタッフとして活動していましたが、妹の問題行動やスタッフの風紀の乱れに頭を悩ませていました。

コミュニティ内の医者であるレーンは、娘のルビーが大量殺人を犯し自殺したことに疑問を覚え、噂の元凶である魔女についてを独自に調査します。

ある日、同僚スタッフであるボーイフレンドのトミーと掃除をしているとシンディは「トミーの名前が壁に刻まれていた」と話すレーンに包丁で襲われます。

頭を打ちながらもレーンを投げ飛ばし気絶させたことでトミーは助かりますが、コミュニティは魔女による呪いであると動揺が広まります。

しかし、その日の夜はシェイディサイドと隣町のサニーヴェイルとのカラー戦争というゲーム対決があり、子供たちは盛り上がっていました。

シンディはレーンが狂気の行動に走る前に最後に話したジギーから話を聞こうとしますが、彼女は町が呪われていると話すばかりで2人の溝は広まり続けます。

夜、トミーと共にレーンの医務室に侵入したシンディは、レーンが執筆した魔女に対する研究本を見つけます、

研究本には1666年にシェイディサイドの場所に入植地があったことが書かれており、シェイディサイドの地図の様々な箇所にバツ印が記されていました。

シンディの同僚でありドラッグを日常的に利用するアリスがその場に現れ、シンディから研究本を奪うとシンディたちと共にバツ印のある地点へと向かいます。

バツ印の場所にある墓は何者かに荒らされ、その奥には魔法陣や様々な魔術に関する本が置かれた魔女「サラ・フィアー」の小屋があり、壁には歴代のシェイディサイドの殺人鬼の名前が刻まれ、その中にはトミーの名前が刻まれていました。

気分の悪そうな顔をするトミーは、突如斧を持ちアリスの恋人アーニーを殺害すると、シンディとアリスを追い始めます。

洞窟に落ちたことでトミーの強襲を逃れた2人はレーンは、魔女について調べている間に壁の文字を見てトミーが操られることに気づき、殺害しようとしたのだと気づきます。

一方、トミーはキャンプ場へと辿り着きキャンパーの少年ジェレミーを殺害。

その後もトミーは次々とキャンプ場のスタッフとキャンパーを斧で斬殺していきます。

ジギーとグッドは仲を深めている間に悲鳴を聞きつけジェレミーの死体を発見します。

ジェレミーの死体の発見後、キャンプ場内の至る所で死体が発見されナイトウィングはパニックとなります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『フィアー・ストリート Part2:1978』のネタバレ・結末の記載がございます。『フィアー・ストリート Part2:1978』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

グッドは生き残りを礼拝堂に集めキャンプ場をバスで脱出する計画を建て、各地で生き残りを探します。

リーダー格のカートを見つけたグッドはみんなを率いて逃げるように言います。

その後、ジギーと再会したグッドの前にトミーが現れ、グッドはジギーを逃すために足を刺されます。

一方、アリスは魔女の洞窟の中で脈打つコブのようなものを見つけ触れると魔女の記憶が流れ込み、幻覚を見てバランスを崩し突起物に刺さり足を負傷。

アリスを治療し共に脱出口を探すシンディは地図から礼拝堂の地下が洞窟に繋がっていることを発見します。

礼拝堂の地下から洞窟を脱出すると既に礼拝堂に集まっていたキャンパーたちはバスで逃げた後であり、そこにはトミーと揉みあいになるジギーがいました。

ジギーを助けるためトミーを殺害したシンディ。

遅れて合流したアリスは研究本を読み切り、洞窟の中にあった手首を切られ処刑された魔女サラ・フィアーの手首の骨を見つけていました。

体と手首が分たれているから呪いが続いていると考えたレーンの言葉を信じたアリスは、サラが縛り首にされた木の下にある体の骨と一緒に手首の骨も埋めれば、呪いが解かれると考えジギーとシンディに伝えます。

すぐに行動に移す3人でしたが、殺害したはずのトミーが生き返りアリスを殺害。

洞窟からは歴代の殺人鬼たちが次々現れジギーとシンディを追います。

2人はサラが縛り首にされた木まで走り根元を掘りますがそこにサラの骨は無く、追いかけてきた殺人鬼たちに殺害されてしまいます。

殺人鬼が消えた後、駆けつけたニックによる必死の救命でジギーだけは息を吹き返すのでした。

1978年に起きた惨劇の話を聞いたディーナとジョシュは、サラの体の骨を先日の惨劇の最中で見つけたことを話します。

ジーナは何をしても呪いは解けないと懐疑的でしたが、2人に手首の骨を埋めた場所を伝えました。

その後、ディーナはナイトウィングでの惨劇後、「呪い」を信じてくれずに疎遠となってしまっていたグッドに連絡を取ります。

ジョシュを安全な場所へ残しディーナは1人、呪いによって死んでいった人たちの無念を晴らすため、魔女の体の骨と手首の骨を一緒に埋め直します。

するとディーナの中に1666年のサラの記憶が流れ込んで来ました。

スポンサーリンク

映画『フィアー・ストリート Part2:1978』の感想と評価


Netflix映画『フィアー・ストリート Part2:1978』

サマーキャンプを襲う惨劇

『ハロウィン』(1978)と同様にスラッシャー映画の金字塔となり、後発のスラッシャー映画に多くの影響を与えた映画『13日の金曜日』(1980)。

「サマーキャンプ」を舞台とした「ホラー映画」といえばこの作品を思い浮かべる人も多く、さまざまなスラッシャー映画の定番要素が生み出されました。

「フィアー・ストリート」シリーズ第2作となる本作では、そんな「13日の金曜日」シリーズへのオマージュがさまざまシーンで用いられています。

しかし、本作は単にオマージュが散りばめられた作品では終わらず、「分かりやすく定番をなぞるシーン」と「敢えて定番を裏切るシーン」を交差させることで先を読ませない展開を作り上げていました。

「魔女の呪い」の正体が明らかになり始める第2作

1666年に「サラ・フィアー」が魔女の嫌疑をかけられ処刑されたことを契機に始まるシェイディサイドの呪い。

前作ではその呪いを一時的に無効化する方法は見つかれど、町にかけられた呪いを解くことは出来ずに状況はさらに悪化してしまいました。

第2作となる本作では、前作の主人公ディーナが1978年に発生した惨劇の物語を聞き、自身の持つ情報と重ね合わせることで「魔女の呪い」の正体に本格的に迫っていくことになります。

前作に登場した呪いの存在を信じない町の保安官グッドの過去も描かれており、「家族の栄光」に縛られるグッドが実は高い正義感と勇気を持ち合わせていることが明らかになり、彼が本格的に動き出す最終作での活躍に期待が高まる中継ぎ作となっていました。

まとめ

「フィアー・ストリート」は本作で描かれる1978年の惨劇を経て、物語は呪いの元凶となる1666年へと遡っていきます。

「魔女はなぜ処刑されたのか」、「魔女はシェイディサイドをなぜ呪うのか」、そして1994年を生きるディーナたちが「呪いを解く方法」とは。

全てが明らかになる第3作に備えて、サマーキャンプが血に染まる第2作『フィアー・ストリート Part2:1978』をぜひ「Netflix」で鑑賞してみてください。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

【2018年のSF・ホラー映画の評価まとめ】人気となったサメ映画や邦画SF作品の躍進を振り返る|SF恐怖映画という名の観覧車29

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile029 2018年も終盤に差し掛かり、次回のコラムでお会いする際にはもう2019年。 6月15日より、「SF恐怖映画という名の観覧車」と銘打ち始 …

連載コラム

【7月編集後記】『カメラを止めるな!』の満員上映と邦画の上半期夏バテ知らず

Cinemarche編集後記:2018年7月便 先日、東京を訪れた大学の後輩を誘って、ちょっとした宴席を設けた。 彼は映画監督をしている大学時代の後輩で、自身の作品が海を渡り、ドイツで上映されたのだっ …

連載コラム

【6月編集後記】映画ネタバレは観察、感想評価は考察というスタンス。ときに道場主かも?

Cinemarche編集後記:2018年6月便 日差しも強くなり水無月も終われば、2018年も夏本場、映画公開も夏休みの話題作を皮切りに、いよいよ後半戦に突入です! さてみなさんは6月までの2018年 …

連載コラム

映画キラメイジャーVSリュウソウジャー|ネタバレ感想とラスト結末あらすじ。DVD発売前に新“元ネタ”を深掘り解説【邦画特撮大全88】

連載コラム「邦画特撮大全」第88章 今回の邦画特撮大全は、2021年4月29日(木)より期間限定上映(一部地域では公開延期)を迎えたVシネクスト『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』(2021 …

連載コラム

『バンクシーを盗んだ男』考察。価値観を揺さぶり問いただすアートとは|映画と美流百科4

連載コラム「映画と美流百科」第4回 今回ご紹介するのは、グラフィティ・アーティストとして最も有名な人物バンクシーと、その作品に迫ったドキュメンタリー映画『バンクシーを盗んだ男』(2017)です。 舞台 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学