Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/28
Update

映画『食べる虫』あらすじ感想と評価解説。金子由里奈監督が死を望む少女と記録する少女の小旅行を描く|インディーズ映画発見伝6

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第6回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第6回

コラム第6回目では、金子由里奈監督の映画『食べる虫』をご紹介いたします。

“明後日は私の誕生日。私が死ぬ映像を撮ってくれる方を探しています。”

誕生日に死にたいと思っているみずきとそれを記録するゆみ。死ぬ映像を撮るはずの旅が、見知らぬおじいさんの家に泊めてもらったことから変わり始める。

自ら配給・宣伝も手がける金子由里奈監督の奇妙でどこか幻想的な映画です。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『食べる虫』の作品情報

【公開】
2016年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
金子由里奈

【キャスト】
加藤友美、池嵜瑞希、計良元宏

【作品概要】
監督を務めた金子由里奈監督は立命館大学映画部で映像制作を開始し、短編映画やMVを手掛け、2018年に山戸結希監督プロデュース企画「21世紀の女の子」で唯一の公募枠で選ばれ、伊藤沙莉主演『projection』を監督します。

2019年には自主映画『散歩する植物』がぴあフィルムフェスティバル2019のアワードに入選、初の長編作となった『眠る虫』はムージックラボ2019でグランプリを受賞します。

2018年5月には、監督が自ら主演と撮影も担当する映画を集めた「自撮り映画祭」を主催するなど多彩な活動を行っている新鋭監督です。

映画『食べる虫』のあらすじ

明後日は私の誕生日。私が死ぬ映像を撮ってくれる方を探しています。
面白そう。撮りたいです。

SNSを通じて知り合ったゆみとみずき。
誕生日に死にたいと考えているみずきは行きたい場所に向かい、ゆみは同行しながらカメラを回し続けます。

「なんで死にたいか聞かないの?」とみずきは問いかけますがゆみは答えません。

目的の湖にたどり着いた2人でしたが、日が暮れ照明もなく撮影を続けることは難しくなってしまいました。
困った2人は灯りのついている一軒の家に向かい、泊めてもらいます。

死ぬ時の撮影をしにきたはずが2人は泊めてくれたおじいさんとも仲良くなり…

スポンサーリンク

映画『食べる虫』感想と評価

誕生日に死にたいと考えているみずきと、その映像を撮ることを名乗り出たゆみ。
冒頭、カメラを回しトイレで用を足す自分自身を撮影するゆみが映し出され、みずきと合流するまでもずっとゆみはカメラを回し続けます。

なぜカメラを撮っているのかみずきに聞かれたゆみは「怖いから撮っているのかな、いや暇だから撮っている」と答えます。しかし、おじいさんの家に泊まった後からゆみは撮らなくなります。ゆみのカメラ視点と共に映し出されていた映像が俯瞰に変わっていくのです。

本作はInstagramのストーリー越しに朝日を見て「綺麗だな」と思う自分を疑って脚本を書き始めたと金子由里奈監督は言っています。

スマートフォンが普及した現代において私たちはどこかでフィルター越しに景色や物事を見ることが増え、直接対峙しなくなっているように感じます。消費するスピードも早くなりました。だからこそ写真を撮って思い出を目に見える形で残しておこうとするのかもしれません。

記録をすることにどこかこだわっているゆみの心情を劇中ではっきりと語ることはありませんが、フィルター越しに見ることで安心する気持ちと残しておこうとする気持ちがあるように見えます。

また、みずきの死にたいと願う理由も劇中で語られることはありません。自分とは違い、物おじしない強引さのあるゆみに驚きつつも共に過ごし、ご飯が美味しいと笑います。

おじいさんの家で過ごす2人はどこか現実世界から離れた不思議な空間にいるような、奇妙でありながら穏やかな時間が流れます。

そしてまた喧騒の新宿で2人は別れ、現実に戻っていきます。まるでそれまで共に過ごした時間が嘘だったかのように。

静かな田舎のおじいさんの家での時間と、都会の喧騒の対比により、加速する消費の中で何かを残そうと不安になる気持ちや漠然とした不安がふっと消えていくような不思議な心地よさが感じられます。

まとめ

金子由里奈監督による死にたい少女とそれを記録する少女の小旅行を描いた映画『食べる虫』。

死ぬ時の映像を撮るはずが、見知らぬおじいさんの家に泊まり、共に食事をし、時間を過ごしまた日常にかえっていく…
現実であるはずなのにどこか幻想的で奇妙な時間が流れていきます。

都会の喧騒と田舎の対比により何かに焦り、漠然とした不安を抱えていた現代人の心がふっと軽くなるような不思議な映画です。

金子由里奈Twitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(C)白波製作委員会

次回の「インディーズ映画発見伝」第7回は、立命館大学での卒業制作で制作された長尾淳史監督『白波』

カナザワ映画祭2017期待の新人監督、熱海国際映画祭ニュージェネレーション部門、京都国際学生映画祭Japan Focus部門など国内映画祭での上映された作品です。

中学生の響介は喘息をわずらい、琵琶湖に浮かぶ島で母と2人暮らしていた。そんなある日、島で不発弾が発見され…。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『ロバマン』あらすじネタバレと感想。河崎実監督の新作は特撮ヒーロー(68歳)が地球を救う⁉︎|未体験ゾーンの映画たち2020見破録7

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第7回 貴重な佳作から珍作・怪作まで大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・ …

連載コラム

『ファーストラヴ』中村倫也と北川景子の男女バディ映画!庵野迦葉(かしょう)の淡い初恋に潜む“心の闇”に注目!|映画という星空を知るひとよ51

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第51回 2021年2月11日(木・祝)よりロードショーされている映画『ファーストラヴ』。 父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕されました。 事件を取材 …

連載コラム

ディズニー映画『ノエル』キャスト【アナ・ケンドリックとシャーリー・マクレーンのインタビュー】FILMINK-vol.29

FILMINK-vol.29「The First Noelle」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします …

連載コラム

映画『SKIN/スキン』作品考察と内容評価。ブライオンワイドナーの実話を問うレイシズム問題|銀幕の月光遊戯 64

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第64回 映画『SKIN/スキン』が2020年6月26日(金)より、新宿シネマカリテ、ホワイトシネクイント、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田他にて全国順次ロードショー …

連載コラム

映画『イップマン継承』あらすじネタバレと感想。ドニーイェンがマイクタイソンとバトル!|すべての映画はアクションから始まる8

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第8回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学