Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/19
Update

映画『三つの朝』あらすじ感想と評価解説。根岸里紗監督の描くありふれた“愛しい朝”|インディーズ映画発見伝2

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第2回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

その中から第2回目にピックアップするのは、根岸里紗監督の映画『三つの朝』をご紹介いたします。


(C) Risa NEGISHI

フリーターの彼氏と先の見えない同棲を続ける20代の女性、上司と不倫関係にある30代の女性、女手一つで子育てをする40代の女性。

工場の夜勤明け、それぞれの思いを抱え同じ空を見上げる3人の女性。同じ空を見上げまた日常に帰っていく。少しずつ変わりゆく人生を感じさせながら丁寧に日常を切り取った美しい映画です。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『三つの朝』の作品情報


(C) Risa NEGISHI

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
根岸里紗

【キャスト】
兎丸愛美、根矢涼香、唯野未歩子、曽我部恵一 、山下翔平、小野莉奈

【作品概要】
2016伊参スタジオ映画祭にて脚本賞を受賞し、映画製作を始めたという根岸里紗監督。映画『三つの朝』は伊参スタジオ映画祭2016 短編の部大賞他、門真国際映画祭、湖畔の映画祭、ながおか映画祭、神田ファンタスティック映画祭と数多くの映画祭でグランプリを受賞しました。『三つの朝』の次に製作された映画『ふたり』は2019年池袋シネマ・ロサの特集上映にて田口敬太監督の作品と共に上映されました。

キャストは『シスターフッド』(2019)、『海辺の途中』(2019)の兎丸愛美、『根矢涼香、映画監督になる。』(2020)、『父、かえれ!』(2020)の根矢涼香など。

シネマディスカバリーズでの映画『三つの朝』視聴はこちら→

映画『三つの朝』のあらすじ


(C) Risa NEGISHI

工場の夜勤明け、ロッカールームで煙草を吸う岡田麻衣(根矢涼香)、青のネイルを塗る目崎ふみ(兎丸愛美)、メールを打ち込む原真知子(唯野未歩子)。バスに乗り3人はそれぞれの日常に帰っていきます。

フリーターの恋人と先の見えない同棲生活をしている岡田麻衣は、自分のやりたいことや恋人との将来の見えなさに対して不安を抱えています。

上司と不倫関係にある目崎ふみは上司にそっけなくされながらも自分を見てほしいと願っています。

原真知子は女手一人で娘を育て毎日日常に忙殺される日々。

同じ工場の夜勤で働き、同じ朝を迎えつつもそれぞれ違った日常を送り、交わりそうで交わらない3人のありふれた日常。同じようで少しずつ変化しゆく3人の人生が向かう先は…

スポンサーリンク

映画『三つの朝』感想と評価


(C) Risa NEGISHI

同じ工場で働く3人の女性。恋人と同棲している岡田麻衣、上司と不倫関係にある目崎ふみ、女手一人で娘を育てる原真知子。それぞれ日常に満足しているわけではないが、絶望しているわけでもなく、どこまでもありふれた日常を切り取った本作。

本作の中で、何か劇的なことが起こるわけでもなく、3人の日常が大きく交わることもありません。しかし、ゆるやかに3人の女性を取り巻く人々の関係性が変わっていきます。

ありふれた日常に埋もれてしまいそうなふとした瞬間を美しく切り取り、些細な心情のゆらぎを丁寧に描く根岸里紗監督の繊細な視点女優陣の等身大の演技がありふれた日常に含みをもたせます。

かすかに交わる3人の日常、些細な会話に心なしか爽快感を感じ、新たな一日を迎える彼女たちと朝焼けの空に希望を感じる映画になっています。

まとめ


映画『三つの朝』の演出を務めた根岸里紗監督

フリーターの彼氏と先の見えない同棲を続ける20代の女性、上司と不倫関係にある30代の女性、女手一つで子育てをする40代の女性。全く境遇の違う女性たちが同じ工場の夜勤で働き、同じ朝を見上げる。ありふれた日常を美しく切り取った映画『三つの朝』

朝を迎えることに新たな始まりを印象付ける一方で、彼女たちにとっては仕事終わりでもあり、それぞれの人生、日常にかえるのが朝でもあります。

劇的な変化があるわけではないが、ゆるやかに関係性が変わっていく些細な映画を根岸里紗監督ならではの視点で丁寧に描いています。

根岸里紗監督が映画づくりにおいてこだわっている、関心を持っているテーマとしてお酒と煙草をあげています。本作においても喫煙シーンが描かれ、煙草とお酒に対する登場人物の捉え方も描かれており、注意してみてみると面白いかもしれません。

シネマディスカバリーズでの映画『三つの朝』視聴はこちら→
根岸里紗監督Twitter
シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(C)2014「あの娘、早くババアになればいいのに」製作委員会

「CINEMA DISCOVERIES」の配信作品からご紹介する、連載コラム「インディーズ映画発見伝」第3回は、頃安祐良監督が演出を務め、中村朝佳が主演を演じた『あの娘、早くババアになればいいのに』。

お楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】⑨

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2020年5月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

『永遠の門 ゴッホの見た未来』映画監督ジュリアン・シュナーベルが語る【ジュリアン・シュナーベル : 息と光を捕らえ】FILMINK-vol.2

FILMINK-vol.2「Julian Schnabel: Catching the Breath and the Light」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察|渚司令/カヲルの正体は加持との意志×生命の書ד語り部”ではない幸せに【終わりとシンの狭間で9】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第9回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』感想レビューと評価。レクター博士とは対照的な“ぶざまな”殺人鬼|メランコリックに溺れたい4

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第4回『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』 前回の連載コラムで取り上げた、テッド・バンディに続いて、実在した連続殺人犯の物語です。 1970年代のドイツを舞台にした …

連載コラム

映画『旅愁』あらすじと感想。演技経験のないキャストが豊かな表情で社会的な課題を問う【呉沁遥監督と出演陣のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭5

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・呉沁遥監督作品『旅愁』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2019年も開幕。今 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学