Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2024/01/24
Update

『コヴェナント約束の救出』あらすじ感想と評価解説。ガイ・リッチー監督が実話を基に“タリバンとの戦い”を描く|映画という星空を知るひとよ190

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第190回

アメリカ兵士とアフガニスタン人の通訳の固い絆を描き出し、アフガニスタン問題の裏側に迫る衝撃の感動作『コヴェナント/約束の救出』が2024年2月23日(金・祝)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国ロードショーされます。

本作は手がけたのは、「シャーロック・ホームズ」シリーズや『オペレーション・フォーチュン』(2023)のガイ・リッチー監督です。

ガイ・リッチー監督は現在も続くアフガニスタン問題と、アメリカ軍に協力したアフガニスタン人通訳についてのドキュメンタリーを身て、全世界に伝えなければならないテーマがあると深く心を動かされたと言います。

そんなエピソードを基に製作された、緊迫感に満ちたヒューマンドラマ『コヴェナント/約束の救出』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『コヴェナント/約束の救出』の作品情報


(C)2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2024年(アメリカ映画)

【原題】
GUY RITCHIE’S THE COVENANT

【監督・脚本・製作】
ガイ・リッチー

【キャスト】
ジェイク・ギレンホール、ダール・サリム、アントニー・スター、アレクサンダー・ルドウィグ、ボビー・スコフィールド、エミリー・ビーチャム、ジョニー・リー・ミラー

【作品概要】
「シャーロック・ホームズ」シリーズや『オペレーション・フォーチュン』(2023)などを世に送り出したガイ・リッチー監督の初の社会派ヒューマンサスペンス。

主人公キンリーを『アンビュランス』(2022)のジェイク・ギレンホール、通訳アーメッドを『エクソダス 神と王』(2014)のダール・サリムが演じています。

映画『コヴェナント/約束の救出』のあらすじ


(C)2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

2018年、アフガニスタン。タリバンの武器や爆弾の隠し場所を探す部隊を率いるアメリカ軍曹長ジョン・キンリーは、優秀なアフガン人通訳アーメッドを雇います。

キンリーの部隊はタリバンの爆発物製造工場を突き止めますが、大量の兵を送り込まれ、キンリーとアーメッド以外は全員死亡してしまいました。

キンリーも瀕死の重傷を負ったもののアーメッドに救出され、アメリカで待つ家族のもとへ無事帰還を果たしました。

しかしアーメッドはアフガニスタン人であるのにアメリカに加担した裏切り者として、タリバンに狙われます。そのことをアメリカに帰国したキンリーは知り、彼を救うため再びアフガニスタンへ向かいます。

映画『コヴェナント/約束の救出』の感想と評価


(C)2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

『コヴェナント/約束の救出』で描かれたのは、アメリカ兵士と通訳として雇われたアフガニスタン人との固くて強い絆です。

本作には、2つの大きな戦いがあります。

まずは、タリバンとの死闘。アフガニスタンでタリバンと闘うアメリカ軍の兵士キンリーと、彼に雇われたアフガニスタン人通訳のアーメッド。キンリーの所属部隊がタリバンに襲われてほぼ全滅状態の中、キンリーとアーメッドだけが生き残りました。

100㎞離れたアメリカ軍基地を目指して逃亡する途中、タリバンの襲撃によってキンリーは重症を負います。そんな彼を自分の命も顧みずにアメリカ軍基地まで送り届けたのは、アーメッドでした。

人目を避けた険しい山道を、応急処置をした身動きできないキンリーを乗せた荷車をアーメッドが自らひきます。

アーメッド自身も疲れ果てているはずなのに、決してキンリーを見捨てようとはしません。そこにあるのは、緊迫した状況下に置かれた者だけが理解できる固い絆なのでしょう。

そして後半では、キンリーによるアーメッド救出のための危険な戦いが始まります。

無事に帰国したキンリーは、アフガニスタンに残ったアーメッドがタリバンからしつこく付け狙われていることを知って、行動を起こしました。タリバンとの死闘はまだまだ続きます。

作品全体を通じて、追われる立場の主人公たちの緊張感が伝わり、緊迫した状況の中でも相手を思う絆の強さに胸を揺さぶられます

一挙一動にぴったりとマッチした音楽を背景に、彼らの命をかけたタリバンとの激闘から勇気と感動をもらうことは間違いありません。

まとめ


(C)2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

タリバンとの戦いを扱った作品は『アウトポスト』(2021)や『ホースソルジャー』(2018)など多数あります。

その中で『コヴェナント/約束の救出』はアフガニスタンで出会ったアメリカ兵士とアフガニスタン人の通訳の物語で、損得なしの真の絆が描かれています

同じように窮地をくぐりぬけてきたのに、アメリカ兵士とアフガニスタン人の通訳とでは、こんなにも運命が変わってくるのに驚くことでしょう。

また本作は実話を基にしています。タリバンが実権をにぎったあとの現地に残った通訳たちの惨状も知っておかねばならない事実なのです。

映画『コヴェナント/約束の救出』は2024年2月23日(金・祝)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー!

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。




関連記事

連載コラム

映画『バオバオ フツウの家族』あらすじと感想レビュー。LGBT運動の先進国がみせた新たな台湾ムービーの魅力|銀幕の月光遊戯 43

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第43回 映画『バオバオ フツウの家族』が、2019年9月28日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに全国順次公開されます。 赤ちゃんが欲しい2組の同性カップルの姿を …

連載コラム

映画『名もなき歌』感想評価とレビュー解説。ペルーのリマに移り住んだ原住民女性に起こった悲劇とは|銀幕の月光遊戯 81

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第81回 実話をベースにしたペルー映画『名もなき歌』が2021年7月31日よりユーロスペース他にて全国順次公開されます。 1988年、政情不安に揺れる南米ペルーを舞台に赤子 …

連載コラム

タイ映画『ホームステイ』感想レビューと評価。BNK48チャープランの初演技と“誰にでもある青春”の思い出|蟹江まりの映画ともしび研究部2

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」第2回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第2回目に取り上げるのは、2019日10月5日に公開された『ホームステイ ボク …

連載コラム

映画『リベンジ・アイランド』ネタバレ感想と考察評価。刑務所帰りの男による抗争劇!タイの楽園を血に染めるフレンチノワール|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第22回 日本劇場公開が危ぶまれた、様々な国籍のあらゆるジャンルの映画を紹介する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見 …

連載コラム

『神が描くは曲線で』ネタバレ結末あらすじと感想評価。ラストどんでん返しに“最後まで気が抜けない”真相とは⁉︎|Netflix映画おすすめ131

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第131回 『神は曲線を描く』は、Netflixで2022年12月9日から配信されたスペインのサスペンス映画。 サスペンスに定評のあるオリオ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学