Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2022/01/11
Update

『キャッシュトラック』ネタバレ感想と結末の評価解説。復讐劇リベンジ映画としてジェイソン・ステイサムが謎多き警備員を演じた!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

映画『ブルー・レクイエム』をリメイクしたクライムアクション!

ガイ・リッチーが脚本・製作・監督を務めた、2021年製作のアメリカ・イギリス合作のクライムアクション映画『キャッシュトラック』。

特殊な訓練を受けた警備員が働く現金輸送専門の警備会社に、新たに採用された通称「H」の警備員が、驚くほど高い戦闘スキルで強盗を阻止していく姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

強盗犯から何故か恐れられているHの正体と、全米で最も現金が動くブラック・フライデーに起こる1億8000万ドル強奪計画を描いた、ジェイソン・ステイサム主演のクライムアクション映画『キャッシュトラック』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『キャッシュトラック』の作品情報


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2021年(アメリカ・イギリス合作映画)

【脚本】
ガイ・リッチー、アイバン・アトキンソン、マーン・デイビス

【監督】
ガイ・リッチー

【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、ホルト・マッキャラニー、ジェフリー・ドノバン、ジョシュ・ハートネット、ラズ・アロンソ、ラウル・カスティーロ、デオビア・オパレイ、エディ・マーサン、スコット・イーストウッド、ニアム・アルガー

【作品概要】
『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)や『スナッチ』(2000)、「シャーロック・ホームズ」シリーズなどを手掛けるガイ・リッチーが脚本・製作・監督を務めたアメリカ・イギリス合作のクライムアクション作品です。

「トランスポーター」シリーズや「メカニック」シリーズ、「エクスペンダブルズ」シリーズ、「ワイルド・スピード」シリーズなどに出演しているジェイソン・ステイサムが主演を務めています。

本作はガイ・リッチー監督と主演のジェイソン・ステイサムのゴールデンコンビが、映画『リボルバー』(2008)以来16年ぶりにタッグを組み、2003年製作のフランス映画『ブルー・レクイエム』をリメイクした作品です。

映画『キャッシュトラック』のあらすじとネタバレ


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

『悪霊』

アメリカ・ロサンゼルスにある現金輸送車の武装警備が専門の警備会社「フォーティコ・セキュリティ」は、1日1500万ドル運んでいて悪い連中に狙われやすいため、そこで働く警備員は特殊な訓練を受け、厳しい採用試験を受かった強者ばかりです。

しかし、つい先日、一般人まで巻き込まれた現金輸送車の襲撃事件で、フォーティコ・セキュリティは警備員を失いました。

そのため、フォーティコ・セキュリティは欠員を補充するべく求人募集したところ、ある男が採用試験に訪れました。

その男の名は、パトリック・ヒル。離婚歴がある彼は、倒産したヨーロッパの警備会社「オレンジ・デルタ警備」で働いていたという、輝かしい経歴を持っていました。

体力検査と60時間の銃器訓練、現金輸送車を使った運転テストを行う厳しい試験を受けた結果、パトリックは合格ギリギリで受かり採用されました。

フォーティコ・セキュリティの警備員を取りまとめているボス、通称「弾丸(ブレット)」は、パトリックのことを苗字のヒルからとって「H(エイチ)」と名付け、彼の指導役として行動を共にしていきます。

採用試験をギリギリ合格したにも関わらず、勤務初日を難なくこなしたHを、ブレットや同僚のデイナ・カーティスらは高く評価しました。

一方で、Hの相棒となった同僚ボーイ・スウェット・デイヴや、Hに仕事を奪われてしまったデイヴの元相棒ジョンらごく一部の人間は、ブレットのお気に入りとなった彼が気に食わない様子。

そんなある日、Hが乗った現金輸送車が武装強盗犯に襲われ、ブレットが人質に取られてしまいます。

Hは一切傷を負わず、武装強盗犯6人をたった一撃で次々と仕留めていき、皆殺しにして、狙われた250万ドルと囚われたブレットを守りました。

その後、Hの過剰防衛を疑うFBIも捜査に動きますが、フォーティコ・セキュリティの社長ボス・ブレイク・ホールズは金と相棒を守ったHを称賛し英雄扱いします。

その日の夜。Hはフォーティコ・セキュリティの従業員の資料と、デイナの家族の写真、ダグラス・ハーグリーヴズという男の検視報告書を取り寄せ、何かを調べていました。

それから3カ月後。Hはブレットとコンビを組み、現金輸送車に乗ってチャイナタウンを走行中、また新たな武装強盗団に襲われてしまいます。

しかし何故か、現金輸送車から出てきたHの顔を見て、武装強盗犯は金も奪わず逃げていったのです。

ブレットやデイヴはHが一体何者なのか疑い始めます。「おかしい、武装強盗犯はHを見て驚いていた」「まるで悪霊でも見たかのように」

その頃Hは、デイナの誘いに乗って彼女の自宅へ行った際、段ボールの箱に隠された札束を見つけ、ベッドで眠る彼女を叩き起こして尋問していました。

デイナが持っていた金12万5000ドルは、受け取りの担当者が見逃してカートに残っていたのを盗んだものでした。

Hは先週撮ったデイナの両親の写真を見せ、彼女に警告します。「金は取っておけ。だがもし隠し事をしていると分かれば、俺が本気だという証拠を見せてやろう」

「君の両親のことも家も調べ、突き止めてある。俺は執念深い、分かったな?」

以下、『キャッシュトラック』ネタバレ・結末の記載がございます。『キャッシュトラック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

『しらみつぶし』

時を遡ること5カ月前。Hは帰省中の一人息子ダギーと一緒にスポーツ観戦しようとした際、突如ギャングの1人マイクから電話がかかってきます。

「問題発生です、ボス。現金輸送車を見張ってください」「息子と一緒だ、他の奴にやらせろ」

「ボスしかいないんですよ。車を見張るはずだったブレンダンが事故に遭って、事情聴取を受けていて身動きが取れない」

「俺は間に合わないし、モギーはフォーティコ・セキュリティの現金輸送車の車庫を監視中。今日を逃せば、また準備に3か月かかります」

「現金輸送車がフォーティコ・セキュリティを出て、どちらに曲がるかだけ教えてくれるだけでいいんです。危険はないし遠くから見るだけでいい」

「車に発信機は?」「現金輸送車は毎回スキャンされるから無理です、目視するしかない」

ブレットたちが疑うHの正体、それはFBIが25年間追っているギャングのボス、ハーグレイヴスなのです。

Hは側近であるマイクの頼みを渋々引き受け、フォーティコ・セキュリティ前で販売されているブリトーを買うふりをして、ゲートから出てきた現金輸送車がどちらに曲がるか確認します。

Hが右に曲がったと伝えた直後、フォーティコ・セキュリティの現金輸送車が襲撃され、襲撃犯の1人が近くに停められていたHの車にいたダギーに近づき、車から降りるよう脅すのです。

ブリトーを持ってHが車に戻ろうとした時、ダギーが銃を突きつけられ地面に腹這いになっている姿を発見。持っていたブリトーを落として、Hはダギーを救おうと駆け寄ります。

しかし、襲撃犯の1人がやられ、逆上した他の仲間がダギーを銃撃。激昂したHは撃った相手を殺そうとしましたが、自身も撃たれてしまいます。

それから3週間後。重傷を負ったHは、搬送された病院で3度6発の弾の摘出手術を受け、2度死にかけましたが、何とか一命をとりとめました。

そしてHは、自分と同じく撃たれたダギーが死んでしまったことを、別れた妻から聞いて知りました。

「私の可愛い息子はもういない。あなたのことが大好きな父親っ子だった」「俺の仕事のせいじゃない」

「いいえ、あなたが息子を殺した。何も言うことはないの? 本当に冷酷なクソ野郎ね」

その後、HはFBI捜査官エージェント・キングと密会し、息子を殺した現金輸送車襲撃犯の手掛かりが何も見つかっていないことを知ります。

彼はFBIとしてハーグレイヴスを追っていますが、その裏ではハーグレイヴスであるHと繋がりを持っていたのです。

エージェント・キングはFBIとしては手が出せない、目ぼしい悪党の情報が載ったリストをHに手渡します。

「(こいつらが)死んでも困らないなら、俺のやり方であんたの20年分の仕事を2週間でやってやる」

「リストの連中なら好きにしろ。だが長くは目をそらしていられないぞ。あとは任せる」

エージェント・キングと別れた後、Hは自室にマイクと、部下のブレンダンとモギーを呼び出し、「誰が息子を撃ったのか知りたい」と告げます。

マイクたちは、ダギーを殺した顔の左側に傷痕がある男を探すべく、リストにある連中をしらみつぶしに探しましたが見つけられませんでした。

それを聞いたHは、マイクたちに圧をかけます。「分かっていないな、俺のために何でもするんだろう?まるで既にやったとでもいう口ぶりだな」

Hの言葉を受け、マイクたちがさらに徹底的に捜索した結果、ジェロームという悪党から有力な情報を得ました。

「ガシ兄弟だ。あいつらはポルノに人身売買、児童買春に押し込み強盗などをやるヤバい連中だ。現金輸送車を襲撃した噂もある」

しかしガシ兄弟は、確かに下劣な連中ではあったものの手口が荒く、金も250万ドルしかなかったため、ダギーを殺した現金輸送車襲撃犯ではないのではないかと推測するマイクたち。

マイクは恐る恐るHに、「もうこんなことはやめよう。いつかこちらがやられてしまうし、ボスの精神状態も危うい。きっと内部の犯行に違いない」と進言します。

それに頷くフリをして、Hはパトリック・ヒルという偽名を使い、経歴を偽装してフォーティコ・セキュリティへ単身潜入。同時に、身分証明書や雇用記録などを偽造してもらった女性に、ダギーの検視報告書を持ってくるよう命じます。

入社初日。Hはデイヴたちのカードを写真で撮り、女性に彼らの身元調査を行ってもらいました。

Hが単身潜入しているとは知らないマイクたちは、彼の乗る現金輸送車を襲撃し、中から現れた彼の顔を見て逃げ出します。

『野獣ども』


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

元軍人のジャクソンとジャン、カルロス、ブラッド、サムとトムは退役後の平和で退屈過ぎる日常に不満を漏らしていました。

そんな時、顔の左側に傷痕があるジャンが、強盗でもして楽しもうと提案。ジャンたちに可否を求められたジャクソンは、これを承諾してしまいます。

ジャクソンたちの初めての強盗は、カルロスの雇い主である石油王の金と宝石類でした。しかし、想定していたよりも奪える金が少なかったため、ジャクソンたちは直接金を奪うべく、現金輸送車を襲うことにしました。

「諸君、再び堂々と顔を上げよう。屈辱の日々はもう終わりだ」「まだ仕事は辞めるな、普通に生活しろ」

「高い買い物はするな。食料は良し、スポーツカーはダメ」………幸い、警備会社内部にジャクソンたちの協力者がいたため、彼らはスムーズに現金を強奪することが出来ました。

後日、ジャクソンの誕生日パーティーの時、ジャクソンとトムはある強盗計画をジャンたちに話します。

「次は600万ドル以上積んでいる現金輸送車を襲う」「昔、俺(ジャクソン)の部隊にいた奴が協力者となってくれる」

「目立つから綿密な計画が必要だ、準備には6週間かける」………この強盗計画こそ、フォーティコ・セキュリティの現金輸送車を襲うものだったのです。

工事現場の作業員に扮したジャクソンたちは、フォーティコ・セキュリティから出てきた現金輸送車を襲撃。現金輸送車に乗っていた警備員の1人が抵抗したため、ジャンは思わず警備員2人を射殺してしまいます。

さらにジャンは、警備員を殺した自分の顔を見てしまったダギーを射殺。こちらに駆け寄ってきたHも、ジャクソンたちに言われて撃ったのですが、言われていた足ではなく腹などを6カ所撃って重傷を負わせてしまったのです。

それから5カ月後。ジャクソンたちはさらなる刺激と金を求めて、成功すれば一生安泰で要られて自分たちの子供たちが働かずに済みますが、失敗すれば命を落とす危険な強盗計画を企てます。

「ブラック・フライデーに、フォーティコ・セキュリティの車庫にある現金輸送車全てを襲う。狙いはそこに集められる、1億5000万ドル以上の金」「準備には8週間かける」

ブラック・フライデー前日。フォーティコ・セキュリティの車庫内にある金庫に、1億6000万ドルもの大金が集まっていました。

『肝臓、肺、脾臓、心臓』


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

フォーティコ・セキュリティに1億8000万ドルが集められる、ブラック・フライデー当日。スタインウェイズ・カジノから現金を回収し、帰路につく現金輸送車内で、ブレットはHにこんな話をしました。

「俺は今、内部の人間として、俺の友達にどの現金輸送車を襲えばいいか教えている」「警備員の死は仕方ないが、巻き込まれた少年は気の毒だった」

「軍隊仕込みの的確な作戦で俺たちが勝つ」「お前が持っている中は空だ、連中に従わなければ殺されるだろう。俺の言う通りにしろ」

「俺たちは引退できるほどの大金が欲しいから、大当たりを狙っている」「お前は今日、連中を車庫へ手引きし、そして見ないふりをしろ」「もう引き返せない」

Hは息子を殺した現金輸送車襲撃犯を仕留めるチャンスだと思い、ブレットの指示に従うことにしました。

ブレットの合図を得て、ジャクソンたちは彼らと合流。Hの乗る現金輸送車にジャン・カルロス・ブラッド・トムが乗り込み、ジャクソンとサムは乗ってきた車でその後を追いかけます。

こうして易々とフォーティコ・セキュリティの車庫に侵入したジャンたちは、ブレットを盾にして制御室の占拠に向かいますが、制御室にいた警備員のボブたちが抵抗したことで銃撃戦を繰り広げる羽目に。

激しい銃撃戦の末、制御室を占拠したジャンたちは、ゲート前で待機していたジャクソンたちを中へ入れます。

警報によってパトカーが駆けつけ、続いてSWATが到着するまでの8分間、ジャクソンたちは出口を塞がれる前に脱出するべく、急いで金庫から1億8000万ドルを運び出していきました。

生き残っていた警備員1人が反撃に出たのを合図に、拘束されていたHも隙を見て動き出し、近くにいたカルロスに襲い掛かり絞め殺します。

Hは落ちていたナイフで両手の拘束を解き、カルロスの装備を奪って、現金を運び出していたサムを射殺。逃がしたデイヴと上司のテリーに襲い掛かるトムと死闘を繰り広げます。

死闘の末、傷を負ってしまったものの、Hはトムを、彼の足に装備されていたナイフで首を刺し殺害。この場から逃走しようとしているジャクソン・ジャン・ブラッド、そして同僚の警備員とデイナを射殺したブレットを追いかけ、彼らを逃がすまいと銃撃します。

自分を救ってくれたのがHだったと知ったデイヴは、別の場所から彼をアシストしました。

激しい銃撃戦の末、制御室前での戦いで重傷を追っていたブラッドは始末できたものの、ブレットの反撃に遭いデイヴが殺され、Hはジャンたちを取り逃がしてしまいます。

ジャンたちは現金輸送車を奪い、出口を塞いでいた2台のパトカーに突っ込み、強引に包囲網を突破し逃走。手筈通り、1957年以来図面にも出てこない地下トンネルを使い、SWATや警察ヘリによる追跡を撒こうとしました。

しかしその途中、大金に目が眩んだジャンは、首を撃たれて重傷だったジャックを刺殺。秘密のトンネルを大金を載せた2台のバギーで走行後、ジャンは自分を疑うブレットを射殺しました。

トンネルの先に置いておいた逃走用の車に乗り換え、ジャンはSWATや警察の追跡を振り切って帰宅し、独り占めできた大金を眺めながら勝利の美酒に酔いしれます。

するとそこへ、Hが襲来。現金の入った鞄の1つに、Hが携帯電話を紛れ込ませていたため、ジャンの居場所を特定したHが仇討ちをしに来たのです。

Hはダギーの検視報告書が入った封筒を投げ渡し、ジャンにその内容を読ませます。「銃弾A1とA2による右肺の虚脱、B1による肝臓の貫通」

「B2による脾臓の破裂、C1とC2による心臓の損傷」「死因は失血と外傷、死亡様態は殺人」

ジャンがHのことを思い出した直後、Hは風呂上がりで丸腰のジャンの肝臓、肺と脾臓、心臓の順に打ち抜き、息子を殺された復讐を遂げます。

復讐を終えたHは、エージェント・キングに後始末を任せ、待機させていたマイクの車に乗り込み、夜の街へ消えていきました。

スポンサーリンク

映画『キャッシュトラック』の感想と評価


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

謎多きキャラクター・H

現金輸送車を襲った武装強盗犯を冷酷に皆殺しにしたり、襲いにきたはずの武装強盗犯が尻尾を巻いて逃げていったりと、謎多き警備員H。

Hの正体は『しらみつぶし』という章で明かされた、FBIが25年間追い続けているギャングのボスでした。

ギャングのボスが何故警備員になったのか、観ている人が皆疑問に思うことでしょう。それは、現金輸送車襲撃事件で殺されてしまったHの息子ダギーの仇を討つためです。

目的のためなら手段を選ばない冷血漢なのに、誰よりも息子を大事に想っている父親としての一面もあるHは、ギャップがあって惚れ惚れします。

水面下で進行する1億8000万ドル強奪計画


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

日々訓練と戦闘に明け暮れていた軍人だった頃に比べれば、ジャクソンたちにとって退役後の平和な日常は、逆に何の刺激も得られないので退屈で仕方ありません。

特にジャンは、強盗をしようとジャクソンたちに提案するほど、刺激に飢えていました。

軍隊で培った戦闘スキルと統率力が、まさか現金輸送車の襲撃と金の強奪に使われてしまうとは、退役後の彼らの経済事情を知るとやむせない気持ちになります。

何かもっと、ジャクソンたちの退屈で鬱屈した気持ちを払拭する他の方法はなかったのかと………。

ただ刺激と金を求めて始めた強盗が、直接現金輸送車から大金を強奪する壮大な計画になっていったのです。

最終的に金に目が眩んだジャンが強奪した大金を独り占めしてしまいますが、強奪するまでの彼らの計画と戦いはハラハラドキドキします。

まとめ


(C)2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

謎多き警備員Hの正体と、息子を殺された彼の復讐劇を描いたクライムアクション作品でした。

フォーティコ・セキュリティ以外の現金輸送車を襲った際、ジャクソンたちには協力者がおり、その人物と思われる警備員の名を呼んでいる描写があります。

その名は「デイヴ」だったため、内通者はHによく突っかかるデイヴではないかと考察した人もいることでしょう。

だからこそ、Hの同僚ブレットが、現金輸送車襲撃犯に協力する内通者だったとは驚きです。

そして、謎多き冷血漢Hを演じるジェイソン・ステイサムと、大金を得るためなら同僚を殺すことも厭わないブレットを演じるホルト・マッキャラニー。

大金強奪を企む現金輸送車襲撃犯ジャクソンを演じるジェフリー・ドノヴァン、大金に目が眩んでかつての仲間を裏切るジャンを演じるスコット・イーストウッドら主演級俳優たちが魅せる銃撃戦は、スリルと迫力があってとても格好良いです。

謎多きキャラクターと、主演級俳優たちのアクションに魅了されるクライムアクション映画が観たい人に、オススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

映画『七人の侍』あらすじネタバレと感想。黒澤明代表作のラスト結末とは⁈

七人の侍VS四十騎の野武士 真に勝った者は誰なのか 日本を代表する監督のひとりであり、海外で最も有名な日本人監督でもある黒澤明監督。 彼の作品の中でも、特に世界中の映画人に多大な影響を与えた名作『七人 …

アクション映画

ネタバレ『キングスマン3:ファースト・エージェント』あらすじ感想結末と評価解説。諜報機関誕生の秘密を描いた人気シリーズの原点

世界を平和に導く、独立した諜報機関「キングスマン」は何故誕生したのか? 世界平和の為に秘密裏に戦う、政府からは独立した秘密諜報機関「キングスマン」。 この「キングスマン」の戦いを描いた、人気アクション …

アクション映画

映画『モンスターハンター』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【キャストのミラジョヴォヴィッチが怪物と闘う】

特殊部隊の兵士が未知のモンスターと戦うアクションアドベンチャー ポール・W・S・アンダーソンが脚本・監督を務めた、2020年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『モンスターハンター』。 シリー …

アクション映画

映画『ファイナルプラン』ネタバレあらすじ結末と感想評価。リベンジ復讐劇をリーアムニーソンが演じて光る

伝説の爆破強盗犯の最後の恋と怒りが燃え上がるリベンジ・アクション! マーク・ウィリアムズが原案・脚本・製作・監督を務めた、2020年製作のアメリカのリベンジ・アクション映画『ファイナル・プラン』。 全 …

アクション映画

【ネタバレ】シャン・チー|感想評価とあらすじ結末の考察解説。マーベル映画が描く中国武術アクションヒーロー

ハイスピードなアクションが炸裂する新たなマーベルヒーローの誕生作! マーベルコミックスの映像化シリーズ「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学