Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『355』ネタバレあらすじ結末と感想の評価解説。強くて綺麗な女性スパイをペネロペ・クルスら女優陣がアクションと共に演じる

  • Writer :
  • 秋國まゆ

世界各国の女性エージェントが共に危険なミッションに挑むスパイ・アクション!

サイモン・キンバーグが脚本・製作・監督を務めた、2022年製作のイギリス・アメリカ合作のスパイ・アクション映画『355』。

南米で開発された、あらゆるセキュリティを潜り抜け、世界中のインフラや金融システムなどを攻撃することが可能な危険なデジタル・デバイス。

アメリカ・ドイツ・イギリス・コロンビア・中国の凄腕の女性エージェントがチームを組み、第三次世界大戦を阻止するべく、国際テロ組織からそのデジタル・デバイスを奪還するミッションに挑む物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

映画『355』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『355』の作品情報


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

【公開】
2022年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原案】
テレサ・レベック

【監督】
サイモン・キンバーグ

【キャスト】
ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴ、エドガー・ラミレス、セバスチャン・スタン、ジェイソン・フレミング、エミリオ・インソレラ、ジェイソン・ウォン、レオ・スター、ジョン・ダグラス・トンプソン、シルヴェスター・グロート、ヒテン・パテル、オレグ・クリクノヴァ

【作品概要】
X-MEN:ダークフェニックス』(2019)のサイモン・キンバーグが脚本・製作・監督を務めた、イギリス・アメリカ合作のスパイ・アクション作品。

本作の製作を務めた『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)のジェシカ・チャステインが、『X-MEN:ダークフェニックス』(2019)を製作中のサイモン・キンバーグに、「ミッション:インポッシブル」シリーズや「007」シリーズと同じ精神で、女性主導による本格派のスパイ・アクション映画のアイデアを提案したことで製作された作品です。

ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)のジェシカ・チャステインが主演を務めるほか、『それでも恋するバルセロナ』(2009)のペネロペ・クルスや『女は二度決断する』(2017)のダイアン・クルーガー、「ブラック・パンサー」シリーズのルピタ・ニョンゴ、『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)のファン・ビンビンという世界各国のスター女優が出演します。

映画『355』のあらすじとネタバレ


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

南米コロンビアにいる麻薬カルテルが、あらゆるセキュリティを潜り抜け、世界中のインフラや金融システムなどを攻撃可能なデジタル・デバイスを開発しました。

そのデジタル・デバイスさえあれば、核施設や世界市場、空を飛ぶ飛行機から携帯電話まで、世界のどこだろうと好きに操作することができます。

麻薬カルテルはそのデジタル・デバイスを国際テロ組織に売り込むことにしました。

そのデモンストレーションとして、麻薬カルテルはデジタル・デバイスを使って旅客機を安易に墜落させてみせます。

しかしその直後、彼らの取引を大規模な麻薬の取引だと勘違いしたコロンビアDNI(コロンビア国家情報局)の特殊部隊が現場を襲撃。

国際テロ組織はその場から逃亡しましたが、麻薬カルテル側はデジタル・デバイスの開発者も含めて全滅しました。

襲撃に参加したDNIのエージェントのルイス・ロジャスは、現場に残されていたデジタル・デバイスを入手。組織を裏切り、姿を消しました。

このデジタル・デバイスの脅威を知った世界各国の諜報機関はデジタル・デバイスの回収に動き出しました。

その内の1つであるアメリカCIA(中央情報局)は、ルイスから直接接触してきたことを受け、CIAの女性エージェントのメイソン・“メイス”・ブラウンとその相棒ニック・ファウラーをフランス・パリに派遣しました。

パリにあるカフェにて、メイスたちは現金が入った鞄と、ルイスが持つ鞄を交換して、デジタル・デバイスを回収しようとします。

しかし、デジタル・デバイスの回収に動いていたのはCIAだけではありません。ドイツBND(ドイツ連邦情報局)もそうです。

メイスたちと同じくデジタル・デバイスの回収のため、現地に潜伏していたBNDの秘密工作員マリー・シュミットは鞄を強奪し逃走。

それを見たルイスも、その場から逃亡。残った鞄の中身は新聞紙だらけで、デジタル・デバイスは入っていませんでした。

それに気づいたニックはルイスを、メイスは鞄を持ち去ったマリーをそれぞれ追いかけました。

逃走劇の末、なんとかメイスを撒いたマリーでしたが、奪った鞄の中身は現金だったため、デジタル・デバイスの回収に失敗。

ルイスを追いかけていたニックは、デジタル・デバイスを狙う国際テロ組織の人間と鉢合わせし、殺害されました。

ニックが殺されたことを知ったメイスは、恋仲でもあった彼の仇を取るべく、旧知の間柄であるイギリスMI6(英国情報局秘密情報部)の元エージェントでありサイバー・インテリジェンスの専門家ハディージャ・アデイェミを仲間に引き入れることに。

彼女の追跡能力を駆使してデジタル・デバイスの在り処を追跡した結果、ルイスはフランスのホテルに潜伏していることが判明しました。


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

一方ルイスは、コロンビアDNI(コロンビア国家情報局)に所属する心理学者グラシエラ・リベラの説得により、デジタル・デバイスを組織に受け渡すことを決めました。

しかしグラシエラに同行した際、途中でDNIの捜査官の裏切りに遭い、ルイスは銃撃されます。

この時の銃声を機に、現場に駆けつけたメイスとマリーは再び戦闘に。ハディージャはデジタル・デバイスを持ち去った捜査官を尾行しました。

メイスはハディーシャからの無線で、マリーは助けを求めるグラシエラの叫び声を聞いて、戦闘を一時中断。互いに狙いを捜査官に定め、猛追します。

しかしあと一歩のところで逃げられてしまいました。ですがマリーは、ルイスから何かデジタル・デバイスの情報を聞いたのではないかと思い、グラシエラを確保しセーフハウスへ連れて行きます。

するとそこへ、同じくグラシエラから手掛かりを得ようとするメイスたちが現れ、メイスとマリーは一発触発状態に。

ハディーシャは仲裁に入り、「敵の敵は味方」だと言って、ここは同じ目的・共通の敵を持つ者同士、4人で協力していこうと提案します。

悩んだ末、ひとまず協力関係を結ぶことにしたメイスたち。ハディーシャは改めて、グラシエラにデジタル・デバイスについて尋ねました。

グラシエラは「ルイスの携帯からデジタル・デバイスを追跡できる」と答えました。

実はルイスは死の間際、デジタル・デバイスを追跡できる自身の携帯に、グラシエラの指紋登録を行っていたのです。

グラシエラの指紋を使ってルイスの携帯のロックを解除し、デジタル・デバイスを追跡した結果、男がモロッコに渡ったことが判明。メイスたちはすぐさまモロッコへと向かいました。

モロッコ・マラケシュ。大勢の人が行き交う市場の真ん中で、DNIの捜査官は国際テロ組織の殺し屋にデジタル・デバイスを手渡します。

それを現認したメイス・マリー・グラシエラは二手に分かれ、メイスは殺し屋を、マリーたちはDNIの捜査官を尾行しました。

しかしDNIの捜査官は、殺し屋3人に取り囲まれ殺されてしまいました。さらに殺し屋たちは、デジタル・デバイスを受け取った殺し屋の後を追いかけ殺そうとします。

メイスとマリーはそれぞれサプレッサー付きの銃やナイフで、殺し屋3人を始末しました。

しかし、デジタル・デバイスを受け取った殺し屋は広場に集まった群衆の中に入っていったため、メイスたちは二の足を踏みます。

そこでグラシエラが、「わざわざ目立つようなことをしなくてもいいのでは?」と提案。ヒントを得たメイスたちはスリを装い、殺し屋から大胆にデジタル・デバイスを奪取します。

そして話し合いの末、モロッコの首都ラバトにあるCIAの支局にデジタル・デバイスを持っていくことにしました。

無事任務を達成したということで、祝杯をあげるメイスたち。次第に彼女たちと打ち解けていったマリーは自身の辛い過去を打ち明けます。

マリーの父親が組織を裏切り、KGB(ソ連国家保安委員会)に機密情報を売っていたこと、それが原因なのか二重スパイとして逮捕されたこと、そのせいで仲間を信じられず一匹狼となったことを。

さらに仲を深めたメイスたちの元に、驚きのニュースが飛び込んできます。それは6機の飛行機が突如電力を失い墜落し、2機消息不明したことと、その周辺の街が停電となっているというニュースでした。

以下、『355』ネタバレ・結末の記載がございます。『355』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

すぐにデジタル・デバイスによる犯行だと察したメイスたちは、ラバト支局に向かいました。

しかしデジタル・デバイスを預けたはずのメイスの上司ラリー・マークスは何者かによって殺されていたのです。

しかも最悪なことに、駆けつけたCIAのエージェントたちにマークス殺害の容疑をかけられてしまいます。

マリーの上司ヨナス・ミュラーも、メイスたちがマークスを殺したのではないかと疑っていました。

追跡信号が消失したためデジタル・デバイスを追うことも、組織を頼ることもできない。そんな状況の中、ハディージャはデジタル・デバイスを回収する前に戻ればいいと提案します。

そこで行き着いたのが、マラケシュで対峙した殺し屋でした。殺し屋を尋問した結果、飛行機事故や停電は、2日後にデジタル・デバイスを闇マーケットで売るためのデモンストレーションだったことが判明。

そのオークション会場は中国・上海にある「リ・ナ・オークションハウス」。上海に到着後、メイスたちはデジタル・デバイスを奪還するための計画を練りました。

まずリ・ナ・オークションハウス内のネットワークにハディージャが現地で侵入。防犯カメラなどにアクセスし、ハディージャが皆を誘導します。

そのためのカメラと無線は、メイスたちがリ・ナ・オークションハウスに入る際に身に着けるアクセサリーにハディージャが仕込みました。

ハディージャの調べによると、リ・ナ・オークションハウスでは表向きは古代の芸術品を扱うオークションを行っていますが、本当のオークションは招待客しか入れない闇サイトで行われているといいます。

そして肝心のデジタル・デバイスは、オークションの出品物の中に隠されて運ばれるため、招待客に探りを入れなければ割り出すことは出来ません。

オークションの出品物リストを持つ白髪の男に、メイスがわざと飲み物を零して接触します。それに気をとられているうちに、マリーが男の手からリストを奪いました。

そのリストについた指紋の数を調べた結果、リストの3枚目に載っている絵・鏡・剣・竜の頭・壺の5品に候補が絞られました。

今度はグラシエラが、自分に声を掛けてきた招待客の男、チェチェン共和国の富豪ピョートル・カサノフに探りを入れてみることに。その結果、壺であることが判明。

オークション開始直前、メイスは死んだはずのニックと再会します。実はニックは、目的のためならば政権を転覆させ、戦争を起こし大勢の人を殺している組織に嫌気がさし、自由を求めて国際テロ組織と手を組むことにしたのです。

ニックが自らの死を偽装したのは、いずれCIAからメイスが逃げる時、感動の再会という形でニックが登場すれば、簡単にメイスを仲間に引き入れることができると踏んだからでした。

メイスがニックと別室に消えた直後、防犯カメラなどへの接続が何者かによって切られてしまいました。

それをやったリモートユーザーがハディージャの居場所を突き止めようと探知しているため、やむを得ずハディージャは配置から移動。会場入りしたマリーとグラシエラにも緊張が走ります。

やがてオークションが始まり、壺の入札がスタート。闇サイトで1億ドルを超えたあたりでニックが会場入りし、どちらのオークションでも入札に参加。

ついに壺の入札額が闇サイトで3億ドルに達した時、グラシエラが動きます。最前列の席にいたカサノフに近づき、落札されると同時に持っていた鞄を壺の方へ投げました。

というのも、デジタル・デバイスが隠された壺の近くに行けば、デジタル・デバイスに電子タグをつけることができ、オークション後に追跡して回収することが可能だからです。


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

壺はオークション主催者のオフィスへ運ばれました。そこには売り手側の精鋭部隊と、買い手側の軍隊がおり警備は厳重です。

そこでハディージャは、鞄からアセトンと過酸化水素が入った瓶を取り出し、マリーに爆薬を作るよう指示します。マリーは爆破工作に長けていました。

2つの液体を混ぜ合わせ爆薬を作ったマリーは、それをオフィスの入り口に放り投げます。

爆発騒ぎを起こしてオフィスに侵入した2人でしたが、すぐに大勢の警備員に取り囲まれてしまいました。そんな彼女たちを助けたのは、なんと主催者の女性でした。

一方メイスは、見張りの男を近接格闘で撃退。爆発騒ぎに乗じてデジタル・デバイスを持って逃げようとするニックに1人で立ち向かっていきます。

しかし結局、ニックを殺すことは出来ませんでした。その様子を近くで見ていたマリーたちは、ニックを取り逃がし呆然と立ち尽くすメイスに駆け寄ります。

そこへ爆発騒ぎを聞きつけ、警察が現場に駆けつけて再びピンチに陥る4人。するとそこへ、主催者の女性が現れ、またもや彼女たちを助けてくれました。

彼女の名はリン・ミーシェン、これまでメイスたちの動きを追っていた中国MINISTRY(中華人民共和国国家安全部)のエージェントです。

リンはメイスたちをセーフハウスに連れていき、MINISTRYのエージェントである父親と共に今回の出来事について説明をしました。

リン曰く、CIAがパリでデジタル・デバイスの回収に失敗したから、悪党の手に渡る前に自分たちが回収したといいます。

そしてこれは大きな機会になると、リンの父親は上司を説得しました。中東の油田を潰せば莫大な利益を得ることができるカサノフ、報酬次第で国家破壊を請け負うドバイのフリーランサーのマガドシら数々の悪党を集め、情報収集を行う機会を。

情報収集のために、リンたちMINISTRYは偽物のデジタル・デバイスを闇のオークションに出品し、本物のデジタル・デバイスをこのセーフハウスの金庫に隠したのです。

ではリンたちがマークスを殺し、デジタル・デバイスを使って航空事故や停電を起こしたのかとメイスたちが尋ねると、リンは「航空事故や停電を起こしたのはマークス。彼はニックと組んでいた」と答えました。


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

マークスとニックの雇い主の名はイライジャ・クラーク、国際テロ組織の出資者です。これでメイスたちの任務は終わり、かと思いきや、偽物を掴まされたことに激怒したイライジャにシメられたニックとイライジャの手下たちがセーフハウスを襲撃。

メイスたちの身柄を拘束した上で、ハディージャのパートナーと、グラシエラの家族、ヨナスを人質に取って本物のデジタル・デバイスはどこにあるのか尋問しました。

リンが答えなかったため、ニックはリンの父親を射殺。さらにヨナスとハディージャのパートナーを殺しました。

メイスたちはやむを得ず、ニックに本物のデジタル・デバイスを渡すことに。メイスの要求に従い、ニックはグラシエラの家族を解放しました。

そしてニックたちは、デジタル・デバイスが本物かどうか確かめるべく、リンを連れ去っていきました。

メイスたちが殺されたヨナスたちの映像を見ないためにモニターを切り替えると、自動的に、リンの眼鏡に仕込まれた小型カメラの映像が映し出されます。

メイスたちにニックたちの行き先を伝えるためです。行き先は、ホテル上海のスイートルーム3004号室。

メイスたちはその上下の階の部屋を取り、襲撃の準備を進めていきます。しかしリンがデジタル・デバイスの暗号を解除する方が早かったため、メイスは銃を持ってベランダから外壁をよじ登り、ニックたちの部屋へ。

解放されたリンは、通路にあったスタンドライトを使ってイライジャの手下たちを自力で撃退していきます。

そしてメイスが、ベランダで鉢合わせした敵と対峙したその時、ハディージャと共に上の階の部屋で待機していたマリーが、床に設置したC4爆弾が爆発。

マリーとハディージャも戦闘に加わったことで、戦闘は激化。ニックたちと激しい銃撃戦と近接格闘戦を繰り広げていきます。

その場に駆けつけたイライジャの手下たちを全員片づけ、マリーがデジタル・デバイスを取り戻したその時、メイスが倒したはずのニックが彼女を銃撃。

絶体絶命のピンチに陥ったメイスたちを助けたのは、遅れてやって来たグラシエラでした。

その直後、騒ぎを聞きつけた警察が現場に乗り込み、メイスたちの身柄を拘束。ハディージャは捕まる前にデジタル・デバイスを破壊しました。

それから2ヶ月後、イライジャの隠れ家にニックが現れます。ニックはあの日、スイートルームに駆けつけた増援は、自分を始末するためにイライジャが送り込んだ者たちだと気づきました。

そのためニックは、イライジャを殺すために彼の前に再び現れたのです。警備についていた手下10人を殺され、追い詰められたイライジャはニックを再雇用しようとしました。

ですがニックは即座に断り、イライジャを射殺しました。その後、ニックは逮捕されることなく、CIAで出世しボスになりました。

ニックが自宅に帰ると、CIAから追われる身となったメイスがいました。メイスはニックに、悪党に最高機密を売ろうとしてたのになぜ逮捕されず、CIAで出世することもできたのか尋ねます。

これに対しニックは、「関係者は俺とマークスだけだと思っているのか?CIAを分かっていないな」と答えました。

するとメイスは、訓練時代に聞いたあるスパイの話をしました。18世紀のアメリカ独立戦争で活躍した女スパイ、通称「355」のことを。

メイスは「女スパイに不公平だった世界は変わる」、「一日中人類を裏切るのは堪えるでしょう」と言いました。

するとニックの前に、マリー・ハディージャ・リン・グラシエラが現れます。メイスは、ニックのグラスに古代中国の毒入りの氷を入れたことをバラしました。

俺を殺しても世界は変わらないというニックに対し、メイスは「あなたを殺しはしない。でもあなたはこれから、世界の裏側で檻に入れられ、一生そこで過ごすの」「私だって伝手がある、私はもう独りじゃないから」と言い、別れを告げました。

そしてメイスたちも互いに別れを告げ、それぞれバラバラの道に去っていきました。もう二度と会うようなことが起こらないことを願いながら。

スポンサーリンク

映画『355』の感想と評価


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

デジタル・デバイス回収に奔走する凄腕の女性エージェントたち

第三次世界大戦を阻止するべく、その鍵を握るデジタル・デバイスの回収に奔走するメイスたち世界各国の凄腕の女性エージェント。

のちにチームに加わったリンの協力により、無事国際テロ組織からデジタル・デバイスを回収できた時は、それまでの彼女たちの壮絶な追跡戦を見てきただけに、観ているこちらも歓喜し安堵しました。

ですがそれこそ、メイスたちと裏切り者のニック、デジタル・デバイスを狙うイライジャたち国際テロ組織との本当の戦いが幕を開けた瞬間だったのです。

この戦いに無関係のハディージャのパートナー、そしてマリーを立派な女スパイとして育て鍛え上げてきた彼女の上司ヨナスが、彼らの手で無情にも射殺された場面はとても衝撃的で言葉を失います。

現場を退いていたハディージャを奮起させるのに、これ以上の起爆剤はありませんでした。そして家族を人質に取られたグラシエラにも………。

物語の後半に描かれるメイスたちの戦いは、ド派手で迫力があり、また体格さや力の差がある男たちに強き女たちが圧倒していく様はとても格好良いです。

暗躍する裏切り者たち


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

物語の前半まで、メイスが絶対的な信頼を置く味方であったニックとマークス。

ですが彼らは、実は国際テロ組織のイライジャと手を組んだ裏切り者でした。

ニックたちの裏切りを知った時のメイスの絶望しきった表情は、観ているこちらも胸が痛くなります。

ニックは腐敗した組織に嫌気がさし、自由を求めてイライジャと手を組んだと作中で語っていましたが、マークスが組織を裏切った動機は分かっていません

イライジャと手を組むことで得る大金が目当てなのか、それともニックと同じ理由なのか、真実は闇の中………。

そして最も謎なのが、組織の裏切り者であるはずのニックが出世し、CIAのボスとなっていることです。

上海ではメイスたちと共に警察に連行されていくような描写がありました。

メイスにその理由を答えた時のニックの言葉から、CIAの中にまだ裏切り者がいて、その者がニックが逮捕されないよう裏で手を回したのではないかと推察できます。

まとめ


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

実力とカリスマ性を兼ね備えた世界各国のスター女優たちが、世界各国の凄腕の女性エージェントたちを演じる、イギリス・アメリカ合作のスパイ・アクション作品でした。

初めはただルイスからデジタル・デバイスを買い取ればよかっただけの簡単な任務のはずでしたが、他国の諜報機関と国際テロ組織の介入により、最も危険で難易度が高いミッションとなりました。

デジタル・デバイスを追えば追うほど、メイスたちの身に危険が伴い、さらに心身ともに苦難な道が待ち受けています。

それをメイスたちは、たった5人の即席チームで力を合わせて乗り越えていきました。

メイス役のジェシカ・チャステインとリン役のファン・ビンビンが魅せる近接格闘戦、マリー役のダイアン・クルーガーとハディージャ役のルピタ・ニョンゴが魅せる銃撃戦は、作中で一番美しく格好良いアクション場面となっています。

また、本作のタイトルおよび作中でメイスが語っていたスパイ「355」とはフィクションのものではなく、18世紀のアメリカ独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネームです。

世界各国の凄腕の女性エージェントたちが第三次世界大戦を阻止するべく、世界を股にかけた追跡戦を繰り広げていく、大胆不敵かつ華麗なスパイアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

映画『スノー・ロワイヤル』内容解説と評価。リーアム・ニーソンの過去作『THE GREY凍える太陽』との因果関係を深掘り

息子を殺された怒りオヤジが、雪原を血で染める! 『シンドラーのリスト』(1993)でアカデミー賞にノミネートされ、ほかに「96時間」シリーズ(2009~2015)、『ラン・オールナイト』(2015)な …

アクション映画

『ディヴァイン・フューリー/使者』ネタバレ考察と見どころ解説。ホラー映画として新たる悪魔祓いをテーマにした新感覚アクション!

神の存在を信じない男が、悪魔に闘いを挑むアクション映画 幼少期の辛い経験から、神の存在を信じなくなった男が、神父と悪魔の争いに巻き込まれる、映画『ディヴァイン・フューリー/使者』。 キム・ジュファン監 …

アクション映画

映画『エンド・オブ・キングダム』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。続編はアクションシーンがパワーアップ

マイク・バニング再び。 今度の舞台はロンドン。 急逝した英国首相の葬儀に集まる各国首脳。 それは世界を巻き込む壮大な陰謀の始まりでした。 世界へ復讐を果たそうとするテロリストの陰謀により再び窮地に陥る …

アクション映画

『一文字拳 序章』あらすじネタバレと感想。最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いで見せた体当りのカンフーアクション

『一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い』は2019年6月22日に7月5日かけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 海外の武者修行から帰って来た少年が、謎の殺人空手使いと激突する本格 …

アクション映画

映画『バッドボーイズ』あらすじネタバレと感想。ウィル・スミス×マーティン・ローレンスのコミカルな掛け合い

誰も俺たちを止められない! マイホームパパ、マーカスと金持ちプレイボーイ、マイクの刑事コンビが難事件に挑む…! はずが、証人保護のために二人は入れ替わることに!? マーティン・ローレンスとウィル・スミ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学