Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/03/06
Update

映画『ドクタードリトル(2020)』ネタバレあらすじと感想。ロバートダウニーJr.が息子のために製作したファミリームービー!

  • Writer :
  • 奈香じゅん

映画『ドクター・ドリトル』は2020年6月19日(金)より日本公開。

『ドクター・ドリトル』は、1967年に公開された『ドリトル先生不思議な旅』以来幾度となく映画化されたヒュー・ロフティング原作の児童文学『ドリトル先生』を基にした冒険物語です。

出演は、主人公を演じるロバート・ダウニー・Jrを始め、アントニオ・バンデラスや「アンダーワールド」シリーズのマイケル・シーン、そして声優陣はエマ・トンプソン、オクタヴィア・スペンサー、ラミ・マレック、レイフ・ファインズ等豪華キャスト。

家族で楽しめるハートフルな作品です。

スポンサーリンク

映画『ドクター・ドリトル』の作品情報

(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Dolittle

【監督】
スティーヴン・ギャガン

【キャスト】
ロバート・ダウニー・Jr、ハリー・コレット、マイケル・シーン、ジム・ブロートベント、カーメル・ラニアード、ラルフ・アイネソン、アントニオ・バンデラス

【声のキャスト】
エマ・トンプソン、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・シナ、ラミ・マレック、クメイル・ナンジアニ、クレイグ・ロビンソン、マリオン・コティヤール、フランシス・デ・ラ・トゥーラ、セレーナ・ゴメス、トム・ホランド、レイフ・ファインズ

【作品概要】
製作を手掛けたのはロバート・ダウニー・Jrと妻スーザン・ダウニーが設立した映画製作会社チーム・ダウニーで、『ジャッジ 裁かれる判事』に続き2作品目。

『トラフィック』(2001)でアカデミー賞脚色賞を受賞したスティーヴン・ギャガンが監督を務め脚本の草稿も執筆。本作のナレーションは、エマ・トンプソン。

映画『ドクター・ドリトル』のあらすじネタバレ


(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

-その昔、動物と話ができる医師・ドリトル先生がいました。噂を聞いたヴィクトリア女王はドリトル先生に助けを求めます。

見事成果を出したドリトル先生に対し、女王は感謝のしるしとして全ての動物に門戸を開いた敷地と屋敷を与えました-

-ドリトル先生の最愛の妻・リリーは、こわい物なしの冒険家。2人は世界中を旅し、人間に捕らえられた動物達を救出。しかし、リリーは航海途中命を落とします-

-悲しみに暮れたドリトル先生は門を閉ざし、外との繋がりを断ってしまいます。動物たちは、ドリトル先生を救ってくれる人が果たして現れるだろうかと心を痛めていました-

-ある朝、ドリトル先生は1人の少年トミー・スタッビンズと出会うことに。それは、人間が動物を所有物、食べ物、或いは狩猟の対象としてしか見ていなかった時代の出来事。周囲とは異なり、トミーは優しい気持ちを持っていました-

トミーは、伯父のラルフと一緒に森へ狩猟に訪れます。リスを見つけたトミーは、その可愛さに思わず笑顔。

ラルフは狩りを教えようとしますが、気持ちの乗らないトミーは目をつむって引き金に手をかけ、危険を察知したアヒルは池から一斉に飛び立ちます。

逸れた銃弾はリスに当たり大怪我。助けようと言うトミーに対し、ラルフは、これ以上苦しまないよう殺せとナイフを取り出します。

その様子をじっと見ていたオウムのポリネシアは、トミーをドリトル先生の屋敷へ案内。ゲートは閉鎖されている為、トミーはポリネシアの誘導で壁に空いた穴から敷地へ入ります。

中の広い平原には、ドリトル先生とリリーが救った象やキリン等たくさんの動物達が居ました。そこで、トミーはバッキンガム宮殿から派遣されて来た女王の使者・ローズと出会います。

一方、ドリトル先生はすっかり自堕落な生活を送っており、動物達に着替えを手伝ってもらうしまつ。ポリネシアからトミーの訪問を聞いたドリトル先生は、人間には会いたくないと駄々をこねます。

ポリネシアに促されたゴリラのチーチーが扉を開け、ローズは女王から召喚されていることをドリトル先生に伝えます。

女王が病に伏していると聞いても、ドリトル先生は人間の治療はしないと拒否。トミーは、大怪我をしたリスを助けて欲しいとドリトル先生に頼みます。

すかさずローズは、女王の容態が悪いのにリスを手当するのかと文句。するとドリトル先生は、「私を知らないようだね」と言い、早速リスの治療に取り掛かります。

周りの動物達と一緒に言葉を交わしながらリスを救おうとするドリトル先生の姿を見たトミーは、見習いになろうと決意。

しかし、ローズは、女王が亡くなればドリトル先生との約束は破棄され、敷地や屋敷は財務局の管轄となり、住めなくなると告げます。

リスの治療は成功し、チーチーに肩を叩いてもらっているドリトル先生に、ポリネシアは女王を助けるよう助言。

人間の治療はしないと知らん顔をするドリトル先生に、ポリネシアは、狩猟シーズンに自分達が外へ放り出されると主張。

応じなければ皆出ていくとポリネシアに言われたドリトル先生は、仕方なく承諾。リスの容態を心配していたトミーに、リスの治療が無事成功したことを告げたドリトル先生は、帰路の途中何も撃つなと注意して送り出します。

しかし、トミーはこっそり動物達やローズと一緒に馬車へ乗り込み、ダチョウのプリンプトンの背中に乗ったドリトル先生と共にバッキンガム宮殿へ。

その頃、女王の寝室へ訪れたバッジリー伯爵に対し、侍医のマッドフライは、「1週間はもたないでしょう」と内緒話。バッジリーとマッドフライは不敵な視線を交わします。

アヒルのダブダブを先頭にドリトル先生が女王の寝室へ到着すると、衛兵に捕まったトミーが先生の見習いだと言い訳しながらやって来ます。ローズがその場をとりなしドリトル先生も仕方なくトミーを受け入れることに。

ドリトル先生が水槽のタコから話を聞いている間、犬のジップはくまなく女王の匂いをかいで原因の特定を試みます。

ドリトル先生とは長年ライバル関係にあるマッドフライは不機嫌な顔。毒性の植物を盛られたことを突き止めたドリトル先生は、未開の土地にある誰も見たことがない木に生る果物を口にしなければ、女王は助からないと診断。

ローズに女王の面倒を見るように言い、ジップを番犬に残し、そして木の枝のような虫・ナナフシをこっそり壁に掛けてある絵画の額縁へ放したドリトル先生は、一行を連れてまぼろしの果物を探す旅へ船で出発します。

バッジリー伯爵は、マッドフライにドリトル先生が戻ってこられないよう阻止しろと命令。そのやりとりを、ナナフシが聞いています。

以下、『ドクター・ドリトル』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドクター・ドリトル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

航海を続ける船の甲板で、寝そべるホッキョクグマのヨシを見たプリンプトンは、ホッキョクグマのくせに日焼けを楽しんでいるのかとからかいます。飛べないくせにと言い返すヨシに対し、プリンプトンは、走るのは早いと得意顔。

そんな2人の会話を聞き流すトミーは、後方から追ってくる船を発見。望遠鏡で覗いたドリトル先生は、マッドフライだと分かります。

何とか邪魔をしようとマッドフライは砲撃を開始。そこへ助けに駆け付けたザトウクジラが船を引っ張り、ドリトル先生と動物達は難を逃れます。

トミーは、どうやって魔法の果物が生る生命の樹を見つけるのかドリトル先生に質問。それを知っているのは偉大な冒険家だったリリーだけで、彼女が書き残した日誌を取りに行くとドリトル先生は説明します。

翌朝、リリーが生まれた島へ到着。統治していたのはリリーの父親である海賊王のラソーリ。ドリトル先生は、日誌を盗むため偽装して城へ忍び込みますが、ラソーリに見つかり捕まってしまいます。

ドリトル先生のせいで娘は死んだと思い込むラソーリは、昔ドリトル先生が助け損ねて恨みを持つ虎のバリーに始末をさせようとドリトル先生を檻に閉じ込めます。

機嫌の悪いバリーは牙をむいて食べるぞと向かってきますが、ドリトル先生は、窓から入る日差しと懐中時計を利用し、床へ反射させます。あちこちに走る光の点をつい追いかけてしまうバリーですが、気を取り直して反撃。

ドリトル先生の窮状を一緒に着いて行ったトンボから聞いたポリネシア達は、城へ救出に向かいます。

腕力の強いチーチーがバリーを巴投げと締め技で撃退し、ドリトル先生を救出。そしてトミーがリリーの日誌を発見します。

ところが港で待ち伏せしていたマッドフライがリリーの日誌を取り上げた上、砲弾でドリトル先生の船を破壊。

ドリトル先生は、リリーが心半ばで成し遂げられなかった生命の樹を見つけることはもはや不可能だと宣言。動物達も万事休すかと落ち込みます。

ドリトル先生は、動物達を心配したリリーの説得で一緒に旅へ行かず、1人で死なせてしまったことを嘆きます。

それを聞いていたラソーリは、ドリトル先生も同じように悲しんでいたことに気がつき、娘の愛した相手を許そうと決意。航海を続けられるよう船を与えます。

どうやって生命の樹を見つけるのかと尋ねるポリネシアに、ドリトル先生は、ザトウクジラがマッドフライを尾行してくれると囁きます。

マッドフライの後をつけ島を見つけたザトウクジラの案内でドリトル先生達も無事に到着。

岸壁を登り洞窟へ入った一行は、マッドフライと鉢合わせします。大勢の兵隊を従えたマッドフライは、自分の勝利だとほくそ笑み、木がある場所をおしえろとにじり寄ります。

しかし、ドリトル先生は全く見当もつきません。すると、周りを囲む洞窟の岩壁に赤い光が走ります。

暗がりからドラゴンが姿を現し、口から火を噴き大暴れ。パニックに陥ったマッドフライは兵隊を犠牲にして逃げようとするものの地中へ落下。

ドリトル先生は、ドラゴンの言葉を駆使して落ち着かせようと試みます。ドラゴンは、自分の言葉を話せたとしても魔法の果物を得るに値するとは限らないと厳しい態度。

ドリトル先生は、ドラゴンが何らかの理由で痛みを抱えていることを察知します。暴れた為にぐったりするドランゴンを見たポリネシアは、この隙に脱出しようと言いますが、ドリトル先生は助けようと手を差し伸べます。

激しい腹痛に苦しんでいると分かったドリトル先生は、ドラゴンが以前飲み込んだ人間が身に着けていた物が詰まっていると当たりをつけます。

ドラゴンのお尻から鎧を取り出した拍子に、おならがブーー。

ドリトル先生は、誰でもおならをするものだと文句を言う動物達をたしなめます。

一番奥に入っていたバグパイプをチーチーと一緒にドリトル先生が引っ張り出すと、やっと楽になったドラゴンは感謝。今度は自分がお返しをすると言い、ドラゴンは洞窟に流れる滝を翼でせき止めて見せます。

その奥には、光る実をつけた大きな木がありました。ドリトル先生は、常に身に着けていたリリーの形見の指輪にキスをし、「導いてくれてありがとう」とつぶやき、そっと指輪を供えます。

死線をさまよう女王のもとへ駆けつけたドリトル先生ですが、権力を奪おうとするバッジリーが邪魔をします。

動物達は一丸となり水槽のタコも加勢。兵隊達がドリトル先生を押さえつけている間、トミーが果物を手で絞ると一滴の雫が女王の口へ注がれます。

大きく息を吸い込んだ女王は目を開け、キリンが自分の顔を覗き込んでいることに当惑。喜んだローズは、あひるやダチョウも味方だと女王を抱きしめます。

手のひらを返したようにドリトル先生を褒め称えるバッジリーに対し、ドリトル先生はナナフシから報告を受け、毒性の植物で女王を殺そうとバッジリーが仕組んだと暴露。

取り押さえた兵隊がバッジリーのポケットから小瓶に入れてあった有毒植物を発見します。

ローズは、女王の命を救ったトミーを女王に紹介。トミーは、獣医を志していると挨拶します。謝意を述べる女王にドリトル先生は一礼。

以前の様に門を開けたドリトル先生は、運ばれてきた動物の治療にあたる日々を送ります。トミーは、ドリトル先生の指導で1つずつ動物の言葉を習得。

-ドリトル先生の暮らしは、再び元に戻ります。人は、他を助けることで自分もまた救われるのです-

スポンサーリンク

映画『ドクター・ドリトル』の感想と評価

『ドクター・ドリトル』は、女王の命を救わなければ住む場所を追い出されると知ったドリトル先生と生活を共にする動物達が手を合わせ、未開の島に生る不思議な力を宿す果物を探しに旅へ出る冒険ファンタジーです。

製作したのは、主人公ジョン・ドリトルを演じたロバート・ダウニー・Jrの映画会社。

実は、ダウニー・Jrは動物保護活動に熱心であることで知られ、ロサンゼルスの広大な住まいは屠殺される運命にあった牛や山羊、或いは虐待されていた豚や鶏を引き取って保護し2匹の猫も一緒に家族と生活。

脚本を読み、ふと窓の外へ視線を移した時、アルパカと目が合ったと笑いながら話すダウニー・Jrは、『アベンジャーズ』を終えた後に取り組むプロジェクトとして本作が自然に思いえたと映画化した理由を説明しています。

また、ダウニー・Jrだけではなく他の出演者も声をそろえるのは、自分の子どもたちを連れていける家族向けの作品に携わりたかったという長年の思い。

年齢規制が厳しい欧米では、子どもが幼ければスーパーヒーロー映画の鑑賞も制限されます。

そこで、『ドクター・ドリトル』のように、動物と話ができる一風変わった医師の物語なら動物好きな親も一緒に楽しんでもらえると思ったダウニー・Jrは製作を決定

王室の使者ローズやドリトル先生の見習いとなるトミーも登場する為、中学・高校世代の観客でも共感できる構成です。


(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

ローズを演じたカーメル・ラニアードは、本作が初めてのオーディション経験。トミー・ステッビンズ役に抜擢された『ダンケルク』(2017)ハリー・コレットは、CGを想定した場面で演技をするのは今回が初

2人共全く物おじせず、特にダウニー・Jrと共演シーンの多いコレットは、息の合ったパフォーマンスを見せています。

エマ・トンプソンを筆頭に、声優を務めた俳優陣が動物達に息吹を吹き込み、マイケル・シーン、そしてアントニオ・バンデラスの存在感も光り、ワクワクする作品。

まとめ

ドリトル先生は最愛の妻・リリーを亡くして以来人間とは一切付き合わず、命を助けた動物達だけが家族です。

そんなある日、ヴィクトリア女王が病に伏し、助けを求めていると王室から使者が訪問。女王が亡くなれば土地や敷地を失うと知ったドリトル先生は、怪我させたリスの治療を求めてやって来たトミーと一緒に、女王の病気を治す魔法の果物を探す旅へ出発。

たくさんの実力派俳優が参加して映画化された『ドクター・ドリトル』は、1人の医師が動物達の助けを得て再生するまでを描いたアドベンチャー物語です。



関連記事

アクション映画

映画『イップマン2葉問』ネタバレあらすじと感想。ドニーイェンの詠春拳が唸る!

友のために闘う。 ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ第2弾。 今やハリウッドでも活躍する中国のアクションスター、ドニー・イェン。 彼がブルース・リーの師匠イップ・マンを演じたヒットシリーズ第2 …

アクション映画

映画『アウトバーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アウトバーン』作品情報映画『アウトバーン』あらすじとネタバレ危険な仕事 取引き『アウトバーン』の感想と評価まとめ 映画『アウトバーン』作品情報 【公開】 201 …

アクション映画

パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊ネタバレ!スクリーンX感想も

待望のシリーズ第5作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』作品情報をど …

アクション映画

映画『ウエスタン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

クリント・イーストウッド主演の「ドル箱3部作」を経て、新たな境地へと達した監督のセルジオ・レオーネ。 そんな彼の西部劇への愛が詰まった傑作『ウエスタン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

アクション映画

韓国映画『コンフィデンシャル/共助』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

北と南の刑事がタッグを組み、史上初の型破りな“共助捜査”が今、始まる! 韓国映画『コンフィデンシャル/共助』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『コンフィデンシャル/共助』の作 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP