Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の壁役は満島真之介。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • 谷川裕美子

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。

原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大歴史エンターテイメント作品です。

メガホンをとるのは、『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』などヒット作を数多く持つ佐藤信介監督

主演の山崎賢人はじめ、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多など豪華俳優が出演することが発表されています。

この記事では、壁(へき)役を演じる満島真之介について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『キングダム』の作品情報


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
原泰久『キングダム』(集英社)

【監督】
佐藤信介

【キャスト】
山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかお

【作品概要】

中国の春秋戦国時代を舞台とした歴史大作。

大将軍になるという夢を抱いた戦災孤児の信と、中華統一を目指す王のえい政(後の始皇帝)の活躍が壮大なスケールで描かれます。

山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかおなど豪華俳優陣が集結。

脚本には原作者の原泰久も参加。約2年もの時間をかけて書き上げられました。

監督はドラマ『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』を手がけた佐藤信介が務めます。

映画『キングダム』のあらすじ

舞台は春秋戦国時代の中華西方の秦の国。

戦災孤児の少年である信と漂は天下の大将軍となることを目指して、日々剣術の鍛錬に励んでいました。

王との大臣の昌文に召し上げられた漂が王宮に入ることとなり、信と漂は別々の道を歩み始めます。

王宮では王の弟・成蟜(せいきょう)によるクーデターが発生。戦いの中で致命傷を負った漂は、なんとか信のいる納屋にたどり着きます。

お前に頼みたいことがあると言いながら、漂は血まみれの手で、ある丘に建つ小屋を示す地図を信に手渡します。

そして漂はそのまま力尽きてしまいます。

地図を握りしめて走り出す信。しかし彼がたどり着いた先で見たのは、冷静にたたずむ漂の姿でした。

それは漂ではなく、玉座を奪われて王都を追われた秦の王・えい政でした。王にうり二つだった漂は、彼の身代わりとして命を落としたのです。

激高した信は、えい政と共に行動すると決意し、王と共に王宮奪還のために立ち上がります。

しかし、それはえい政にとって、路の第一歩に過ぎず…。

スポンサーリンク

映画『キングダム』壁(へき)役は満島真之介(みつしま・しんのすけ)

参考映像:映画『三度目の殺人』(2017)

映画『キングダム』で壁(へき)役を演じる満島真之介(みつしま・しんのすけ)は1989年5月30日生まれの29歳。沖縄県出身の俳優です。ユマニテ所属。

姉は実力派で知られる女優の満島ひかり。妹はモデル・満島みなみ、弟はプロバスケットボール選手・満島光太郎。

高校卒業後に上京し、学童保育補助のアルバイトや、映画『ちゃんと伝える』の演出助手を務めたりしていました。

一念発起し、2009年に自転車で日本一周に挑戦します。立ち寄った日本最北端の北海道・稚内市で、200人目の「稚内市ふるさと大使」に任命されました。

7カ月かけて周る中、姉の映画ポスターや看板を目にしたことから刺激を受け、役者を志すことを決意。同年姉と同じ事務所に所属します。

2010年舞台『おそるべき親たち』で俳優デビュー。中嶋朋子の恋人役を務めました。

2012年NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』をはじめ、『ドクターX~外科医・大門未知子~第2シリーズ』『模倣犯』『監獄のお姫さま』『BG~身辺警護人~』など数多くの人気ドラマに出演しています。

2019年1月スタートのNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』にも出演。いまやオファーの絶えない人気俳優です。

2013年には『風俗行ったら人生変わったwww』で映画初主演

『散歩する侵略者』『三度目の殺人』『無限の住人』など多数の映画出演のほか、舞台経験も豊富で『ハムレット』『逆鱗』などに出演しています。

2016年にはテレビアニメ『僕だけがいない街』で声優にも初挑戦しました。

趣味は写真撮影、料理、自転車。特技はスポーツ全般。

姉の満島ひかりはじめ、兄弟とても仲が良く、全員で焼肉に行ったりするそうです。

映画『キングダム』壁(へき)はどんな役?


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

満島真之介演じる壁(へき)は、昌文君(しょうぶんくん)の副官であり、えい政に忠誠を尽くす武将です。

名家出身ながら生真面目で気取らない性格。信の兄貴分です。

基本戦術を得意とし、奇襲戦法には対応が遅れがちとなってしまいます。

スポンサーリンク

満島真之介の演技力の評価は

ドラマや映画にひっぱりだこの俳優・満島真之介。アメリカ人の祖父を持つクォーターで、目鼻立ちのくっきりとした華ある役者です。

デビュー2年目にしてNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』に出演し注目されます。

蜷川幸雄さんの手掛ける『ハムレット』にも出演し、姉の満島ひかりとの初共演で大きな話題となりました。

ルックスもよく演技もうまいという視聴者の声が多く聞かれます。

ドラマ『BG~身辺警護人~』では主人公に影響を与えた元サッカー選手役を熱演。華やかなスター選手が、事故で完全に輝きを失い、堕ちていく悲しい姿を見事に表現して、視聴者の心をとらえました。

アクションシーンについても高く評価されている俳優なので、今作『キングダム』にも期待が高まっています。

満島真之介の公式SNSの紹介

満島真之介の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

満島真之介公式Instagram

まとめ

中国歴史超大作映画として大きな注目を集める『キングダム』。

キャストには、山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多といった若手実力派が勢ぞろいしています。

鬼才・佐藤信介が監督を務め、”撮影にもっともふさわしい場所”中国で撮影が敢行された本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

主人公・信の兄貴分的な存在である、武将・壁を演じる満島真之介の迫力ある演技にも要注目です。

超大作歴史ロマン『キングダム』は2019年4月19日より全国ロードショー
です。

関連記事

アクション映画

『ダークナイト』あらすじとネタバレ考察。映画監督クリストファーノーランが描く“ダークナイト=バットマン”の真の姿

『ダークナイト』が描くバットマンとジョーカーの激闘! 映画『ダークナイト』は、DCコミックスの人気ヒーロー、バットマンの誕生を、クリストファー・ノーラン監督&クリスチャン・ベール主演で描いた『バットマ …

アクション映画

るろうに剣心最終章ネタバレ|ラスト結末のTheBeginningの感想。キャスト有村架純と佐藤健で描くラブストーリーという“愛の究極”

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で剣心の十字傷の謎が解ける! 佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した時代劇アクション「るろうに剣心」シリーズ。 『るろうに剣心 最終章 The B …

アクション映画

映画『ミッドウェイ』あらすじネタバレと感想レビュー。2020年公開のローランド・エメリッヒが描く“勝者無き海戦”

ラストメッセージ「海はすべて覚えている」が全てを物語る。 太平洋戦争の明暗を分けた戦い「ミッドウェイ海戦」を、日米双方の視点で描く映画『ミッドウェイ』をご紹介します。 『インデペンス・デイ』のローラン …

アクション映画

映画『クロガラス1』ネタバレあらすじと結末解説の感想。崎山つばさを主演に裏社会を描いたハッピーエンドなエンターテインメント・ムービー

人気俳優の崎山つばさの映画初主演作『クロガラス1』 小南敏也が監督を務めた、2019年製作の日本のアクションエンターテイメント映画『クロガラス1』。 600万円のツケを残したまま姿をくらました常連客を …

アクション映画

【ネタバレ】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションあらすじ感想と結末の評価解説。バイクと飛行機などスパイ映画がならではのアクションが見どころのイーサン・ハント活躍の人気シリーズ!

「ローグ・ネイション(ならず者の国家)」の正体とは? 大ヒットスパイアクション・シリーズ第5作! クリストファー・マッカリーが脚本・監督を務めた、2015年製作のアメリカの大ヒットスパイアクション映画 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学